ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

Message in a Bottle

2012-06-07

Midnight in Paris

06:25 | Midnight in Parisを含むブックマーク

ウディ・アレンの新作のMidnight In Parisを観てきました。

今年の2月に代官山のTSUTAYAで見つけたヘミングウェイの「移動祝祭日」を読んだので、この映画の公開は僕にとって良いタイミングだった。 映画米国での公開に合わせて、代官山のTSUTAYAの平棚にこの文庫本は置かれていたのかも知れない。

映画好きの友人の影響で、「アニー・ホール」、「マンハッタン」等の70年代の

ウディ・アレン映画を80年中頃に何回か繰り返し見ていた。 僕はまだビデオ・デッキを購入していなかったが、友人はTVで放送された時にビデオを撮っていて、それが貴重だった頃の話です。 西武の「おいしい生活」の広告ウディ・アレンが登場していた事で、クリエーター仲間で流行っていた記憶もある。

ウディ・アレン映画はその後も何作が封切で見ましたが、今回の映画は土曜日にたたまたま見たTV番組で紹介されるまで知りませんでした。

映画の内容は主人公の青年作家志望のシナリオライター)がお金持ちの婚約者と一緒にパリに旅行し、そこで偶然、友人のカップルに合い、婚約者はその友人と踊りに行っている間に、青年は一人で深夜のパリでタクシーの乗ると、1920年代のパリタイムスリップして、ジャン・コクトーのパーティで、コール・ポーターピアノを弾いていて、スコット・フイッツジェラルドゼルダ夫妻と合い、その後のバーでヘミングウェイと合って、ガートルード・スタイン女史のサロンに出入すると言う、「移動祝祭日」の前半の内容と同じ内容で始まる映画

 

その後、スタイン女史のサロンでピカソの愛人のアドリアナとのストーリーもあるのだけど、その後のストーリーはネタバレになるのかな? ウディ・アレンらしい落ち。 途中で脇役で出てくる女性がウディ・アレン好みの知的な女性だなと思っていたら。

サルコジ大統領夫人のカーラ・ブルーニも出演する事も一部では話題になっていたらしいが、僕は知らなかった。

2012-04-19

中国国盗み物語

| 22:26 | 中国国盗み物語を含むブックマーク

日経ビジネスの「中国国盗み物語 〜9つの椅子の行方を追う」で、薄熙来の記事の続編があった。

http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20120416/231032/?P=1

殺されたとされている英国人ニール・ヘイウッド氏の記事は他の記事でも読んだが、殺人容疑の谷開来女史は薄熙来氏の再婚相手で、薄熙来氏の最初の夫人は李丹宇女史であったが、谷開来女史との不倫の結果、薄瓜瓜が生まれた。

薄熙来と前妻との子である薄望知(のちに李望知に改名)は、今年に入って(王立軍事件の前に)薄熙来によって冤罪で投獄されている。

更に、薄熙来は女性関係でも相手の女性の数は数十人、いや百人以上との情報もあり、大連市副市長・袁憲千の不審死した娘や、大連テレビ局の美人キャスターで失踪した張偉傑などは谷開来が嫉妬に狂って殺(あや)めたのではないかと以前から噂が立っていて、ほかにも2人、薄熙来の周りで不審死を遂げた女性がいる。

と女性関係、他の暗殺事件のスキャンダルが表ざたになっている。 

薄熙来を解任した理由は、こういったスキャンダルでは無く成都軍区を金で掌握した事、大衆の人気取り政策に警戒した胡錦濤習近平が手を結んだ結果なのだろうけど、前妻の子供を投獄したり、殺人の疑いとか、一昔前の中国物語を読んでいる様な気分になった。

2012-04-11

ミステリー 薄煕来氏の解任のニュースを見て

| 20:39 | ミステリー 薄煕来氏の解任のニュースを見てを含むブックマーク

日経新聞の朝刊に薄煕来氏が党中央の職である政治局員、中央委員からも解任された記事が掲載されていて、理由としては妻である谷開来女史が英国人暗殺の容疑があり、2月6日に発生した薄煕来氏の腹心の部下であった重慶市の副市長王立軍氏が四川省成都市のアメリカ大使館へ逃げ込み亡命を図った理由は、この暗殺の証拠(?)を握って、造反したとミステリー的な興味を引く記事になっている。

何日か前の日経ビジネスの記事では、薄煕来氏が西部で軍事クーデターを画策していたとの記事もあった。

共産党軍部への資金援助を通して軍部でも人気を得ていたらしい。この証拠として、薄煕来氏が重慶市党委員会書記を解任後、軍部が胡錦濤支持の動きを示しているとの事。

日経ビジネスの記事を読むと、薄煕来氏は元国務院副総理だった簿一波氏の息子で、簿一波氏が若い頃の江沢民氏を重用した返礼として息子の薄煕来氏を重用したが、文化大革命の時期には紅衛兵として活躍(?)した事、毛沢東回顧思想、大衆の人気取り志向等を見て、胡錦濤習近平の利害が一致して外したのだろうとの事だった。

英国人殺人事件の話は日経ビジネスには書かれていなかったが、政治的な影響から考えて、この殺人事件の容疑での解任は本質では無い様な気がする。

2012-04-09

Intel Z77の白昼夢

| 02:03 | Intel Z77の白昼夢を含むブックマーク

Intelの次世代のCPUIvy Bridge用のChipset Z77 Expressを搭載したマザーボードが、週末より発売された事が話題になっていた。 解禁に合わせて深夜発売をした店もあるし。

僕も今年はPCアップデートしようと思っている。 マザーボードをZ77のチップセットにして、CPUIvy Bridgeにして、OSWindows 8にする年。

記事の中には、取りあえずZ77 Expressのマザーボードに交換して、Ivy Bridgeが発売されるまでは、現行のSandy BridgeCPUを利用する記事もあったが、Ivy Bridgeは4月末が5月に発売されるらしいので、Ivy Bridgeの発売日程が決まってから一緒にマザーボードも購入するかと考えていえる。 昨年のSandy Bridgeの様な問題は発生しないことを祈って。

だけど、ゴールデンウィークが暇なので、ゴールデンウィークに新しいマザーボードを購入して交換する事も考えている。 Diablo 3も発売になる事だし。。。

最終的には、またPC一台分の部品を購入する事になりそう。 1999年から使用しているAT用のフルタワーのPCケースにも引退してもらって、新しい小型のケースを購入するか。。。  マザーボードMicroATXにして、現在のPCはモニターごとリビングルームから引退してもらって、小型のケースで新しいPCを組み立てて、今のTVをモニターにすれば、リビングルームがスッキリする。

と色々考えていた今日でした。

GIGABYTE intel Z77 LGA1155 ATX LucidLogix Virtu MVP対応 GA-Z77X-UD3H

GIGABYTE intel Z77 LGA1155 ATX LucidLogix Virtu MVP対応 GA-Z77X-UD3H

2012-04-04

必ず結果が出るブログ運営テクニック100

| 20:31 | 必ず結果が出るブログ運営テクニック100を含むブックマーク

コグレマサトさんのブログネタフル」はGoogleのReaderに入れていたので、この本が発刊される事もブログの記事で知っていて楽しみにしていたのだけど、良くあるブログの初心者向けの本とか企業向けのSEO対策の本だったら、僕には必要が無く買うつもりも無いのでアマゾンで本を予約せずに、先週末に書店で実物を立ち読みしてから購入した。 書店ではこの本が何に分類されていてどの棚にあるか分からなくて、本の検索の機械で検索をして置き場所を探したのだけど。

この本の最初の「はじめに」を読んで、コグレさんがプロ・ブロガーである事から僕にとっては新鮮な驚きで、ブログで生計を立てているブロガーの存在も知らなかった。 プロ・ブロガーコンサルタント等の仕事をしている人、ビジネス書を書いている人が、自分の仕事の紹介としてブログを開設していると思ったので。

書店ですこし立ち読みしてから、僕は「この本が探していた本だ」と思い速攻で購入しました。 ある程度、ブログをしている人にとってはバイブル的な存在になると思います。 僕も何年かブログをしているのですが、今までの書店にある本は初心者向けの入門書か、コンサルタント等、個人で仕事をしている人向けの広告としてブログを活用する本、あるいは企業ブログの運営しているプロの人向けのSEO対策とかの本で、個人でブログをしている人がレベルアップする為に書かれた本は無かったと思います。

僕みたいな会社勤めをしている個人が、ブログ継続するのは会社と家庭以外の場所での、自分のポジション、コミュニケーションを求めている事が多いと思うのだけど、この本はそんな人向けに書かれた本でした。 できれば少しおこずかいも稼ぎたいし。

ネタフル」のブログを見た時に、ブログの中で色々な技が使われていて、僕も文章を書くより僕のブログに技を取り入れたいと思っていたので、この本では第二章での「ブログを書き続けるためのスタイルを身につける」での文章術、記事の書き方、タイトルの付け方よりも、「zenback」等のブログパーツの使い方、FacebookTwitter等のソーシャルメディアとの連携方法、Google Analysis、Adsenseの使い方の方に興味が惹かれたのですが、こういったブログのテクニック面での情報も多かった事も僕の求めていた情報でした。 特にAnalysis、AdsenseGoogleWebを読んでも解りずらいし、書店にある専門家向けの本は読む気にならなかったので、僕には調度、良いレベルの本でした。

こういった情報ネット上で調べたり、Googleで検索すれば出てくるのかも知れないけど、やはり本で読むのが一番効率的ですね。

必ず結果が出るブログ運営テクニック100 プロ・ブロガーが教える“俺メディア

必ず結果が出るブログ運営テクニック100 プロ・ブロガーが教える“俺メディア"の極意

Connection: close