JCT

JCT

(地理)
じゃんくしょん

ジャンクション(junction)の略で、日本語で分岐点の意。

自動車専用道と自動車専用道の結節点で分岐の伴う個所を言う。(例えば首都高速4号新宿線と中央道の結合点(高井戸IC)はJCTといわない。)
自動車専用道と一般道の結節点は"IC"(インターチェンジ)というが、複合しているような場合は場所によってICと言ったりJCTと言ったり様々である。

主な大規模JCT

  • 三郷JCT(埼玉県三郷市:常磐自動車道・東京外環自動車道・首都高速道路6号三郷線)
  • 江戸橋JCT(東京都中央区:首都高速道路C1都心環状線・1号上野線・6号向島線)
  • 箱崎JCT(東京都中央区:首都高速道路6号向島線・9号深川線・箱崎PA・TCAT)
  • 川崎浮島JCT(神奈川県川崎市:首都高速道路B湾岸線・神奈川6号川崎線・東京湾アクアライン)
  • 大黒JCT(神奈川県横浜市鶴見区:首都高速道路B湾岸線・神奈川5号大黒線・大黒PA)
  • 狩場JCT・新保土ヶ谷IC(神奈川県横浜市保土ヶ谷区:国道1号線/国道16号線横浜新道・国道16号線保土ヶ谷バイパス・横浜横須賀道路・首都高速神奈川3号狩場線)
    • 両者は複合JCTが近接しているだけだが、保土ヶ谷バイパスの出入口が他の有料道路の出入口に兼用され無料区間が重複していることもあって、一般に混同されていることが多い。
  • 吹田JCT(大阪府吹田市:名神高速道路・中国自動車道・近畿自動車道)

など

ネットの話題: JCT

人気

新着

新着ブログ: JCT