RAID 0

(コンピュータ)
れいどぜろ

複数のドライブをストライピングで結合し、分散書き込みする事でディスクアクセスの高速化を図ったRAIDの事。
通常のRAIDとは違い、このRAID 0だけは対障害性がない。

2台以上任意の台数のHDDで構成できる。

RAIDと名がつくためにRAID 0も耐障害性があると勘違いする人が稀にいるようだが、大きな間違い。
耐障害性を持たせるためには、倍の台数を使ってペアを組む「RAID 0+1」、パリティを1本追加した「RAID 3」または「RAID 5」、2本追加した「RAID 6」などを用いる。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ