RISC

(コンピュータ)
りすく

Reduced Instruction Set Computer*1の略

マイクロプロセッサの設計様式の一つ。個々の命令を簡略化することによりパイプライン処理(並行して複数の命令を処理する方式)の効率を高め、処理性能の向上をはかっているが、パイプラインの構造の複雑化などによって当初予想していたほどの向上は出来なかった。
それでも消費電力に対する処理能力の良さから組み込み用途で多用されている。

代表的なRISCプロセッサとしてはPowerPC、SPARC、Alpha、MIPS、POWERなど。ワークステーションのほとんどが採用しているといっても過言ではない。
かつてはCISCとRISCのどちらが優れているか議論になったものだが最近ではお互いの特徴を取り込んでいるためこのような議論はなくなったようだ。

対義語:CISC

*1:縮小命令セットコンピュータ

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ