COBOL

(コンピュータ)
こぼる

プログラミング言語の1つ。COmmon Business Oriented Language(直訳すると一般業務用言語)の略。
名前の通り、企業事務処理用の言語。
CODASYL委員会によって制定された。
主に汎用機(メインフレーム)とかオフコンとか、そっち方面の言語。かつては金融機関の勘定系(基幹系)システムは全部これで動いていた。かつては間違いなく世界で一番多く使われていた。
設計思想が古かったり、2000年問題の主役の一人だったりで嫌っているプログラマー多し。逆に古い=枯れていることからくる安定性とかそういうメリットもある。
近年の動向については以下を参照されたし。
http://www-6.ibm.com/jp/developerworks/linux/000929/j_cobol.html

参考資料

  1. COBOL - Wikipedia http://ja.wikipedia.org/wiki/COBOL
  2. COBOL - wikich (COBOL・汎用機などのリンク集) http://pwiki.chbox.com/pukiwiki.php?COBOL
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ