ぐるぐるぐるめ♪

2017-06-22

Amazonの黒ヘビ

12:39 | Amazonの黒ヘビを含むブックマーク

「さて、ここでクイズです。今朝、私の部屋の台所の床にいた生き物は何でしょうか」

1番、カエル

2番、ヤモリ

3番、ヘビ

わたしの周囲の人たちに問うと、100%「ヤモリ」の答えが返ってきているのですが


正解は、まさかの3番。(全員不正解)


♪ある日 部屋の中 黒ヘビに 出会った〜

♪台所の床で とぐろを巻いてたよ〜

森のくまさんのメロディでどうぞ)


Googleで「黒ヘビ」と「小さい」で検索して出てくるトップの画像そのもの。


ある晴れた日に

眠い目をこすりながら台所に行くと

朝の光輝くフローリングの床に、それはとぐろを巻いていた。


すっごくイヤなシチュエーションなんですけど。

心臓が悪い人だったら止まっちゃうレベルだと思うんですけど。


諸般の都合で代役はiPhoneのライトニングケーブル(ピンク)さんに演っていただいております。

f:id:Huaca:20170611232315j:image

ここから再現VTR


ありえない!!

超常現象か?!

いったいどこから入ってくるのこんなヘビが!!


一瞬、アタマの中が真っ白になりかけて。。。

しかし、呆けている場合ではない。

もし、このヘビが逃げて、部屋のどこかに隠れてしまったら??

その方が怖い!!

たとえ超常現象だとしても、私の部屋にヘビがいるのはまぎれもない真実!


捕獲しなければ。。。!

でもどうやって?


必殺兵器、洗面器で。


あっ!

f:id:Huaca:20170622113303j:image


プシッとヘビの頭から赤い血が出てヘビはコト切れた。

ヘビの血って赤いのねーーー!

じゃなくて、

またつまらぬものを切ってしまった、

じゃなくて、

生類憐みの令を破ってしまったじゃないか。

なんと命とは儚いものよ。。。


そもそも私の部屋は都心の3階のビルで、ヘビなんて入り込む隙間は

ないはずなのよ。それがなんで存在するのかって、



答え

密林から黒猫が運んできたらしい。



詳しく説明すると、


わたしは毎月Amazonでペットボトルをまとめ買いしている。

そのペットボトルは9本まとられて箱に入っている。

その箱はクロネコヤマトによりわたしの玄関まで運ばれる。

その箱には、重いので持ち上げるための穴が空いている。。。

そういや昨晩、水が入った箱を台所に運び込んでいた。

f:id:Huaca:20170611232317j:image

f:id:Huaca:20170611232318j:image

(今度から衝撃注意じゃなくて、ヘビ注意とか書いておいて)


ダンボールの箱の中はあったかいからね、

ここ最近涼しい日が続いてたし、ヘビがまぎれこんじゃったんだろう。

ここは都心なのに、いったいどこの荒野を走ってきたのよ、クロネコヤマト


これはAmazonの(倉庫で入った)ヘビなのか?

ホントにマジで密林に倉庫があるのかAmazon

それともクロネコヤマトのトラックに忍び込んだヘビなのか?

どこにも文句言えなくて悶々としてるんだよね〜




しかし、長く生きていると、いろいろな生き物と格闘することになるものなのね。

今回のヘビも驚いたけどね

数年前住んでいた静岡県での「アシダカグモとの戦い」は

戦国時代の関ヶ原に匹敵する激しい戦いだったよ(私の中で)



諸般の都合で代役はタカアシガニ(wiki画像)さんに演っていただいております。

アシダカグモ心理的なインパクトってこんなかんじよ。

f:id:Huaca:20170613162051j:image


ナニがイヤって、デカいうえに足に毛が生えてるとこだよね。

足に毛が生えてていいのはカニだけなんだよ!

f:id:Huaca:20170622124319j:image:w360



しかも奴は足が速いんだよね。。足っていうか、蜘蛛の糸を使ってるんだろうけど。

とても人間のハエたたきでは間に合わない移動速度で。卑怯者め(憎)


でも人間でも100km/h超える速度を出すことはできるんだからね。

ボールを投げればな。。

アシダカグモめ。かならず絶滅させてやる。

クモは益虫とかそんなの関係ない。ルックスが悪なんだよ。


アシダカグモ退治法

新聞紙でボールを作り、両面テープ(ガムテープでも可)でぐるぐる巻きにして

クモに向かって全力で投げつける。。。仕留めた!


その時は運悪く、遮光カーテンも巻き込んじゃったんだよね。。

お高かったのに。でも仕方ない。



L'Arc〜en〜Ciel の火葬のBGMで〜〜(←正確には花葬

カーテンごとゴミ袋に入れて燃えるゴミの日に火葬〜〜




そして、やっぱ、歴史的には

「ドブネズミとの戦い」も忘れちゃいけないよね。

あれは三国志で言ったら赤壁の戦いレベルだったからね




あれは、東京に出てきて初めて下宿したアパートでの出来事だったっけ。。(遠い目)

台所のシンクで、大きなドブネズミと目があった。

f:id:Huaca:20170622121642j:image

諸般の都合で代役は水木しげるロードにいるこの方(wiki画像)に演っていただいております。




ドブネズミ退治法

部屋中の食料品は冷蔵庫に避難させる。(これ大事)

部屋のドアも窓も締め切る。

ネズミ捕り用粘着シートを買ってくる。

ネズミ捕り用粘着シートの真ん中にハムの切れ端を置く

部屋を暗くする。。。。(その間、人間は部屋の外に出る)

10分もしないうちに仕留めた!!



L'Arc〜en〜Ciel の火葬のBGMで〜〜(←正確には花葬

そのまま粘着シートをネズミごとたたんで〜

ゴミ袋に入れて燃えるゴミの日に火葬〜〜




。。。ああ、黒ヘビから過去の歴史的な戦いを思い出してしまったよ

そういや、カエルが枕元で鳴いてた時があったんだよね(思い出した)

ヤモリも窓に貼り付いて死んでた時があったなーーー

でもそれはまたの機会にお話ししましょう。

(聞きたくないって?)



.

る 2017/06/22 15:33 タコイカの血は青いけど、ヘビの血は赤い、そして赤血球にも核がある、と習った覚えがあります。田舎の猫はよくヘビを取ってくるから、クロネコさんが勤務時間中に箱から離れて遊んできたんだと思うな。

mnmn 2017/06/23 08:44 東京怖い。都会だと思ってたのに蛇やネズミが室内に出るとは。助けを借りずに自分で片をつけるのも素晴らしい。にしても、アシダカグモさんカーテンごと火葬するのは流石にやりすぎでは?

wakawaka 2017/06/23 10:28 >「る」さん

ヘビの血、勝手に青いと思い込んでた。。
そしてまたこの月末、密林からクロネコが
水の箱を運んでくるのだが。。。

> MNさん

この話、フィリピンの英会話講師に話したら
「アパートメントのコンシェルジュに害獣を捕獲して貰えばいいじゃない」
とか言われちゃって。そんなご大層な者はいません。
ていうか、誰か助けを呼んでたらその間に逃げちゃうじゃん
ヘビもネズミも。

2017-06-21

貴族の館?でクレープシュゼット(銀座)

13:14 | 貴族の館?でクレープシュゼット(銀座)を含むブックマーク

銀座にある貴族の館風のこのお店

f:id:Huaca:20170611232245j:image



おそるおそる中に入ると

f:id:Huaca:20170611232219j:image


本がたくさんある、図書館?本屋?

f:id:Huaca:20170611232220j:image


いえいえここは本屋を装ったケーキ屋さんなのです

f:id:Huaca:20170611232221j:image

本屋と見せかけてケーキ屋で、さらに

世をしのぶ仮の姿で、地下にお屋敷があるのね、

みたいな。


f:id:Huaca:20170611232241j:image

おいしそうすぎる。。ナポレオン


初夏っぽいケーキですね

f:id:Huaca:20170611232242j:image


関西のHENRI CHARPENTIERが銀座にカフェを開いているらしく

f:id:Huaca:20170611232238j:image

結婚式場みたい?


店内はひたすらゴージャスです

f:id:Huaca:20170611232239j:image


地下に下る階段をおりていくと

f:id:Huaca:20170611232240j:image

f:id:Huaca:20170611232229j:image

なんか、やっぱり貴族の館だった。


ここは、クレープシュゼットを注文すると

目の前でフランベしてくれるサービスがあるのです。

f:id:Huaca:20170611232321j:image

※動画を撮ったけれど、思いっきりお客さんたちの顔が

映ってしまってるので画像にします。

f:id:Huaca:20170611232319j:image

バターとオレンジとリキュールの良い香りが火と一緒に

ふわっと、いや、ブワ〜ッとあたりに広がります。

f:id:Huaca:20170611232234j:image

めちゃくちゃいい香り

そしてこのソースは、バニラアイスにかけたら

ピッタリなんじゃないかな?(じっさいそういうメニューがある)


もとから貴族の館っぽいこの店を

さらに「怪しい館」に仕立ててるのが、


本棚に沿って辿っていくと。。

f:id:Huaca:20170611232223j:image

ん??!!

f:id:Huaca:20170611232224j:image

こ、これは。。

f:id:Huaca:20170611232225j:image

隠し扉!!

f:id:Huaca:20170611232226j:image

ギギィ〜〜

f:id:Huaca:20170611232227j:image


本棚の後ろに謎の空間が!!

ほら、よくあるじゃないですか、貴族の館で

暖炉や本棚の後ろが謎の通路に通じてるっていうベタな展開

中世の鎧の兜を時計回りに回すと壁が一回転するとか

壁に飾られた絵画の裏に謎の引き出しがあるとか。

ありがちじゃないですか?


これは秘密の地下通路への入り口か?!

はたまた隠しアイテムか武器が入ってるのか??(ゲーム脳)

何から逃げているんだ?ここの貴族は?(笑)


。。。という雰囲気のトイレ。

(しかもトイレの装丁がいちばん怪しいピンク)

f:id:Huaca:20170611232228j:image



革命軍に追われる貴族の気分を堪能した1日となったのでした。



.

MNMN 2017/06/23 08:48 かっちょ良い。今度東京行ったら行ってみよう。

wakawaka 2017/06/23 10:23 >MNさん

東京を訪れる際はぜひ私に一声かけて鍵かけて!(笑)

2017-06-20

お花屋さんで草ランチ(青山)

13:06 | お花屋さんで草ランチ(青山)を含むブックマーク

梅雨の晴れ間に訪れたのはお花屋さん

青山フラワーマーケット

f:id:Huaca:20170619203612j:image


数年前、土曜日に訪れて行列していたため

断念したお店に平日リベンジです(←そこまでして?)

f:id:Huaca:20170619203614j:image

店内、初夏のお花がたくさん


美しいですね。

f:id:Huaca:20170619203615j:image

f:id:Huaca:20170619203613j:image


もうすぐひまわりの季節。

季節先取りでしょうか

f:id:Huaca:20170619203621j:image


この店の奥にティーハウスがあるのです。

f:id:Huaca:20170619203616j:image


硝子戸の中に入ると、カフェ

f:id:Huaca:20170619203619j:image

ちょっと古き良き時代のイギリスの温室みたい。

f:id:Huaca:20170619203620j:image

お昼時、店内はすぐ満席になってしまいました。

f:id:Huaca:20170619203617j:image


ガラスのテーブルに白い芍薬が飾られています

f:id:Huaca:20170619203622j:image

季節ごとに飾られる花が違うのだそうだ。

f:id:Huaca:20170619203624j:image


芍薬花言葉は「恥じらい」と「謙虚」らしい。

f:id:Huaca:20170619203623j:image

意外。花の雰囲気からして「ゴージャス」「豪華」とかだと思ってた。


カウンター席には蕾が飾られていました

f:id:Huaca:20170619203629j:image


小物にもこだわってる

f:id:Huaca:20170619203625j:image


(注)パクチー酒ではなくてミントたっぷりのモヒート

白ワインも添えて

f:id:Huaca:20170619203626j:image

ライムもたっぷりエメラルドモヒート

f:id:Huaca:20170620200443j:image



こちらは季節のよくばりプレート

彩りが美しいですね

f:id:Huaca:20170619203628j:image


草ですね。

こちら草のプレートランチですね。(草いうな)

あ、ハーブですね。

f:id:Huaca:20170620125122j:image

TEA HOUSEサラダ

ダイエットにちょうどいいっていうか。。

ヤギになった気分というか。。(ヤギいうな)


花だらけの店内で体もハーブで浄化されるお店です。

目の保養、体の保養。


おまけ画像

緑の鉢植えが透けて見えるガラスのテーブルの上に

ガラスのプレートに盛られた

フレンチトースト(夏バージョン)

f:id:Huaca:20170620200442j:image

いや〜、見てるだけで涼しげ。


夏ももうすぐ。。。か?

f:id:Huaca:20170620200444j:image


花がたくさんあるからでしょうか。

都心のど真ん中、

店の中にもたくさん人がいたのに、

なぜか、しん、と鎮かな(雰囲気の)お店でしたね。

静かと言うより鎮か。

不思議な空間。



.

2017-05-17

初夏の関西その2

07:56 | 初夏の関西その2を含むブックマーク

「イギリスで美味しい食事がしたければ、1日に3回朝食を取ればいい」by サマセット・モーム

(なんか色々物議を醸しそうな言葉だ)


イギリスを旅行した時、昼も夜もボリュームのある食事をしていたため、

胃を休めるためにも(←気休め?)

朝食は質素にコンチネンタル・ブレックファストを摂っていた。

大陸風朝食 =

「暖かい食べ物がなく火を通さない冷たい料理を中心としたもの」

内容:パンヨーグルトとハムとお茶

(簡素だけど、欧州はヨーグルトがやたらウマイから許せる)



しかし英国旅行最終日、

「もうお腹なんて壊れてもいいや〜!ヒャッホ〜!」

で、いよいよ朝っぱらから「イングリッシュ・ブレックファスト」に挑戦。

イングリッシュ・ブレックファストはフル・ブレックファストともいわれる。



2015年の英国旅行日記(イギリスの食事編)

イングリッシュ・ブレックファストとは。

ソーセージベーコンなどの肉料理、

オムレツスクランブルエッグなどの卵料理、

焼いたトマトやマッシュルーム、

「ベークトビーンズ」というトマト味のいんげん豆の煮込みなどをとりあわせて一皿に盛ったものである


ちなみにイングリッシュ・ブレックファストは、コンチネンタル・ブレックファストの2倍のお値段がするんだよね。

いや〜、なんか、階級社会を感じたね(違)。


しかし、たしかにおいしい。おいしいんだなこれが。

私、朝食は一生、毎日「イングリッシュ・ブレックファスト」でも飽きないと思う。(本気)


英国から都内に戻って、探したよ。

フル・ブレックファストが食べられるお店を。


結論:無い。



もう自分で作るしかない。(実際作った)

でもなんか違う。違うんだよほら、雰囲気が。

ほら、こういうかんじ。

f:id:Huaca:20170514133905j:image


無理。(まず、執事を雇うところからだ)


あきらめかけた時、見つけたこのサイト

ロンドンティールーム堂島本店


そうそうそう!

これこれこれ!

まさにこういうの!

もとめていたものがこの世に存在したよ〜〜!!

f:id:Huaca:20170516142040j:image

画像:ロンドンティールーム堂島本店(お知らせのサイトより)

そして、いまや希少なMINTONで統一された食器たち


自分に足りないものがわかった。英国朝食は、

まず、茶器とか銀食器とかカトラリーとかテーブルウェアをあれこれ揃えるところからだ!

(カタチから入るのね!)

このトーストスタンドが効いてる。

これならカリカリ感がずっと保てるよ!


日本にも本格的なお店があったのね!と喜んだのもつかの間

それは大阪のお店。

東京から毎日行くとか不可能。

もしウチの近所にあったら間違いなく週末ごとに通ってた。残念すぎる。

朝食を食べるためだけに新幹線に乗るとか、さすがに無理。


しかし、神はわたしを見捨てなかったヽ(*^ω^*)ノヤッター


オトナの事情で経緯は省きますが

ともかく、朝っぱらから

大阪のロンドンティールーム堂島本店の前に存在する事が可能になった私。

f:id:Huaca:20170514133909j:image

やったね私!


店内は想像していた通り

アンティークの木製のテーブルと椅子、ほぼコンパートメント席で落ち着ける。

f:id:Huaca:20170514133907j:image

f:id:Huaca:20170514133850j:image


店内イギリス風で統一、と思いきや大阪っぽい雰囲気も残しつつ(笑)

f:id:Huaca:20170514133852j:image

店内入ってすぐ出迎える昭和時代とおぼしき謎の人形たち

f:id:Huaca:20170514133851j:image


そうなのよ、この雰囲気

f:id:Huaca:20170514133856j:image

Mappin&Webbのシルバーティーセットにイングリッシュブレンドを淹れて


なかなか便利な小道具だよね〜

こういうディテールにこだわるのも大事だよね。英国朝食。

f:id:Huaca:20170514133904j:image

ポットハンドルカバー(ポットの持ち手の熱さもこれでOK

しかもポットの蓋も開かないように工夫されている。



これが、英国食パン

f:id:Huaca:20170514133858j:image

ザックリした食感の薄い食パンをカリッカリに焼いてね

もちもちしたパンより好きなんだな〜、このパサパサ感が

たまらない、このクッキーみたいな硬い食パン

パンなんて、もちもちしていなくていいし

分厚くなくていいし、ましてや、やわらかくなんてなくていい。

No more mochi mochi! No more fuwa fuwa!

(国内食パン業者に喧嘩売ってそうなセリフだけど)

たまらない、このスコーンとかカリカリ食パンに代表される

イギリスのパッサパサな、水分のないパンの文化。

このパサパサ食感にクリームだのジャムだのたっぷりつけるの、最高!

なんか、説明すればするほど変わり者に見えるな私。


ずっと食べたかったの!

f:id:Huaca:20170514133900j:image

(とくにこの焼きマッシュルーム。切らないで丸ごとならなお良かったんだけど)


。。。と、ここまで書いて気づいたんだけど

もしかしたらイギリス料理、日本人の口に合わないから

なかなかお店が無いのかな〜。。と。

パッサパサなパンとか、英国と日本で食感の好みが違うのかもな〜。。なんて。



追伸

Tさん、英国旅行に続き、早朝の英国朝食までおつきあいくださってありがとうございましたm(_ _)m



.

る 2017/06/06 11:40 堂島までワープ?!
私も柔らかすぎる食パンは好きじゃないです。米食民族の味覚がパンにもモチモチ感を求めちゃうんですかねえ。No more mochi mochiに1票。

wakawaka 2017/06/20 13:20 >「る」さん

日本ではなかなかイギリスの食パンが売ってなくて。
ドコカのサイトに、日本の薄切り食パンを
塩水につけてパッサパサに乾燥させれば
イギリス食パンになるなんて書いてあったな
そこまでひどくはないと思うけど
わたし、口の中の水分が吸い取られるような
パンってけっこう好きなのよね(物好き?)

2017-05-16

初夏の関西その1

20:08 | 初夏の関西その1を含むブックマーク

京都は花街「先斗町」はすっかり日が暮れて

f:id:Huaca:20170514133819j:image


鴨川夏の風物詩「納涼床」。

f:id:Huaca:20170514133815j:image

f:id:Huaca:20170514133816j:image


納涼床」5月からもう営業してるんですね。

夕暮れ時、すでに満席に近い。

f:id:Huaca:20170514133820j:image


出張先で連れて行っていただいた「いづもや」で

ひょうたん弁当(3段重ね弁当)

f:id:Huaca:20170514133821j:image


と、(もちろん)酒

凰麟

f:id:Huaca:20170514133827j:image


「そういえば今朝、奈良線の電車に乗ってきたんですけど」

ラッシュアワーの車内で気合の入ったコスプレをした女の人をみかけて」


まさにこんなかんじの。

天上の虹(7) (講談社漫画文庫)

「アナタが額田王か!」的な。


f:id:Huaca:20170514133822j:image

ひょうたん弁当(1段目)



髪型も装束も完璧(飛鳥時代)だった。

満員電車でかなり目立つと思うんだけど

誰も不思議に思っていないらしい。

コスプレしてる人は美人だし、飛鳥時代に生まれてても

選ばれて采女として宮中にあがりそうな雰囲気。


「なんか、采女(うねめ)が現代の通勤電車(しかも満員)に乗ってるってシュールだよなぁ」


f:id:Huaca:20170514133823j:image

ひょうたん弁当(2段目)


f:id:Huaca:20170514133824j:image

ひょうたん弁当(3段目)


奈良駅まで行くのかと思いきや

彼女は稲荷駅で降りて行ったのだった。

伏見稲荷に行った時の日記


キツネ化身だったんだろうか。。。」

コスプレにしてもあの髪型はすごい。どうやって結ったんだろう。」


同僚

「どの時代の髪型も結える」と言う髪結いさんがいる店を知っていますよ。


マジですか。。

たとえばこんなのでも??

f:id:Huaca:20170516162706j:image

「古墳時代の女子」

画像:POLA文化研究所より


京都。。。奥が深いな。。。


f:id:Huaca:20170514133825j:image

弁当、ひょうたん分解完了!



。。。。。。。



京都のお店、もう一軒

京町家を改造したレストラン「ロビンソン烏丸

f:id:Huaca:20170514133836j:image


内装は、和の中に洋を取り入れた和洋折衷

f:id:Huaca:20170514133837j:image

蔵にシャンデリアが意外に合うな


お醤油が入っていそうな瓶!

f:id:Huaca:20170514133838j:image

注)じっさいに入ってるのはワイン「Pescevino」


せっかくなのでワインクーラーで冷やしつつ乾杯


前菜〜〜

f:id:Huaca:20170514133839j:image

スペイン風オムレツ


サーモンのマリネ

f:id:Huaca:20170514133840j:image


焼きたてパンが食べ放題

f:id:Huaca:20170514133843j:image

そして太る。

(仕事先で太るってどんな?!)

f:id:Huaca:20170514133842j:image

畳み掛けるように炭水化物

低糖質ダイエットが吹っ飛ぶ。


舌平目

f:id:Huaca:20170514133844j:image


お肉のメニューもあり

f:id:Huaca:20170514133845j:image


デザートを食べる頃にはダイエットなんて

もうどうでもよくなってるんだな〜〜

f:id:Huaca:20170514133846j:image

ごちそうさまでした!



おまけ画像

京都駅ホームで見かけた忍者の模様の電車

乗ったらどこに連れて行かれるのか。。

f:id:Huaca:20170514133848j:image


君、前世では山手線と呼ばれてなかったか?

まぁ〜るい緑の山手線♪

f:id:Huaca:20170514133849j:image

山手線、やたら新車が投入されてると思ったら

引退車両はこんなとこで余生を送っていたとは。。





.

2017-04-29

花と軍艦(続き)

13:43 | 花と軍艦(続き)を含むブックマーク

ゴールデンウィーク初日

それはプレフラ(プレミアムフライデー

というわけでネモフィラを見に行ってきました。


これはツツジ

f:id:Huaca:20170429003420j:image


ツツジと同配色の可愛い電車

f:id:Huaca:20170429003421j:image


くりはま花の国というところです。

ネモフィラ、今流行りの花ですよね。

流行歌ならぬ流行花?

f:id:Huaca:20170429003422j:image

小さい頃遊んだ野原で、春先に小さな青い花がたくさん咲いていたよなぁ

(それはオオイヌフグリです)

懐かしい気分にさせる花だよ。

ネモフィラの方が大きな花です)


f:id:Huaca:20170429003434j:image

ポピーも可愛らしい


f:id:Huaca:20170429003437j:image

一面のネモフィラ花畑

遠くに鯉のぼりが見えるよ



f:id:Huaca:20170429003428j:image

鯉のぼりが青空に泳いでいました


本当、鯉が滝登りしてるみたいで

すごい紫外線だなぁ良いお天気だなぁ

f:id:Huaca:20170429003431j:image



青い小さな星が散らばってるみたいですね

f:id:Huaca:20170429003436j:image

f:id:Huaca:20170429003435j:image

f:id:Huaca:20170429003441j:image


頂上になぜかゴジラがあります。

頂上まで登ったら、大人はもう遊ぶ元気なんてないよ。

子供達は元気だなぁ(遠い目)。

f:id:Huaca:20170429003440j:image


。。。わたしにもそんな元気な頃があったのだろうか。。(さらに遠い目)



おまけ画像

久里浜のレストラン「モンブーシェ」で

f:id:Huaca:20170429003457j:image


カンパ〜イ

f:id:Huaca:20170429003445j:image


前菜

ヤリイカと春キャベツマリネ

日向夏とウドのサラダ

タラのブランダード

漁師風スープ

ハム

f:id:Huaca:20170429003446j:image


真鯛のポワレ タプナードソーズ

仔羊のトマト煮込み

f:id:Huaca:20170429003449j:image


デザート

イチゴのシフォンとか

f:id:Huaca:20170429003454j:image





ごちそうさまでした!!



.

花と軍艦

13:42 | 花と軍艦を含むブックマーク

これっきり〜

これっきり〜


もう〜

歌謡曲しか思い浮かばない横須賀。



青い空 白い雲

今日は横須賀の海でクルージングするのです。

f:id:Huaca:20170429003510j:image

遠くに房総半島まで見える、絶好の船日和。


f:id:Huaca:20170429003459j:image

通常、こういう観光船で巡るクルージングの客層はキャピキャピ

しているものですが、今日はちょっと雰囲気が違う。

一眼レフを構えた、妙齢の(?)男性客がたくさん。。。


そう、それもそのはず横須賀は軍港めぐり

今日は軍艦を見るツアーにやってきたのです。

海の写真を撮るわたしの隣で、外国人の同僚が不安そうに聞いてきました。

わたし、外国人ですが写真を撮っても捕まらないですかね。。?」


あはは、何を言ってるんですか、ここは日本ですよ^^

それに観光船からお客さんたちがカメラでたくさん写真を撮るのだから

そんな大変なシークレットはこの海には無いと思うし〜〜

だいたい、このツアー、客に双眼鏡まで貸し出してるんですよ。

何でも見たい放題だよね。(と、最初は軽く考えていたんだけど)


f:id:Huaca:20170429003522j:image

何だろあの黒くてボワンとした大きなミサイル?みたいな形のタンク


日本人の同僚「潜水艦の上に人がいるね〜(双眼鏡を見ながら)」

うわ、あれは潜水艦海上に出てる状態なんだね。

へぇ〜、こんな形をしてるんだね。

わたし知識はこんな程度です)


「いずも」という護衛艦?らしい。

(写真が間違ってたらゴメンなさい)

f:id:Huaca:20170429003502j:image

思いっきり逆光だ!



観光船のガイドによると(説明の記憶がうろ覚えでゴメン)

街1つの電力が担える、そして、海水から真水を作り出せる船なのだそうで

熊本の地震の時大活躍したのだそうだ。

へぇ〜、自衛隊の船ってそういう役割を果たすんだね〜

感心しながら海を見ていると、


観光船のガイド

「向かって右側にアメリカ軍のイージス鑑。。。」

f:id:Huaca:20170429003507j:image


なんでも、飛んできたミサイルを危ない順に、片っぱしから迎撃できるそうな、

って、いいの?こういう船は日本海側に置いとかなくていいの?



なんでも、横須賀に置いておいても日本列島をカバーできるらしいんだこれが。有能だね〜

そういや、海に出てからというもの、

右(アメリカ軍)を見ても左(自衛隊)を見ても軍艦でいっぱいだよ。

f:id:Huaca:20170429003519j:image

軍艦だらけの海をモーゼみたいに割って進む観光船ってなんだかシュールね。

観光船だから周囲の軍艦から無視されてるんだけど、これが敵艦だったらどうなっちゃうんだろう。

塵も残らないかな。海の泡になるしかないというか。



観光船のガイド

「普段は5隻くらいしかいないこともあるのですが、

今は20隻もこの海域にいます。

こんなにたくさんの軍艦が見られるみなさんはラッキーですね〜」



え〜と。。。

平時。。。は、5隻くらいなのか。。。

でも今、たくさん軍艦が集まってるってことは、

いま戦時?

いや、なんかヤバいのだろうか(←にわかに焦る)


いや、えっと、やっぱ、関東地方にもイージス1匹くらいは居て欲しいな

日本海側だけじゃなく、東京の近くにも居て欲しいな〜なんて

軍艦の単位は匹じゃねぇ〜〜)



観光船のガイド

「あれが原子力空母のロナルド・レーガンです」

移動できる兵器としては人類最大のもの、らしい。(wiki情報)

f:id:Huaca:20170429003508j:image

え〜と。。。あれ?写真とか、撮っても大丈夫なのかな?

さっきの外国人の同僚じゃないけど、日本人の私も、なんか不安になってきたよ。

観光船のお客さんたち、パシャパシャ写真を撮ってるけど、いいのかな

禁止されてないらしい。不思議な感じがしてきた。


観光船のガイド

「この空母、洗濯物が1日に5トンも出るんですよ〜だから洗濯機がまいにちゴトンゴトンと動いてるんです」


ロナルド・レーガン、そんな説明でええんか??


あ、島の脇を通り過ぎた。

f:id:Huaca:20170429003513j:image


観光船のガイド

太平洋戦争中は日本軍の燃料の貯蔵庫がありましたが、戦後

アメリカ軍に接収されて以後、この島で何が行われてるかは秘密なんです」

(吾妻島)


そんなシークレットな島の横を観光船が通り過ぎてええんか??

みんなカメラと双眼鏡持ってるんだよ?

なにしてんの??ホントに。


なんか、海の上に白い四角い箱が浮いて。。

f:id:Huaca:20170429003509j:image


観光船のガイド

「あれは消磁所です。」


軍艦は長時間使用すると、地磁気などで磁性を帯びてしまうんだそうな。

消磁装置で逆向きの磁気を当てて打ち消すらしく、

打ち消さないと、機雷に反応してしまう、って

あれ?機雷って、そんなに海に埋まってるものだったの?


観光船のガイド

「あれは海のお掃除をする船、清掃船です」

f:id:Huaca:20170429003518j:image

あ〜〜。海水浴場とか、海にいっぱいゴミが浮いてたりするもんね〜


観光船のガイド

「機雷を掃除する船です」

(機雷を避けるためにプラスチックや、木造船なのだそうだ)


。。。ヤバい

ゴミじゃなくて機雷だって

人類ヤバい

地球ゴメンなさい

海ヤバい。(空もヤバいかもしれないけど)


※ちなみにこの数日後の新聞にこんな記事が。

いずもが横須賀に待機していた理由。

我々は奇しくも、自衛隊の役割を拡大する安全保障関連法に基づく

初任務に出くわしたのだった。

f:id:Huaca:20170508205813j:image



結構いろんな衝撃を受けつつ船を降りたら

おみやげ屋さんで抽選会が行われてました。

f:id:Huaca:20170429003523j:image

乗船チケットの下3桁の番号が当たってたらプレゼントがもらえるらしいよ。

30人に1人らしいよ。


f:id:Huaca:20170429105856j:image

当たってる!(赤線に注目)


ひゅうがカレー鑑。。いや、缶が当たりました〜〜

f:id:Huaca:20170429003542j:image


いや〜〜、そういや、横須賀、カレーで有名だったよね。

なんか、いろんな衝撃ですっかり忘れてたけど。

f:id:Huaca:20170429003531j:image


ね?

f:id:Huaca:20170429003532j:image



.

2017-04-18

時間はひねり出すもの(六本木の赤い水玉)

18:02 | 時間はひねり出すもの(六本木の赤い水玉)を含むブックマーク

3週間弱で荷物をまとめあげ

新居を探し、色々な手続きを完遂して、引越しする(仕事しながら)

ということをやり遂げたので今、達成感でいっぱいです。

いや〜、引越しも9回目、子供の頃を含めるとなんと人生通算11回目。

もはやここまでくると引っ越しも流れ作業

流れるというか流浪の人生というか流転かも。

流れ者、いや、遊牧民

夢という羊を追う遊牧民です(草)。


そんなてんやわんやのまっただなか、

国立新美術館(六本木)に行ってきました。

どこにそんな時間があった??いや時間はひねりだすものなのだ。


f:id:Huaca:20170318130517j:image

冬から春に季節も移り変わり

美術館の庭の木々もすっかり赤い水玉模様になって。

春爛漫ですね〜



今回訪れたのは、こちらの展覧会です。

f:id:Huaca:20170318131535j:image

だからなにもかも水玉模様なんだね。


展示会場にもたくさんのお花が咲いていました。

いや〜、ほんっと、春爛漫ですね〜

地球の春っぽくないけど。

f:id:Huaca:20170318132605j:image



どこかの惑星に生えてるっぽい巨大な花なんだよね〜

(周囲の人間と大きさを比較してみてくださいな)

f:id:Huaca:20170318132815j:image

六本木に宇宙空間が出現したよ。

今にもウネウネ動き出しそう。


きっと、惑星に不時着した人間を喰らう花だろう。

人類が作ったロケットごと呑み込む花だな!


会場のグッズ売り場は約1時間待ちの長蛇の列だったけど

それでもみんなメゲずに並んでるよ。

だって、こういうものが手に入るのだもの。


一例として)トランプ

f:id:Huaca:20170412130025j:image

ものすごい七ならべができそうだ。

占いをやってもいいね!トンデモな結果が出そう。


アナタの前世はこれです。赤いミドリムシ

えーーー?


そしてこのトランプで神経衰弱をしてもいいね!

いろんな意味で神経衰弱しそうなカード群。

f:id:Huaca:20170412130026j:image

(画像協力:Rさんありがとうございました)


この感性を持って地球に生まれたか。

まさに20億光年の孤独な感性。

作者の肉声による音声ガイドも大迫力だった。

(自作の歌/自作の詩の朗読あり)

すべての作品から、ものすごい生命力を感じるよ。

エネルギーが頭からガンガン注入されて、HP満タンになった感じがする。


引越しする気合いが満タンになったところで、

胃袋も満タンにしましょう!


国立新美術館のすぐ近くにあるクルン・サイアムでランチ

タイ人シェフが料理しているから、本格的な、


パクチーが。

f:id:Huaca:20170318124631j:image

焼き海老スキー&生パクチストとしては夢のような炒飯


いやこれ、重要なんですよ。

たまに、パクチーのかわりに、みつばがあしらわれてることがあって。

多分、パクチー嫌いの人が一定数存在してるからなんだろうけど。

そんなときの落胆ったら、なかなかHP回復できない。


でもここはスープや春巻きまでしっかりパクチー入ってるもんね〜

よきかな よきかな〜

f:id:Huaca:20170318124500j:image

これで怒涛の3月も乗り切れそうよ〜〜

(無事乗り切ったので日記を書いてるのです)




.

2017-02-25

ロシア料理でチーズ祭り、ベトナム料理でパクチー祭り

17:15 | ロシア料理でチーズ祭り、ベトナム料理でパクチー祭りを含むブックマーク

夜の帳が落ちて、恵比寿はすっかりイルミネーション

f:id:Huaca:20170225001733j:image



もうそんなシーズンなのか〜

クリスマス。。。。。???

とっくに終わって、

じゃあ

バレンタインのイルミネーションかな

f:id:Huaca:20170225001732j:image

バレンタインも終わってるから。。。え〜と。。



ガーデンプレイス、年中無休でクリスマス仕様がデフォルトだったよ。。

ここに来るといつも時空が狂うな。



そんな不夜城恵比寿にあるロシア料理店が、

f:id:Huaca:20170225001717j:image

マトリョーシカ


店内の天井に、ずらりと、(奥〜〜のほうまで)

f:id:Huaca:20170225001729j:image


なんか、儀式のように 一定の法則でズラリと並べられている。

店の名の通り、マトリョーシカ


我々が注文したのはチーズフォンデュ特別コース

f:id:Huaca:20170225001725j:image

そう、唐突ですがチーズが好きなんです。

大好きなんです。これはチーズ部の部活動でもあるのです。

顔が洗えそうな

洗面器みたいな大きさの器に、たっぷりとろけるチーズ

f:id:Huaca:20170225001726j:image

エメンタール」と「グリュイエール」を

白ワインで煮溶かしているらしい。



チーズ部活動であると同時に

今日は遠方からはるばる東京出張してきた同僚のみなさんを

おもてなしするために


あ、

ちょっと、

写真に撮るのでこれ(チーズフォンデュピック)持っててくれませんか?

そう、とけたチーズがパンにまとわりつき、糸を引いて

とろ〜っと、とろけて落ちる様子をですね、

はい、そのまま〜

よし、ありがとうございます

すみませんでした

どうぞ食べてください

(おもてなし、どこかへ飛んだよ)

f:id:Huaca:20170225001727j:image

(私の目の前に座ってしまったKさん、ご協力ありがとうございました)


もちろんロシア料理といえば

ビーツの鮮やかな赤とサワークリームの白がまぶしい

ボルシチ

f:id:Huaca:20170225001719j:image


揚げてない、ロシア風に焼いてあるピロシキ

f:id:Huaca:20170225001720j:image


すっごくもちもちしてるピロシキ。。。

生地にコラーゲンが入ってるらしい。

f:id:Huaca:20170225001721j:image



この店はぐいぐいコラーゲン推ししてるらしく

ドリンクにも

コラーゲン&レモンソーダ

が、あったりして。(しかもマリンコラーゲン from 鯛)

ロシア料理 featuring コラーゲン異次元な響き。


個人的にはナリブカソーダがおすすめ。

(ざくろ、ワイン、レモン、ソーダカクテル

コラーゲンが原材料に入ってないけど、おいしいのでおすすめ(笑)

f:id:Huaca:20170225001716j:image


そして、ロシア料理といえば「つぼ焼き」。

そう、抹茶と緑茶の緑色が鮮やかなパンでフタをされたシチュー

。。。抹茶と緑茶?

f:id:Huaca:20170225001722j:image


さっきから意外な材料がロシア料理に使われてるよ。

f:id:Huaca:20170225001711j:image

ロシア料理 featuring 和風。



[誤] パンのフタを開けてはいけません

(シチューが冷めるから)

f:id:Huaca:20170225001723j:image


[正] パンをあつあつのシチューの中に崩しながら食べます。

f:id:Huaca:20170225001724j:image

(小海老&きのこ、豆乳クリームソースのシチュー)



そして、やはり、最後の締めはロシア紅茶ですね。

f:id:Huaca:20170225001730j:image


あ、

ちょっと、

写真に撮るのでこれ(ティースプーン)持っててくれませんか?

そう、紅茶の底に沈んでる

苺と蜂蜜と赤ワインを練ったロシア紅茶ジャムの様子をですね、

はい、そのまま〜

よし、ありがとうございます

すみませんでした

どうぞ飲んでください

(おもてなし、どこかへ飛んだよ)

f:id:Huaca:20170225001731j:image

(私の目の前に座ってしまったKさん、ご協力ありがとうございました)



カシスとごまのアイスクリームが本当の〆。

f:id:Huaca:20170225001728j:image


ごちそうさまでした〜



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



唐突ですが、パクチーが好きなんです。大好きなんです。

しかし、

辛い料理は苦手なんです。

これまでタイ料理レストランで

パクチーのためならと、辛いのを我慢して食べていた人に朗報。

それは、

「ベトナム料理」

パクチーいっぱいでも辛くない!


f:id:Huaca:20170225001820j:image

というわけで、池袋のアジアンタオ(Asian Tao)にやってきました。


B1の各テーブル席はそれぞれ焼肉用の換気扇

黒いエプロンが揃えられ

服に料理のシミも匂いもつかない工夫がされています。

f:id:Huaca:20170225001753j:image

別にいいんですけどね、パクチーの匂いにまみれても。(私だけか?)


あと、酒のメニューが面白そうだし

ライム(ギ)畑でつかまえて

とか。

f:id:Huaca:20170225001813j:image

テーブルには見たことがない調味料が並んでいます。

ヌクマム?魚醤?

f:id:Huaca:20170225001816j:image


マスカットサングリアとシャンパンモヒートで乾杯してるうちに

f:id:Huaca:20170225001754j:image



パクチーサラダが運ばれてきました。

(プレミアムパクチー炭火焼・鍋コースを注文しています)

f:id:Huaca:20170225001755j:image

店のスタッフ「パクチー、追加しますか?」

我々「はい、お願いしま〜す」

f:id:Huaca:20170225001757j:image

この店、追いパクフリーなんだよね。

パクチー党 党員総会にふさわしいお店です。

というわけで、パクチー On The パクチーサラダ。


もちろん、春巻きにもパクチー入ってる〜

f:id:Huaca:20170225001756j:image


そして、目の前に焼肉の準備が。

f:id:Huaca:20170225001758j:image


タン塩 和牛カルビ 熟成牛ハラミ 

f:id:Huaca:20170225001801j:image

f:id:Huaca:20170225001803j:image

f:id:Huaca:20170225001804j:image


ジュ〜〜〜ジュ〜〜〜〜〜

f:id:Huaca:20170225001802j:image

焼肉のささやき。


焼肉にはサンチュ、そして

f:id:Huaca:20170225001800j:image

店のスタッフ「パクチー、追加しますか?」

我々「はい、お願いしま〜す」

f:id:Huaca:20170225001757j:image


サンチュで焼肉を巻いて

さらにパクチーや大葉もトッピング

焼肉&パクチーの組み合わせははじめてかも。

大量に肉を食べてるんだけど、同じくらい大量にパクチーも食べてるから

ヘルシーなかんじがするよ(気のせい?)。


そしていよいよ、メインのパクチー鍋(ベトナム風鶏鍋)。

f:id:Huaca:20170225001807j:image

わぁ!パクチーがいっぱいだよ〜!さすがパクチー鍋だけあって。


店のスタッフ「パクチー、追加しますか?」

我々(えっ。。。!?さらにここに追加?)

「は、はい。」


なんということでしょう!突如として我々の目の前に

パクチーの森が出現したのです!

f:id:Huaca:20170225001810j:image

わっさわっさ繁る大森。。大盛り。

というわけで、パクチー On The パクチー鍋。


食べ終わった後は、パクチー汁のたっぷり染みた鍋で

〆のフォーをお店のスタッフさんに作ってもらえます。


あ、

ちょっと、

写真に撮るのでこれ(トング)持っててくれませんか?

そう、このきしめん、じゃない、

この透明で歯ごたえのあるフォーの様子をですね、

はい、そのまま〜

よし、ありがとうございます

すみませんでした

どうぞ食べてください

f:id:Huaca:20170225001815j:image

(私の目の前に座る人の宿命)


またここで新鮮なパクチーが投入されてます。

f:id:Huaca:20170225001814j:image

もうね、このパクチー汁のたっぷり入ったスープに

新鮮なパクチー香りがね

パクチーの二重攻撃だよね

絨毯爆撃 by パクチー



このお店ではドリンクメニューにラ・トマトやベトナムコーヒー(練乳)があります。

水のように透明だけどトマトの味がする不思議なお酒

たしかに、トマトは赤いけどトマト絞り汁は透明だもんね。

f:id:Huaca:20170225001812j:image

エスニックなお料理にトマトは、意外に合いますね。


こちらは甘い練乳入りのコーヒー

f:id:Huaca:20170225001819j:image

ホット珈琲でも、カップでなくグラスを使うのがベトナム式。



本当の〆のアイスクリーム。。。には、

さすがにパクチーは入ってないね(笑)

f:id:Huaca:20170225001817j:image

ねっとりしたさつまいものアイスクリームでした。ごちそうさま^^

酒とアイス以外は全部パクチーだったよ。

ベトナム料理万歳!


家に帰ってお風呂で髪を洗ったら、

パクチーの匂いがしたよ(シャンプーの匂いはいずこへ)

いや〜うれしいね〜(←真のパクチー党員)

今日はどんだけパクチーにまみれたんだろう。


.

2017-01-29

(新年)和食対決(賀正)

13:40 | (新年)和食対決(賀正)を含むブックマーク

ところでみなさん、いまさらながら2017年明けましたね。

今年もよろしくお願いいたします(遅すぎ)。

ということで、

2017年1月のぐるめ日記は和食で始めます。


さて、今回の 東西ならぬ、 田舎-都会 和食対決、

諸事情で、おしながき無しで挑まなくてはなりません。

記憶を総動員して日記に臨みますが、どうなることやら。


まずは六本木ヒルズ和食処「いなきあ」

f:id:Huaca:20160614221125j:image

そびえたつヒルズ。


f:id:Huaca:20170128182214j:image

いなきあはウェストウォークの5階にあります。



個室に通されましたよ。(予約必要)

壁一面にコケの飾り?

f:id:Huaca:20170128182215j:image



扉を閉めると、なんだか密談ができそうな雰囲気です

f:id:Huaca:20170128182216j:image


このコケ、本物かな〜?と指をつっこんでみる我々

f:id:Huaca:20170128182218j:image

お行儀が悪いです(笑)


和服のスタッフさんがお酒を注ぎに来てくれました。

f:id:Huaca:20170128182219j:image


かんぱ〜い

f:id:Huaca:20170128182220j:image


昨年、金沢旅行した時に目をつけていた某人気料理店で

提供されていた「籠盛り御膳」、予約いっぱいであきらめて、

いや、

あきらめきれなくて(← 未練)

都内で「籠盛り御膳」が食べられる店は無いか?!と

目を皿のようにして探索した結果、見つかったのがこのいなきあ。

東京SUGE~~~~!さすが、なんでもあるTokyo!


かご盛り(五点)

f:id:Huaca:20170128182222j:image


つきだしの湯葉と明太子の和え物

f:id:Huaca:20170128182221j:image


たちうおのてんぷら(野菜を添えて)

f:id:Huaca:20170128182224j:image


お刺身

f:id:Huaca:20170128182225j:image


たぶん、鴨肉(記憶が。。)

f:id:Huaca:20170128182226j:image


おいしかったです、お魚(鯛の西京焼きらしい)

f:id:Huaca:20170128182227j:image


一瞬、ハマグリかと思った大アサリ

f:id:Huaca:20170128182223j:image


そして、本日の煮魚

イシモチ

人生初体験の魚です。

このお店は、博多長浜漁港から仕入れた旬魚を メイン食材にしているらしいのね。

f:id:Huaca:20170128182230j:image

大きなお魚です。(箸と比較してみた)

f:id:Huaca:20170128182231j:image


そして羽釜飯、香の物、汁物の恐怖の3点セットに、ふりかけ。

f:id:Huaca:20170128182232j:image

f:id:Huaca:20170128182229j:image


なんで恐怖かというといくらでもお腹に入りそうだからですよ、

このご飯セット、低糖質ダイエットしてたのに(過去形)

まぁ、おいしいお米の国で低糖質ダイエットなんて無理があるってもんだよね

(自分に言い聞かせる)


最後に抹茶アイスで〆て、計3000円のコースです。

f:id:Huaca:20170128182235j:image




。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

さて、お次は故郷を代表して「一汁餐菜(栃木県鹿沼市)」


六本木と鹿沼を比べるなんて!

無謀だと思ったけど、どうしてどうして。

大都会にだって負けませんよ


f:id:Huaca:20170128182148j:image


我らが故郷はいちごの産地でして、

f:id:Huaca:20170128182210j:image

こんな、いちごの屋台なんて出てたり(いちごの飾りがニュッと突き出してる)

クルマの窓から撮影してるのでご容赦を。


一汁餐菜は、「みのり」の隣にあります。

野菜の苗を買いに来たときについでにいくといいんじゃないかな?

(って、この情報、誰か必要?)

ちなみに、このいちごの屋台はみのりの駐車場に出てるからね。

(って、この情報、誰か(ry



そんなのどかな郊外にいきなり南欧のステキな家が出現

f:id:Huaca:20170128182149j:image


店内はアンティークな雰囲気

f:id:Huaca:20170128182150j:image

f:id:Huaca:20170128182151j:image


本格懐石 餐菜(さんさい) を注文してみました。

(コースはできたら事前予約していったほうがいいらしいです)

1980円。

懐石のコースで2000円を切る。。。

鹿沼SUGE~~~~!!なんでも安いマジで〜〜!知ってたけど。



前菜

f:id:Huaca:20170128182157j:image

嶺岡豆腐(マスカルポーネ&葛粉)、サーモン湯波巻(鹿沼では湯葉じゃなくて、湯波なのよ)、南高梅

お正月らしく、にしんの昆布巻、くわいの素揚げ、菊花

サーモン、海老の真薯、さつきポークのコラーゲン蒸し、鴨ロースト


京芋炊き合わせ

f:id:Huaca:20170128182158j:image


牡蠣の真薯、シシトウ、サツマイモ揚物にマレー塩を添えて

f:id:Huaca:20170128182159j:image


湯波と豆乳の。。。あたたかいナントカ(記憶が。。)

f:id:Huaca:20170128182200j:image


さわら西京味噌焼き

(醤油ベースで香ばしく薄切り焼きにしたジャガイモとネギが載せられてる)

f:id:Huaca:20170128182202j:image


ローストビーフ、自家製ポン酢を添えて

f:id:Huaca:20170128182205j:image


胃にいくらでも入りそうな恐怖の3点セット(笑)にふりかけ

f:id:Huaca:20170128182208j:image

f:id:Huaca:20170128182204j:image

粟野産コシヒカリ、赤だし、ふりかけはゆかり、山椒、湯波

昆布、サーモン、菊花、刻んだきゅうり、シメサバを重ねた香の物

f:id:Huaca:20170128182206j:image


この内容で2000円を切ります。

さらに鹿沼の恐ろしいところは、

このお値段に399円を付け足せばデザートバイキングができるという所です。

鹿沼SUGE〜〜〜〜!!田舎価格ナイス!


アンティークの家具の前に並べられるデザートたち。

f:id:Huaca:20170128182156j:image


f:id:Huaca:20170128182155j:image

f:id:Huaca:20170128182154j:image

f:id:Huaca:20170128182153j:image

f:id:Huaca:20170128182152j:image


マカロン抹茶、胡麻)

白味噌と芥子の実のシフォンケーキ

小豆ガトーショコラ

里芋のキャラメルクリームプリン(絶品!)

ケークサレシナモンかぼちゃ、黒胡麻さつま芋)などetc...


f:id:Huaca:20170128182209j:image


いやぁごちそうさまでした。

f:id:Huaca:20170128182201j:image

食器も凝ってるんだよね。


その後、

デザートは別腹ですので、もう1個の別腹を満たしにファミレスへ。

いちご産地栃木県らしく「いちご」で〆ます。

ごちそうさまでした。

f:id:Huaca:20170128182211j:image

f:id:Huaca:20170128182212j:image

画像:デニーズのいちごフェア



.

る 2017/02/21 10:51 ラスコーもアントワネットも、スラリと見にいけるのが東京だねえ。ベルばらと言えば、オスカルのダークなパロディーっぽい「イノサンRouge」が最近のTSUTAYAでのお気に入りです。
http://grandjump.shueisha.co.jp/original/innocent_rouge1/

wakawaka 2017/04/18 21:21 >る さん

確かに距離的にスラリと見に行けるんだけど
なかなかね〜。時間がなくてね〜。
ベルばらは近年、40年ぶりに11巻が出たってきいてビックリしたよ。

2017-01-28

(六本木ヒルズ)マリー・アントワネット展(ざっくり雑感)

21:37 | (六本木ヒルズ)マリー・アントワネット展(ざっくり雑感)を含むブックマーク

最近、六本木ヒルズで開催されているマリー・アントワネット展に

行く機会がありました。それはそれは大変な混雑でした。

f:id:Huaca:20170128182236j:image

画像:パンフレット、しおり、チケット



マリー・アントワネットゆかりの品々が時系列で展示されている。

オーストリアとフランスの国境で、全ての持ち物(ドレスとか使用人)を

故郷に置いてこなければならなかった。

(うん、知ってる〜。ベルばらで読んだから。)

ルイ15世の寵姫デュ・バリー夫人対立

(うん、知ってる〜。ベルばらで読んだから。)

国を揺るがしたダイヤモンドの首飾り事件。

(うん、知ってる〜。ベルばらで読んだから。)

母親のマリア・テレジアがマリーの肖像画をみて

「これは王妃肖像画ではなく、着飾った女優だ」と言った。

(うん、知ってる〜。ベルばらで読んだから。)


例の首飾りはレプリカが会場に展示されていた。

f:id:Huaca:20170128190342j:image


私は特にベルばらのファンというわけではないんだけど

少女漫画の必須科目の1つとして読んでるのね。

(おなじくキャンディキャンディとはいからさんが通るポーの一族も必須だと思われ)

しかしながら、あの絵、あのキャラクターとともに脳細胞に刻み付けられてる

1つ1つのエピソード(実話!)、これは作者がすごいわ。


後世に、派手好きで思慮の浅い(ような人柄で)伝わりがちなアントワネット。

しかし、今にも革命で沸騰しそうなフランスに

たとえ「もっと落ち着いた賢い娘」が嫁いだとしても

飛んで火にいる夏の虫。時代の大きな流れに抗えず、やはり悲劇に終わった気がする。

中学生くらいの年齢では当時のフランスの貴族のしきたりや価値観になじむのが精一杯で

おそらく彼女が求めていたであろう落ち着いたライフスタイルを貫くのは無理だったろう。

自我が確立した大人なら「私は私のスタイルで行きますから〜」と言えるけれど

ハプスブルクの姫君がアラサーになってから嫁ぐ訳にはいかんだろうし

う〜ん

不利だよなぁ。味方になるはずの故郷の召使いも国境で置いて来ちゃってるし。


ルイ16世に寵姫がいなかったというのもある意味

運が悪かったというか、正室だけだから悪目立ちしてしまうし、

そもそも敵国から嫁いできた王女な訳だから、

憎しみを一身に浴びる立場になりやすい。

f:id:Huaca:20170128205230j:image

画像:王妃が下着姿のように見えて、当時物議をかもした絵

ほら、悪目立ちしてる〜


ルイ16世が国王になった時に

「神様、国を治めるには我々は若すぎる」

(うん、知ってる〜。ベルばらで読んだから。)

と言ったのも、やっぱりわかっていたんだろうな、

この先の国の行く末を、王家の支配力の限界を。

未来が恐ろしくて仕方なかったんじゃないのか。

そうなるとマリーの「私は退屈が恐ろしい」という台詞も深い意味があるような気がする。


思わず「バスティーユ襲撃」の絵の前でじっくり観察してしまったじゃないか

オスカルとアンドレ、いるかなぁなんて。(いるわけないんだけどさ)

いやあの2人は存在しないから。(笑)

f:id:Huaca:20170128205232j:image



ベルばらは作中でオスカルが死んでからは連載10週?で終了してると聞いた事がある。(たぶん、大人の事情で。)



いやむしろ、マリー・アントワネットの人生的には、そこから先が重要なんだけども。

むしろそこからが本番というか、そこからあらためて単行本10巻分くらいは

軽く行きそうな濃い晩年なんだけれども。

しかし、そこから先は鬱展開で、もし連載していたとしても当時の漫画読者の少女達にはキツい残酷な内容だろうな。


ヴァレンヌ事件からのタンプル塔幽閉、当時の政治家達とのかけひきの手紙のやり取り、実家にも軍事介入してもらえず(当時の世界情勢から仕方が無いが)、

監獄に収監されて夫も処刑されて子供達と引き離されて革命裁判で死刑判決を受けて

なんて、よく最後まで正気を保ったと思う。すごい人だ。

(このあたりをもっと詳しく、漫画化希望だな〜)


まぁ、世界情勢と自分の命が関わってるとか

本当にこの人は、最初から国際情勢の蜘蛛の巣に捕われた蝶みたいな人生だったな。

自分ではどうしようもないというか。


いろいろ見所はあったのだけど、ガラスケースの前で

大勢の(元)乙女達が、(←失礼?あ、私もか!)

身じろぎもせずに食い入るように見入っていたのは

フェルゼンとマリーの、暗号での直筆の書簡だったと思う。

泣けてきますよ。一国の王妃がね〜、あぶり出しとか墨塗りとか、暗号を使わないと安全に手紙のやり取りもできない緊迫した状況に陥ってるというのが。


そしてこれ(手紙)はね、なんとも不思議な気分になりますよ。

あの、フェルゼンと、マリー、実在の人物ですからね。あたりまえなんだけど

直筆ですよ、実際に彼ら2人が手紙を書いていて、今に残っているんですよ。

2次元のキャラクターが現実に存在した証拠が突きつけられたような

漫画のキャラクターから湯気が立ちのぼって人間の形を取って

すぐそこの机で手紙を書いているような、なんともいえない不思議な迫力。


フェルゼンの手紙の墨塗りの部分には、マリーに宛てて「あなたを愛しています」的なことが書かれていたそうだ。

フランス側は今回初めてわかったこととしているそうだけど、

いや知ってるから。そういうこと書いてるだろうなってわかってたから、皆。ていうか、漫画の中に書かれてたような?

ベルばらの作者、もしや時空を越えて見て来たのか天才なのかも。



実話でもフェルゼンは国王一家を逃亡させる為に手助けしたんだよね

マリー1人と駆け落ちじゃなくて、マリーの家族ごと、夫の国王ごとですよ。

純愛ーーーーーーー!!

もうこれはマリーの子供のうち

1人か2人くらいはフェルゼンの子でもバチは当たら、な、(以下自粛

それじゃ純愛にならんわな ←(元)乙女の葛藤

f:id:Huaca:20170128205231j:image

画像:マリーと子供達




おまけ。

六本木の後は、上野に寄って、ラスコー展を見てきました。

f:id:Huaca:20170128182237j:image


1つだけ言わせて。


「謎に満ちた」井戸の奥の壁画で、

槍が刺さり腸のはみだしたバイソンと倒れている鳥人間と鳥型の杖


ぜんぜん謎じゃないから。

それ、いけにえの儀式だから。

怪しいクスリを飲ませて酩酊状態にしたイケニエに鳥の仮面をかぶせて

バイソンごと生け贄にしたから。

鳥の杖は祭祀に使ったと思う〜〜

ラスコーの壁画全体、豊穣と狩りの成功を祈って神に捧げたものだと思う〜〜


掘ってみて!

井戸の底、掘ってみて!

ゼッタイ、人骨が出てくるから!(ついでにバイソンの骨も出てくるはず)

あ〜〜、掘りた〜い!(笑)(笑)(笑)

そして、骨を削ってDNAを読む!


でも、現在では調査見学すら難しいラスコー洞窟じゃ、

発掘作業なんて夢のまた夢なんだろうな〜〜



.

2016-12-27

金の新幹線、金のソフトクリーム その13

| 20:13 | 金の新幹線、金のソフトクリーム その13を含むブックマーク

金沢旅行記エピローグ

11月下旬に3泊4日で行って来た旅行。

なんとか年内に日記を終わらせることができてよかったです♪

f:id:Huaca:20161123174950j:image

f:id:Huaca:20161123174949j:image


これまでの金沢旅行記にリンクをつけてみました。


金沢旅行記その1/プロローグ


金沢旅行記その2/東尋坊


金沢旅行記その3/カニとのどぐろ


金沢旅行記その4/一乗谷


金沢旅行記その5/兼六園など


金沢旅行記その6/妙立寺


金沢旅行記その7/21世紀美術館


金沢旅行記その8/B級ぐるめ


金沢旅行記その9/長町武家屋敷跡


金沢旅行記その10/五箇山、合掌造りの里


金沢旅行記その11/永平寺


金沢旅行記その12/ひがし茶屋街など



旅行記の最後に本文ではご紹介しきれなかったグルメ写真を

載せて、2016年のブログは終わりにしようと思います^^


北陸新幹線の中で食べた駅弁シリーズ

f:id:Huaca:20161123180138j:image


あわびめし

f:id:Huaca:20161123180139j:image

のどぐろ柿の葉寿司

f:id:Huaca:20161123180141j:image


黄金のシュークリーム

f:id:Huaca:20161123180142j:image



大名丼

f:id:Huaca:20161123175513j:image

(近江町市場寿し)

最後の最後にA級ぐるめを持ってきた(笑)


「北陸セット」

f:id:Huaca:20161123175543j:image

(もりもり寿司


北陸の冬!ウェルカム!!

f:id:Huaca:20161123175550j:image

カニ尽くし



ごちそうさま、金沢!!



.

MNMN 2017/01/09 06:25 すごく豪華な旅ですね。北陸は私の中で印象が薄い場所でしたが、一度訪れてみたくなりました。
それにしても写真に写ってるもの全部食べたのですか。。。

wakawaka 2017/01/09 14:40 > MNさん

そりゃ〜、ぜんぶ食べたからこそ、写真があるのじゃよ〜
フォッフォッフォッフォッ。。。

2016-12-26

金の新幹線、金のソフトクリーム その12

| 18:25 | 金の新幹線、金のソフトクリーム その12を含むブックマーク

金沢の3大茶屋街のうち、

ひがし茶屋街主計町茶屋街を訪れました。

f:id:Huaca:20161123175331j:image

どちらも、浅野川を挟んで対峙する金沢を代表する茶屋街です。

(ちなみに、もうひとつ他に、「にし茶屋街」が存在します。)



今でも木虫籠という出格子がある古い街並みが残り、

昔の面影をとどめる。美しいですね。

f:id:Huaca:20161123175342j:image

f:id:Huaca:20161123175336j:image

上記、ひがし茶屋街にて



こちらは、主計町茶屋街にて

f:id:Huaca:20161123175326j:image

このあたりは泉鏡花ゆかりの地だという。

たしかに、この雰囲気を見れば頷ける。

幻想的でロマンティシズムあふれているよ。

f:id:Huaca:20161123175327j:image

こんな細い路地もあるし、艶やかで色っぽい主計町茶屋街

f:id:Huaca:20161123175324j:image

なんでも昔、「旦那衆が人目を避けて主計町に通うために通ったとされる坂」があるんだって。。?

f:id:Huaca:20161123175329j:image

たしかに、ヒミツの恋人をかくまっておくのに良さげな(はい、妄想入ってます)

f:id:Huaca:20161123175333j:image

この、主計町茶屋街付近の川を流れる水音も、

橋も三味線の音と相まってなんだか艶やか。

f:id:Huaca:20161123175332j:image

中の橋



なんとなく、ひがし茶屋街は、パァ〜ッと華やかにお大尽遊びするところ、

そして、主計町茶屋街は、。。え〜と、秘密感が漂うイメージ。




今の時代でも明かりの灯る木虫籠の中から

三味線や太鼓の音がこぼれてくる。

格子の形が、茶屋街によって違うデザインなのも面白い。

主計町茶屋街

f:id:Huaca:20161123175330j:image

ひがし茶屋街

f:id:Huaca:20161123175318j:image




とくに夜になってみると幻想的なんですよ。(ひがし茶屋街にて)

まだ明るい頃

f:id:Huaca:20161123175235j:image

金沢旅行中、いろとりどりの着物を着た観光客を見かけたのだけど

とくに茶屋街で多く見かけた。

たしかに、この街に着物すがたはとてもよく似合う。

f:id:Huaca:20161123175317j:image

夕闇迫る頃

そして、

夜になって明かりが灯された頃

f:id:Huaca:20161123175337j:image




ドキッ!黄金だらけのお土産屋!(ひがし茶屋街

f:id:Huaca:20161123175334j:image

f:id:Huaca:20161123175227j:image

おお、黄金のマスク!(ツタンカーメンコスプレ用ではない)

金箔パックしたら20代の頃のお肌に戻れるかしらん



金沢といえば黄金が有名ですね。

なにしろ”日本の金箔の99%がつくられていた”

という伝説があるくらいですから。

f:id:Huaca:20161225153059j:image:w360

なんでかこの画像出してみた(笑)



そしてひかり蔵というお土産屋さん(ひがし茶屋街)の奥には、

黄金の茶室ならぬ黄金の蔵が。。。!

f:id:Huaca:20161123175241j:image

蔵の中を覗いたらあらビックリ、一面の黄金ですよ!

f:id:Huaca:20161123175240j:image

ファラオとかが座っててもおかしくない。(ファラオそんな設定だっけ?)



金沢で一番大きなお茶屋の懐華楼を見学してみることにしました。

ひがし茶屋街

f:id:Huaca:20161123175316j:image




輪島塗の朱階段

f:id:Huaca:20161123175249j:image


ここでお大尽がお座敷遊びをしているのかしら。。。

f:id:Huaca:20161123175253j:image

この楼は、夜は一見さんお断りで、一客一亭を貫いているらしい。

今も現役の楼なんですね。。。!夜は芸妓さんとか、来るんですね。


本当に、おしゃれですよね

センスがいいというか、粋?

f:id:Huaca:20161123175255j:image

f:id:Huaca:20161123175306j:image

電気ですよ。お部屋に合わせてるんですね

f:id:Huaca:20161123175303j:image

その艶やかさの全てを写しきれないなぁ。。

f:id:Huaca:20161123175301j:image


花嫁暖簾かな。。。?

f:id:Huaca:20161123175300j:image


そして、金箔で織られた畳の茶室!!

f:id:Huaca:20161123175312j:image

ファラオが正座していてもおかしくない。



そして、ガラスが敷き詰められた中庭。

f:id:Huaca:20161123175310j:image


今でも夜はこういうお茶屋でお大尽遊びしている人たちがいるのねぇ。

そして昼は一般人にも開放してるなんて太っ腹!



おまけ画像

お茶屋だけじゃない。カフェのスイーツも美しい。

カフェ和味にて(ひがし茶屋街

f:id:Huaca:20161123175231j:image

f:id:Huaca:20161123175232j:image

合わせるのは当然、お抹茶ですよね。

f:id:Huaca:20161123175234j:image

本当は、きんつばが有名なお店です。(1階にきんつば中田屋がある。)

f:id:Huaca:20161123175233j:image




黄金のソフトクリームが売られてたのも

ひがし茶屋街(金澤烏鶏庵)だったよね。。

f:id:Huaca:20161123175344j:image

ファラオがなめてても<略>

2016-12-25

金の新幹線、金のソフトクリーム その11

| 14:19 | 金の新幹線、金のソフトクリーム その11を含むブックマーク

お次は

若かりし頃の父が雪に阻まれてたどり着けず、

ン十年の時を経て娘がリベンジした、

永平寺。(福井県)

f:id:Huaca:20161123175442j:image

雪に覆われた永平寺も美しいだろうけど、

アクセスの難易度が高そうだ。



わたしが訪れた11月下旬は、紅葉の最後のシーズン

紅葉の名所としても知られている)

f:id:Huaca:20161123175444j:image



ここは、約800年前に創建された曹洞宗の寺院。

f:id:Huaca:20161123175443j:image



厳しい修行道場としても知られ、いまなお

200名近い修行僧たちが日々、座禅と読経を行っている。

f:id:Huaca:20161123175446j:image

修行僧の方達を撮影するのは禁止されてます。

ここに画像は載せられませんが、

たしかに、俗世を離れた表情をされているんだよなぁ。。

そういや昔いた研究所でもこういう雰囲気の方達を見かけた覚えが。。


ここから山々と寺院を一望できる。

f:id:Huaca:20161123175449j:image

この高台から、墨染めの衣を纏った修行僧の方が静かに景色を眺めておられました。

(景色と一体化してた)


わたしは今後の人生でこんな解脱の境地に辿りつくことはあるのだろうか。


。。。200人近い男子が住んでる割に洗濯物が全然ないよな〜〜〜

どこに干しているんだろ〜 ←俗世の垢にまみれた人の考え方

f:id:Huaca:20161123175445j:image

生活感が無いのよ。



修行僧は、立ち居振る舞いなど生活そのものが修行とされ。。。

f:id:Huaca:20161123175447j:image


生活そのものが修行。。。

f:id:Huaca:20161123175451j:image

たしかに。この階段、いったい何段あるの?

たしかに、住むだけで修行。(違)

永遠にジャンケン・ポンでグリコチョコレート・パイナップルができそうだ、この階段は。



そもそも

バリアがフリーとか、フリーなバリアとかバリアフリーとか(混乱)

そんな概念はなさそうだ。エスカーが欲しい(江ノ島にあるアレ)

f:id:Huaca:20161123175454j:image



そんな冗談はさておき、

この聖域には一切の生活音が無い。

都会なら四六時中聞こえる車の騒音、飛行機の音

エアコンの稼動音、テレビラジオの音声

それらが無い。

f:id:Huaca:20161123175453j:image


聞こえるのは小さな水のせせらぎ

f:id:Huaca:20161123175458j:image


目を閉じると

遠くの滝と、流れる水の音の違いがわかる

f:id:Huaca:20161123175456j:image

f:id:Huaca:20161123175457j:image


ほおに当たる冷たい澄みきった空気(風)

f:id:Huaca:20161123175452j:image


ずいぶん私は色々なことを細かく感じられるものだ。

視覚、嗅覚、触覚、聴覚

ふだんまったく意識はしていないけれど。

そしてカメラには景色として写し出せない

その全てを同時に感じている自分がいる。

これは、この世に人間として存在しなければ味わえない感覚なのだ。

f:id:Huaca:20161123175455j:image




ま、しっかり味覚も味わうんですけどね。

そして俗世に戻っていく自分。。。

f:id:Huaca:20161123175459j:image

永平寺前の「OTONA COFFEE」にて。

生麩が入ってる黒蜜ソフト



.

2016-12-23

金の新幹線、金のソフトクリーム その10

| 18:46 | 金の新幹線、金のソフトクリーム その10を含むブックマーク

合掌造りの里で、なぜか栃木を感じる」編。



山菜をたっぷり使ったてんぷら

f:id:Huaca:20161123175214j:image

山菜のおかず

f:id:Huaca:20161123175213j:image



温かい蕎麦おむすび

f:id:Huaca:20161123175212j:image

f:id:Huaca:20161123175215j:image


身体が温まる、あま酒。

f:id:Huaca:20161123175211j:image


ここは、山間の奥深い場所にある、

平家の落人伝説の残る村------


栃木県 日光(しかも湯西川あたり)。


ではなくて、


富山県の五箇山。

白川郷と並ぶ、合掌造りの集落群である。

f:id:Huaca:20161123175222j:image



いや、山とか畑とか、食べ物の雰囲気が、土産物まで日光とそっくりだったのでね、しかも平家の落人伝説まであるしね、

山間の村の雰囲気って、どうしても似てくるよね。

ただ、この五箇山のほうは家が合掌造りなのが特徴です。

(と、いうか、それを見にきたんだけど)

f:id:Huaca:20161123175134j:image

わたしは今まで誤解していたのだけど、

観光用の村ではなく、本当に人が住んでるんですね。

f:id:Huaca:20161123175136j:image

ガスがあるってことは生活してる人がいるということ。。!


20世紀に国指定遺跡にされてからは、取り壊して現代風の家に新築することも

勝手にリフォームすることもできずに、保存。

f:id:Huaca:20161123175142j:image

これは、大変な生活なんじゃないかな。。

相当な覚悟を持って生活しているのだと思う。

リフォームしまくりの自分の実家を思い出しながら)



これは、合掌造りプロトタイプらしい。

f:id:Huaca:20161123175140j:image

あ、そういえば、似たようなのを見たことがある。

たしか、縄文集落跡を見に行った、青森の三内丸山遺跡で。。

コレ↓

f:id:Huaca:20110804122013j:image

さすがに人は住んでいないね。。?

ガイドさんの説明

「ここも、昭和時代の初期まで人が住んでいました」

マジで?!この竪穴住居っぽいプロトタイプに?!



屋根に梯子が突き刺さってるの、見えるでしょうか。

雪下ろし、大変そうだな。。。

f:id:Huaca:20161123175145j:image

長く住んで、老人になった後、雪下ろし、どうするんだろう。。

(高齢化社会が頭をよぎる)


というか、

そもそも定期的にやらなきゃならない屋根の葺き替えも超大変そうだよ!!

(鋭意葺き替え中の画像)

f:id:Huaca:20161123175159j:image


これは、家族だけでは無理だね。。。

昭和時代までは「結」という村の共同体で葺き替えていたらしい。

(現在は森林組合で管理している。)


観光ガイドブックやテレビ番組で見かける

合掌造りの家々に明かりがともり、雪が降りつもっている、

幻想的なあの風景は、そこに住む人たちの

大変な努力の上に成り立っているのだと改めて思う。



f:id:Huaca:20161123175143j:image

茅葺でできている屋根。

昔はこの地方の茅葺だけで賄っていたらしいけど、

なんと、現在は栃木県産茅葺も使用しているらしい。



この日は金沢からのバスツアーで五箇山に行ったのだけど、

私たち以外の観光客も、なぜか栃木県民という偶然。

栃木県民を集めたバスツアーじゃなくて現地調達ツアーだったのにね。

「どこから来ました?」「宇都宮でーす」「鹿沼でーす」とか言って、

山を見ながら山菜とか蕎麦を食べてると、

日光に来てるんじゃないかという錯覚を起こしそう

(いや一応わたし都民なんですが魂が鹿沼市民なので)

f:id:Huaca:20161123175223j:image

家が合掌造りなので、「ここは富山だった」と我に帰るかんじ。




このあたりの家には一軒一軒、屋号がついているらしく、

ここは「勇助さんの家」。

f:id:Huaca:20161123175205j:image

f:id:Huaca:20161123175206j:image

中にお邪魔してみることにしました。(見学できます)

おお、合掌造りの家のなか、初めて見るよ。


一階には居間があって、いろりで「熱いお茶」を出していただきました。

f:id:Huaca:20161123175148j:image

さっきから「温かい甘酒」とか「温かい蕎麦」とか言ってるのは

この日が寒かったからです。熱いものがうれしい。

そして家中が暖まっている。いろりの威力すごい。


合掌造り、内部は普通の(昔の)家と同じなのかな。。。?

しかし

2階に上がってみると、見たことのないような光景が広がっていました。

f:id:Huaca:20161123175150j:image

急階段


2階の様子

f:id:Huaca:20161123175151j:image


合掌造りの屋根を内側から見た画像

f:id:Huaca:20161123175158j:image

f:id:Huaca:20161123175201j:image

山間にあった集落では少しでも農地を確保するために、

住居の屋根裏を活用する必要があったという説もある。

たしかに、土地が足りないところは上に上に住居が伸びていくよね。

東京の高層マンションしかり)



2階と3階に、養蚕作業場があった。

(これは日光には無い光景)

f:id:Huaca:20161123175152j:image

現在は模型ですが。

f:id:Huaca:20161123175153j:image

障子窓から充分な採光と通風を確保し、

内部を二層〜五層に造り、養蚕のための場所として利用していたらしい。

冬は雪で農作業できずに家にこもることになるし、家の中に作業場があるのはいいね。

養蚕は安定収入になるし、これは良いアイデア。合掌造りすごい。



。。。それじゃわが故郷、栃木県(の、山間)もこういうふうに

養蚕して特産品を作って安定収入にすればよかったのに。

養蚕の歴史を調べると、北海道もあるから、北限ってわけでもなさそうだし、

栃木県でも不可能ではないんだよなぁ。

おなじ「平家の落人の里伝説」があっても、ぜんぜん特産品が違うんだなぁ

ま、栃木県の方は温泉が出るから観光地として生き残ることに切り替えた?の

かもしれないけど(←勝手な私の憶測)


合掌造りというのは、

豪雪地帯で雪下ろしが大変だからあの形になったのかな。

それとも2階3階で養蚕するために合理的だからなのかな。

上記の複合要因なのか?


ルーツをあれこれ考えてしまう。合掌造りが先か養蚕が先か。

。。。そもそもこの地域は、養蚕がなぜ盛んになったのか?



その後、旅行から帰宅してもう少し歴史を調べるとひとつ、

意外なことがわかった。


江戸時代、加賀藩では火薬の原料である塩硝が製造されていた。

(モチロン、幕府にはナイショで!)

合掌造りの家で製造された塩硝は山間の「地図には載らない道」を輸送され、

金沢へと届けられていた----

その塩硝の製造には、蚕の糞が使われていた。



おおお。

モヤモヤしていた謎が解けた気がする。

蚕はヒミツの火薬製造に絡んでいたのか!

なにより、忍者寺(妙立寺)や金沢城の要塞っぷりを目の当たりにした後だと

さもありなん。というか、



「寺で〜す(妙立寺)」→「金沢城の最前線基地で〜す」

「女性用の優雅な部屋で〜す(成巽閣)」→「実は武者隠しがありま〜す」

「一生懸命、養蚕してま〜す」→「一生懸命、火薬作ってま〜す」



前田さん、シビれる。。。!

まさに「備えよつねに」(対 • 徳川)






.

2016-12-14

金の新幹線、金のソフトクリーム その9

| 07:37 | 金の新幹線、金のソフトクリーム その9を含むブックマーク

金沢城、兼六園付近には見事な造園美の

趣と工夫を凝らした庭園がたくさんある。

f:id:Huaca:20161123180033j:image

これは玉泉院丸庭園(金沢城)



こちらは金沢城からほど近い兼六園の中にある、

茶屋 見城亭

f:id:Huaca:20161123175121j:image

ここで、日曜だけ朝食が食べられるんですよね(時期限定)

要予約だったけれど、知らないで行った私たちに

なんとか朝食を出してくれた親切な店員さんに感謝感謝です^^



どうして「見城亭」という名前かというと、

窓の外にバッチリ金沢「城」が「見」えるからなんでしょうね。

f:id:Huaca:20161123175124j:image

ちょうど紅葉の最後のシーズンでした。

真っ白なお城に、真っ赤な紅葉が映えるわ〜



f:id:Huaca:20161123175123j:image

あつあつ鶏治部煮

地物蒸し野菜のせいろ 

能登天然塩添え

茶碗蒸し



この、あつあつ鶏治部煮にわさび添えね、

いくらでもご飯(新米)がいけるんですよね

店員さんに聞くと石川県産のお米を使ってるらしく。。

うま〜〜〜

ご飯がサラサラお腹に入っていくよね〜。

またこの、のどぐろのふりかけがなんとも。

f:id:Huaca:20161123175120j:image

予約もしてなかったわたしに、4回もおかわりさせてくれた

お店の人に感謝だよね。。(サラッといった。サラッと。)



この付近には、そのほかにも味のある雰囲気の茶屋が

並んでいるのです。(ここは明治21年創業らしい)

f:id:Huaca:20161123175129j:image

画像:堤亭

どのお茶屋さんの窓からも美しい紅葉が見える

f:id:Huaca:20161123175125j:image


朝からスイーツにいく我々。

f:id:Huaca:20161123175128j:image

ここまでは兼六園付近の家並みです。




金沢といえば趣のある家並み

こんどは、長町武家屋敷を訪れてみました。

f:id:Huaca:20161123180136j:image


金沢城の藩士たちのお屋敷跡なのね。

f:id:Huaca:20161123180115j:image

f:id:Huaca:20161123180135j:image

趣のあるお屋敷を改造してアクセサリー店などにしているお家も見かけました。




なかでも、加賀藩重臣、野村家の屋敷跡が有名。

この、ミシュラン観光地2つ星の野村家

(ちなみに3つ星は兼六園)

外国人も多数訪れていました。

f:id:Huaca:20161123180116j:image



何人かの海外からの観光客がすれ違いざまに、

ムッシュー・ノムラ〜

(野村家だからね)



そうか。。。

わたしムッシュー・ノムラのハウスを訪問してるんだ。。。

一瞬にして和の世界からどこか別の世界に吹っ飛ばされたよね。



玄関先にはムッシュー・ノムラの鎧がお出迎え

f:id:Huaca:20161123180130j:image


ムッシュー・ノムラのお庭の様子

f:id:Huaca:20161123180119j:image


ムッシュー・ノムラの雪吊

f:id:Huaca:20161123180117j:image


あっ、また魔改造風な秘密の小道かしら??

(妙立寺、21美に続き)

f:id:Huaca:20161123180121j:image

秘密の小部屋に続くのだろうか。。


ムッシュー・ノムラの茶室に続いていました。

なんという雅な。。

f:id:Huaca:20161123180124j:image


これぞ和の世界


f:id:Huaca:20161123180123j:image

あのみごとなお庭が見渡せます。


f:id:Huaca:20161123180126j:image

抹茶がいただけます。

ありがとう、ムッシュー・ノムラ。。(もういいから)




ムッシュー・ノムラのハウスのお隣は茶菓工房たろう

f:id:Huaca:20161123180133j:image

f:id:Huaca:20161123180134j:image

和菓子を食べて胃の中を和の世界に戻す我々。

和風、尊い





.