騒音おばさん

騒音おばさん

(一般)
そうおんおばさん

騒音おばさんとは

2005年奈良県生駒郡平群町で起きた騒音による傷害事件「奈良騒音傷害事件」の加害者の通称。裁判の方は最高裁判所までもつれ、被告側の上告を棄却、懲役1年8カ月の実刑が確定した。しかし、実際の実刑は3ヶ月だった。このキーワードでは、騒音おばさんに関する人物関係や、隠された真実などもご紹介していきます。

この事件に関わった主な人達

騒音おばさん(河原美代子氏)
本事件での被告とされている人物。
被害者の老夫婦が越してくるまでは、常人だった。
なぜあのようになったのかは後述で御伝えします。
老夫婦
本事件で被害者とされる人物。
創価学会の熱狂的信者
河原美代子を執拗に嫌がらせをしていた。

この事件の成り行き

老夫婦が引っ越してくる。
老夫婦が河原氏に対し創価学会に入会を勧誘、脅迫をする。→河原氏、入会を断る。    ←これが事件の発端
その後、近所に嘘の噂話を流す→近所を味方につける
老夫婦、河原家の生活音にケチをつける。さらに、病気の娘さんの唸り声について「キチガイの声が五月蝿い」と近所に言いふらす。
さらに、マンション前に防犯用の感知式ライトを、娘さんに当てるように設置する。
河原氏、外すよう再3願ったが、老夫婦は「何ではずさなあかをねん!」と発言。
その他の隣人は、おばさんが娘の車の乗り降りの時に、車をおばさんの家の前に停めるのを知りながら、勝手におばさんの家の前に車を駐車し始めたり、洗車したり、隣の人は知らん顔で嫌がらせをする。
最愛の娘さんが亡くなってしまう。河原氏の堪忍袋の緒が切れた。
河原氏、老夫婦に対し、引っ越しを迫る。
老夫婦ら隣人20人、、クスクス笑いながらその様子を盗撮。以後、24時間盗撮を続ける。
老夫婦、ピンチになり、弱者を装い、騒音傷害で告訴する。
第一審で懲役1年で実刑判決がでたが老夫婦は即控訴。第2審で懲役1年8ヶ月が出たが、老夫婦は2007年1月5日に最高裁に上告。しかしこちらは棄却された。
その後、河原氏と老夫婦が言い争う映像が公開されたが、数ヶ月後に出た映像では、老夫婦の声だけ消えており、一方的に河原氏が悪いように見せかけている。

誰が犯人?

老夫婦です。そこまで、河原氏と娘さんを執拗に嫌がらせし、さらに娘さんを殺害したのですから。

創価学会ってなに?

http://www.sokanet.jp/
こちらをご覧下さい。

マスコミ隠蔽の件はだれがしこんだの?

創価学会です。
マスコミは創価学会の悪口はかけません。

ネットの話題: 騒音おばさん

人気

新着

新着ブログ: 騒音おばさん