Hatena::ブログ(Diary)

Plastic things by Masato Yamaguchi

top film oshiete framework , twitter



2014-03-17

Trace to ...

21:43

Trace


グラフィックデザイン的には、グラフィックのアウトライン

プログラミング的には、描画。

捜査官的には、証拠とか痕跡


自分的には、いままで何百枚の画をトレースしてきただろうか。アンディウォーホルのような現代アートから、デザインのモチーフにつかった小さなペン、ネットでみつけた知らない人の写真など。

トレースをするという行為には、能動的にモチーフの肉を除去し、痕跡だけを残す作業。

2013-11-18

2012-09-28

Plastic Painting

13:36

#

#

#

#

NYのアートフェアに参加します、どうぞよろしくお願いいたします。

2011-09-30

domestic tokyo memo

20:11

プレゼン用の資料をつくっています。


1. キーワード

domestic tokyo


2. サマリー:プレゼンテーションの内容説明。100〜200文字程度。

先進国の中でも巨大な都市東京。世界的な国際都市であるはずの東京。でも東京って国際的なのだろうか?ラーメンおたく、音楽、高速道路、サイン、セルフサービス、xxxxx などなど、国際基準どころか、国内向けに作られたものばかりのようにみえます。意外にも国内向けにつくられている東京。そんなdomesticな視点から東京を眺めていきたいと思います。


3. 発表方法:(PC使用でスライド、映像を見せる。


4. プロフィール(日・英):

日本語は200~300字程度。英語は80~100words。HPfacebooktwitterアカウントなどもご記入ください。

未作業


http://ideasketch.jp/yamaguchi/

http://twitter.com/yamagch

http://www.facebook.com/yamaguchi.m


5. ポートレイト:サイズ 横幅190pixel以上/解像度 72dpi以上/形式 JPGEPS


資料作成

https://docs.google.com/spreadsheet/pub?hl=ja&hl=ja&key=0Aj4atp77Kw0-dG5FdDRTZUI5cW1LcklmSURiUXhPZFE&output=html

Kinne JayKinne Jay 2011/10/01 00:40 "domestic tokyo" 興味深過ぎます!

yamagchyamagch 2011/10/01 01:19 まあ、楽しみにしていなさい

2011-09-19

Method METAMAXION;

00:33

      • in Graphic

・function

グラフィックを作成するときの感覚。


・random

0と1の間の、無限の点に委ねる必然的なブレのようなもの。


class

グラフィックの構造化と再利用のはじまり。


      • in Programming

グラフィックのクラス化、ネスト化、引用主義。

これを体現する手法として。

現代的な言語、

絶対的な感覚と流動性のあるディティールの実現。

2011-09-01

アートミアム #1(DRAFT)

16:45

アートを社会構造の立場から観察し理解をする。

作品のディティール(素材、表現方法、内容)関しては本稿ではふれない。

物事の価値は周囲の文脈との関係によって変化する。その仕組みを理解することは、アートの立場ひも解くきっかけになるのではないか。


設定1

世の中の商品を、

1.生活必需品、日用品、またはデザイン性などに付加価値のあるプロダクトなど
2.概念

上記の二つにわける

1.は、食料や、紙、またデザイン性の高いもの、Macや車、傘なども含む

2.は、絵画、音楽、ドラマ、バラエティ番組、漫画、詩、など


まずは、大雑把に2.を全てアートとし、以下に分類する。

(参考:以前書いた記事、A. ハイアート B. ローアート C. 表現主義


設定2

A. ハイアート = 美術史的背景、政治的優位の上に存在するアート
B. ローアート = 一年以下〜数十年の歴史的、社会的、地域的背景の上に存在するアート
C. 表現主義 = 内発的なアート

考察

1)A. B. の違いは表現の背景の期間的な長さの違いである。A. は最低でも100年程度の背景が必要。対しB. は自由な設定が可能である。

2)A. は、現状では西洋美術史を起源とする文脈を背景にすることが義務づけられているが、B. は、自由な歴史的、社会的、地域的文脈設定が可能である。

3)A.B.共通点は、ターゲットの文脈から汲み取った表現と、自分(当事者)や世代(トレンド)のコンプレックステーゼすることが必要とされる。

4)C.は表現の背景を切断しているため独立している。

指摘

A.Bは共通する(期間的に)文脈を利用することで相互に交流することができる。
C.は表現の背景を接続することで自分(当事者)、世代(トレンド)のコンプレックス、つまり表現の源泉にもなりえる。

作家や、作品はこの、A,B,C間を遷移させることができる。



ルノアール、マネ
A→B→A

パブピカソ
A→B+C*→A

ダリ
A→C*→A

アンドレブルトン
A→C*→A

マルセルデュシャン
A→A

葛飾北斎
B→B*

アンディーウォーホル
A→(Bを引用)→A

岡本太郎
A→C

YMO
(Bを引用)→(B←→A)

長渕剛
B→C

鳥山明
B→B*

ジェフクーンズ
A→(Bを引用)→A

村上隆
A→(Bを引用)→(A←→B)

ダミアンハースト
A→A

マイケルジャクソン
B→A

パフューム
(Bを引用)→B

初音ミク
(Bを引用+C)→B←→A(?)

C* 当時はCがAであったため現代のCとは若干異なる
B* 今後のAの政治的覇権の移動によってAになる可能性も


アートミアムにおいて、アート性とは、作品•作家の独立性、個人性、エンターテイメント性、クライアントワーク依存に依存しない。

アートミアムとは、これらを包括してアートと見なし、以後A,B,C間を遷移させることで、アート価値を向上させる手法である。

2011-08-29

雑文

22:39

東京をお題になにか。

という問いをいただいた。


ふと考えてみたところ、びっくりするぐらいなにも出てこない。

一年のうち350日ぐらい東京にいて、かれこれ10年以上東京に住んでながら、

なにもでてこないとは。困った。


いまから7,8年前、アメリカ人の友達 Jasonくん (http://opertura.org/pages/info) とバンドをやっていました。東京で。あのときはなんかすごく東京っぽかったなあ。東京アンダーグラウンドな感じでした。表参道のバーで、インプロビゼーションでふわっふわのライブをやって、缶ビールのみながら歩いて明大前まで帰ったり。

深夜二時ぐらいに羽根木公園に集まってぐだぐだと。


昼間は大手町まで通い、フリーランスの仕事をしたり、海外の雑誌に作品を出したり。

なんか自分が東京でやってますよーという自覚があったんだろう。


そういえば、jasonくんになんで東京が好きなの?ってきいたとき

「hi と low がMIX している感じ」って

ほんとに、AKIRAみたいに、超高層ビルの隙間に古民家があったり とても不思議なんですって。


そうだそうだ、自分もそう思っていたなあ。

なんか MIX した感じ。

やっぱり東京って MIX

2011-08-27

アートミアム #1(DRAFT)

16:45

アートを社会構造の立場から観察し理解をする。

作品のディティール(素材、表現方法、内容)関しては本稿ではふれない。

物事の価値は周囲の文脈との関係によって変化する。その仕組みを理解することは、アートの立場ひも解くきっかけになるのではないか。


設定1

世の中の商品を、

1.生活必需品、日用品、またはデザイン性などに付加価値のあるプロダクトなど
2.概念

上記の二つにわける

1.は、食料や、紙、またデザイン性の高いもの、Macや車、傘なども含む

2.は、絵画、音楽、ドラマ、バラエティ番組、漫画、詩、など


まずは、大雑把に2.を全てアートとし、以下に分類する。

(参考:以前書いた記事、A. ハイアート B. ローアート C. 表現主義


設定2

A. ハイアート = 美術史的背景、政治的優位の上に存在するアート
B. ローアート = 一年以下〜数十年の歴史的、社会的、地域的背景の上に存在するアート
C. 表現主義 = 内発的なアート

考察

1)A. B. の違いは表現の背景の期間的な長さの違いである。A. は最低でも100年程度の背景が必要。対しB. は自由な設定が可能である。

2)A. は、現状では西洋美術史を起源とする文脈を背景にすることが義務づけられているが、B. は、自由な歴史的、社会的、地域的文脈設定が可能である。

3)A.B.共通点は、ターゲットの文脈から汲み取った表現と、自分(当事者)や世代(トレンド)のコンプレックステーゼすることが必要とされる。

4)C.は表現の背景を切断しているため独立している。

指摘

A.Bは共通する(期間的に)文脈を利用することで相互に交流することができる。
C.は表現の背景を接続することで自分(当事者)、世代(トレンド)のコンプレックス、つまり表現の源泉にもなりえる。

作家や、作品はこの、A,B,C間を遷移させることができる。



ルノアール、マネ
A→B→A

パブピカソ
A→B+C*→A

ダリ
A→C*→A

アンドレブルトン
A→C*→A

マルセルデュシャン
A→A

葛飾北斎
B→B*

アンディーウォーホル
A→(Bを引用)→A

岡本太郎
A→C

YMO
(Bを引用)→(B←→A)

長渕剛
B→C

鳥山明
B→B*

ジェフクーンズ
A→(Bを引用)→A

村上隆
A→(Bを引用)→(A←→B)

ダミアンハースト
A→A

マイケルジャクソン
B→A

パフューム
(Bを引用)→B

初音ミク
(Bを引用+C)→B←→A(?)

C* 当時はCがAであったため現代のCとは若干異なる
B* 今後のAの政治的覇権の移動によってAになる可能性も


アートミアムにおいて、アート性とは、作品•作家の独立性、個人性、エンターテイメント性、クライアントワーク依存に依存しない。

アートミアムとは、これらを包括してアートと見なし、以後A,B,C間を遷移させることで、アート価値を向上させる手法である。

アートミアム #1(DRAFT)

14:11

アートを社会構造の立場から観察し理解をする。

作品のディティール(素材、表現方法、内容)関しては本稿ではふれない。

物事の価値は周囲の文脈との関係によって変化する。その仕組みを理解することは、アートの立場ひも解くきっかけになるのではないか。


設定1

世の中の商品を、

1.生活必需品、日用品、またはデザイン性などに付加価値のあるプロダクトなど
2.概念

上記の二つにわける

1.は、食料や、紙、またデザイン性の高いもの、Macや車、傘なども含む

2.は、絵画、音楽、ドラマ、バラエティ番組、漫画、詩、など


まずは、大雑把に2.を全てアートとし、以下に分類する。

(参考:以前書いた記事、A. ハイアート B. ローアート C. 表現主義


設定2

A. ハイアート = 美術史的背景、政治的優位の上に存在するアート
B. ローアート = 一年以下〜数十年の歴史的、社会的、地域的背景の上に存在するアート
C. 表現主義 = 内発的なアート

考察

1)A. B. の違いは表現の背景の期間的な長さの違いである。A. は最低でも100年程度の背景が必要。対しB. は自由な設定が可能である。

2)A. は、現状では西洋美術史を起源とする文脈を背景にすることが義務づけられているが、B. は、自由な歴史的、社会的、地域的文脈設定が可能である。

3)A.B.共通点は、ターゲットの文脈から汲み取った表現と、自分(当事者)や世代(トレンド)のコンプレックステーゼすることが必要とされる。

4)C.は表現の背景を切断しているため独立している。

指摘

A.Bは共通する(期間的に)文脈を利用することで相互に交流することができる。
C.は表現の背景を接続することで自分(当事者)、世代(トレンド)のコンプレックス、つまり表現の源泉にもなりえる。

作家や、作品はこの、A,B,C間を遷移させることができる。



ルノアール、マネ
A→B→A

パブピカソ
A→B+C*→A

ダリ
A→C*→A

アンドレブルトン
A→C*→A

マルセルデュシャン
A→A

葛飾北斎
B→B*

アンディーウォーホル
A→(Bを引用)→A

岡本太郎
A→C

YMO
(Bを引用)→(B←→A)

長渕剛
B→C

鳥山明
B→B*

ジェフクーンズ
A→(Bを引用)→A

村上隆
A→(Bを引用)→(A←→B)

ダミアンハースト
A→A

マイケルジャクソン
B→A

パフューム
(Bを引用)→B

初音ミク
(Bを引用+C)→B←→A(?)

C* 当時はCがAであったため現代のCとは若干異なる
B* 今後のAの政治的覇権の移動によってAになる可能性も


アートミアムにおいて、アート性とは、作品•作家の独立性、個人性、エンターテイメント性、クライアントワーク依存に依存しない。

アートミアムとは、これらを包括してアートと見なし、以後A,B,C間を遷移させることで、アート価値を向上させる手法である。

2011-01-26

雑談 - 「このモーデなにJ? 」狭間世代と編集〜引用の時代」

| 22:56

大城嘉彦 (apogee) さん(左)との雑談です。

うちわっぽくてすみませんがたらたらと80分ほど話しましたので、

よかったら流して聞いてみてください。




● 00:00 ロケットマンPV制作コンセプト

● 15:30 アポジーにおける編集

● 26:30 狭間論

● 34:45 このモーデなにJ

● 53:30 編集〜引用/MAD,匿名,シミュレーショニズム

● 1:08:30 引用とパクりの違い

2010-12-13

A. ハイアート B. ローアート C. 表現主義

19:28

アップデート

D

仕事中ラジオ的に一通り聞きました。

緻密に分析されたエッジィかつ論理的な切り口と、つっこむ気すら失わせるゆるさ極まる身も蓋もない話をうまいことシンクロさせながら、途中、キレつつ、温かく、非常にためになるエンタメ講義でした。


・ART = 西洋現代美術 : ハイアート x 日本人及び美大界隈でのアートとの根本的な差異。

・ARTにおける評価システム。

・ARTの作り方〜育て方

などなどアートワールド全体の包括的な視点と実務的な視点から一通りARTの手法を網羅する内容でした。


村上隆の芸術実践論 第2回 「観賞編」 2/2 の50:00〜 企業秘密のところ

この数分にだいたい凝縮されています。


A.現代美術とは→戦後のアメリカ美術 = 基本ルール

B.ハイコンテクストネタを暗喩化して串刺し(デュシャン x 50年代のアメリカアート x 自国のコンプレックス + x ... )

これを抑えればだいたい上手く とのこと。




D

村上隆の芸術闘争論#2 日本の美術教育はどう特殊なのか(vs森川嘉一郎)



日本のアートの不思議を、中学校の教科書をモチーフに非常に鋭くロジカルに論じた秀逸な内容です。


で、個人的な分析。


アートを3つに分類する。

アートを一つの視点で評価すると大抵話しがまとまらない)


A. ハイアート

B. ローアート

C. 表現主義


A. ハイアート

歴史(美術史、音楽史)を前提としたアート

印象派(もしくはそれ以前の原始的なアート)~現代までの美術史に対しテーゼをする

消費期限:100年以上

ピカソデュシャン、ウォーホル、ジェフクーンズ

ダミアンハースト、アイウェイウェイ、村上隆

モーツアルトバッハサティビートルズ、マイケルジャクソン


B.ローアート

数年〜数十年の範囲の文脈に対しテーゼする、またはある特定の地域に対しテーゼする

消費期限:数ヶ月〜数十年

ダフトパンク、ストリートカルチャー(グラフィティ、エイプ)、パフューム、ピンクレディ、漫画、アニメ

北斎 ※北斎美術史の文脈にのってないので、現状ローアート村上隆の活躍でハイアートに昇華する可能性も。ダフトパンク、漫画、アニメも同様


C. 表現主義

歴史を無視した感情的、内発的な表現

または、抽象表現主義、ネオダダ、シュルレアリスム

岡本太郎高木正勝長渕剛ネオテニージャパン

消費期限:数日〜数十年


A.ハイアートは前述の村上隆氏が語っていた内容。美術史など歴史を前提とした、表現。

アートには歴史があるため、作家は歴史に関与する必要がある。そういった意味で村上氏の語るアートコンテクストの串刺し論には賛成。

また、歴史は政治的、経済的、美術家の活躍によって構築されるため、逆にその時点での世界情勢によって。現在を視点に過去を改変できる可能性がある。故に北斎美術史上に今後のっけることも可能。例)アメリカグラフィックアートの起源は浮世絵に影響されているとすることも可能である。

また、マイケルジャクソンのように、ローアートからハイアートに昇華させる方法もある。(歴史=クラシックアメリカで黒人音楽と融合→ジャズファンクミュージック)xポップカルチャーx黒人/白人+死


B.ローアート

ある意味ハイアートもローアート変わらない。

世界の中心である地域がハイアート覇権をとる特性がある。パリ→ニューヨーク覇権が推移したように、今後地域の推移によって新しい文脈が追加される可能性がある。覇権があるかないかで差別される性質がある。

結果的に覇権がない地域は常にローアート。故に日本画はローアートであり、ハイアート化するには、現状の文脈に沿うように文脈化するしかない。

また数十年単位での歴史コンテクスト上の表現はローアート。日本の漫画やアニメは超インテリジェンスにも関わらず、きちんと整理されていないため、その歴史は数十年レベルとなっているのでローアート。エイプは、戦後アメリカカルチャー→象徴化 だが、戦前の文化は文脈化していないのでローカルチャー。グラフィティも同様。

但し、ローカルチャーは評論によって百年クラスの文脈が追加された時点でハイアート化できる。村上隆日本画や、漫画、アニメをハイアート化しようとしている。



C. 表現主義

表現主義はある時期においてハイアートだった。

20世紀初期、ピカソ、ミロ、シュルレアリスム台頭のあたり。

しかしそれは芸術で個人表現が可能になったという社会背景(市民主義)に裏付けられている。現在は自由な表現がみとめられているため、個人表現は歴史へのテーゼとならない。故にハイアート化しない。

日本では、岡本太郎をきっかけとした抽象表現主義を基盤とした表現主義は強く根付いている。高木正勝など一見コンテンポラリーな印象を受けるが実は内発的な表現の性質が強いため抽象表現主義の延長にあると考察する。



■批判

C. 表現主義 を新しいメディア(映像、コンピューター、空間表現)を使用することで、ハイアートと混在して解釈している人が多い。

前述のビデオのように、ハイアートに於いてC. 表現主義が一過性であるという認識をもてない人が多い。



■考察

ローアートは客単価が低いため、どうしてもマス的になってしまう。

しかし、超美的な表現は常にターゲットが狭い。故に客単価が高い。

アートが単価が高いという性質を持つ以上その価値の必然性を見極める目が必要なため、ユーザーは超インテリジェンス層になってしまう。価値の必然性とは歴史的文脈によって支えられるケースが多い。

結果的に商材として成立するアートはハイアートに限定され、ハイアートは歴史と対峙し、ハイアートは、客に歴史に関与する興奮、誇りを与える必要性が生まれる。


ハイアートとローアートは違いは対象とする文脈の期間的、また客単価の違い。

その二つの違いを利用することで、ローアート→ハイアート、ハイアート→ローアート親和性が高めることも可能。


表現主義


■MEMO

http://ja.wikipedia.org/wiki/シュルレアリスム宣言

2008年5月21日には、ブルトンの「シュルレアリスム宣言」など9点の自筆原稿がパリのサザビーズでオークションにかけられ、パリの書簡・直筆原稿博物館が、360万ユーロ(約5億8千万円)で落札した。