Google Chrome

(コンピュータ)
ぐーぐるくろーむ

Google の Web ブラウザプロジェクト。
2008年12月12日に公式版が公開され、現在も開発が続いている。

概要

システム

WebKit ベースのレンダリングエンジン Blink に、V8 と呼ばれる JavaScriptVM と Google Gears が組み合わされている。
複数レベルのアクセス制御などを通してセキュアで高速なブラウジング環境を提供する。
ウィンドウそのものを制御するタブや、URL box の機能を拡張した Omnibox などのインターフェースを持つ。

特徴

  • 動作がとても軽く、デザイン、ユーザーインターフェース(UI)がシンプル。
  • 突然終了しても見ていたページの復元が可能。
    • 入力中だったフォームや、セッション Cookieなど、復元能力はほかのブラウザより強い。
  • ブラウザのデザインテーマをユーザー自身が変更できる。Cath KidsonやLouis Vuitton、有名ゲームとのコラボレーションも行っている。
  • 拡張機能を追加することもでき、EvernoteやGmailの新着件数などが確認できる。
  • 「シークレット ウィンドウ」といって、ブラウザを閉じる度に、Cookieや履歴を削除できる。

新機能

  • 2012年5月15日、タブ同期機能が追加され、GoogleアカウントでChromeにログインすると1台のPC上で開いてるタブが、他の端末にも同期されるようになった。*1
  • 2012年6月29日、iOS版のアプリが公開。PC、Android版と同じように、ブックマークやタブ、履歴、パスワードなどをリアルタイムで同期する。
    特徴として、「無制限に開け、カードをめくるような独自のタブ操作」や「iOS組み込みより賢いGoogle音声入力で検索」などがある。*2
  • 2012年8月1日、バージョン21でHTML5とJavaScriptを利用した「getUserMedia API」を実装し、ブラウザから直接カメラやマイクにアクセスできるようになった。
    また、Googleの「Web Lab」プロジェクトの一つである「Sketchbot」を利用して、カメラで撮影した写真を使ってリアルタイムにロンドンにある美術館のインスタレーションの砂地に描き出すコンテンツを利用できる。
  • 2013年1月14日、「Web Speech API」を用いブラウザ内で音声入力が可能となった。*3

余談

  • ちょろめ」という俗称で呼ばれることもある。
  • ファーストリリース翌日にブラウザ市場で1%のシェアとなって話題を集めたことは有名。
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ