bqsfgameの日記

2016-06-08 ☆火星の人を読む

bqsfgame2016-06-08

アンディ・ウィアーの長編第1作にして、映画「オデッセイ」の原作。

SFが読みたい:海外1位、星雲賞:海外長編部門を受賞。押しも押されもしない近年話題のSF大作。

結局、風化しやすい映画表紙を避けて、わざわざイラスト表紙の一巻本で古本屋入手しました。574ページは、少し手に重いですが、リーダビリティが高いのであれよあれよという間に読み終わります。

元来が映画と言うのは、小説で言うと100ページくらいの中編を表現するのが適当な寸。574ページは、当然のことながら入りきる訳がなく、脚本でエッセンスを適当に切り出して上手くまとめています。

原作はそれ以外の要素も豊富に入っているのですが、脚本が上手く出来ているので、それほど違和感はありません。

解説にもありますが、本書の凄い所は「火星で生き残り、救出してもらう」という純然たる科学的挑戦に集中して、余分な要素がほとんどないことです。それでいて、読み応え十分、エンターテイメント性も意外なほどにあります。「グラヴィティ」との比較が出るのは、映画の公開タイミングからして無理ないでしょう。個人的には、クラークの「渇きの海」をむしろ思い出しました。宇宙空間の過酷な環境以外には余分な敵は不要だと言う点で共通していると思います。

この辺の作品を称するサブジャンル名として「テクノスリラー」という用語があるようで、ハヤカワ文庫の新刊「ラグランジュ・ミッション」の説明にも使われていました。そういう意味では、ちょっとそちらも気になってきました。

打率

星雲賞:27打数16安打:0.593

SFが読みたい:18打数8安打:0.444

うーむ。

ファン投票である星雲賞の方が、お手盛り企画であるSFが読みたいより信頼度が有意に高いと言う感じですね。結局は、「SFが読みたい」もマーケティングツールでしかないのでしょうか? いや、それが悪いとは言いません。ジャンルとして繁栄するために寄与しているなら、それはそれで存在意義ありと思いますから。

2016-06-07 スターウォーズ:反乱軍リーダー:ハンソロとチューバッカ

bqsfgame2016-06-07

姻戚関係によって壮大なファミリードラマの重要なピースとなったハンソロ。

スペシャル2は、そうだよなぁという感じです。外交1、情報1と、合計4アイコンはさすがです。エピソード7では、事実上の主役になっただけのことはあります‥(^o^)

チューバッカ

このキャラクターをどう評価するかがデザイン陣の見識の見せ所。

なんと、スペシャル3個のみ。そうか、スペシャルなのかぁ‥(^o^) 確かに、外交とか情報とか兵站とかいう柄ではありませんね。

2016-06-06 スターウォーズ:反乱軍リーダー:ルークとオビワン

bqsfgame2016-06-06

初期配置リーダーが終ったので、増援に移ります。

まず、ルーク・スカイウォーカー。

壮大なファミリーヒストリーの主役の系譜に連なるルーク。情報3は、ちょっとイメージと違います。スペシャル2はそうかなと思いますが。宇宙戦闘能力が高いのは良いとして、地上戦闘能力は過大評価では? いや、腐ってもジェダイか?

オビワン・ケノビ

うーむ、情報3、外交1は、これもイメージと違います。外交2、スペシャル2とかでは?

2016-06-05 スターウォーズ:反乱軍リーダー:モンモスマとリエエカン将軍

bqsfgame2016-06-05

モンモスマも判りませんでした。

詳しくはこちら。

http://www.starwars.jp/databank/character/rebel3.html

外交3は反乱軍の精神的指導者。兵站1も持っていて初期リーダーとしては申し分ないでしょう。

リエエカン将軍

リエエカン将軍は全然判りませんでした。スターウォーズファン失格ですね‥(^_^;

http://starwars.wikia.com/wiki/Carlist_Rieekan

なるほど、帝国の逆襲冒頭の氷惑星ホスの基地司令官なのですね。そういうことですか‥(^o^)

外交、兵站は相場として、スペシャルが付いているのが評価の高い所です。反乱軍の初期リーダーでは、レイア姫と二人だけしかスペシャルがないので、レイアを大事に使うとするとリスクの高い任務はリエエカンが引き受けることになりそう。縁の下の力持ち的な存在でしょうか。

2016-06-04 スターウォーズ:反乱軍リーダー:レイア姫とドドンナ将軍

bqsfgame2016-06-04

反乱軍の初期リーダーの方が、さらに難しいです‥(^_^;

レイア・オーガナ姫

ご存知、キャリー・フィッシャー。まさかのエピソード7再登場で、スターウォーズが壮大な家族ドラマであることを証明して見せました‥(^_^;

外交2は妥当。情報2は少し甘いですが、主役級の人に付けざるを得ないでしょうね。スペシャル1も持っていて、押しも押されもしない主役です。

ドドンナ将軍

反乱軍の将軍にして、デススターへのXウィングによる突入攻撃の立案者。

情報2は妥当。外交1は、反乱軍内部での地位の表れなのでしょう。

2016-06-03 スターウォーズ:帝国軍リーダー:ヴェイダー卿とタッグ将軍

bqsfgame2016-06-03

ヴェイダー卿のアイコンは、スペシャル3個に、外交2個です。極めて攻撃的な能力付けですが、プロジェクトを粛々と遂行するのは苦手という評価なのでしょうか。まぁ、地道にコツコツ行動するヴェイダーは見たくないかもです‥(^_^;

タッグ将軍

実は誰だか良く判っていませんでした‥(^_^; デススターの副司令官にして、デススターの弱点を帝国側で事前に気付いていた先見の明の持ち主。

アイコン的には、スペシャル1個、兵站1個です。世界のプロレス風に言えば、「ちょっぴり悪くて、ちょっぴり強いヤツ」と言う所でしょうか? えっ、出典が判らない??? ランディ・バーバーですね‥(^o^)

2016-06-02 スターウォーズ:帝国軍リーダー:皇帝とターキン

bqsfgame2016-06-02

スターウォーズ:反乱をソロプレイして思ったのですが、結構、判らないリーダーがいます。

と言うことで、復習することにしました。

皇帝パルパティーン

帝国軍の最初は、やはり皇帝陛下でしょうか。表記はこの通りになっています。ダース・シディアスではないのですね。

外交アイコン3つは、さすがです。加えて、情報アイコン2つ。政治的に暗躍するにふさわしい能力付けです。

グランドモフターキン

デススター司令官として有名であり、スピンオフ小説では主人公を務めたことも。帝国軍人としてはトップと言える人物です。

外交、情報、兵站の3種のアイコンを持ったバランスの良いキャラクター。なんでもできるけれども、少々器用貧乏かも知れません。

2016-06-01 スターウォーズ:反乱をソロプレイする

本体ルールの分量は少なく、すぐに読み終りました。

で、カードの量があるのですが、まぁ習うより慣れろと思って、ともかく一度やってみました。

なるほどという感じです。

基本的には、手札のミッションカードにリーダーをアサインして交互に実行していきます。ミッションに必要なスキルを持っていることが前提となり、合致するスキルの数の分だけダイスを振りヒットが出れば成功します。

相手の任務に対抗するリーダーをアサインでき、その場合は任務側は対抗側リーダーの出したヒット数を上回らねばなりません。

部隊の移動にもリーダーが必要で、目標星系にリーダーをアサインして、その隣接星系から目標星系にユニットを移動します。

リーダーは最初は各陣営4人ずつですが、指定されたターンにリクルートされて一人ずつ増えていきます。リーダーが増えるとできることが多くなります。

ミッションカードは、何度でも実行できるスターターミッションと、1回実行すると使い捨てになるミッションとがあります。1回使い捨ての方が強力な場合が多い訳ですが、条件が限定されていたりしますし、失敗しても使い捨てになってしまうので成功を期して投入するには準備や計画が必要だったりします。

リーダーの面子と、ミッションカードのバラエティが見えてきてからが、作戦の駆け引きの出るゲームと言う気がしました。なんとしても対抗して止めたいミッションは何なのか? それを成功させるための段取りはどうすれば良いのか? などなど。

面白そうですが、このゲームも少し労力を集中的に投入しないといけないような気がしますね‥(^_^;

2016-05-31 エンタの神様を見ていて

bqsfgame2016-05-31

昨日、特番でやっていたのを見ました。

で、なんとなく毒舌OLマンザイがいたよなぁと思いだして探したらありました。

https://www.youtube.com/watch?v=Y0XebfMYbLs

今、何をしているんでしょうね?

WIKIを見てみると、結構、仕事してますね‥(^o^)

2016-05-30 ウォーゲームハンドブック2016を入手する

bqsfgame2016-05-30

久しぶりに書泉に行きました。

いろいろ眺めましたが、隠忍自重してハンドブックだけ買ってきました。

ゲーマー妻の憂鬱は面白いのですが、それ以外は読む所があまりありませんでした。付録ゲームが、ボンバ作品なのですね。それをちゃんと認識していたら買わなかったかも‥(^_^;