新小児科医のつぶやき

2009-04-03 日赤医療センターの続報記事の凄く気になる点

4/2付医療維新より、

日赤医療センターは労基署の是正勧告にどう対応したか/3点の勧告に書類上は対応、「1時間の休憩取得」など実態が伴わない面あり

 「労働基準監督署の指導は受けたが、うちは特別問題があるわけではない」。こう話すのは、日本赤十字社医療センター(東京都渋谷区)産科部長の杉本充弘氏。

 この3月、都内で総合周産期母子医療センターを持つ病院が、相次いで労働基準監督署による是正勧告を受けた。日赤医療センターと愛育病院だ。昨年秋、都内で母体搬送が問題になり、総合周産期母子医療センターに勤務する医師の厳しい勤務実態がクローズアップされたのがきっかけだ。

 「周産期部門を中心に医師や看護師などについて、昨年10月以降の出勤簿や時間外手当の支払い状況などが調べられた。ちょうど3月25日から“スーパー周産期”が開始するところであり、その関連も踏まえた調査だと受け止めた」(日赤医療センター管理局長の竹下修氏)。渋谷労基署の立ち入り調査が行われたのが1月28日、是正勧告を受けたのが3月13日だ。

 日赤医療センターの職員は約1300人に上る。愛育病院では全医師の勤務実態などが調査されたが、日赤医療センターでは職員数が多いことから、全数調査ではなかった。周産期部門を中心に複数科の職員について、2008年10月以降の出勤簿や時間外労働に対する手当の支払状況などが調べられた。


 労基署の是正勧告の内容は、(1)「36協定」を結んでない、(2)労働時間が8時間を超えた場合に、1時間の休憩時間を与えていない、(3)研修医(1人)の時間外労働に法定割増賃金を支払っていない日が1日あった、の3点。(1)と(2)は愛育病院と同様だが、(3)は異なる(愛育病院の是正勧告内容については、『「法令違反」と言われては現場のモチベーションは維持できず』を参照)。

 追加の法定割増賃金の支払いは研修医1人

 まず今回の3点の是正勧告の内容とその対応策を見る。

 (1)36協定について

 竹下氏は、「36協定」(労働基準法36条が規定する時間外・休日労働に関する協定)を締結していなかった理由について、「約1300人の三交代制の職場で、職員の選挙で決めることが難しかった。約1300人のうち実際に投票に来るのは800人程度。職員の過半数の支持を得るには、800人のうち650人の票は取らなければいけないことになる。二人の立候補者が出れば票が割れるなど、代表者の選出が容易ではなかった」ことを上げる。「36協定」は、病院側と、労働組合または全職員の過半数の職員の代表者との間で締結する必要がある。この代表者の選出が困難だったわけだ。

 今回は2人の立候補者がいたが、「選挙」では決定しない可能性があることから、まず一人の候補者について「信任投票」を行った。この候補者について、「職員の過半数超」の信任が得られたことから、この人を代表者として決めた。「36協定」を労使間で結び、3月30日に労基署への届け出をし、受理されている。

 (2)1時間の休憩時間について

 是正勧告内容は、「労働時間が8時間を超えた場合に、少なくても1時間の休憩時間を労働時間の途中に与えること」。

 日赤医療センターの勤務時間は8時30分から17時10分。休憩時間は12時から45分間(1週間の勤務時間は39時間30分)。「17時10分を超えたときには15分間の休憩を取ってから、時間外労働をさせなければならないと指導されたので、これを徹底する」(竹下氏)。なお、この4月から勤務時間をさらに10分短縮して、17時までとしている。

 (3)研修医への法定割増賃金の支払いについて

 対象となったのは1年目の研修医1人で、2008年11月19日の1日のみ。「当直業務のときに通常業務を行っていた時間があったが、法定割増賃金を支払っていなかった」(竹下氏)。ローテーションしていたのは、周産期医療以外の診療科だ。4月分の給与で支払うという。

 なお、日赤医療センターの場合、医師の場合、宿直料は1回2万円、日直料は1回4万円。それに加えて、救急患者への対応などの業務を行った場合には、その時間分の時間外労働に対する法定割増賃金を支払っている。

 日赤医療センターの出勤簿は手書きで、時間外労働については勤務時間やその内容を診療部長などの所属長に提出、所属長が「時間外労働」であると認めた部分については法定割増賃金を支払う仕組みになっている。

 例えば、産婦人科の場合、常勤医は22人(うち後期研修医は10人)で、総合周産期母子医療センター(MFICU6 床、分娩室6室、一般病床100床)のほか、婦人科診療を担当する。分娩数は年々増えており、年間2500件を超し、都内ではトップクラス。うち帝王切開手術は約20%。35歳以上の妊婦が4割強。母体搬送件数は2007年度の場合、185件。

 総合周産期母子医療センターの場合、夜間は複数医師体制を組むことが求められる。日赤医療センターの場合は3人体制で、宿直回数は週1回だという。分娩件数も多く、相当の業務量に上るものの、「宿直の翌日は、午前中、もしくは午後は休ませよるようにしている。1カ月の時間外労働は30−40時間程度だ」(杉本氏)。

 労務問題は全国の多数の病院に共通の課題

 日赤医療センターでは今回、是正勧告を受けた事項そのものについては、書類上は対応を終えた。しかし、休憩を確実に取っているかなど実態はどうか、さらには是正勧告を受けた以外に勤務実態上、労基法上で問題がないかどうかは別問題だ。

 また今回のような労務問題は、日赤医療センターに限らず、全国の多くの病院に当てはまる問題でもあり、決して他人事ではない。

 医師をはじめ、職員が外来診療の途中、手術中などに12時から45分間、休憩が取れるわけはない。また多少遅れた時間からであっても、45分間を昼食に充てることができる病院はどの程度、あるのだろうか。

 さらに、宿日直業務の問題もある。病院が職員を宿日直業務に従事させる場合には、「断続的な宿直又は日直許可申請書」を労基署に提出しなければならない。日赤医療センターの場合は未提出だ。「申請書を提出しようとしたが、労基署は宿直等ではなく、通常業務の延長であるとされ、受け取ってもらえなかった」(竹下氏)。

 この「断続的な宿直又は日直許可申請書」を提出している病院であっても、申請の内容と実態が見合っておらず、「宿直」ではなく、「通常業務」である病院は少なくないだろう。

 「宿直という名の時間外労働」は、何も今に始まったことではないが、長年、改善されてこなかった。今回、母体搬送が問題になっている最中、総合周産期母子医療センターを持つ都内2病院への是正勧告だっただけに、関係者の注目が集まると同時に、問題意識も高まり、まさに“パンドラの箱”を開けた格好だ。現場の医師らがいかに問題視し、声を上げるか、一方で病院、行政がどうこの問題に対処していくか、今後の動向が注目される。

日赤が是正勧告をされたのは3点で、

  1. 「36協定」を結んでない
  2. 労働時間が8時間を超えた場合に、1時間の休憩時間を与えていない
  3. 研修医(1人)の時間外労働に法定割増賃金を支払っていない日が1日あった

これらについての改善内容はもう良いと思います。それより物凄く気になる点があります。日赤医療センター管理局長の竹下修氏も「さほど」の問題点と認識していないように思われますが、私としては、とっても、とっても気になる点です。現在の日赤の宿日直体制ですが、

日赤医療センターの場合、医師の場合、宿直料は1回2万円、日直料は1回4万円。それに加えて、救急患者への対応などの業務を行った場合には、その時間分の時間外労働に対する法定割増賃金を支払っている。

業務の頻度の問題も当然あるのですが、その辺は藪の中、表帳簿と裏帳簿の世界ですが、宿日直料を支払い、業務を行った時だけ法定割増賃金を払う体制は一見問題が無さそうに読めます。しかし日赤医療センター管理局長の竹下修氏は極めて重大な発言を行なっています。

「申請書を提出しようとしたが、労基署は宿直等ではなく、通常業務の延長であるとされ、受け取ってもらえなかった」(竹下氏)

つまりですが日赤医療センターは、

    労基法41条3項に基づく宿日直許可がない

駄目押しのように労基署から

    通常業務の延長である

日赤のやっている当直の処理は労基法41条3項に基づく宿日直許可があれば、「名ばかり当直」であっても帳簿上では合法的になりますが、無いとなれば「違法当直」になります。日赤の行なっている当直は医療法上では当直かもしれませんが、労基法上では単なる時間外労働になることになります。これがなんとか合法的であるためには、宿直料2万円が法定割増賃金(時間給)範囲内に収まる必要があります。

ここでなんですが法定割増賃金ですが、細かい解釈規定がいろいろあるのは飛ばして、

  • 時間外労働

      時間給の25%割増

  • 法定休日(日曜祝日)

      時間給の35%割増

  • 深夜労働(午後10時〜午前5時)

      時間給の50%割増(時間外割増25% + 深夜割増25%)

ここで平日にいわゆる当直をした場合、

    午後5時〜午後10時(5時間):25%割増
    午後10時〜午前5時(7時間):50%割増
    午前5時〜午前9時(4時間):25%割増

深夜に1時間の休憩を行なうとして6時間、宵の口と朝は合計9時間ですが、当直の担当時間を午後5時30分〜午前8時30分までとしたら8時間です。つまりですが、

    時間外割増25%増:8時間
    時間外割増50%増:6時間

この14時間に時間外手当が発生し、平日当直の平均割増率は35.7%になります。ここで宿直料が2万円で、時間外勤務時間を14時間ですから時間給は1429円になります。そうなれば日赤医師の時間給は、

    時間給:1049円

そうなれば日赤の中で当直を行なう医師の最高月給は、月の就業規則による総労働時間を160時間程度としたら、

    約17万円弱

日赤の給料は安いので有名ですが、これに時間外手当の基礎計算に含まれない諸手当があるにしろ、驚きの安さになります。個人的には凄く気になったのですが、実態はどうなんでしょうか。日赤医療センター管理局長の竹下修氏は労基法41条3項に基づく当直許可が下りない事なんて屁とも思っていないようですし、労基署の指導も大甘みたいですが、私は気になります。これって舛添大臣の3/27付大臣記者会見にある、

例えば、弾力運用というようなことも考えてくれというのは、聞く耳を持たないわけではありません。

この発言の実用例でしょうか。日赤に行なわれた弾力運用とは、

    労基法41条3項に基づく当直許可を認めなくとも、弾力運用により「許可がある状態」と見なし黙認する

厚生「労働省」の「聞く耳」の許容範囲に驚かされます。

卵の名無し卵の名無し 2009/04/03 08:30 >厚生「労働省」の「聞く耳」の許容範囲

「聴診器の性能」の笑い話を思い出した。

ssd666ssd666 2009/04/03 08:36 法令のプロに、

「オマエラの解釈は間違っているから受理できない」

と言われて、役所が間違っている!!という言い分は、極めて子供じみていますねえ。
そんな理屈が通ると思っているのだから、常識がないとか言われちゃうわけです。
日赤事務の二三人は首が飛んでもおかしくないレベルの日本社会の掟への挑戦ですね。

元外科医元外科医 2009/04/03 08:38 労基署が刑罰の適用は見合わせるにしても、民事訴訟で時間外請求すると100%労働者側の勝利でしょう。増えすぎた弁護士の食い扶持にはちょうどいいかも。

YosyanYosyan 2009/04/03 10:11 この記事で判明した事は、日赤も労基法41条に基づく当直許可を得ていなかった事と、指摘されて申請したら、愛育同様に「通常業務」と労基署に判断されて、申請を却下された事です。報道上は愛育は労基法を深刻に受け止めて対応しようとし、日赤は鼻で笑いながら「弾力運用」で事が終わりとしている点と感じています。さ〜て、日赤に第2幕はあるのでしょうか。

BugsyBugsy 2009/04/03 10:51 宿直業務をさせる場合に労基署に届け出なければならない「宿直許可」を未提出 もしくは受理されなかったということは

一切の宿直業務を医師に課すことが出来ない
または これまでの「宿直」はすべて時間外労働として未払いの賃金を払わなくてはいけなくなった

ということなんですかねえ?

しかし「宿直」の割り振りを医師同士が決めていたので 病院側が業務命令として行ったものではないし、今までだとタイムカードで勤務時間を正確に把握してないので時間外勤務の給与は支払いませんとする病院が大多数でした。

労働基準監督署としてはこれからはそうはいかない と理解してよろしいでしょうか。

元外科医元外科医 2009/04/03 11:06 これからあちこちで起こる時間外支払い請求裁判がワクワクです

YosyanYosyan 2009/04/03 11:17 Bugsy様

 >労働基準監督署としてはこれからはそうはいかない と理解してよろしいでしょうか。

ここは微妙ですね。労基法41条3項に基づく当直許可が無いにも関らず、日赤医療センター管理局長の竹下修氏はあたかも存在するかのように

 >医師の場合、宿直料は1回2万円、日直料は1回4万円。それに加えて、救急患者への対応などの業務を行った場合には、その時間分の時間外労働に対する法定割増賃金を支払っている。

これで「文句あるか」の姿勢を明らかにしています。この強弁が通るかどうかで、今後の動向に影響するかと思いますし、ここの「弾力運用」が非常に注目されます。

cobonzucobonzu 2009/04/03 11:21 ごぶさたしとりますです。

>ここは微妙ですね。労基法41条3項に基づく当直許可が無いにも関らず、日赤医療センター管理局長の竹下修氏はあたかも存在するかのように

悪質だとみなされないかなー、ワクワク。

ssd666ssd666 2009/04/03 11:58 しかし、この日赤事務の労基署を舐め腐った態度は、いくとことまでいくのではないでしょうか。つまりwktk。

rijinrijin 2009/04/03 12:07  自分の組織内での威勢が、その外ではどれぐらい認められるのかを見切ることは、やはり難しいことのようですね。

 菊紋に傷でも付けたらどうするつもりなんでしょうね。

cobonzucobonzu 2009/04/03 12:21 是正勧告対応専門サイト 労働基準監督署調査対応マニュアル
http://www.chousataiou.com/index.html
ってのがあるんですね、パッと見にはどっちの味方かようわからんですが。

労働基準監督官に聞く労働行政の最前線
http://www.news.janjan.jp/living/0903/0903229905/1.php
こんな記事も見つけました。

ググってみると、労働基準法違反による逮捕って、たまぁにはあるみたいですね。賃金の不払い(全部なのか一部なのかまで読み取れませんでした)例でした。

BugsyBugsy 2009/04/03 15:39 うちの事務方や都内有名病院(以前マグネットホスピタルと呼号していた)の事務にも知り合いが多いのですが、

結局病院のサバイバルという観点から医師を集めなきゃどうしようもありません。大学病院に頼んだところで 無い袖は振ってはもらえません。ならば せめて「労働基準法」を遵守してますよとアピールと裏付けをせねば集まらないわけです。

事実ある病院では、タイムカードを医師にも刻印させるようになって 徐々にではありますが研修医も中途採用も増えてきたそうです。中途採用とは他病院からの引き抜きもあるんですよ。
研修医の諸君もよく知っていますね。たしか面接のときにも派遣病院はどこにあるかとか 勤務時間の評価、当直回数の上限とか結構ズバズバ聞かれましたもん。

昨年までの事務方の空とぼけた対応を記憶しているオイラには むむむ なのですが、
事実医師がきちんと集めた実績のある病院の事務が小鼻を膨らませてるのをまのあたりにすると 次々とそれを聞いた事務のほうから新聞沙汰になるまえに対応しようとしてるようです。
財源もすぐ確保できるわけではありませんが、5年10年のスパンで考えれば やはり医師が勤務してくれなきゃどうにもこうにもならないというのを気づいたんでしょう。

早く気づいたほうが生き残るんだと 生ビールのジョッキをぐいっとあおりながら息巻いてましたねえ。
ま そうでしょう。今年になって急に雰囲気が変わってきました。

中華中華 2009/04/03 17:34 逃散が散々話題ですが、逃散するからには逃散先があるわけです。
医師にまっとうな待遇を与える病院には、ちゃんと医師が集まる。
しかし、すべての病院が必要な医師を集めるには、医師の数が足りない。
つまり、いずれ物理的に医師を集められない瞬間が来ます。
その前に医師を招聘できた病院が勝ち組です。
早期に医師の待遇を改善した病院から順に生き残ります。

老婆老婆 2009/04/04 00:44 >「聴診器の性能」の笑い話を思い出した。
 聴診器の性能に最も影響する部品は右のイヤピースと左のイヤピースの間に存在する、とかね。知らん人のために。最も敏感なのは指と指の間。どの指?

 閑話休題。 
 日本ではおかみの命令なんてものは無視してもなんとも思わない組織が増えているんですかねぇ。プリンスホテルとか。
 http://tod.cocolog-nifty.com/diary/2008/02/post_83cf.html

ゆいゆい 2013/10/30 20:10 残業は当たり前で超勤つかず、配膳も1人でやらされ仕事が遅いと怒鳴られ。1人で病棟の配膳して介助して40人やれって、どういう事?ただ配膳すればいい訳ならまだしもセッティングだってあるわけだから無理でしょう!医師だけじゃなく看護師も助手も労働基準がおかしいです。しっかりとしたところで働いているのに生活が出来ない医療機関ってどういう事?

JSJJSJ 2013/10/31 10:22 >超勤つかず
この時点でブラック病院認定してもいいんじゃないですか?
今日的レベルではとても「しっかりとしたところで働いている」とは言えないように感じます。

>1人で病棟の配膳して介助して40人やれって
こちらについては、夜勤者(看護師、看護助手)が何人いて、それが当該病棟の施設基準を満たしているのかどうか、かと。
施設基準を満たしていないのであれば、管轄の厚生局に告発したうえでその病院から逃げ出すことをお勧めします(たぶんつぶれますので)。
施設基準は満たしているが、病院あるいは病棟の慣習で数人いる夜勤者のうちの一人が配膳と食事介助を行うようになっているということであれば、病院内で解決することではないでしょうか。

ななしななし 2015/03/07 15:43 日赤なんて人の働くところじゃないよ。
薄給、時間外手当なし、パワハラ的なことは当たり前。売りは「やりがい」だからね。
1ヶ月派遣されたが、二度と関わりたくないと思ったし、派遣された人はみんなそう口にしている。ブラックが多い医者の世界のさらに暗部と言ってもいい。