秘密基地OVERFLOW 

2018-10-20

CS90 インマニから2次エア part3

f:id:OVERFLOW:20181020222530j:image

イレ様がシノギで使ってる使い捨て黒ゴム手袋がスゲー優秀、使いやすいし破れないし。

バラしたり埋めたりするからね、あのショーバイ


ココからスタート。

f:id:OVERFLOW:20181020003100j:image

開始30分で、

f:id:OVERFLOW:20181020222524j:image

とうとうフロートカバー部が削れ始めました。

どんだけへにゃ曲がってるワケ?

81年式CR80R HE02どころかNSR80まで・・・

この間出た24馬力レーサーレプリカCRF450L、北米仕様は40馬力オーバーみたいです。

逆輸入車買うだろうね、どーかしてる方々は。

かつて、スズキが逆の意味でやっちゃったRMX250Sみたいなのが欲しいよねぇ〜アレ?レーサーとの互換性バリバリだったRMXは128万もしなかったぞ。

レーサーレプリカを謳うなら女子供が扱いきれない位が良いんだよ、それに乗ってる=エライスゴイカッコイイが漢のロマン。夢が無いよな。


CR80空冷とボア×ストロークが一緒のNSR80、ピン径が一緒の前期はピストン流用できるかも情報を小耳にはさみまして、純正部品を爽やか検索。

まさかNSR80もピストンやリングが「ゴソウダン」とはね・・・流石、ホンダ

ちょっと前に旧車部品を充実させるっていったのはデマカセだな。

当然、CRM80も全滅。


因みに狂おしい走り屋さんたちはCR80とNSR80の互換性に関して80年代の時点で気づいており、謎に速いNチビって・・・色々スワップしてたらしい。空冷赤いエンジンのNチビって素敵かも。


キタコに頼る部品供給、ホンダもショボイなぁ〜。

ちょこちょこっと検索してみたら、水冷CRもかなり壊滅してる様子。

そうだよね、CRM250ARのピストンが無いとか有るとか騒いでたりするんだもんね。

ホンダ旧車に明日は無い。

2018-10-19

CS90 インマニから2次エア part2

昨晩も少し研いだんですが、

f:id:OVERFLOW:20181018224531j:image

f:id:OVERFLOW:20181019184652j:image

本日はココからスタート。

新車時の荒い仕上げ跡が若干残ってる=平面じゃない。


オイルストン、シコシコは駄目、シュッシュッね。

時々、サンドペーパーをデタラメな角度で軽ぅ〜く当ててやると、ゴールが見えてきて精神的に楽。


f:id:OVERFLOW:20181019201534j:image

光明丹の粘度って迷わない?

私は使い古したセメダインXの口元に付いたアレよりちょいと柔らかいかな?って粘度で使用しております。

シャバコンならぬシャバコミョだと表面張力で何の為の光明丹だか判らなくなります、硬い分には使いにくくなるだけで問題無いかと。

流石に粉のままでは使いにくいですが。


で、ピタッとなってないから、

f:id:OVERFLOW:20181019201656j:image

また研ぐ。

コレの繰り返し、いとあはれなり。

f:id:OVERFLOW:20181019211516j:image

この辺でカンベンしてやるか。プゥ


キャブ側も見ておきます。

f:id:OVERFLOW:20181018223524j:image

冬季戦闘用にはアイシング対策で、板無し直付けはありかも。

f:id:OVERFLOW:20181019231031j:image

うげ!曲がってる・・・コレ、インマニの歪みを無視して付けたから発生したと思われます。ボルト穴周辺が凸ってるのはあるあるです。


暫くシュッシュやって9割がた面がでましたが、モンダイあり。

f:id:OVERFLOW:20181019234143j:image

上部のナナメ凹はマニホールドが歪んでたとしても、マズ出ない凹。

スタッド部外側も面取りしたような感じで面が出てないっす。

まともなインマニだったらエア吸わないギリギリレベルだとはおもいますが・・・ショウィィ〜。

民国だろうが支那だろうが、所詮大陸製。オリジナルじゃねーし、コレぐらいは覚悟しないとね。

支那製なんてもっとポンコツ米帝大統領に怒られるのもうなずけるベストクオリティーの低さ。

そんなパチモンを逆に特許申請するんだからズ太い神経してるよねぇ。

f:id:OVERFLOW:20181020003100j:image

今日はココまでやった。力尽きた。

2018-10-18

CS90 インマニから2次エア

点火電圧はプラグコード交換で復活したみたいで、始動もキック2〜3回&初爆感ありなんで、点火系統は取り敢えず直ったという事に。

ですが、始動後1分ぐらいでエンスト。再始動困難、回転落ちが悪い、アイドリングアジャスターを締めあげた時にリニアな反応が無い・・・2次エアっぽいんで5-56でチェック(パークリをバカみたいにかけるとエアクリから吸っちゃうんで注意と過去のオレが言ってる)

ハイ、吸ってます。特にシリンダヘッド⇔インマニの隙間、爆吸い。


日記を振り返ると、CLでも苦労してたようで。

インマニ2次エアと点火電圧はお約束?要チェックポイントなのは間違い無さそう。


f:id:OVERFLOW:20181018173633j:image

f:id:OVERFLOW:20181018173625j:image

かつて塗った青い液ガス(コレ、固まらないのに密着するんで脱着を繰り返すトコには良い)も空しく。

f:id:OVERFLOW:20181018182342j:image

f:id:OVERFLOW:20181018182325j:image

内側にはカーボンが付着。カッチカチのいかにも4ストなカーボン

何故ゆえに何て事は知らんけど、2次エア吸うとカーボン付着するよってのが実体験。

バルブの機密性?

f:id:OVERFLOW:20181018184611j:image

インテークポートにエンコン噴射、漏れて減らなきゃ機密性はOK牧場、ついでに掃除もできますぜ。

カーボンを吸いこんで黒酢状になったエンコンエキスは、無駄なトラブルを防ぐ為、上から吸いだすorエアブローが良いんでないかい?バルブは動かさないのが間違いない選択

因みに作業前にタペットホール解放、バルブ閉塞を確認してマス。

今の原付スクーターで多い、バルブのカーボン噛みって大抵吸気側なんですよね、何でだろうね?


Oリングサイズは27×2,0、カブと同じサイズだから、

f:id:OVERFLOW:20181018185203j:image

プレスの残骸から拝借してみたり、

f:id:OVERFLOW:20181018211049j:image

何用か忘れたけど、コック用Xリングを付けてみたりしたけど、全敗。

吸いまくりでございます。

91301-028-000 Oリング 27X2.0 ¥264  *CS90純正

91301-GK4-871 Oリング 27X2.0 ¥199 *カブやらモンキーのインマニ用

91305-KF0-003 Oリング 27X2(アライ) ¥189 *耐油性だけの1種?TLRとかCB250RSとかのジェネレーターカバー用

カブとCSの違いは何なんだろう・・・サイズは一緒、使ってる部位も一緒、値段だけは違う。このメーカーが統合しないでCS用を供給してる=何かが違うと思ったほうが良いだろうね。そういう不思議な車種専用独自規格大好きメーカーですから。

だからポンコツヒストリックマシィーンになると汎用品が使えない=ツブシが効かないんだよね。

まぁエンジン周りって他メーカーも独自規格使ってるパターンは多いですが、独自規格が多すぎなんだよホンダ

家電のソニーっぽいよね。家電マニアもソニーでイラッとする事が多いんだろうなぁ〜。


続いて固定ボルトを疑ったり。

サラっと手締めでココまで締まる状態。

f:id:OVERFLOW:20181018213020j:image

インマニの厚み分+αまでいってるんですが、ひょっとしての可能性。

f:id:OVERFLOW:20181018214720j:image

タップでサラッてココまで突っ込めるように。まぁココまで締める事は無いんですが。

結果=全然吸ってます。また負けた。


オイルストンで面だししてると、気になったのがOリング溝の内側凸。

外側が当たってるのに、内側当たってないんだなコレ。

Oリングに全面依存するようなヘボイ造りは無いだろうと、

f:id:OVERFLOW:20181018224530j:image

内凸と外凸がツライチになるまで研磨した所で、本日は力尽きてバンザイ突撃。

CS90 キックアーム換装

リードSS用のキックアームを付けてみたら、マフラーへの干渉が無くなりました。

f:id:OVERFLOW:20181018005356j:image

f:id:OVERFLOW:20181018005348j:image

ナナメ上に開いてキックするという、何とも味わった事の無い新感覚。

ダサイ?珍妙?ですが、ヒールグリッププレート代わりに使えるという思わぬ副産物。

結構、かかとが当たるんだよね、とっつぁんバイク系のキックアームって。

それが一切無い不思議キックアーム。

2018-10-17

37F 燃費

f:id:OVERFLOW:20181017160138j:image

20,23km/l。

今月はガソリンが高騰しましたね。

ドバイが急落してるから月末辺りには140円台にはなると素人相場予想。

灯油も高いなぁ〜リッター94円だったってさ。

CS90 火花が弱い part5

最悪、CT90用コイルAssyはまだ出るみたいだという事を確認。

これで心置きなくイジれるな。


f:id:OVERFLOW:20181017190958j:image

12Vフルトラ用コイル(エリミネーター250用)じゃやっぱ火花出無いな、とバカ博士実験。

コイル塚を捜索するも6Vバッテリー点火(ポイント式)なんてコイルはありませんでした。


難しく考えず、カッチカチのプラグコードを取り敢えず換えてみますか。

f:id:OVERFLOW:20181017192819j:image

f:id:OVERFLOW:20181017192814j:image

傷、凹み部分が妙に柔らかいので、被覆の役目を果たしてないかも?


木ネジの先っちょだけを使ってスマート接続。

f:id:OVERFLOW:20181017195046j:image

ジョイント部はエポキシ接着剤+シューグー+熱収縮チューブでしっかりガード。フィニッシュに純正コードに付いてた保護チューブを被せておきました。

プラグキャップはイレ様がダサイ認定したイーハトーブ純正。

リークに強くて良いモノなのになぁ〜もったいない。


コイルを付けたら、エンジンを載せるワケですが、

f:id:OVERFLOW:20181017211514j:image

コネクターを引きずり出すのに四苦八苦。

毎回、コネクターの罠イライラモードを忘れちゃうんだけど、紐とかで最初に通しておけば問題無し。な、なんですが・・・何でこういう事になった的な造り。

せめてバッテリー載せる部分の敷居が半分ぐらいの高さだったら、ね。

当時の方々も、さぞかし苦労なされた事でしょう。

CD90の12V時代だと、この辺の造りも理に叶ってて楽勝なんですが。


f:id:OVERFLOW:20181017223949j:image

ココまで鼎任蠅秉淑、火花も青い。


他にも被覆が破れかかってる部分を見つけたり、色々やんなきゃ駄目だけど、取り敢えずこのまま組み上げ。

で、実走→暖機後に火花チェックの流れでチビチビやってくのが、一番の近道。

コレで駄目ならコイルかなぁ〜。

念の為、コイルへの+線(黒線)に分岐かましてバッ直できるように小細工してある用意周到ぶり。

完全暖機後、バッ直でも火花弱かったらコイルしかないだろう→約1万円もするコイル購入に踏み切れます。

1個1個潰してくしかないよね。

2018-10-16

CS90 リアホイールベアリング

f:id:OVERFLOW:20181016211155j:image

6301の片側シール。

って事は、アクスルシャフトは12φ。

CS90 火花が弱いpart4

DC-CDI化している方もチラホラ。それが正しい方法かも?

MD90やCT110の電装系移植は無理なのかな?そっち系のチャレンジャーは余り居ないね。


私の場合、基本どーかしてるレベルの天の邪鬼なんで6Vバッテリー点火で完調を目指します。

♪点火電圧を見つめ続けぇ〜るぅ〜、時代遅れの漢になりたいぃぃ〜♪


今回の症状は、

冷間時は電圧良好なんだけど、ちょい間引き点火気味。

始動後4〜5分でスパーク電圧半減、紫のウブ毛レベルの火花になっちゃって当然アイドリングせず。

エンスト後は2度と始動しないレベル、始動性激悪。

コンデンサ?っぽい症状ですが、ハテ?


中古コンデンサ割り込ませようと緑線を引きずりだしてみたら、

f:id:OVERFLOW:20181016194341j:image

f:id:OVERFLOW:20181016194347j:image

f:id:OVERFLOW:20181016194404j:image

判りにくいですが、最後までしっかり刺さって無くて、秋。

アレだね、ホンダギボシにフツーのギボシ差してるから嵌らないんだね。

って事は、コンデンサ純正が付いてるのかな。


ここからがメンドクセーバイク。

f:id:OVERFLOW:20181016235855j:image

イグニッションコイル点検で、エンジンを下ろすというエキセントリックプレイが必要。

アレ?以前、NGKパワーケーブルに換えたんだけどなぁ〜カッチカチのプラモデルレベルな純正ケーブルだな。

f:id:OVERFLOW:20181016235909j:image

f:id:OVERFLOW:20181016235901j:image

オレ換えたかなぁ〜コンデンサは新品っぽいぞ。

まあ、取り敢えずココまで。

CS90 CL90マフラー装着時の問題点

f:id:OVERFLOW:20181014230959j:image

マフラーを外さないとオイル交換が出来ない。(CLケースカバーにすると解決します。)

他にもマフラー中央部のステーが取り付け出来ないとか、キックアームが干渉するとか細々とした問題も。


ダウンじゃ駄目なんですか?(レンホー風に)

マフラー当たる前にステップが当たるハズ、とっつぁんバイクだもんね、基本。