Hatena::ブログ(Diary)

ゲームを100倍楽しむブログ

2012-04-13

Sins of a Solar Empire: Rebellion beta 拡張パック

SSE:Rebellionは予約すると、今実施中のBeta2に参加できる。
単純にSteamで買うか、他で買ったキーをSteamに登録すればOKだ。
beta2とは言え、最後まで問題なく遊べるので、気になる人は先行体験版としての利用も可能である。

30時間ほどプレイしたので、気付いた点を書き殴ってみたいと思う。

  f:id:astante:20120413112541p:image:w500



■前作との違い
本作で最も重要なのは、「新作ではなく、単体起動可能な拡張パックである」という点だ。
これが初めてという人にとっては、過去の3作が全部入っているので(※追加要素を抜くことはできないので、厳密には過去作で遊ぶことは出来ないが)、手に取りやすい反面、従来からのプレイヤーの視点では「あんまり変わってないな」という感想を持つことになりやすい。

以下がRebellionでの追加要素だ

・勢力の追加
3種族での戦いだったSSEから拡張され、それぞれの種族が主流派と反乱軍に分かれた。
つまり、3 x 2 = 6つの勢力での戦いとなっている。

・コルベット級の追加
安価で高速だが、耐久力の低いコルベット艦が追加されている。
主な役割は海防艦としての偵察艦対策と、艦隊に随伴させてのミサイル艦、空母対策になる。

・タイタン級の追加
おおよそキャピタルシップ3隻分のコストで、1.5〜2.0倍程度の戦闘力を持つ、タイタン級の建造が可能になっている。
役割はキャピタルシップと同様に艦隊の中核になるだろうが、建造に手間が掛かることとコスパの面での折り合いがあまり良くない。
特にキャピタルシップ2隻分の司令部要員が必要なので、それならば、キャピタルシップ2隻の方が良いのではないかという気もしてくる。

・テックツリーの調整
勢力の追加に合わせて、テックツリーが少し変更されている箇所がある。
個人的に大きいと思っているのは、TEC主流派がミサイルの研究を進めていなくても、いきなり、惑星破壊砲の開発が行えるようになっている点。
2門出せれば、6分に1回、敵のあらゆる惑星を破壊(中立化)できる。

  f:id:astante:20120413112537p:image:w500

なお、すると言われていた(?)グラフィック面の強化は、久しぶりにプレイすると分からないレベル。
見た目で前作と区別するのは困難なゲームだと思う。


■おもしろいのか
SSEより詰まらないと言うことはないのだが、SSEよりおもしろいかと言われれば、あんまり変わらないなとしか言えない。
これは追加された要素が、あまりおもしろさに直結しないものだからだ。

特にタイタンシップは、先に出せば一隻で逆転可能なくらい強くても良かったはずで、ちょっとだけ強いキャピタルシップに留まっているのは、残念でならない。

また、SSEが本質的に抱える「勝敗が決してから、勝利条件が満たされるまでが長い」という問題には、何の解決策も見いだされていない。
特に有利側が慎重な戦略をとった場合には、露骨に酷いことになり、プレイ開始後30分で決まっているのに、勝利条件達成までにそこからさらに1時間必要とか言うことも、十分に起こりうる。

根本的に、運要素の大きい4xストラテジーなので、ガチ対戦には向いておらず、過程を楽しむ対戦を志向するべき。
ただ、プレイヤーのニーズはそこには向かっていないという構造的な破綻すら伺える。
この為、マルチプレイが主のゲームであるにも関わらず、野良マッチングが成立しづらいという欠点を内包している。


  f:id:astante:20120413112532p:image:w500

SSEは2作目(本体+拡張パック)の時点で完成されたゲームだ。
そこに、あってもいいかなと言う2本目の拡張パックが足され、そして今回、なくてもいいかなと言うべき3本目の拡張パックの登場となった。

テックツリーはやや分かりづらく、同じ効果がいくつものテクノロジーに分かれているなど相当古い作り(AoK)を引きずっている。
戦闘は宇宙戦を楽しめるが、一発の威力が低いユニットを多数使ってピュンピュンと撃ち合うのが常なので、大艦巨砲感は全くない。
クローズアップすれば、悪くはない見た目のゲームだが、操作性や視認性を考えた場合は、常にカメラを引いた視点でのプレイとなるので生かされていない。

ただ、RTS自体は年に何本も出るジャンルではないので、RTSが好きという人なら値段分は遊べるゲームだとは思う。
発売後に定価で買うと損なので、どうせなら、予約で購入してベータ2で遊び、好きに文句を垂れる遊びも味あう方が得だとも思う。

ちなみに発展性という点では、Rebellionより、Sword of the Stars2の方がポテンシャルがあると感じている。
あれはおもしろくなる可能性があるが、Rebellionには今以上をなかなか見込めない。

2012-03-31

RidgeRacer Unbounded: リッジレーサーではない良作

Steamでまさかの日本語入りで販売かと思ったが、なんかうさん臭かったので、ロシア版で購入した本作。
フタを開ければ、Steam版に日本語はなく、販売自体も1日で終了(おま国化)と、なかなかの惨状であった。

とは言え、アーケードスタイルのレースゲームとしては見事な出来映えだ。

   D



■システム周り
リードコントロールデバイスは360パッド。ステアリングを持っていてもパッドを推奨。
1920x1080でSuperSamplingを掛けるとさすがに60fps維持できない場面があるが、それでも50fps程度はキープできており、美しさと動きのバランス感覚はよい。
1360x768程度まで下げれば、完全に60fpsに張り付く。
一方で描画オプションはブライトネス程度しかないので、設定をいじって軽くするなどは不可能(自動でやっているかは不明)。

また、読み込みの速さが特に優れており、新しいトラックを選んでからレースを始めるまでの待ち時間はかなり短い。
失敗した時に、ポーズをかけてリスタートをする人も多いと思うが、その際も一瞬で仕切り直しができるなど、快適さにおいては、他のレースゲームと比べても相当にすぐれている。

効果音は普通のクオリティ。
BGMはユーロビート系ではなく、分かりづらいテクノが多いので好みが分かれる所かも知れない。私はビートラインに乗せたメロディアスなものが好きなので、本作の楽曲はあまり好きではない。
ただ、楽曲自体が悪いわけではなく、収録曲数もそれなりに多く、走行中にパッド操作で選曲できるなど、UI周りのセンスはむしろよい。
ボリュームバランス的にややBGMは小さいので、OPTION設定でかなりあげてやるとよい(他は下げる)。


■なぜリッジレーサーではないのか
このゲームはリッジレーサーの名前を冠しているが、制作自体は「Flatoutのクリエーターが参加」と謳われている。
その性もあってか、クルマの挙動と、ゲーム性の両面で「リッジレーサーではないテイスト」が強く入り込んでいる。

 f:id:astante:20120331211821p:image:w500

・安直なドリフトを捨てた挙動
もともとリッジレーサー自体も大きく「初期リッジ」「R4」「リッジレーサーズ以降」に分けることが出来るが、ドリフト感覚についてはこのうちのどれでもない。
具体的には、サイドブレーキボタンが存在し、それをきっかけにテールを滑らせ、ステアリングで挙動を調整するという動作なのだが、進入速度による慣性ムーブメントの影響がかなり大きい。
この為、慣れないウチは、高速でドリフトに入り、そのまま壁に叩きつけられて減速するといった挙動になりがち。
つまり、「ドリフトさせておけば速い」という特徴が失われているのである

・破壊をコンセプトにしたゲーム性
ドリフトやスリップストリームでパワーを貯め、満タンで使用すると、加速すると共に「体当たりで敵車を破壊する」という能力が得られるようになっている。
真後ろや真横からの体当たりであれば、ほぼ100%の確率で「一撃撃破」が可能であるため、パワーが貯まった状態であれば「すぐ目の前の敵車は既に死んでいる」と言うくらい強力。
前述したとおり、ドリフトは直接的には弱体化したが、このパワーを貯めるという要素が大きいので、総合的に重要なのは変わらない。

この要素自体はアーケードスタイルのゲームなので悪いことではないのだが、ドリフト以外は普通のレースだったリッジレーサーにおける「異物感」を際だたせている。


■ではダメなのか?
リッジレーサーではないのは事実なのだが、ダメかというとそうでもない。
むしろ、リッジレーサーズ以降のリッジレーサーの中では最もおもしろいと言える。
これは、「ドリフトでパワーを貯めて、貯めたパワーで抜く」と言うコンセプトを破壊の方向に振ったことで、「より逆転性の高いレースシーンを体験できる」様になっているからだ。
※補足すると、リッジレーサーズ以降のニトロよりも強力で分かりやすい。

また、敵車のコーナーリングは相当速く、「敵車はカーブで遅いので、カーブで抜き、他でミスらなければ1位でゴールイン」というシミュレーター色の強いレースゲームが持ち合わせている弱点も克服している。

さらに言うなら、体当たりまで積極的にゲーム性に取り込んでいる為、敵車のAIのアグレッシブさが自然に昇華されているのもうまい。
 f:id:astante:20120331211809p:image:w500


■独自のトラックを作って走れる要素
他にも、自分でタイルを並べる形でトラックを作り、それをオンラインで公開して他人に走って貰う遊び方もできる。
このオリジナルトラックでは、ハーフループやジャンプ台など、通常のレースゲームではあり得ないようなオブジェクトも用意されている。これらをうまく組み合わせることができれば、トラックマニアの様な「立体的な動きをするコース」を作って楽しむこともできる。

 f:id:astante:20120331212423p:image:w500


いくつかバリエーションはあるとはいえ、「走れるのが市街地ばかり」という弱点は抱えているものの、素性のよいアクションレースゲームとして一定の評価を受けるタイトルになるであろうと予想できる。

ちなみに私はFlatoutシリーズは合わなかったのだが、このゲームは非常に楽しめている。
FlatoutやBurnoutと似ているのは見た目だけで、中身はずっと合理的にできているからだ。

 f:id:astante:20120331211802p:image:w500

2012-03-22

この春の期待作

やっぱシルカのがいいかもなあ。
分160発程度じゃ、ヘリをスタンさせるまでに少し時間が掛かって、単純なヘリラッシュ相手に運で負けかねん。
あと、対空ミサイルは範囲攻撃なので、数をさばく時には絶対に必須。



さておき、マテリアルブレイブが明日発売でウキウキしている。
夜までには届いてるといいんだけどね。

   D
   CVにちょっと不安がある。想像の上を行って欲しいね。

マテリアルブレイブ→魔法使いの夜→創刻のアテリアルと熾烈なラッシュが続く。
何とか3とか、エムブレムの新作も来るし、この春はすごいね。
あとは、Empressの新作にもこっそり期待している。

2012-03-21

Wargame:EE デッキを考える

このゲームは自軍の構成を自分で決められる。
多数のユニットの中から、25種類を選んで、デッキに入れることで使用可能になるという仕組みだ。

と言うわけで、今日は私のデッキを見せびらかしてみようという、自己完結的な内容だ。



■とりあえずこんな感じ
 f:id:astante:20120321192610j:image:w500
  はてなブログ的な都合でやや粗いが勘弁して欲しい


■役割とか寸評
・BRDM-2U
・UAZ-496B
UAZはPACTでおなじみの初期司令部。
サイズがSmallなので林に隠れる事が出来、基本的にこいつを使う。
BRDM-2Uは、移動速度が僅かに速く(UAZ70Km→BRDM75Km)、前面に1点の装甲値が付いているので、隠れる場所がない時にはこちらを使用する。

・KOLOS
PACTで一番使い勝手のいい補給トラック。
コスパは安いトラックと同様な上、自衛用の機銃が付いている。
ないよりマシ程度なショボ性能だし、単独で攻めると余裕でキャプチャーされるが、武装がないよりは便利。
また、移動速度もトラックの中では最速の部類。
1両1250なので、4両で5000補給する。

・Mi-26
いわゆるヘリ補給。
1機で5000補給と大容量だが、陸上ユニットに追随させての使用はむしろやりづらいし、KOLOSよりもコスト対補給量的な効率が悪いので、使い所を選ぶ。
戦闘の切れ目に修理と合わせて行うなどに使う。

・URAL-3750
・URAL-4320
KOLOSだけだと、補給が切れる場合があるので、補助として使う。
基本FOBで給油しての使い回しは見込まず、空になったら敵に送った上で破壊して点に変えるのは常套。

・UAZ-496(偵察)
武装なし、機関銃付き、グレネードランチャー付きと、3タイプもあり、デッキ1枠で十分な量を出せるのが魅力。
サイズはSmallなので、茂みに隠した上で、相手に偵察ユニットが居なければ、見つからずに偵察を維持することもできる。
武装はどれもおまけ程度だし、射撃することで見つかるデメリットの方が、基本的に大きい。

・T-62
T-62は、T-62Mを基本として使う。
ミサイル装備の上、主砲性能と装甲点のバランスがよい。
欠点としては足が遅さが大きく、機動戦には向かない。

・T-64
T-64は、T-64Bを基本として使う。
高級なT-62、機動力のあるT-62というイメージ。

・T-80
T-80は基本的に使わない。
主砲ダメージ的には、T-64で不足するという事はほとんどないので、多くの場合、T-80を出すよりも、同コスト分のT-64を出した方が強いからだ。
APダメージが4以下の相手には滅法強いので、相手がその様な編成の場合に出す。

・TO-55
・TO-62
機動力があるTO-55を主として使う。
森に入れて歩兵の支援が主。
火炎放射は(地点射撃で)視線を無視して放射でき、当たった敵を一発でスタンさせる事ができる。
つまり、地形を選べば一方的に攻撃が可能で使い勝手がよい。
なお、ダメージこそ入らないが、空中の敵に向かって放てば、スタンまではさせられる。

・GRENZER
サイズがVerySmallとなる偵察ユニット。
歩兵サイズなので、茂みに隠しておけば偵察ユニット以外にはまず見つからない。
機動力はないので定点観測に用いる。
偵察歩兵+機銃車両のセットでコスト30なので、武装なしUAZの30と比べてもお得。

・HOT.-SCHUTZEN
主力歩兵。
10名構成の(=それなりに強い)歩兵の中では最もコスパがよい。
ユニットキャップも十分なので使い勝手もよい。

・PZRK IGLA
車両と合わせて25で対空ミサイルを撃てるようになる便利な歩兵。
単体だと射程的に心配になるが、他の対空ユニットの少し外に配置することで、カバー効果を高められる。
車両ではないので、ミサイルにやられないという特徴も便利。

・VYSADKARI
SKOT-1は速度の出せる車両(95Km)なので、速度が必要な場合はこちらを使う。
コスト15の歩兵の中では、対車両能力が高いので、対車両のアンブッシュにも使える。

・2K12 KUB
・9K37 BUK
・9K37 BUK-M1
ブークは射程が非常に長い対空ユニットで、よいポジションに配置しておけば、かなりの防空性能を発揮できる。
特徴を生かす為に、BUK-M1が主。他は金がない時などにしぶしぶというパターンが多い。

・2K22 TUNGUSKA
・2K22M TUNGUSKA
射程が長い2K22Mの側を主として使う。
BUK-M1が定点配置のカバー型であるのに対して、こちらは、侵攻部隊に追随させる形で用いる。
スペックシート上は結構強いのだが、対空ミサイルはかなり外すので、2〜3両束にして使わないと安心できない。

・2S3 AKATSIYA
・2S3M AKATSIYA
・2S19 MSTA-S
主として敵のアンブッシュを潰す際に用いる。
命中精度のいいMSTA-Sが基本だが、敵が多く展開しているなど、投弾量が欲しい場合には2S3Mを出す事もある。
PION系列の方がダメージが大きいのだが、弾薬コストが重いので、こちらを使っている。

・KAMAZ ZU-23-2
非常に安価な対空機関砲ユニット。
一見、射程が短いので全く役に立たない様に感じるかも知れないが、とにかく安いので使い勝手がよい。
連射もするので、対地防衛の補助にも役立つ。
装甲はないので、森の中に埋めて使用する。

TOS-1 BURATINO
棒銀用のカウンターユニット。
基本的に相手の棒銀を見てからの生産になるが、マップによっては攻めにも使えるので、いきなり出すこともある。
補給車の食いが半端なく、射撃後に戦車を突っ込ますなど、戦果拡張を積極的に行わないとコスト損になりやすい。

・ASU-85
燃料が少なく、行動半径が狭いので、防御に使用するのが主。
はっきり言って弱いのだが、命中精度は散布界が狭いので思うほど悪くない。
この為、コスト当たりの投弾量に着目すると、VABや歩兵などの相手には最適。

・BMP-2
・BMP-2D
・BMP-2 obr 1986
・BMP-3
大きく開けた場所の多い、一部のマップで万能な護衛として用いる事がある。
コストが中途半端だし、ミサイルは燃費が悪いので数を出すと失敗する。

・BTR-70 ZHALO
機動力があり(70km)、コストの安い(コスト20)便利なユニット。
安い戦車として十分に使える性能を持っている。
主力の戦車に混ぜて、ユニット数を水増しし、戦車の盾になるようにするといい。

・MT-LB SHTURM-S
KOKONミサイルを搭載した地上ユニット。
15や20のミサイルUAZがあるのに、こいつを使う意味なんてないでしょと思うだろうが、ちゃんと当たって撃破を期待できるのはこっち。
射程の長さと、サイズSmallという特徴を生かせば、コスト分働く。

・Mi-24A LSK
・Mi-24D LSK
D型までしか選択肢のないハインドだが、ソ連製よりもコストが5ずつ安い。
P型以降は絶対出さないという場合は、こちらの方が確実に得。

・Mi-28 HAVOC
ハインドとの違いは、対地ミサイルの射程の長さと、攻撃力(命中xダメージ)。
特に対空にチャパラルを出していない相手(ROLAND2のみとか)には、ほとんどすべてのユニットを攻撃可能なので、とても便利。
高価なユニットだが、対空ユニットが出ていない空域ではホント無敵。
ただし、空中戦は割と弱いので撃ち合うのは危険。


万能型に組んでいるので、ひと通りなんでも出来るはず。
ヘリ偵察がどうしても欲しいという場合は、T-80かBMP-2を削るといいと思う。
棒銀に対してやや弱いが、火炎放射戦車をあらかじめある程度出しておくとややマシになる。

ユニットは同じ役割のものでも、特徴が異なるものを混ぜて(組み合わせて)使うとより効果的になる。
特にNATOはヘリが強いので、防空網をどう構築するか(=どこで手を抜くか)が重要。

2012-03-19

Dies irae〜Acta est Fabula〜:CVの威力

マテブが出るまで手持ちぶさたなので、夏にPSP版も出る「Dies Irae」を再プレイしている。
このゲームのシナリオは完成度の高い厨二病なのだが、粘っこいセリフと、そのセリフのCV(キャラボイス=吹き替え)の完成度が極めて高い。
私はゲームにおける声に、完成度をワンランクあげるくらいの力はあると見ている。

  ニコニコにあがってた動画からひとつ。
  D
  戦闘の度に謳う こういうノリが嫌いじゃなければ

すべての吹き替えがこのクオリティなら、世の中はずっとハッピーになるのにね。