AkiraのWine Tasting Note & 日記

2017-12-15

Rosso Conero Campofiorito Lucesole 2013

| 19:40

http://wine0629.blog13.fc2.com/blog-entry-2457.html

f:id:akirais:20171124190156j:image:h320

パージュ:モンテプルチャーノ100%

Vino Hayashiのイタリアワイン通信講座の教材。4,104円。

 

()内は模範解答

抜栓日:2017年12月15日

栓:コルク。45mm。ちょっと上のほうが潰れかけていた。

液漏れ:なし

グラス:大きめのチューリップタイプとバルーンタイプ。自分は香り、味わいともにバルーンタイプがよいと思った。ママちゃんは、香りチューリップ、味わいはバルーンと。

外観 

色調:ガーネット(ふちがすこしピンクがかった落ち着いたガーネット

濃淡:中程度〜やや濃い(濃い)

透明度:やや曇った

粘性:やや強い

 

香り

強弱:やや強い

複雑性:やや高い

クオリティー:良質な〜卓越した(良質な)

特徴:最初、ちょっと醤油っぽさを感じたが、すぐにブラックベリーザクロ、葉巻、コーヒージビエコーヒー、チョコ、腐葉土、湿った葉、黒こしょう)

 

味わい

ボディ:しっかりとした

バランス:良い

特徴:チョコレートカカオを思わせる味わい。酸、タンニン、果実味のバランスが良い。程よい熟成感を感じる(ビロードのような優しいタンニン。口当たりはまろやか。骨格がしっかりしていて余韻も長い)

柔らかさ:中程度(やや高い)、タンニン:中程度(中程度〜やや強い)、酸味:中程度、ミネラル感:中程度(中程度〜やや低い)、アルコール度:中程度(やや高い)、余韻:やや長い

 

コメント:とてもバランスが良く、ミディアムボディのワインタンニンの主張はあるが舌触りが優しく感じられ飲みやすい。グリル系にハーブなどをトップングして合わせたい)

f:id:akirais:20171124190204j:image:h320

2017-12-10

L'Eboulis Le Pont de Breaux 2012

| 20:04

http://wine0629.blog13.fc2.com/blog-entry-2141.html

f:id:akirais:20171210191216j:image:h320

パージュ:トゥルソー100%

Vin Nature双兎より購入。エチケット不良につき特別価格2,700円。

 

抜栓日:2017年12月10日

インポーター:ヴァンクール

栓:天然コルク

液漏れ:なし。染みなし

グラス:リーデルのオーヴァチュアを使用しました。

 

色:かなり薄めのガーネット。濃い目の紅茶といったほうが的確かな。濁りはありません。

エッジ:やや薄くなっています。

脚:さほど粘性を感じません。

Alc:10.5%

 

香り:抜栓直後は、やや閉じ気味で、ほんのりとした揮発香、木の実の香り。その後、紅茶、若干の豆香。娘さんは「醤油の匂い」と即答でした。なるほど!スワリングすると、グスベリ系の香り。弱いながらもテルペン系の香りが感じられます。全体的に弱めの香りの印象。

時間経過で温度が上がってくると小梅のような、小梅の飴のような香りが出現しました。

 

タンニン:ほぼ収斂性はなく、マイルドなタンニン

 

味わい:あ〜、これは薄旨系のワインです。なんというか昆布出汁系の味わいと、鰹だしのニュアンス。紅茶系の味わいもあります。酸はやわらかく、でもしっかりと骨格を決めていて、悪くいうと、特徴のない、よくいうと体に染みる系の味わい。こういうのは、ハマってしまうと底なしになってしまいますね。

2017-12-09

Opening Act Muscat Bailey A D Cfa Backyard Winery 2016

| 20:57

http://wine0629.blog13.fc2.com/blog-entry-2273.html

f:id:akirais:20171209194031j:image:h320

パージュ:マスカット・ベーリーA

Cfa Backyard Wineryよりダイレクト購入。2,160円(税込)

 

抜栓日:2017年12月9日

栓:ガラス栓

液漏れ:なし

グラス:リーデルのオーヴァチュアを使用しました。

 

色:ルビーパープル。輝きあり。

濃淡:やや濃い目。グラスの向こう側に指がかろうじて見えるくらい。

エッジ:均一な色合い

脚:比較的粘性を感じます。

Alc:12.0%

 

香り:すぐに感じるのは黒ぶどうの香り。まさにマスカット・ベーリーAを食べた時の香りイチゴ香。スワリングするとぶどうっぽさが飛んでいって、一転おとなしめの印象になります。

 

タンニン:思いの外、タンニンはしっかりとしていますが、収斂性はありません。

 

味わい:酸がハッキリとしていて、若干煮詰めたようなニュアンス、酸化的ニュアンスを感じます。その後、フレッシュなブドウを噛んだときのような甘酸っぱさが口の中に広がります。余韻は中程度〜やや長め。果実甘味が強くないので、飲み飽きしません。ライトボディーの気軽に飲めるワイン

2日目は、キャンディー香がけっこう前面に出てきます。味わいに大きな変化はありませんでした。

2017-12-08

NAKAI Natural Sparkling 2016

| 21:42

http://wine0629.blog13.fc2.com/blog-entry-2227.html

f:id:akirais:20171208213330j:image:h320

パージュ:ミュラー・トゥルガウ91%、ケルナー9%

さっぽろ藤野ワイナリーより1本購入。2,592円。

 

抜栓日:2017年12月8日

栓:王冠

液漏れ:なし

グラス:リーデルのオーヴァチュアを使用しました。

ずっと立てておいておいたので、かなりの澱がボトルの底に溜まっています。

ガス:さほど強くありません。

色合い:程よく色づいたイエロー。澱が下に溜まっているので、清澄度は高いですが、あとで澱を混ぜました。

ディスク:薄め。アルコール度数10%

脚:粘性は感じません。

 

香り:酢エチがやや強めに感じられます。ここは好みが分かれるところではないかと思います。その後、しばらくすると酢エチっぽさが弱まります。梨の香りかぼすゆずといった柑橘系香り。栗っぽい甘い香り

 

味わい:炭酸はさほど強くありません。基本ペティアン。酸にキレがあります。味わいにも酢エチを感じます。うちのママちゃんは「お酢っぽさとか酸っぱさは全然かんじない」と言っていました。娘さんには舐めてもらいましたが、「すっぱ!」と(笑)。基本、ナチュールのペティアンだとおもいます。すごく好きな人と、だめな人が分かれるんじゃないでしょうか?

この日、鮭の味噌焼きと合わせましたが、これがマリアージュ的にはとても良かったです。また、ちょっと高級なツナ缶との相性もバッチリでした。お寿司なんかにも合うんじゃないんだろうか?

f:id:akirais:20171208213325j:image:h320

2017-12-07

20171206 竹八で食事(0次会)からのブレリアスでワイン

| 10:15

昨日は、まずは竹八でかるく食事を取った後に、ブレリアスでのプチワイン会でした。

旭川の緑道通りは、いまイルミネーションが始まっています。

f:id:akirais:20171206183048j:image

こうやってみると、なかなか幻想的で綺麗です。ただ、人は歩いていません(泣)

 

竹八に到着。

f:id:akirais:20171206184311j:image

お通し。鶏肉の煮込み。

 

f:id:akirais:20171206185107j:image

アッシ・パルマンティエ 牛ひき肉の赤ワイン煮込み

ボリューミーで満足の一品でした。

f:id:akirais:20171206191323j:image

ワインは3種類いただきました。そのなかでも昨日、特筆すべきはこの一本!

 

竹八では、宍戸さんとのお話が尽きることなく、とても楽しい時間を過ごせます。

また伺いますね。

 

後ろ髪を引かれつつ、つぎにブレリアスに到着。夜の徒歩は寒かったです。

f:id:akirais:20171206214748j:image

ブレリアスでの写真はこれだけ(笑)

ワインは左から

Comete Chateau Lestignac 2014

Himmel auf Erden Rose Christian Tschida 2014

Beaune 1er Cru les Chouacheux Domaine Chantal Lescure 2004

Kershaw Clonal Selection Elgin Syrah 2014

前の日、あまり寝ていなかったので、ちょっと早めに帰宅しましたが、またまた、素敵なワインに出会えて勉強になりました。

Bacchus Singa 2016

| 10:15

f:id:akirais:20171207095200j:image:h320

パージュ:バッカス

竹八にて

 

抜栓日:2017年12月6日

ブラインドで(笑)。結構な澱があります。うっすらとした色合いのイエロー。柑橘系、白ぶどうの香り。清涼感。でもさほどマスカット香がつよくなくて、ほんのりとした蜜香。ミネラル感もしっかり。最初、ケルナーやミュラーを思い浮かべました。冷涼感のある酸と、ぶどうの果実味。けっこうなドライ感で、ほんのりとしたぶどう甘味。色々ヒントを貰い、バッカス

なるほど、森臥さんのバッカスでしたか。先日、山粼さんの2016バッカスを頂いたばっかりでしたが、またこれは実にテロワールがよく表現されたバッカスだと思いました。

tapkop Blanc 2013

| 10:15

http://wine0629.blog13.fc2.com/blog-entry-1354.html

f:id:akirais:20160229134248j:image:h320

パージュ:ソーヴィニヨン・ブラン

竹八にて

 

抜栓日:2017年12月6日

これもブラインド(^^;)。飴色といってもいいくらいの麦藁色。艶やかな色合い。粘性を感じます。リンゴや、蜂蜜の香りと、若干の酢エチ香。香りからナチュール系の造りであることが想像できます。グラスのそこには結構大きめの気泡が見えて、ぱちぱちと音もしていました。なかなかシャープな酸と、厚みのある味わい。リンゴ、蜜を感じ、純粋にブラインドで品種を考えると、シュナン・ブランと答えてしまいます。これも、さらにヒントを頂き、あ〜、タプコプブラン!とわかりました。しかも2013!!

大変貴重なワインをありがとうございました。おいしかったです。

Bourgogne Pinot Noir Parent 2015

| 10:15

f:id:akirais:20171207094744j:image:h320

パージュ:ピノ・ノワール

竹八にて

 

抜栓日:2017年12月6日

これは、ブランドではありません。やや濃い目の輝きのあるルビー。色合いがとても綺麗です。ブルーベリーブラックベリー系のしっかりとしたベリー香とまろやかな樽香のマッチングが、フランスなんだろうな〜と連想させます。さほど土っぽいニュアンスは感じませんでしたが、vinntageによるのか、果実味がとても豊富で、ある意味ピノ・ノワールの教科書的なワインだと思いました。

Comete Chateau Lestignac 2014

| 10:15

http://wine0629.blog13.fc2.com/blog-entry-2096.html

f:id:akirais:20171207095020j:image:h320

パージュ:ソーヴィニヨン・ブラン

Vin Naturel 双兎よりセットで購入。5,789円。

ブレリアスにて

 

抜栓日:2017年12月6日

そんなに濁ってはいませんが、やや曇りのある色合い。ナチュール香がさほど強くなく、最初、青りんご柑橘系香りでしたが、あとから、柑橘系の皮のニュアンスや、ミネラル感がでてきて、複雑なニュアンスに変化していきました。酸や果実味のバランスがとてもよく、香りが開いてきてからは、アフタにほんのりとした苦味も感じられるようになってきて、厚みもでてきます。これは、飲まさる自然派ワイン

Himmel auf Erden Rose Christian Tschida 2014

| 10:15

f:id:akirais:20171207094440j:image:h320

パージュ:カベルネ・フラン

ブレリアスにて

 

抜栓日:2017年12月6日

ロゼということでしたが、結構色の付いたロゼルージュ。香りは、アセロララズベリーの心地よい香りで、ミネラルっぽさもしっかりしています。味わいも果実味が豊富で、酸はさわやか。次の一杯にすぐ手が届いてしまう、そんなワイン。これ、飲んで品種とか考えても、全然分かりませんが、ロゼだからなのか、よくいうピーマンっぽさは全然ありません。moritayaさんのサイトには「力強くさわやかで、激しい勢いをも感じさせる。」とありますが、まさにそんな印象のワイン

Beaune 1er Cru les Chouacheux Domaine Chantal Lescure 2004

| 10:15

f:id:akirais:20171207094355j:image:h320

パージュ:ピノ・ノワール

ブレリアスにて

 

抜栓日:2017年12月6日

結構濃い印象のルビーですが、照明がやや暗めのためよく分かりません。冷えた温度から飲み始めましたが、さすがにプルミエ・クリュ、飲みくちにピュアさと透明感がしっかりと出ていて、また熟成した樽がほどよく溶け合っているので、腐葉土っぽい熟成感がとてもセクシーに感じられます。味わいにも雑味がなく、タンニンはシルキーで美味しい!ありがとうございます。

Kershaw Clonal Selection Elgin Syrah 2014

| 10:15

f:id:akirais:20171207094443j:image:h320

パージュ:シラー

ブレリアスにて

抜栓日:2017年12月6日

濃い目の、輝きあるルビー香りは最初やや還元的でしたが、フレンチオーク(だろうか?)っぽい樽香と、黒果実系の香りがとても心地よく、またフレッシュなニュアンスがあふれています。さほどスパイシーさは強く感じません(すでに結構酔っ払っています)タンニンはしっかりとしていて、果実味にあふれ、完熟感がよく現れているワイン。カーショウはシャルドネ飲んだことありますが、シラーも素晴らしいワイン。やっぱり造り手なのか!

2017-12-03

Tada Nouen Merlot 10R 2015

| 20:56

http://wine0629.blog13.fc2.com/blog-entry-2190.html

f:id:akirais:20170422101038j:image:h320

多田農園より購入。3780円。

 

抜栓日:2017年12月3日

ガーネットルビー。輝きあり。やや曇りあり。ボトルには澱が結構付着していました。

若干の酢エチのニュアンスはありますが、全然不快な印象はなく、また、以前飲んだ時に感じたシェリー的な酸化のニュアンスが皆無でした。木の実の香り、ほんのすこしの豆香。カカオっぽい感じ。グスベリっぽいニュアンス。ちょっと未熟なプラム香り

酸はなかなかしっかり目ですが、ポップな感じの味わいと、ちょっと熟成を感じさせるニュアンス。青臭い要素はあまり感じませんが、独特の味わいを持った面白いワインだと思います。

Yamazaki Winery Bacchus 2016

| 20:43

http://wine0629.blog13.fc2.com/blog-entry-2234.html

f:id:akirais:20171203203841j:image:h320

パージュ:バッカス

ワイナリーより3本購入。2,310円。

 

抜栓日:2017年12月3日

薄めのレモンイエローで、輝きあり。グラスの底に気泡あり。

香りは、マスカット香、白ぶどう香がしっかりと、でもそんなに強めでなく心地よい香り。口に含むと爽やかなぶどうの甘味が口に広がると同時に、ピュアでシャープな酸が口の中を爽やかにしてくれます。ちょっと温度が上がってくると、殊の外厚みのある味わいにびっくり。ミネラル感も豊富で、じつに美味しいワインだと思います。

2017-11-30

Grande Polaire Esprit de vin Japonais AYA 2010

| 20:49

http://wine0629.blog13.fc2.com/blog-entry-1949.html

f:id:akirais:20171130204044j:image:h320

パージュ:マスカット・ベーリーA主体

キタザワより購入。1,180円。

 

抜栓日:2017年11月30日

栓:スクリューキャップ

液漏れ:なし

グラス:リーデルのオーヴァチュアを使用しました。

 

色:ルビーガーネット。すこし熟成色が入っています。

濃淡:やや濃い目

輝き:中程度

脚:さほど粘性は感じません。アルコール度数12%

 

香り:若干鉄っぽいニュアンスが最初に感じられて、その後グスベリ香、やや青野菜チックなニュアンス。7年の年月から来ているのでしょうか、すこし紹興酒っぽい酸化的ニュアンスがあります。さすがにフレッシュ感はありません。香りからMBAは、自分はあまり想像できません。

 

タンニン:収斂性はなく、とてもジェントルな感じです。

 

味わい:よく言うと、とても上手に造られていると思います。程よい酸と、ほのかなベリー系の味わい。飲んだ後に鼻に抜ける香りに、キャンディーっぽさを感じます。ライトボディーでスルスル飲めてしまうタイプのワイン。うちのママちゃんは、「薄いってわけではないけど、ワインらしくない飲み物だわ」と的確な表現をしていました。魚介類系にはちょっと合わせるのは難しかもしれませんが、食中酒としてはいい感じのワインです。

2017-11-25

Le Rendez-vous des Acolytes Domaine des Accoles 2013

| 20:53

http://wine0629.blog13.fc2.com/blog-entry-2305.html

f:id:akirais:20171125204350j:image:h320

パージュ:グルナッシュ100%

ウメムラより購入。 2,138円。

 

抜栓日:2017年11月25日

栓:天然コルクワイン名が刻印されています。

液漏れ:なし。コルクの1/3まで、線状に一部色ついていました。

グラス:シェフ&ソムリエユニバーサルテイスティングを使用しました。

 

色:ルビーパープル。エッジは均一。

清澄度:やや曇っています

輝き:あり

脚:中程度の強さ

グラス:シェフ&ソムリエユニバーサルテイスティングを使用しました

 

香り:黒果実の香り。ビオ香は自分はさほど感じませんでした。娘さんは、開口一番「除光液の匂い」と一蹴。時間とともに、肉の香り、革っぽいニュアンスがでてきます。黒オリーブ、ブラックチェリーのニュアンスも感じられました。

 

タンニン:けっこうしっかり目のタンニンですが、シルキーなニュアンス。非常に質の良いタンニン

 

味わい:しっかりとした酸、厚みのある味わい。若干コンポート的ニュアンスもありますが、複雑味があり、飲んでいて、次の一杯に進んでしまいます。果実味もまだしっかりとしていて、黒果実の味わいがあります。ほんのりとした果実甘味が心地よいです。しかも後口にビターな感じが後を引きます。余韻は中程度からやや長め。2000円台前半でこの味わいは、とってもコスパが良いと思います。比較的色んな食材と相性がいいんじゃないかと思います。この日は高砂牛の切り落としでつくった牛丼と合わせましたが、マリアージュはバッチリ!これは旨いワインだと思います。

2017-11-24

Chateau Mercian Ensemble Momoiro 2013

| 21:05

http://wine0629.blog13.fc2.com/blog-entry-1948.html

f:id:akirais:20171124205648j:image:h320

パージュ:メルロ、マスカット・ベーリーA

キタザワより購入。1,290円。

 

抜栓日:2017年11月24日

栓:天然コルク。シャトー・メルシャンの刻印あり

液漏れ:ありませんが、2/3くらいまで染みていました

グラス:リーデルのオーヴァチュアをしようしました

 

色:鮮やかなレッド・ピンクロゼ

清澄度:澄んでいる

輝き:あり

脚:サラリとした粘性

香り:12〜14度くらいで抜栓しました。グラスに注いだ直後、ほとんど香りがありません。一生懸命探しに行くと、イチゴ香りがほんのりと。時間がたってから、若干のキャンディー香っぽさ。飴の香り。かなり香りは弱いです。

 

味わい:酸は柔らかいです。悪くいうと酸がかなり弱め。ややボケた感じのイチゴの飴っぽい味わい。アフタに若干の渋味を感じます。かなり温度が上がったほうが、味の特徴をつかむことができますが、冷やすと、淡々としていて、薄い甘酸っぱいイチゴジュース?的なニュアンスしかのこらないような。食中酒として考えるとニュートラルな味わいなので、なにも邪魔しないかもしれません。クリームチーズに合わせてみるとなかなかのマリアージュでした。

フレッシュさを愉しむべきな、もっと早めに飲むべきワインなのかな、と思います。

2017-11-22

Gryphe des Accoles 2012

| 20:37

http://wine0629.blog13.fc2.com/blog-entry-2304.html

f:id:akirais:20171122195441j:image:h320

パージュ:カリニャン100%

ウメムラより購入。2,862円。

 

抜栓日:2017年11月22日

栓:天然コルクワイン名が刻印されています。

液漏れ:なし。コルクの1/3まで、線状に一部色ついていました。

グラス:シェフ&ソムリエユニバーサルテイスティングを使用しました。

 

色:パープルルビー。エッジは均一。

清澄度:若干曇っているような感じ

輝き:あり

脚:中程度の強さ

 

香り:抜栓直後、若干還元香が感じられましたが、すぐに消えました。紫の果実を思わせるようなニュアンス。ザクロスミレ香り。全体的に香りは柔らかです。時間が経過すると、赤肉、やや獣っぽさ、スパイス感が出てきました。ブレタノっぽさを取るひともいるかもしれませんが、優しいニュアンスの香りで、自分は心地よく感じます。ママちゃんも「いい香りね。やさしいわ」と言っていました。

 

タンニン:シルキーで、柔らかいタンニン。丸みを感じます。

 

味わい:酸は最初、しっかり目に感じましたが、時間経過で柔らかく変化してきます。紫の果実味が口の中に広がり、味わいも柔らかい印象です。とてもスムーズに喉まで流れ込んでいきます。よく言うとエレガント、悪い言い方をすれば単調なんですが、どこか奥の深さも感じてしまう、きっと今一番の飲み頃なんじゃないかと思います。旨いです。

2日目、さらにマイルドな味わいに変化して、とても美味しくいただきました。娘さんは2日目のワイン香りしか見ていませんが、「臭い! トイレの臭い。食べ物の匂いじゃない」と酷評(笑)。このワインに関しては娘さんはブレタノ的ニュアンスをしっかりと捉えているように思いました。

また、2日目、マグロ山かけと合わせてみましたが、これが、すごいドンピシャのマリアージュ。さばの味噌煮缶ともあわせてみましたが、こちらも、ジャストとはいいませんが、程よいマリアージュで、ワイン食事の奥深さを思い知らされました。