Happy Hacking Keyboard

(コンピュータ)
はっぴーはっきんぐきーぼーど

PFUの発売するコンパクトなキーボード。略称HHK。
一台でSUN/Mac/PCをサポートし、Sun Type3キーボード配列にならった英語キー配列を採用し、テンキーやファンクション・キーを省いた、その潔さからUnixユーザーやハッカー向けのキーボードと言われる。

東京大学名誉教授 和田英一先生とPFU研究所との共同研究によって生まれたもので、キャッチコピーに以下のような談話が使われていた。


「アメリカ西部のカウボーイたちは、馬が死ぬと馬はそこに残していくが、どんなに砂漠を歩こうとも、鞍は自分で担いで往く。
馬は消耗品であり、鞍は自分の体に馴染んだインタフェースだからだ。
いまやパソコンは消耗品であり、キーボードは大切な、生涯使えるインタフェースであることを忘れてはいけない。」

現在は、日本語レイアウトのものや、カーソル付きのものもラインナップされている。
2004年度グッドデザイン賞受賞。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ