VXガス

(サイエンス)
ぶいえっくすがす

毒ガスの一つ。揮発性はサリンなどに劣るが、人をピンポイントで狙える点が評価の高い猛毒。

VXガス

(サイエンス)
ぶいえっくすがす

猛毒の神経剤のひとつ。毒ガス。C11H26NO2PS

性質

オイル状であり僅かに果実臭がする。色は琥珀色。濃度や温度によって粘着性を持つ。
酸素に触れ、気体化・エアロゾル化したものを毒ガスとして使用する。生物が吸い込めば呼吸障害と痙攣をひきおこし死に至らしめる。また揮発性・残留性が強く、サリンより安定性もあるため、温帯の気候においてはその効果が持続する。
1952年にイギリスで発明され、人類が作った化学物質の中で最も毒性の強い物質ともいわれる。


ロシア 戦慄の遺産―核兵器からVXガスまで (ホット・ノンフィクション)

ロシア 戦慄の遺産―核兵器からVXガスまで (ホット・ノンフィクション)

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ