Hatena::ブログ(Diary)

秋田の街、文化 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2012-07-11 大壁画「秋田の行事」誕生 … 平野政吉と藤田嗣治の構想した美術館

大壁画「秋田の行事」誕生 … 平野政吉と藤田嗣治の構想した美術館の壁画に

 昭和11年3月の秋田訪問の際、藤田は歓迎会の席の挨拶で「世界第一の芸術家大日本帝国藤田嗣治の名において、1923年(大正12年)、バチカン宮殿で、ローマ法王に謁見たまわった。エリゼ宮で、フランス大統領にも勲章をもらい、ベルギー皇帝からも栄誉を授かったのであります」と話し始めたと言う。藤田の語ったことはすべて真実であったが、伝説では、この話に平野政吉がカチンときて、「世界一というなら世界一の絵を描いて証拠を見せろ」と詰め寄り、藤田が「それなら、世界一の大きさの絵を描いて見せましょう」と言ったのが、「秋田の行事」誕生のきっかけであると伝えられているが、晩年、平野政吉は、実際は、藤田の迫力の前に圧倒されたのが真相であると語っている。
 二人の間に心の応酬があったとも伝えられるが、「秋田の行事」は、藤田嗣治と平野政吉の固い友情、強い信頼関係の中から生まれたものと見るべきだろう。
 昭和4年に初めて藤田嗣治の作品に出会って以来、藤田嗣治作品に魅せられ、熱心な収集家となった平野政吉は、藤田の作品を集めた美術館を建設する夢を抱くようになり、昭和11年夏に、美術館建設構想を藤田に打ち明けた。藤田はこの話を受けて、美術館の壁を飾る壁画の制作を表明した。パリ時代と中南米の旅からの帰国後に、藤田は各地で壁画制作に挑んでいたが、秋田の中に日本を見い出し、その集大成として、秋田を題材にした壁画を描くことになったのだった。
 この年の7月以降、藤田は度々秋田を訪れ、平野の案内で秋田市内の竿灯、日吉八幡神社山王祭などを見学し、スケッチをするなどした。また、平野は藤田のために、千秋矢留町に別宅を用意し、藤田の長期滞在に備えた。藤田が秋田に訪れるたびに二人は美術館の構想を深めていき、「秋田を第二の奈良に」「正倉院法隆寺秋田に拵えるつもりで」「壁画奈良東大寺大仏に匹敵する世界一大きなものに」などと話し合われていった。
f:id:akitaculture:20120715163835j:image:w350:right 藤田は、壁画制作の前に、「秋田の全ぼうが直ちに解る様に、あらゆる風俗又その時代的な意味に従って洩らさず描くつもりである」(「夕刊秋田1936年《昭和11年》11月18日)と語り、壁画制作の決意を表明した。
 そしていよいよ、昭和12年2月21日、平野政吉の米蔵で後に「秋田の行事」と言われる秋田の全貌を描いた壁画が描かれることになった。藤田は一気に15日間、174時間でこの壁画を描き上げた。興が乗った時は三晩位の徹夜も度々あったとのことだ。完成後、藤田は平野に「平野さん、無駄な材料を使わせて申し訳ない」と言って、紫の絵具一個と白の大ビン二個だけを差し出したと言う。平野は最初に藤田から言われた量の絵具を渡しただけだったので、藤田の天才ぶりに畏敬の念を感じたと言う。完成後、藤田は「この大きさと時間の記録は、世界が終わるまでまで破られまい」「四百年後に、再びこの壁画の前に立ってみたい」と興奮し、語っていたとのことだ。

 「秋田の行事」は、縦3.65メートル、横20.5メートルの大画面に、昭和12年当時の秋田の人々の暮らし、竿灯、梵天などの年中行事、祭りが生き生きと躍動的に描かれ、秋田の産業、歴史まで描かれている壁画である。画面には藤田ならでは線と色彩が融合し、生命力パッションが溢れている。
 「秋田の行事」は、二人で構想した美術館に飾る壁画として描かれたものである。その後30年の時を経て完成した美術館は、日本宮殿を思わせる屋根の形、正倉院を模した高床式の造りなど藤田嗣治、平野政吉の構想を生かしており、「秋田の行事」は藤田の助言通り、床から6尺(約1.8メートル)上げた位置に据え付けられ、両端を少しずつ迫り出して据え付けられている。壁画の臨場感や迫力を出すための藤田の狙いがあったのだ。
 平野政吉美術館とそこに展示されている「秋田の行事」は、藤田嗣治と平野政吉の交友の歴史から生まれたものであり、その証である。この貴重な文化遺産を後世の人々にこのままの形で伝える義務が私たちにある。移設によって、文化的な価値を壊すようなことがあってはならない。




<関連記事>
平野政吉美術館(秋田県立美術館)の採光について
平野政吉の業績…平野コレクションと美術館
美術館と自然光について
平野政吉のエピソード
平野政吉美術館と一体である藤田嗣治作品
平野政吉美術館の移転理由は何か [新規構成]
平野政吉と藤田嗣治の交友の歴史 1 … 出会い
美術館建設宣言と「眠れる女」 … 平野政吉と藤田嗣治の交友の歴史 2
18年ぶりの再会、念願の美術館建設の実現 … 平野政吉と藤田嗣治の交友の歴史 4
最後の作品「平和の聖母礼拝堂」、永遠の別れ、永遠の友情 … 平野政吉と藤田嗣治の交友の歴史 5
美術館と自然光 2 … 軽井沢千住博美術館の場合

安藤忠雄氏設計の美術館が秋田に必要か?
藤田嗣治「秋田の行事」の迫力を伝える平野政吉美術館(現県立美術館)
藤田嗣治「秋田の行事」の魅力
藤田嗣治「秋田の行事」と平野政吉美術館は一体の文化遺産
パリでの「乳白色」から、色彩と三次元表現の「秋田の行事」へ … 藤田嗣治の変貌





web拍手 by FC2

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/akitaculture/20120711/1342345622
ブログランキング・にほんブログ村へ
Connection: close