Stiffmuscleの日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-09-24

[][]成人のAD/HD


海外の英語AD/HDサイトには、患者団体によるもの、病院によるもの、政府機関によるものなどがあるが、そのほとんどがAD/HDについての基礎知識、診断につなげる方法、AD/HDにまつわる誤解についての説明、薬の作用と副作用(中枢刺激剤を治療と濫用の関係)などを網羅し、誤解や偏見を持つことなしに、AD/HDの全容が正しく理解できる優秀なサイトが多くある。

今回は、そんなサイトのなかから「成人のAD/HD」についての概説を紹介する。


AD/HDは子供だけの疾患*1ではない(概説:デービッド・コグヒル医師*2

Not just a childhood disorder (Reviewed by Dr David Coghill, senior lecturer in family psychiatry)

It's now recognised that ADHD can continue on into adulthood.

Experts used to believe children would grow out of ADHD by the time they were adults. In recent years, it's been recognised that ADHD can continue on into adulthood.

This relatively recent acceptance of adult ADHD means that many adults remain undiagnosed and aren't aware their symptoms and behaviours are actually part of an identifiable condition.


今日では、成人になってもAD/HDが続く場合があることがわかっています。

かつて、専門家は、子供は成長するにつれてAD/HDから抜け出し、成人になると解消すると考えていました。しかし、ここ何年で、成人になってもADHDが続く場合があることがわかってきました。

このように成人のAD/HDが認知されるようになったのは比較的最近のことですが、それは未診断の成人が多くいるということであり、彼らは自分の症状や行動が実はAD/HDと診断可能な病態の一部であることに気づいていないことを意味します。


子供のAD/HDとの違い (How is it different to childhood ADHD?)

Unlike other mental disorders such as depression, ADHD does not start in adulthood.

Adult ADHD is a continuation of ADHD from childhood. The main difference is in the type of difficulties and symptoms experienced.

  *Adults are less likely to have intense hyperactivity.

  *Rather than problems at school, it's work lives and relationships that prove troublesome.

  *Instead of hyperactivity, you're more likely to feel restless, fidget a lot, have difficulty relaxing and feel on edge a lot of the time.

A typical ADHD adult may have gone through life being constantly misunderstood:

  * your behaviour and actions may have caused difficulties with teachers, friends and work colleagues.

  * you may have been called clumsy, hyper, rude, abrupt, lazy, insensitive and irresponsible.

You're likely to have frequently changed jobs and preferred work where there's plenty of action, rather than sitting at a desk all day.

It's possible that you'll have had a number of occasions where you've acted impulsively, surprising others with your sudden actions. You may have experienced difficulties with relationships, partners and marriage.

Smoking, drinking alcohol and, in some cases, drug taking are also more common among ADHD adults.


うつ病などの他の精神疾患とは違い、AD/HDは成人発症しません。

成人のAD/HDは小児期からのAD/HDが継続しているものですが、経験する困難や症状のタイプが大きく異なります。

  • 成人のAD/HD患者は強度の衝動性を有することが少ない。
  • 多動に替わって、落ち着かない感じを覚えたり、手や足の動きが多くなったり、リラックスすることが困難なったり、キレそうになることが多くなったりします。

典型的な成人のAD/HD患者は常に他人から誤解される人生を送ってきていることがあります。

  • その行動や動作が原因で教師、友人、同僚と問題を起こした(している)ことがある。
  • 患者は、不器用、テンションが高い、粗暴、ぶっきらぼう、怠け、無神経、無責任といわれていることがある。

患者は頻繁に転職したことが多く、1日中椅子に座っているような仕事よりも動作の多い仕事を選んできたことが多い。

また、以前もこれからも衝動的に行動する、突然の動作で他人を驚かすような場面を多く経験することもあります。また、恋人関係や結婚関係で問題を経験したことがあるかもしれません。

成人のAD/HD患者には、 喫煙、飲酒、時としてドラッグ摂取もより多くみられます。


成人のAD/HDの症状 (What are the symptoms of adult ADHD?)

Like childhood ADHD, adults share the symptoms of inattention, impulsiveness and hyperactivity. For some adults, the hyperactivity part of things calms down and is more controllable as they get older.

Research has shown that the experience of ADHD varies with age and symptoms can be quite different for people as the years go by.

Adults can experience ADHD in different ways, but some of the common symptoms include:

  * concentration problems

  * forgetfulness and poor short-term memory

  * lack of organisation

  * problems with creating and maintaining routines

  * lack of self-discipline

  * impulsive behaviour

  * depression

  * low self-esteem

  * restless mind

  * restlessness

  * poor time management

  * impatience and frustration

  * poor social skills and making inappropriate remarks

  * feelings of underachievement.


子供のAD/HDと同様、成人患者にも不注意*3、衝動性、多動の症状があります。成人患者では、年齢を重ねるにつれ、多動に関する症状はおさまったり、以前よりコントロール可能になる人もいます。

研究で判明しているのは、AD/HDの体験は年齢に応じて変化し、時を経るにつれて、症状も人によって非常に異なってくることがあるということです。

成人患者は人によってAD/HDの体験は異なりますが、共通した症状には次のようなものがあります。

  • 集中に関わる問題
  • 忘れっぽさ、短期記憶が苦手
  • 片付けられない
  • 定型的な作業を行ったり、きちんと続けることに伴う問題
  • 自律が難しい
  • 衝動的な行動
  • うつ
  • 低い自己評価(セルフ・エスティーム)
  • 気持ちの変わりやすさ
  • 落ち着きのなさ
  • 時間管理が苦手
  • 短気、イライラしやすい
  • ソーシャル・スキルが未熟で、不適切な発言をする
  • 未達成感

成人のAD/HDの有病率 (Who is affected by adult ADHD?)

Research suggests up to 60 per cent of child sufferers retain their symptoms into adulthood. Between 2 and 4 per cent of adults in the UK may have ADHD - the majority of who have not been diagnosed.


研究が示しているのは、子供の患者のうち最高60%が症状を持ったまま成人になるということです。イギリス国内の成人のうち2〜4%がAD/HDである可能性がありますが、その大部分が未診断です。


成人のAD/HD診断の難しさ (Diagnosis difficulties with adult ADHD)

As an adult, getting a diagnosis of ADHD is not straightforward.

ADHD adults will have experienced their symptoms for most of their life and, despite frustration, are likely to have reluctantly accepted them as part of their unique make-up. Some will have learnt to develop their own coping strategies and may remain unaware they have a recognisable condition.

In most instances it's friends, family or work colleagues who instigate a visit to a doctor. Sometimes it's as a result of stumbling across information about ADHD and finding a familiar description of yourself. Either way, seeing a GP is the first port of call, and may be followed up by appointments with a psychiatrist or other specialist.


成人になってから、AD/HDの診断を得ることは容易ではありません。

AD/HDの成人はほぼ一生を通して症状を体験し、それらの症状を自分の独特な気質の一部としてしぶしぶ受け入れることが多いようです。経験から自分自身の対処法を生み出す人もいますし、明らかな疾患を持っていることに気づかずにいることもあります。

ほとんどの症例では、医師の診察を促すのは友人、家族、もしくは同僚です。ADHDの情報をたまたま目にして、自分にもよくある事柄が書いてあることに気づき結果、診察を受けることもあります。いずれの場合も、最初に診察を受けるのはかかりつけ医*4で、その後、精神科医などの専門家への予約に至る場合があります。


診断方法*5 (How is a diagnosis made?)

To meet existing diagnostic criteria, your symptoms need to have been present since before the age of seven. Obviously, this is more difficult to establish in adults, especially if parents aren't available to recall childhood behaviour.

To evaluate an adult who may be suffering from ADHD, doctors look at a range of factors, including:

  * scores on psychological tests

  * social and emotional functioning

  * details of leisure activities

  * employment history

  * ability to handle personal finances

  * driving records

  * details of past or current criminal behaviour

  * whether illicit substances have been used.

Other conditions such as anxiety and depression are also more likely to exist alongside ADHD in adults, which can complicate the diagnosis.


現行の診断基準を満たすには、症状が7歳未満以前に存在していたことが必要です。明らかに成人で、このことを証明するのは(こどもより)困難で、子供時代の行動を思い出すことができる親がいない場合は特に困難です。

AD/HDの可能性がある成人を評価するにあたり、医師は以下のような一連の要因を調べます。

  • 心理テストの得点
  • 社会生活機能、情動機能
  • 余暇活動の詳細
  • 職歴
  • 自分の金銭の取り扱い能力
  • 運転歴
  • 現在および過去の犯罪行為の詳細
  • 違法物質使用歴の有無

成人のAD/HDでは、不安やうつなどの他の病態がAD/HD並存していることもより多く、それが診断を難しくさせています。


治療法*6 (What treatment is available?)

Although there's no complete cure for ADHD, a number of treatments can significantly help with the management and control of symptoms.

The most appropriate treatment regime varies according to individual needs and your own set of symptoms. The best treatment will accommodate all your areas of need.

Treatment focuses on helping behaviour, emotional problems and social difficulties caused by ADHD. The main treatments for adult ADHD are:

  * behavioural therapy

  * psychotherapy

  * medication.


現時点で、AD/HDが完全に治癒することはできませんが、多くの治療法があり、非常に有効に症状の管理やコントロールをすることができます。

最適の治療計画は、患者それぞれのニーズや諸症状によって異なります。全ての領域のニーズを満たすことができるのが最適の治療と言えるでしょう。

治療の焦点は、AD/HDに起因する、行為や情動に関わる問題や社会生活を送る上での困難を改善することです。成人のAD/HDに対する主な治療法は以下の通りです。


行動療法 (Behavioural therapy)

Behavioural therapy helps you learn about your disorder and ways to manage it effectively. For example, you may:

  * manage and maintain daily schedules better through making lists

  * cope with large projects at work by breaking them down into smaller chunks.


行動療法は、自分の疾患とその効果的な対処法を学ぶのに役立ちます。以下に例をあげます。

  • リストを作り、日々のスケジュールをより良好に管理・維持する。
  • 職務上の大規模なプロジェクトをより小さなまとまりに分けることで対処する。

精神療法 (Psychotherapy)

Psychotherapy helps treat the emotional disturbances of people with ADHD. Sessions can take place:

  * on a one-to-one basis with a professional

  * in a group

  * in conjunction with a partner if relationship difficulties are the main problem.

Psychotherapy can help remove or modify troublesome emotional symptoms and help you cope with the daily challenges of living with ADHD.


精神療法は、AD/HDを持った人々の情動障害を治療するうえで有効です。以下ののようなセッションが行われます。

  • 専門家との1対1の面接
  • グループ・カウンセリング
  • 人間関係が主要な問題である場合は、パートナーと一緒のカウンセリング

精神療法は問題となる情動症状を取り除く、もしくは、変更するのに有効で、AD/HDを持ちながら生きる上でぶつかる日々の困難に対処する助けとなります。


投薬治療 (Medication)

Medication is usually used alongside other therapies. The most common medication for adults is stimulants, but some people benefit from taking tricyclic antidepressants - particularly if they have co-existing symptoms such as anxiety and mood swings.


投薬治療は、通常、他の療法と同時におこなわれます*7

成人に対して最も多く使われている薬は、中枢刺激薬*8ですが、三環系抗うつ薬*9の服用で−特に、不安や気分の浮き沈みなどの症状が並存している患者さんの場合-効果がある人の場合−症状の改善がみられる人もいます。


Based on a text by Dr Dan Rutherford, GP

Last updated 04.04.2007


【引用元サイト】

NetDoctor.co.uk - ADHD


よっしゃぁ!終了だど。ところで、今回のバカ毎日の記事を契機に、ひさしぶりにAD/HDの英語サイトを読んだり、医学論文もいくつか読んだが、「AD/HD患者に対する中枢刺激薬(リタリンでもアデロールでもコンサータでも)投与の安全性について、依存性が問題である。」と書いてあるものにはまだ出会ってない。逆の文献なら多くある。


AD/HD患者に対する中枢刺激薬の依存性が問題だと強弁するなら、文献出せ!


成人のAD/HD患者支援サイト(英語)

Attention Deficit Disorder Association - Adult ADD Resources, Help, Information, and Support


おすすめの英語本

Add on the Job: Making Your Add Work for You

Add on the Job: Making Your Add Work for You

*1:AD/HDにおいて"disorder"の定訳は「障害」だが、精神疾患だけを特別に区別する必要はないと考えているので、あえて「疾患」と訳した

*2:英、ダンディー、ナインウェルズ病院、児童青少年精神医学名誉コンサルタント、家庭精神医学上級講師

*3:集中力が続かない。他のことに気をとられやすい。時間や物を忘れるなど

*4:GP: general practitioner、日本の場合は不明

*5:DSMやICD-10だけで診断するとかほざいてるヤツはよく読むように

*6:日本とは治療法が異なる部分もあるので、詳細は主治医もしくはかかりつけの医師にお尋ねください

*7:AD/HDの治療に関しては日本でも同じ。初期うつの治療にリタリンを使うバカ医者が丁寧にカウンセリングを行うかどうかは大いに疑問だが、診療点数だけはしっかりGETしているはず。

*8:リタリン、コンサータ

*9:AD/HDにはトフラニール(塩酸イミプラミン)から試す

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。