Hatena::ブログ(Diary)

バルドルのなみのり日記

2020-12-31

目次

このブログでは、主にポケモンXYのダブルバトルを扱います。

4/23:はてなブログへの移行を行いました。
新URL→バルドルのなみのり日記
ブックマーク登録されている方やリンクを張っている方は、新ブログの方に変更していただけると幸いです。

パーティ紹介

作成日記事対戦ルールパーティ
12/6アマルルガゲッコウガORAS全国ダブルf:id:barudoru:20150531130804p:imagef:id:barudoru:20140517125138p:imagef:id:barudoru:20140517124715p:imagef:id:barudoru:20140517124910p:imagef:id:barudoru:20140517125139p:imagef:id:barudoru:20140517124422p:image
11/21キュウコンヘルガーオルタネーションダブルf:id:barudoru:20151117223619p:imagef:id:barudoru:20151117223618p:imagef:id:barudoru:20140517124145p:imagef:id:barudoru:20140517124910p:imagef:id:barudoru:20140517123724p:imagef:id:barudoru:20140517124306p:image
6/24雨サナバレルORAS全国ダブルf:id:barudoru:20140517124426p:imagef:id:barudoru:20140517124901p:imagef:id:barudoru:20140517124144p:imagef:id:barudoru:20140517124300p:imagef:id:barudoru:20140517124021p:imagef:id:barudoru:20150615195417p:image
2014/10/26コジョサナ全国ダブルf:id:barudoru:20140517125037p:imagef:id:barudoru:20140517124426p:imagef:id:barudoru:20140517123723p:imagef:id:barudoru:20140517124601p:imagef:id:barudoru:20140517125035p:imagef:id:barudoru:20140517125140p:image
2014/9/14ボルトガブ全国ダブルf:id:barudoru:20140517125140p:imagef:id:barudoru:20140517124600p:imagef:id:barudoru:20140517123723p:imagef:id:barudoru:20140517124426p:imagef:id:barudoru:20140517125035p:imagef:id:barudoru:20140517125135p:image
2014/8/29サザンクチートカロスダブルf:id:barudoru:20140517124422p:imagef:id:barudoru:20140517125035p:imagef:id:barudoru:20140517124600p:imagef:id:barudoru:20140517124427p:imagef:id:barudoru:20140517124717p:imagef:id:barudoru:20140517124024p:image
2014/5/11カメアローカロスダブルf:id:barudoru:20140517123725p:imagef:id:barudoru:20140517125137p:imagef:id:barudoru:20140517124901p:imagef:id:barudoru:20140517124600p:imagef:id:barudoru:20140517124427p:imagef:id:barudoru:20140517125135p:image
2014/3/22サルサナ全国ダブルf:id:barudoru:20140517124426p:imagef:id:barudoru:20140517124602p:imagef:id:barudoru:20140517124302p:imagef:id:barudoru:20140517125137p:imagef:id:barudoru:20140517124715p:imagef:id:barudoru:20140517125135p:image
2014/2/11ラプラス+
リザードン
カロスダブルf:id:barudoru:20140517124024p:imagef:id:barudoru:20140517123726p:imagef:id:barudoru:20140517124422p:imagef:id:barudoru:20140517125136p:imagef:id:barudoru:20140517124600p:imagef:id:barudoru:20140517125035p:image

考察

作成日記事考察するポケモン
2014/3/15前作メジャーポケモンの強化と弱体化まとめ3f:id:barudoru:20140517125035p:imagef:id:barudoru:20140517125036p:imagef:id:barudoru:20140517125032p:imagef:id:barudoru:20140517141606p:imagef:id:barudoru:20140517125034p:imagef:id:barudoru:20140517124601p:imagef:id:barudoru:20140517125039p:imagef:id:barudoru:20140517124306p:image
2014/3/2前作メジャーポケモンの強化と弱体化まとめ2f:id:barudoru:20140517124144p:imagef:id:barudoru:20140517124139p:imagef:id:barudoru:20140517124558p:imagef:id:barudoru:20140517124711p:imagef:id:barudoru:20140517124714p:imagef:id:barudoru:20140517124717p:imagef:id:barudoru:20140517124901p:imagef:id:barudoru:20140517124143p:imagef:id:barudoru:20140517124904p:image
2014/2/22前作メジャーポケモンの強化と弱体化まとめ1f:id:barudoru:20140517124605p:imagef:id:barudoru:20140517124603p:imagef:id:barudoru:20140517124713p:imagef:id:barudoru:20140517124302p:imagef:id:barudoru:20140517125139p:imagef:id:barudoru:20140517124715p:imagef:id:barudoru:20140517125140p:imagef:id:barudoru:20140517124906p:image

資料

作成日記事
12/13素早さ早見表・GSダブル
6/18ポケモンWCS日本代表決定大会、マスカーカテゴリのパーティまとめ
4/5素早さ早見表・ORAS全国ダブル
2014/5/6素早さ早見表・XY全国ダブル
2014/1/13素早さ早見表・カロスダブル
2013/11/24カロスダブル使用可能ポケモンのタイプ別一覧

大会

実施日結果・募集記事対戦ルール大会後の記録
10/5第4回なみのり杯VGC2015
2013/12/8第3回なみのり杯カロスダブル被りポイント一覧
2013/12/1第2回なみのり杯全国ダブル
※ポケムーバー解禁前

その他

作成日記事
9/16WCS2015ボストン世界大会レポート
2014/10/5WCS2014ワシントン世界大会レポート

カロスダブルはWCS2014公式ルール、全国ダブルはランダムマッチ・ダブルレート準拠の対戦ルールを指します。
第五世代の記事は記事一覧をご覧ください。

2016-07-10 ブログ移転のお知らせ

4/23:はてなブログへの移行を行いました。
新URL→バルドルのなみのり日記
ブックマーク登録されている方やリンクを張っている方は、新ブログの方に変更していただけると幸いです。

2015-12-13

【VGC2016・GSダブル】素早さ早見表

VGC2016の対戦ルールであるGSルール用の素早さ早見表を作成しました。
S関係の整理やパーティに欲しいポケモンを探す際の一助になればと思います。
キュレムFC(ブラックキュレム、ホワイトキュレム)はノーマルフォルムと、
ゲンシカイキポケモン(ゲンシカイオーガ、ゲンシグラードン)はゲンシカイキ前とS種族値が同じため省略。

太字はその素早さで見かけることが多いと思われるGSダブルのメジャーポケモン、
赤太字はそのなかでも特に重要で調整の標的にもしやすいものを強調しています。
今後の環境を見て適宜更新していきます。



400 最速130族*2(追い風中のプテラ/クロバット)
374 最速118族*2(軽業ルチャブル)
364 最速115族*2(すいすいフローゼル)
356 最速110族*2(葉緑素ワタッコ)
332 最速99族*2ジオコントロール1回のゼルネアス/追い風中のイベルタル)
322 最速95族*2(加速2回のサメハダー/メガヤンマ、葉緑素リーフィア/メブキジカ)
316 最速92族*2(葉緑素ハハコモリ)
312 最速90族*2(追い風中のホウオウ/ギラティナ、葉緑素ドレディア)
308 最速88族*2(すなかきドリュウズ)
302 準速99族*2(ジオコントロール1回のゼルネアス/追い風中のイベルタル)
300 最速85族*2(すいすいキングドラ)、最速130族*1.5(スカーフミュウツー)
290 最速80族*2(葉緑素フシギバナ、軽業フワライド、加速2回のバシャーモ)
286 最速122族*1.5(スカーフゲッコウガ)
284 準速90族*2(追い風中のホウオウ/ギラティナ、葉緑素ドレディア)
283 最速120族*1.5(龍の舞1回のメガボーマンダ)
280 準速88族*2(すなかきドリュウズ)
278 最速75族*2(追い風中 or ムラっけS上昇1回 or ジオコントロール1回のドーブル)
274 準速85族*2(すいすいキングドラ)、最速115族*1.5(スカーフ or 龍の舞1回のメガレックウザ)
268 最速111族*1.5(スカーフボルトロス)、最速70族*2(すいすいマンタイン/メガラグラージ/ルンパッパ、葉緑素ウツボット)
267 最速110族*1.5(スカーフルギア/ラティオス/ラティアス)
265 最速109族*1.5(スカーフエレザード)
264 最速108族*1.5(スカーフテラキオン)、準速80族*2(葉緑素フシギバナ、軽業フワライド、加速2回のバシャーモ)
261 準速122族*1.5(スカーフゲッコウガ)
258 最速105族*1.5(加速1回のメガサメハダー)、準速120族*1.5(龍の舞1回のメガボーマンダ)
253 最速102族*1.5(スカーフガブリアス)
252 最速101族*1.5(スカーフ霊獣ボルトロス/ランドロス)
250 最速100族*1.5(スカーフボーマンダ/リザードン/サンダー/エンテイ/ムクホーク/パルキア/ウルガモス、蝶の舞1回のウルガモス、加速1回のメガバシャーモ、龍の舞orニトロチャージ1回のリザードン)、準速115族*1.5(スカーフ or 龍の舞1回のメガレックウザ)
249 最速99族*1.5(スカーフゼルネアス/イベルタル)
247 最速98族*1.5(スカーフサザンドラ)
244 準速70族(すいすいマンタイン/メガラグラージ/ルンパッパ、葉緑素ウツボット)
243 準速110族*1.5(スカーフルギア/ラティオス/ラティアス)
241 最速95族*1.5スカーフキュレム/ウインディ/レックウザ/ヒヒダルマ/ジガルデ、加速1回のサメハダー/メガヤンマ)、準速110族-1*1.5(スカーフめざ炎ラティオス)、準速109族*1.5(スカーフエレザード)
240 準速108族*1.5(スカーフテラキオン)
237 最速92族*1.5(スカーフワルビアル)
236 準速105族*1.5(加速1回のメガサメハダー)
235 最速91族*1.5スカーフ霊獣ランドロス/ロトム)
234 最速90族*1.5スカーフカイオーガ/ホウオウ/グラードン/ディアルガ/ギラティナ/ゼクロム/レシラム/ルカリオ/ポリゴンZ)、最速55族*2(葉緑素ナッシー/すいすいオムスター)
231 最速88族*1.5(スカーフドリュウズ)、準速102族*1.5(スカーフ準速ガブリアス)
229 準速101族*1.5(スカーフ霊獣ボルトロス/ランドロス)
228 準速100族*1.5(スカーフボーマンダ/リザードン/サンダー/バクフーン/エンテイ/ムクホーク/パルキア/ウルガモス、蝶の舞1回のウルガモス、加速1回のメガバシャーモ、龍の舞orニトロチャージ1回のリザードン)
226 準速99族*1.5(スカーフゼルネアス/イベルタル)、最速86族*1.5(スカーフFCロトム)
225 最速85族*1.5(スカーフゴルダック/ニドキング/フリーザー/ヘラクロス/クレセリア/ダゲキ)、準速98族*1.5(スカーフサザンドラ)
224 最速50族*2(葉緑素ラフレシア/モジャンボ)
222 最速150族(メガプテラ/メガフーディン)
220 準速95族*1.5スカーフキュレム/ウインディ/レックウザ/ヒヒダルマ/ジガルデ、加速1回のサメハダー/メガヤンマ)
219 最速81族*1.5(龍の舞1回のメガギャラドス、スカーフギャラドス/ミロカロス)
217 最速80族*1.5(スカーフサーナイト/チャーレム/エルレイド/トゲキッス/マンムー/シャンデラ/ウォーグル/ヌメルゴン、龍の舞1回のカイリュー、加速1回のバシャーモ)
216 最速145族(メガジュカイン/メガスピアー/アギルダー)、準速92族*1.5(スカーフワルビアル)
214 準速91族*1.5スカーフ霊獣ランドロス/ロトム)、準速55族*2(葉緑素ナッシー、すいすいオムスター)、最速78族*1.5(スカーフカメックス/ホルード)
213 準速90族*1.5スカーフカイオーガ/ホウオウ/グラードン/ディアルガ/ギラティナ/ゼクロム/レシラム/ルカリオ/ポリゴンZ)
211 最速140族(メガミュウツーY/マルマイン)、最速77族*1.5(スカーフヒードラン)
210 準速88族*1.5(スカーフドリュウズ)
208 最速75族*1.5スカーフドーブル/フラージェス)
207 準速86族*1.5(スカーフFCロトム)
205 最速135族(メガライボルト/メガミミロップ)、準速85族*1.5(スカーフゴルダック/ニドキング/フリーザー/ヘラクロス/クレセリア/ダゲキ)、最速73族*1.5(スカーフカラマネロ)
202 最速71族*1.5(龍の舞1回のメガバンギラス/スカーフガチゴラス)、準速150族(メガフーディン/メガプテラ)
201 最速70族*1.5(スカーフキノガッサ/ニョロトノ/メタグロス/パルシェン/キリキザン)
200 最速130族(クロバット/メガゲンガー/ミュウツー/メガミュウツーX/プテラ/サンダース)
199 準速81族*1.5(龍の舞1回のメガギャラドス、スカーフギャラドス/ミロカロス)
198 準速80族*1.5(スカーフサーナイト/エルレイド/トゲキッス/マンムー/シャンデラ/ウォーグル/ヌメルゴン、加速1回のバシャーモ)
197 準速145族(メガスピアー/メガジュカイン/アギルダー)
195 最速126族(ファイアロー)、準速78族*1.5(スカーフカメックス/ホルード)
194 最速125族(マニューラ/オオスバメ)
193 準速77族*1.5(スカーフヒードラン)、最速125族-1(最速マニューラ-1スカーフテラキオン)
192 最速123族(オンバーン)、最速65族*1.5(スカーフグレイシア/ハッサム/ゴチルゼル)
191 最速122族(ゲッコウガ
190 最速121族(メガピジョット/霊獣トルネロス)、準速75族*1.5(スカーフドーブル/フラージェス)
189 最速120族(メガボーマンダ/ジュカイン/ダグトリオ/フーディン)
187 最速118族(ルチャブル)、準速135族(メガミミロップ/メガライボルト)、準速73族*1.5(スカーフカラマネロ)
186 最速61族*1.5(スカーフバンギラス)
184 最速116族(エルフーン/ゼブライカ)、最速60族*1.5(スカーフユキノオー/ニンフィア/ブルンゲル/ギルガルド/パッチール)、準速71族*1.5(スカーフガチゴラス、龍の舞1回のメガバンギラス)
183 最速115族(メガレックウザ/ペルシアン/ライコウ/アグノム/メガヘルガー/メガアブソル/スターミー/エテボース/チラチーノ/フローゼル)、準速70族*1.5(スカーフニョロトノ/キノガッサ/メタグロス)、最速113族-1(最速エルフーン-1スカーフテラキオン)
182 準速130族(メガゲンガー/プテラ/ミュウツー/メガミュウツーX/クロバット)
181 最速113族(ジャローダ)、最速58族*1.5(スカーフゴロンダ/ズルズキン)
180 最速112族(メガルカリオ/ペンドラー)
179 最速111族(ボルトロス/トルネロス)
178 最速110族(ゲンガー/ライチュウ/ワタッコ/ルギア/メガラティオス/メガラティアス/メガエルレイド/ラティオス/ラティアス/メガメタグロス/ケンタロス/エーフィ/ユキメノコ)、準速126族(ファイアロー
177 最速109族(エレザード/アイアント)、最速110族-1(めざ炎ゲンガー/ラティオス/ラティアス)
176 最速108族(テラキオン/ゴウカザル/ビリジオン/コバルオン/デンチュラ)
175 最速55族*1.5(スカーフカイリキー/シザリガー/ゴルーグ)
174 準速122族(ゲッコウガ)
173 最速106族(レパルダス/カエンジシ)、準速121族(メガピジョット/霊獣トルネロス)
172 最速105族(コジョンド/ライボルト/ミミロップ/ギャロップ/メガサメハダー/ゾロアーク/フリージオ)、準速120族(メガボーマンダ/ジュカイン)
171 最速104族(ニャオニクス/マフォクシー)
169 最速102族(ガブリアス/トリミアン)
168 最速101族(霊獣ボルトロス/ランドロス/ピジョット/デデンネ)、最速50族*1.5(スカーフマリルリ/メレシー)
167 最速100族(メガガルーラ/ボーマンダ/パルキア/リザードン/メガリザードン/メガバシャーモ/メガサーナイト/サンダー/エンテイ/ウルガモス/メガチャーレム/キュウコン/バクフーン/フライゴン/ムクホーク)、準速115族(メガレックウザ
166 最速99族(ゼルネアス/イベルタル
165 最速98族(サザンドラ)
164 準速112族(メガルカリオ/ペンドラー)
163 最速97族(オノノクス)
162 準速110族(メガメタグロス/メガラティオス/メガラティアス/メガエルレイド/ラティオス/ラティアス)
161 最速95族(レックウザ/キュレム/ウインディ/サメハダー/オコリザル/ルージュラ/ヘルガー/メガヤンマ/パチリス/リーフィア/ヒヒダルマ/メブキジカ/ジガルデ)
158 最速92族(メガガブリアス/ハハコモリ/ワルビアル)
157 最速91族(霊獣ランドロス/ヤミカラス/ネオラント)、準速105族(メガサメハダー/ライボルト)
156 最速90族(ガルーラ/カイオーガ/グラードン/ホウオウ/ディアルガ/ギラティナ/ゼクロム/レシラム/モルフォン/ルカリオ/ピカチュウ/バリヤード/ファイヤー/ロズレイド/ポリゴンZ)、準速104族(ニャオニクス)
155 最速89族(ビビヨン)
154 最速88族(ドリュウズ)、準速102族(ガブリアス/トリミアン)
153 準速101族(霊獣ボルトロス/ピジョット/ランドロス/デデンネ)
152 準速100族(メガガルーラ/メガリザードン/リザードン/メガサーナイト/ボーマンダ/メガチャーレム/メガオニゴーリ)
151 準速99族(ゼルネアス/イベルタル)、最速86族(FCロトム)
150 最速85族(ニドキング/ゴルダック/カイロス/フリーザー/ヘラクロス/キングドラ/スイクン/クレセリア/ドクロッグ/ダゲキ)、準速98族(サザンドラ)
149 準速97族(オノノクス)
147 準速95族(レックウザ/ウインディ/オコリザル/ヘルガー/サメハダー/メガヤンマ/リーフィア/キュレム/メブキジカ/ジガルデ)
146 最速81族(メガギャラドス/ミロカロス/ギャラドス)、無振り126族(ファイアロー
145 最速80族(フシギバナ/メガフシギバナ/カイリュー/バシャーモ/サーナイト/チャーレム/チルタリス/オニゴーリ/フワライド/エルレイド/トゲキッス/マンムー/エルレイド/シャンデラ/ヌメルゴン/メガチルタリス)
144 準速92族(メガガブリアス/ハハコモリ/ワルビアル)
143 準速91族(霊獣ランドロス)、最速78族(メガカメックス/カメックス/ホルード)
142 準速90族(ガルーラ/モルフォン/バリヤード/ルカリオ/ロズレイド)
141 最速77族(ヒードラン)
140 準速88族(ドリュウズ)
139 最速75族(ドーブル/スピアー/フラージェス/クレッフィ/メガハッサム/メガヘラクロス/メガジュペッタ)
138 準速86族(FCロトム)、準速74族(ガマゲロゲ)
137 準速85族(クレセリア/ニドキング/ゴルダック/カイロス/ヘラクロス/キングドラ/スイクン/ダゲキ)、最速73族(カラマネロ)
136 最速72族(ペロリーム)
135 最速71族(メガバンギラス/ドンカラス/ガチゴラス)、最速30族*1.5(スカーフモロバレル)
134 最速70族(ニョロトノ/カポエラー/メガラグラージ/キノガッサ/ルンパッパ/メタグロス/キリキザン)
133 準速81族(メガギャラドス/ミロカロス/ギャラドス)
132 準速80族(フシギバナ/メガフシギバナ/カイリュー/バシャーモ/サーナイト/チャーレム/チルタリス/オニゴーリ/マンムー/フワライド/エルレイド/エルレイド/トゲキッス/シャンデラ/ヌメルゴン)、最速68族(アズマオウ/バクオング/ゴーゴート/ガメノデス)
131 無振り111族(ボルトロス
130 準速78族(メガカメックス/カメックス/ホルード)、無振り110族(メガメタグロス/メガラティオス/メガラティアス/メガエルレイド)
129 準速77族(ヒードラン)
128 最速65族(サンドパン/ハッサム/グレイシア/ゴチルゼル)、準速76族(ニドクイン)
127 最速64族(ブリガロン)、準速75族(スピアー/ドーブル/フラージェス/クレッフィ/メガハッサム/メガヘラクロス/メガジュペッタ/アブソル)
126 無振り106族(レパルダス)、準速74族(ガマゲロゲ)
125 準速73族(カラマネロ)
124 最速61族(バンギラス)、無振り104族(ニャオニクス/マフォクシー)、準速72族(ペロリーム)
123 最速60族(ユキノオー/ニンフィア/ピクシー/ポリゴン2/ギルガルド/パッチール/ジバコイル/リオル/ブルンゲル)、準速71族(メガバンギラス/ガチゴラス)
122 準速70族(ニョロトノ/カポエラー/メガラグラージ/キノガッサ/ルンパッパ/メタグロス/キリキザン)、最速59族(ブロスター)、無振り102族(トリミアン)
121 最遅130族(メガゲンガー/ミュウツー/メガミュウツーX)、最速58族(アマルルガ/ゴロンダ/ズルズキン)
120 無振り100族(メガガルーラ/メガリザードン/サンダー/エンテイ/パルキア)、準速68族(アズマオウ/バクオング/ガメノデス)
117 最速55族(カイリキー/ナッシー/シザリガー/ゴルーグ)、準速65族(サンドパン/ハッサム/グレイシア/ゴチルゼル)
116 準速64族(ブリガロン)
115 無振り95族(ウインディ/パチリス/グライオン/ユクシー/キュレム/ジガルデ)
113 準速61族(バンギラス)
112 準速60族(ユキノオー/ギルガルド/ニンフィア/ジバコイル)、最速50族(ラフレシア/マリルリ/ヤミラミ/メガクチート/クチート/モジャンボ/メレシー)
111 準速59族(ブロスター)、無振り91族(ヤミカラス)
110 無振り90族(ホウオウ/グラードン/カイオーガ/ディアルガ/ギラティナ/モルフォン/バリヤード/ガルーラ/オオタチ/ゼクロム/レシラム)
108 最遅116族(エルフーン
107 準速55族(カイリキー/ナッシー/シザリガー/ゴルーグ)
106 無振り86族(FCロトム)、最速45族(メガデンリュウ/ゴローニャ/ガラガラ)
105 無振り85族(クレセリア/カイロス/フリーザー/ヘラクロス/スイクン/チェリム)
103 最遅110族(ゲンガー
102 無振り82族(トリミアン)、準速50族(ラフレシア/マリルリ/ヤミラミ/メガクチート/クチート/モジャンボ/メレシー)
101 無振り81族(メガギャラドス/ギャラドス/ミロカロス)、最速40族(ヌケニン/ドサイドン)
100 無振り80族(トゲキッス/メガフシギバナ/フシギバナ/アーボック/カイリュー/サーナイト/チャーレム/メガチルタリス/チルタリス/オニゴーリ/エルレイド/マンムー/フワライド/シャンデラ/バルジーナ/ヌメルゴン)
98 無振り78族(メガカメックス/ホルード/カメックス)、最遅104族(ニャオニクス)
97 無振り77族(ヒードラン)、準速45族(メガデンリュウ/ゴローニャ/ガラガラ/オクタン/ローブシン)
95 S個体値0・性格補正なしの無振り90族(夢特性ディアルガ)、無振り75族(ドーブル/フラージェス/クレッフィ/メガハッサム/メガヘラクロス/メガジュペッタ)
94 最遅100族(メガガルーラ/パルキア/メガリザードン/メガサーナイト/メガチャーレム)
93 無振り73族(カラマネロ)
92 無振り72族(ペロリーム)、準速40族(ヌケニン/ドサイドン)
91 無振り71族(メガバンギラス/ガチゴラス)
90 無振り70族(メガラグラージ/メタグロス/マタドガス/ニョロトノ/カポエラー/エアームド/ルンパッパ/キノガッサ/キリキザン)、最速30族(モロバレル)
88 無振り68族(アズマオウ/バクオング/ガメノデス)
86 最遅91族(ヤミカラス)
85 最遅90族(グラードン/カイオーガ/ディアルガ/モルフォン/バリヤード/ガルーラ/ギラティナ/ゼクロム/レシラム)、無振り65族(ハッサム/シャワーズ/ブラッキー/ジュペッタ/グレイシア/ゴチルゼル)
84 無振り64族(ブリガロン)
83 最速99族*0.5(麻痺したジオコントロール1回のゼルネアス)
81 最遅85族(クレセリア/ヘラクロス/スイクン)、最遅86族(FCロトム)、無振り61族(バンギラス)
80 無振り60族(ギルガルド/ピクシー/ラプラス/ポリゴン2/ラグラージ/ユキノオー/ジバコイル/リオル/ブルンゲル/ニンフィア)
79 無振り59族(ブロスター)
78 無振り58族(ゴロンダ/アマルルガ/ズルズキン)
76 最遅80族(メガフシギバナ/フシギバナ/カイリュー/サーナイト/チャーレム/メガチルタリス/チルタリス/オニゴーリ/エルレイド/マンムー/トゲキッス/バルジーナ/シャンデラ)、無振り56族(オーロット)
75 無振り55族(デンリュウ/カイリキー/ナッシー/ハピナス/シザリガー/ゴルーグ/ゴチミル)
74 最遅78族(ホルード/メガカメックス/カメックス)、無振り54族(パンプジンLL)
73 最遅77族(ヒードラン)
72 最遅75族(ドーブル/フラージェス/クレッフィ/メガハッサム/メガヘラクロス/メガジュペッタ)
70 無振り50族(メガクチート/クチート/ラッキー/ベトベトン/ヤミラミ/ハリテヤマ/マリルリ/レジアイス/レジロック/レジスチル/メレシー/メガボスゴドラ/ボスゴドラ/モジャンボ/ベロベルト/メガタブンネ/タブンネ)、最遅73族(カラマネロ)
69 最遅72族(ペロリーム)
68 最遅71族(メガバンギラス/ガチゴラス)
67 最遅70族(ニョロトノ/カポエラー/キノガッサ/メタグロス/キリキザン)、無振り47族(カバルドン)
65 無振り45族(メガデンリュウ/プクリン/グランブル/ローブシン/ゴローニャ/ガラガラ/オクタン/ナゲキ)、最遅68族(アズマオウ/バクオング/ガメノデス)
64 無振り44族(ドラミドロ)、最遅67族(スリーパー/ランターン)
63 最遅65族(ゴチルゼル/シャワーズ/ハッサム/ブラッキー/ジュペッタ/グレイシア/エンブオー)
62 最遅64族(ブリガロン)
60 無振り40族(ドサイドン/サイドン/トゲチック)
59 無振り39族(トリトドン)、最遅61族(バンギラス)
58 最遅60族(ギルガルド/ニンフィア/ブルンゲル/ピクシー/ラプラス/ポリゴン2/ラグラージ/パッチール/ユキノオー/リオル)
57 最遅59族(ブロスター)
56 最遅58族(ズルズキン/ゴロンダ/アマルルガ)
55 無振り35族(ピッピ)
54 最遅56族/55族(デンリュウ/カイリキー/ナッシー/ハピナス/シザリガー/ゴルーグ/ゴチミル/オーロット)
53 無振り33族(ソーナンス)、最遅54族(パンプジンLL)
50 無振り30族(メガユキノオー/ヤドキング/カビゴン/ランクルス/モロバレル/デスカーン)
49 最遅50族(メガクチート/クチート/ベトベトン/ラッキー/マリルリ/ヤミラミ/ハリテヤマ/レジアイス/レジロック/レジスチル/メレシー/メガボスゴドラ/ボスゴドラ/モジャンボ/ベロベルト/メガタブンネ/タブンネ)、無振り29族(ムシャーナ/フレフワン)
48 無振り28族(クレベース)、最速125族*0.25(麻痺したマニューラ)
47 最遅48族(メタモン)、最速122族*0.25(麻痺したゲッコウガ)
46 最遅47族(カバルドン)
45 最遅45族(ガラガラ/プクリン/ゴローニャ/メガデンリュウ/グランブル/オクタン/ローブシン/ナゲキ)、最速115族*0.25(麻痺したメガレックウザ)
44 最遅44族(ドラミドロ)、最速110族/108族*0.25(麻痺したゲンガー/テラキオン/ゴウカザル)
42 最遅90族*0.5(鉄球グラードン/カイオーガ)、無振り65族(ハッサム/シャワーズ/ブラッキー/ジュペッタ/グレイシア/ゴチルゼル)
41 最速100族/98族*0.25(麻痺したメガガルーラ/パルキア/サザンドラ/ゼルネアス)
40 無振り20族(メガヤミラミ/メガバクーダ/ナットレイ/コータス/シュバルゴ)、最遅40族(バクーダ/サイドン/ドサイドン/トゲチック/ユキカブリ)
39 最速90族*0.25(麻痺したディアルガ/ギラティナ/カイオーガ/レシラム)、最遅39族(トリトドン)
36 最遅35族(ピッピ
34 最遅33族(ソーナンス)
33 最遅70族*0.5(鉄球ニョロトノ)
31 最遅30族(モロバレル/カビゴン/ヤドラン/メガヤドラン/ヤドキング/メガハガネール/ハガネール/メガユキノオー/ランクルス/デスカーン)
30 最遅29族(ムシャーナ/フレフワン
29 最遅61族/60族*0.5(鉄球ギルガルド/バンギラス/ユキノオー)、最遅28族(クレベース)
27 最遅25族(サマヨール/ギガイアス)
22 最遅20族(ナットレイ/プリン/メガヤミラミ/コータス/メガバクーダ/シュバルゴ)
18 最遅15族(タマゲタケ)
15 最遅30族*0.5(鉄球モロバレル/ヤドキング)
9 最遅5族(ツボツボ)
5-7 Lv1モンメン
5-6 Lv1ドーブル
4-5 Lv1ココドラ
  • 関連リンク

【VGC2015】全国ダブル・素早さ早見表
【VGC2014】カロスダブル・素早さ早見表

2015-12-06

【全国ダブル】アマルルガ+ゲッコウガ霰パーティ

f:id:barudoru:20151202223919p:imagef:id:barudoru:20151202224137p:imagef:id:barudoru:20140208011824p:imagef:id:barudoru:20140517124719p:imagef:id:barudoru:20140208011820p:imagef:id:barudoru:20131024142722p:image


アマルルガふぶきだいちのちからミラーコートまもるきあいのタスキ
ゲッコウガふぶきダストシュートけたぐりまもるいのちのたま
ロトム水10まんボルトハイドロポンプでんじはまもるオボンのみ
トゲキッスエアスラッシュこのゆびとまれおいかぜまもるゴツゴツメット
ランドロス霊じしんいわなだれはたきおとすばかぢからとつげきチョッキ
クチートじゃれつくふいうちはたきおとすまもるクチートナイト

第28回がにゅーオフ(S12ダブルレート準拠、過去作あり)、
および第三回グロリアクラシック(VGC2015準拠)で使用した構築。
前者はベスト8(予選6勝1敗、決勝トナメ0勝1敗)
後者はベスト16(トナメ4勝1敗)でした。

  • 概要
    • アマルルガの採用理由についてf:id:barudoru:20150531130804p:image

通常の霰パーティとは異なり、ゆきふらし要員としてユキノオーではなくアマルルガを採用しています。
アマルルガの最大の利点は「だいちのちから」を使用できること。
この技により、氷技を半減する炎・鋼タイプの大部分の弱点を突けます。
現環境の構築は「パーティの半数以上を氷弱点持ちが占めるが、氷耐性持ちは1~2匹のみ」といったものが珍しくないです。
大地の力によって、こうした氷耐性持ちのポケモンを倒すかダメージを与えておくことで、霰パーティの持ち味である吹雪をより一貫させることができます。

ヒードランはシュカ持ちが多いため大地の力一撃で倒せることは少ないものの、身代わりの起点にされないだけでもありがたく、熱風を弱点としないことから殴りあいやすいです。
特に今回のがにゅーオフで使用可能だった噴火ヒードランは、全振りでも素早さが116なので臆病アマルルガで抜くことができ、上から大地の力を決めていくことができました。

    • 霰パは交代を多用できないf:id:barudoru:20140517125138p:image

耐性の豊富なポケモンで構成されたバンドリマンダや、天候によって炎耐性を得られる雨パーティと比べて、
有用な耐性が乏しいアマルルガと耐久力の低いゲッコウガを主軸とする霰パーティは、交代を多用しづらいです。
そのため、「交代を強いられる場面を減らすこと」を意識して構築。
交代しない限り技を固定してしまう拘りハチマキ・メガネ・スカーフ、
交代を兼ねた攻撃技である蜻蛉返り・ボルトチェンジの使用は控えました。
霊獣ランドロスの馬鹿力だけは攻撃範囲の都合上仕方なかったものの、反動で能力を下げるオバヒや流星群も使用しないことに。

    • 構築の課題f:id:barudoru:20140517124715p:image

ユキノオーと比べたアマルルガの短所として、水タイプに弱いことが挙げられます。
一応ミラーコートもありますが、不安定な技なので極力頼りたくはないところ。
雨パーティに対しては、特防振りの電磁波水ロトムを活用して立ちまわることになります。
キッス+水ロトムの布陣であれば、この指とまれを警戒させてグドラルンパに水ロトムを殴らせづらくでき、その隙に電磁波を撒けます。
他の水タイプへの対処も水ロトムが鍵となります。
威嚇が2枚入っていることもありミロカロスは面倒な相手。
個別解説の項でも触れていますがクチートは特性を怪力バサミにしてもいいのかもしれません

全体的な命中率の低さも、このパーティの弱点。
ハイドロポンプ、じゃれつく、ダストシュート、素ふぶき、etc…
(がにゅーオフ決勝トナメではクチートのじゃれつくを外して無事死亡。)
一方で吹雪やエアスラッシュの追加効果に助けられることも多く、運に左右されやすいパーティです。

  • 個別解説

f:id:barudoru:20150531130804p:imageアマルルガ
【ふぶき、だいちのちから、ミラーコート、まもる@きあいのタスキ/ゆきふらし】
199-×-92-151-112-121 (H4,C252,S252) おくびょう

今年の3月に夢特性が解禁されたものの、ユキノオーの影に隠れてか、あるいは霰パーティ自体の使用率の低さからか注目度の低かったポケモンです。
今回はこのポケモンを発掘してみることにしました(化石ポケモンだけに

CSの種族値はユキノオーとほぼ互角ですが、耐久面では大きく優ります。
飛行技への耐性があることで、ファイアローやメガボーマンダに強いというメリットもあります。
ノーマル耐性が役に立つことはほとんどありませんが、メガガルーラのけたぐりを誘いやすいため、ゴツゴツメットキッスに交換してダメージを与えたり、体重の軽いクチート・水ロトムにほぼ無償で交換する動きに繋げることができます。

吹雪・大地の力・守るまで確定として残り1つの技には悩みました。
ユキノオーと違い、氷の礫は使用不可。
原始の力、フリーズドライ、アンコールなどの選択肢もありましたが、最終的にミラーコートに落ち着きました。
相手の行動に依存するものの、リザードン・サーナイト・ニンフィアを一撃で倒したり、ギルガルド・水タイプ全般との相性関係を逆転する可能性を秘めたハイパワーな技であり、これによって救われた試合も多いです。

持ち物はきあいのタスキ。
ヒードラン、ギルガルド、キリキザン、キノガッサ、ウインディなどの前で強気に動かしていくために必要な持ち物です。
ただしガルーラの親子愛けたぐりでは突破されます(グロウパンチは耐える)。
アマルルガ+ゲッコウガの組み合わせを初手に出すと、ガルーラに対して不利な拓になりやすいため、ガルーラスタンを相手する際はこの二匹は後発に置きたいところ。

前述の通り噴火ヒードランを意識して性格は臆病としましたが、過去作禁止のルールであれば控えめで問題なさそうです。

f:id:barudoru:20140517125138p:imageゲッコウガ
【ふぶき、ダストシュート、けたぐり、まもる@いのちのたま/へんげんじざい】
147-140-88-131-81-191 (A196,C60,S252) むじゃき

A:けたぐりで198-126ヒードランを確定1発、181-120メガガルーラを高乱数1発(75%)
C:ダブルダメージ吹雪で155-100ボルトロスを確定1発。

高い素早さからタイプ一致の吹雪を撃てるアタッカー。
広い攻撃範囲を持ち、霰パーティの天敵であるバンギラスやテラキオンに対しても強いのが魅力的です。
ダストシュートは特防の高いサーナイトやニンフィア、マリルリに対して力負けすることを避けるため、
けたぐりは相方アマルルガにとっての脅威であるガルーラやバンギラスを縛るためにそれぞれ必要。

性格はせっかちではなく無邪気に。上からの岩雪崩や不意打ちのダメージを減らすことを重視しました。
努力値はガルーラ・ヒードラン・ボルトロスを意識してACに振り分けました。

f:id:barudoru:20140517124715p:imageロトム水
【10まんボルト、ハイドロポンプ、でんじは、まもる@オボンのみ/ふゆう】
156-×-128-154-145-107 (H244,B4,C116,D140,S4) ひかえめ

C:11n
HD:C211メガリザードンYのソーラービームを最高乱数以外耐え、C238メガサーナイトのダブルダメージハイパーボイスをオボン込みで2発耐え

岩技を弱点としない、水・鋼・炎・地面に耐性がある、水への打点など、この構築に欲しい要素を数多く持っていたポケモン。
交代先を用意しづらい霰パーティの性質を鑑みると、弱点が少なく、他種のロトムと違いCが2段階ダウンするような技もないこのポケモンは非常にありがたい存在です。

鬼火は採用せず、電磁波を持たせました。
火傷したメガガルーラの攻撃でもゲッコウガ・アマルルガは致命打を負うため、鬼火はあまり相性が良くないです。
一方、電磁波はメガクチート・アマルルガの補助として有効なのはもちろん、エアスラッシュ・岩雪崩とあわせて"まひるみ"も狙えます。

リザードンが全体的に苦手なので、ソーラービームを耐えるよう特殊耐久に大きく寄せた配分を使用。
これぐらいの特殊耐久があれば、ルンパッパやメガサーナイトの攻撃を耐えて電磁波を撒くなどもしやすいです。

f:id:barudoru:20140517124910p:imageトゲキッス
【エアスラッシュ、このゆびとまれ、おいかぜ、まもる@ゴツゴツメット/てんのめぐみ】
191-×-160-140-135-103 (H244,B244,S20) ずぶとい

H:16n-1
HB:A167化身ボルトロスの拘り鉢巻+ワイルドボルトを確定耐え。

この指とまれでゲッコウガ・アマルルガを護衛して全体技の吹雪を撃ってもらうという、サナバレルの"怒りの粉+ハイボ"のような動きができます。
追い風もアマルルガにとって有用なサポート技であり、自身のエアスラッシュの追加効果とも好相性です。
相手の追い風に対抗してこちらも追い風を展開する、という使い方をすることも多くあります。

パーティに炎技が無くナットレイやユキノオーの処理に手こずりやすいため、守るを切って熱風辺りを採用しても良いかもしれません。
メガガルーラの攻撃を受けることを意識して能力値は物理耐久に特化し、ゴツゴツメットを持たせました。

f:id:barudoru:20140517125139p:imageランドロス霊
【じしん、いわなだれ、はたきおとす、ばかぢから@とつげきチョッキ/いかく】
165-197-110-×-100-157 (H4,A252,S252) ようき

氷技の通りが悪い炎・鋼・バンギラスらに強い地面タイプ。
前述の通り、この構築では交代先を用意しづらいため、スカーフやハチマキではなく、突撃チョッキを持たせて採用することにしました。
ガルーラやリザードン、ボルトロス、ヒードラン、ギルガルドなど幅広い相手を担当でき、
全体技で相手を削ったり、はたき落とすで相手のランドロスのスカーフを落とすなどしてからゲッコウガに繋ぐのが理想的です。

f:id:barudoru:20140517124422p:imageメガクチート
【じゃれつく、ふいうち、はたきおとす、まもる@クチートナイト/いかく→ちからもち】
157-171-145-×-115-72 (H252,A244,S12) いじっぱり

メガシンカ前:157-149-105-×-75-72
A:力持ち+じゃれつくで186-91ボルトロスを確定1発
S:最遅ヒードラン-1

この構築のメガ枠。ローブシンなどの格闘やクレセリアを軸としたトリル系構築など、ゲッコウガでは対処の難しい範囲をカバーできます。
ユキノオーやグレイシアを軸とした霰パでは炎に弱い鋼タイプの採用は難しいとされていますが、炎に対抗しやすいアマルルガとゲッコウガを軸としたこの構築の場合は、鋼採用で生じる問題も少ないです。

アイアンヘッドはユキノオーぐらいしか撃ちたい相手がいないので持たせず、代わりにはたき落とすを使うことにしました。
ブルンゲルやクレセリア、ギルガルドへの打点として便利な技です。

メガシンカ前の特性は無難に威嚇ですが、怪力バサミの方が良かったかもしれません。
自身が威嚇を受けなくなることに加え、
勝ち気ミロカロスやトレースサーナイトに威嚇を逆利用されない点は現環境で重宝しそうです。

2015-11-21

【Alternation Battle】キュウコン+メガヘルガー

f:id:barudoru:20151117215515p:image

インターネット大会「Alternation Battle」で使用した構築。
結果は24勝6敗、最終レートは1749(17位)でした。
このルールでは、下記の3点から晴れパーティ・メガヘルガーが刺さると考え、これを軸に構築を組みました。

1,晴れパの天敵が少ない。f:id:barudoru:20140517125139p:imagef:id:barudoru:20140517124302p:imagef:id:barudoru:20140517124714p:image
全国ダブルではバンギラス・ヒードラン・霊獣ランドロスの3体をはじめ、ファイアロー、ボーマンダ、ガブリアス、テラキオンなど晴れパの天敵が多数存在しますが、オルタネーションダブルではこれらのポケモンが使用不可となっています。
岩雪崩・地震を使用するポケモンが少ないためキュウコンヘルガーのような炎二匹の組み合わせも並べやすいです。
また、ヒードランの不在により炎技を無効化できるポケモンはヘルガーの悪の波動で処理可能な貰い火シャンデラ程度に限られるため、炎技の通りも良いです。

2,メガメタグロスの処理がしやすい。f:id:barudoru:20151117225759p:image
今回のルールではメガメタグロスが最有力のメガシンカ。
遅いポケモンでメガメタグロスを処理しようとする場合、思念の頭突き・アイアンヘッドの怯みに悩まされることもあり安定しませんが、115族のメガヘルガーなら上を取って縛りにいけます。
雨+メガメタグロスという構成も、後述の手動天候により解決可能です。

3,雨パーティにイージーウィンできる。f:id:barudoru:20140517124144p:imagef:id:barudoru:20151117225757p:image
キュウコンに手動天候の日本晴れを仕込むことで、使用率の高い雨パーティとの天候合戦を有利に戦えます。
日本晴れは読まれにくく、相手の計算を狂わせることもしばしば。
都合の良いことにメガシンカ前はヘルガーよりキュウコンの方が速いため、
1,キュウコンの日本晴れで天候を雨から晴れに上書き
2,メガヘルガーの攻撃
という流れで、メガシンカターンにテンポよく攻めることができます。
さらに好都合なことに、メガシンカターンのメガラグラージはすいすいを得ておらず雨下でも行動が遅いため、キュウコンが上から縛られずに日本晴れを決めることができ、続くヘルガーのソーラービームで撃破することが可能です。

欠点はメガヘルガーの脆さ。
ただでさえ脆いうえにサンパワーによりHPを毎ターン削られるため、一度でも攻撃を受けると致命的です。
この点トゲキッスやカポエラーによる護衛があると頼もしく、2匹の弱点であるメガメタグロスはメガヘルガーで縛れるため好相性でした。
メガサーナイトやメガカメックスと同様、「単体では頼りないが、味方のサポートにより十二分に力を発揮できる」タイプのメガシンカポケモンであり、構築や立ち回りを練るのが楽しかったですw

f:id:barudoru:20151117223619p:imageメガヘルガー
【ねっぷう、あくのはどう、ソーラービーム、まもる@ヘルガナイト/もらいび→サンパワー】
151-×-110-191-110-183 (H4,C252,S252) おくびょう

※メガシンカ前 151-×-70-161-100-161
このパーティのエース。115族の素早さから、晴れ+サンパワーで強化された熱風を撃ちこむのは爽快。
ダブルダメージでありながら、耐久無振りのライコウを中乱数で落とせるほどの火力です。
キュウコンの熱風のダメージとあわせればサンダーやトゲキッスも落とせるため、追い風する暇を与えません。
前述の通り、このルールではヒードランが不在のため炎技の通りも良いです。

反面、耐久はペラペラ。
相手を上から一撃で倒しきれない時は、トゲキッスやカポエラーと並べて護衛してもらいたいところ。
火力が必要ない場面では、メガシンカを渋ってサンパワーの反動ダメージを極力受けないようにすることも必要でした。
熱風外しや不意の気合ボールは怖い要素です。ガルーラバンギラスヒードラン禁止のルールなので気合球は採用されないと思っていましたが…(ジュカインに撃たれて負けました)。

f:id:barudoru:20151117223618p:imageキュウコン
【ねっぷう、にほんばれ、ほえる、まもる@ラムのみ/ひでり】
171-×-96-110-121-167 (H180,B4,C68,D4,S252) おくびょう

HD:C182ラティオスの珠流星群、C161キングドラのメガネ流星群を最高乱数以外耐え。
単なる天候変化要員としては悪戯心+日本晴れができるエルフーンなどを使う手もありましたが、
キュウコンの場合は自身も攻撃に参加できるため、メガヘルガーの攻撃とあわせて突破できる相手の範囲が広がります。
日照りはS判定にも使え、ワルビアルなどと対峙した際、特性の発動順番を見てスカーフの有無を確認してから動けます。

攻撃技はヘルガーに任せ、こちらは補助技を多く採用。
持ち物も含め、欲張った型の構成になっています。

  • 日本晴れ

対雨用の技。「キュウコンが場に出てるから天候を変えられることは無いだろう」と油断して動いてくる相手に奇襲できます。
前述の通り、ヘルガーのメガシンカターンはキュウコン→ヘルガーの順で動けるのも美味しいところ。

  • 吠える

キュウコンヘルガーは高速低耐久のコンビであり、トリックルームが苦手なので対策としてこの技を仕込みました。
(吠えるの優先度は「-6」、トリックルームの優先度は「-7」なので、吠えるの方が先に出てトリックルームを妨害可)
トリルか電磁波か凍える風か判断のつきにくい全国ダブルのクレセリアと違い、
このルールでは見え見えのトリル使いが多いため、さほどリスクなく決めていくことができました。
大抵はトリル要員の横に猫騙し持ちがいるため、キュウコン側に猫騙しが来ないようトゲキッスやヘルガーで圧力をかけながら吠えます。
暗示系や小さくなるの対策として使うこともありました。

  • ラムのみ

持ち物はラム。
活躍した試合はとても多く、ダークホールや悪戯心威張る、フラフラダンスなどの害悪系を防いでくれました。
自身がドーブルより速いことや、悪戯心のクレッフィ・エルフーンには熱風で大打撃を与えられることもあって、一回状態異常技を凌ぐことで得られるアドバンテージは大きいです。

f:id:barudoru:20140517124145p:imageマリルリ
【じゃれつく、たきのぼり、はたきおとす、アクアジェット@とつげきチョッキ/ちからもち】
207-112-100-×-100-71 (H252,A252,S4) いじっぱり

バシャーモ・ローブシン・ハリテヤマ・ウインディ・チルタリス・ヌメルゴンなどの、キュウコンヘルガーで対処が難しい格闘・炎・ドラゴンタイプ対策として重要な補完役です。
ニョログドラの並びにも強く、雨天下でキングドラからキュウコンが縛られ日本晴れを出せない時は一旦このポケモンに交代して攻撃を受けてもらい、再度キュウコンを出して天候を変える流れで対処します。
晴れ下でのアクアジェットの火力ダウンが不味いことやオボンをトゲキッスに回したことから、太鼓型にはしませんでした。
トゲキッスと両立しているため、この指+腹太鼓を警戒させ相手の選出に圧力をかけられるのも強みです。

f:id:barudoru:20140517124910p:imageトゲキッス
【エアスラッシュ、このゆびとまれ、おいかぜ、まもる@オボンのみ/てんのめぐみ】
190-×-161-140-135-103 (H236,B252,S20) ずぶとい

S:無振りギャラドス・ミロカロス+2
こちらもマリルリと同様、格闘タイプ対策や鋼タイプの選出誘引を役目とするフェアリータイプ。
ヘルガーをこの指止まれで守る、追い風を展開する、地面技を受けてもらうなどサポートをこなします。
耐久面については、晴れ時のバシャーモやウインディのフレアドライブが脅威となるため物理耐久に特化することにしました。
陽気ヒヒダルマの晴れ+力ずく+フレアドライブまでなら確定耐えできます。

f:id:barudoru:20140517123724p:imageニドキング
【ヘドロばくだん、だいちのちから、10まんボルト、れいとうビーム@こだわりスカーフ/ちからずく】
157-×-97-150-95-137 (H4,C252,S252) ひかえめ

熱風の通りが悪い炎タイプのウインディ、エンテイを上から縛ったり、このパーティに弱点の多い電気技や岩技を交代で受けて切り返す役割を担います。
「技のデパート」という異名の通り攻撃範囲は広く、この構築ではやや苦手なギャラドスやオンバーン、プテラにも対処してもらいます。

スカーフドーブルやスカーフマンムーのことを考えると最速で運用したかったものの、
特攻に性格補正がなければ耐久無振りのライコウ・メガメタグロスを中乱数でしか落とせないため控えめを選びました。
力ずく+大地の力により、耐久無振りのライコウは確定1発、耐久無振りのメガメタグロス・エンテイは最低乱数以外1発となります。
しかしスカーフ臆病シャンデラに抜かれて負けた試合も…。低種族値ゆえの悩みどころです。

f:id:barudoru:20140517124306p:imageカポエラー
【インファイト、ねこだまし、フェイント、ワイドガード@ウタンのみ/いかく】
157-148-126-×-131-92 (H252,A156,B84,D4,S12) いじっぱり

HB:A200マンムーのダブルダメージ地震を高乱数2発耐え(98.8%)
ラッキーやカビゴンへの打点のほか、威嚇・猫騙し・ワイドガードの3段構えでマンムー、ワルビアル、プテラらの岩雪崩・地震からキュウコンヘルガーを守る働きを期待して採用。
とはいえ、マンムーとは大会中一度も当たらず、ワルビアルはスカーフが少なくキュウヘルで上から倒せることがほとんどだったため、ワイドガードの出番は少なめでした。
反対にフェイントは使用機会が多く、相手のワイドガードを壊して熱風を通したり、バシャーモの守る+加速に対処したり、気合の襷持ちのマニューラやゴウカザルを確実に処理するなど、構築の弱点となる相手に刺さってくれました。
オボンやラムを他のポケモンに回したため、持ち物は最後まで迷うことになりました。
結局ウタンを選びましたが大会中一度も発動せず、もっと検討する余地があったようです。