baseよしもと

baseよしもと

(アート)
べーすよしもと

吉本興業の大阪本社の劇場で、もっとも若手の芸人が活躍する劇場。
心斎橋筋2丁目劇場に変わり、1999年にオープンした。
2010年11月25日閉館を発表。
同年12月3日、「さよならbaseよしもと「LIVEワラb3Hスペシャル〜baseでファイナル〜」」が最後の公演となった。
跡地はAKB48の派生グループであるNMB48の専属劇場、NMB48劇場(シアター)として使用される。
若手芸人の劇場はYES・NAMBAビル5階(ワッハ上方ワッハホール)へ移転、劇場名は「5upよしもと」となった。

活躍する主な芸人(一軍であるワラbメンバー経験者のみ記載(解散した組は除く))

スマイル、藤崎マーケット、モンスターエンジン、プラスマイナス、ジャルジャル、鎌鼬、天竺鼠、span!、銀シャリ、極悪連合(現在はモストデンジャラストリオに改名)、サイドエイト、GAG少年楽団、ビーフケーキ、クロスバー直撃、スーパーマラドーナ、学天即、ソーセージ、かりんとう、さかなDVD、和牛、河井ゆずる、ウーマンラッシュアワー、見取り図、ガスマスクガール、シャングリラ、タナからイケダ、祇園、プリマ旦那、吉田たち、ポラロイドマガジン他。

第一次 卒業メンバー (2003年の一斉卒業以前に卒業した芸人)

ハリガネロック、ルート33、2丁拳銃、COWCOW、次長課長、たむらけんじ、ライセンス

第一次 卒業メンバー (2003年の一斉卒業で卒業した芸人)

FUJIWARA、バッファロー吾郎、陣内智則、ケンドーコバヤシ、$10、シャンプーハット、サバンナ、ランディーズ、ビッキーズ、チュートリアル、ロザン、ブラックマヨネーズ、フットボールアワー、キングコング、友近、ザ・プラン9、後藤秀樹、野性爆弾、土肥ポン太

第二次 卒業メンバー (2003年と2008年の一斉卒業の間に卒業した芸人)

イシバシハザマ、レギュラー、麒麟、ストリーク、ネゴシックス

第二次期 卒業メンバー(2008年での一斉卒業で卒業した芸人)

千鳥、笑い飯、NON STYLE、青空、アジアン、ジャンクション、ソラシド、ダイアン、天津、とろサーモン、中山功太、南海キャンディーズ、ヘッドライト、ミサイルマン、ギャロップ

※第一時期 卒業メンバーの在籍当時、関西を中心にbaseブームを巻き起こす。
当時のメンバーが出演していたレギュラー番組の本数は、最高30本。
2002年夏には、吉本興業史上初となる一公演で三万人の観客を動員したライブ
「サマースマイル02 OSAKA」をWTCオープンエアスタジアムにて開催。
三万枚のチケットをわずか30分で完売させるなど、上方お笑い界の歴史に残るであろう驚異的なブームであった。

アクセス

地下鉄御堂筋線 なんば駅下車 徒歩5分
地下鉄千日前線 なんば駅下車 徒歩5分
近鉄奈良線 大阪難波駅下車 徒歩10分
阪神なんば線 大阪難波駅下車 徒歩10分
大阪駅からの所要時間:15分

新着ブログ: baseよしもと