ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

日本共産党近松さとこの活動日記 Twitter

2016-06-22

雨にも負けず参院選スタートです!

| 00:49

いよいよ、参議院選挙が始まりました。

あいにくの雨の出発式となりましたが、高見候補は元気いっぱいの第一声をおこないました。

f:id:chikamatsu_satoko:20160622233700j:image:w360

全国32すべての1人区で野党統一候補が決まり、野党と市民、そして自公とその応援団という対決構図がはっきりしました。野党は、それぞれ政策が異なりますが、安保法制の廃止と集団的自衛権の閣議決定の撤回、安倍首相の退陣をもとめるという大義で一つになりました。保育や雇用などについても基本合意がはかられ、進化しています。


おそれをなして安倍首相は、市民と野党との共闘にくさびをうちこもうとしています。

北朝鮮のミサイル発射問題を利用して、「自衛隊や安保条約をなくす共産党に国の安全は守れない」と繰り返します。


共産党の綱領を見たことがないのでしょう。

将来、国民が必要ないという時が来たら、なくすと綱領に書いています。

それまで、万一、他国から攻撃されたら自衛隊を活用するのは当たり前です。

f:id:chikamatsu_satoko:20160622233659j:image:w360

安保法制で、軍拡をすすめ、安保条約さえ超えて日米同盟を血の同盟にすることのほうが、国民にとってよほど危険です。


安倍首相は、再度、参院選挙後の次の国会で憲法改正をすすめると明言しましたが、争点にしないといいます。

改正反対が上回る中、自分の都合の悪いことは隠し、終われば信を得たと改憲にまっしぐらでしょうか。

国の根幹にかかわることに、こんな無責任な態度はありえません。


自衛隊を国防軍にするなど、自民党の改憲草案を示し、正々堂々と信を問うべきです。




さて、今、次々と防災メールが届いています。

職員のみなさんは、深夜の参集、ご苦労様です。


昨日今日と激しい雨が降り基準雨量を超えており、土砂災害と河川の氾濫の危険が増しています。

避難勧告の地域も拡大しています。

深夜、相当の雨量となる模様ですので、心配です。

被害がでないように願うばかりです!

2016-06-14

6月議会文教委員会で放課後児童クラブと土曜授業について質問しました。

| 00:46

世間は、公私混同ぶりがあまりに「せこい」舛添都知事に怒りが集中して、連日都議会の動きに注目が集まっていますね。

そんな中、今日は文教委員会が行われました。

私は、議案にある放課後児童クラブの増設予算に関連して、民間クラブと指導員の処遇について質問しました。

今年児童クラブに入れない112名の保留者がでました。

そのうち68人は、学区に民間クラブがあるのに入らず、実質44名が入れない児童だと強調しています。(さらに、特例で低学年は入れるようにした)


昨日の村上議員の質疑で、東区のある民間クラブの入口は、歩道のない交通量の多いバス通りに面しており、危険だと指摘しました。

市は、事前に現地を見て審査しているような答弁でしたが、このクラブには、行ってないと答えました。

多くが学校内にある市立のクラブに入らせたいのが、人情です。

せめて、民間クラブの立地について市が確認をして、安全で安心できる場所を選定させるべきと求めました。


また、クラブを増設しても指導員が集まらないと質を保てません。

ところが、4月の時点で、80人の募集をかけてが、60人しか応募者がいなかったと答弁しました。

事前に聞いたところでは、応募者は年々減少しているといいます。

今回、大量に募集したことと有効求人倍率があがり、別の職種にとられている事が考えられるといいます。

市も処遇の改善が必要と答えました。

私も夕方6時半までの勤務時間の特殊性や専門性に見合う報酬になっていない事を指摘しました。


次に議案外で土曜日授業について聞きました。

平成24年度、学校経営活性化のため土曜日授業を試行するとしました。

「教員が子どもと向き合う環境をつくる」ためとされています。

4つのモデル校で実施し、今年は、さらに19校の実施校を拡大しました。

そこで、土曜日授業で教員にゆとりが生まれたのかを聞きました。


平成24年度、教育委員会は、学校経営活性化(教員が子どもと向き合う環境づくり)を阻む要因を調査しました。

ゞ般海糧鄲膕臭◆塀技程の)過密化I活動の指導にかかる負担ICT化に伴う負担をあげています。

しかし、その最優先課題は、平日の過密状況の解消だとして、土曜日授業の施行へと進みます。。

このとき、肥大化した業務量の見直しは、どうなったのでしょうか。

最初から掛け違っているように思います。


さて、モデル校には、保護者・児童生徒・教員にアンケートをとり、この試みを検証しています。

保護者は、おおむね良い、今後もしてよいと答えている割合が高いものでした。

児童生徒には、平日の授業を減らしたことについて聞き、よいと半数以上がこたえています。

しかし、今後の土曜日授業の実施については聞いていません。

児童生徒は代休もなく、反対するだろうから聞かなかったとこたえました。

これではあまりに恣意的ではないでしょうか。

重大なのは、教員の6割以上が、負担は緩和されていないと答えていることです。

業務を減らさないと多忙感は解消できないという声が多くありました。


やはり、子どもと向き合うゆとりを阻む要因の一番は、業務の肥大化です。


文科省も日本の教員の勤務実態について、OECDの中で、最も多忙だと指摘し、業務改善のガイドラインを作成しています。

今日の新聞には、省内チームで業務削減の具体的なガイドラインをしめすとありました。

モデル校のアンケート結果をうけて、教育委員会も「現場の努力では限界。教育委員会の責任で肥大化解消すべき」としています。

なぜ、それを先に取り組まないのでしょうか。

なぜ、教員の6割が負担は緩和されないと答えているのに、土曜日授業拡大の判断したのでしょうか。


教育委員会は、「総合的に判断した」「業務の肥大化はすぐに解消できない」

と答えましたが、現場の思いに答えず、土曜日授業ありきだったのではないかという印象を強く持ちました。


子どもと向き合うゆとりが確保されない中で、あらたな課題に教員も子どもも追い立てられては、結局子どものためにもならないのではないでしょう。

2016-06-06

昨日は、戦争法廃止集会。今日からいよいよ6月議会です。

| 23:26

広島市6月議会が開会しました。

原爆資料館の改修工事に合わせた発掘調査やB型肝炎予防接種の予算化など、2億9千万円の補正予算と選挙費用の公費負担の上限額を引き上げる条例改正、西白島市営店舗廃止の条例改正など10の議案が提案されました。

中原議員が一般質問、村上議員が議案質疑、私は、討論で登壇予定です。

f:id:chikamatsu_satoko:20160606084317j:image:w360

今朝は、議会棟前の国道2号線の交差点で朝宣伝をしたので、市議会一番乗りでした。

さて、幹事長会議でひともめあったそうです。

というのも、安佐市民病院移転問題での委員会採決の際、委員会室に居ながら賛成も反対も態度を示さなかった件です。

そうした場合、反対とみなすように会議規則に明記しようということが、今日の会議の議題にのぼりました。

結局、賛成反対おりあわず、平行線のため今回は見送りということになったようです。



昨日は、戦争法廃止と安倍政権退陣をもとめる市民集会が原爆ドーム前でおこなわれました。

新聞は、文字だけの記事の掲載でしたので、写真で集会の様子を紹介します。

f:id:chikamatsu_satoko:20160606232522j:image:w360

共産党をはじめ、民進党社民党生活の党・新社会党が市民の前にそろい、連帯のあいさつを行いました。

民進党からは、元広島市議員の森本参議院議員があいさつしました。

野党がみんなそろって、手をつなぐなんて画期的なことです。

f:id:chikamatsu_satoko:20160605142252j:image:w360

共産党は、高見あつみ参院予定候補が、党を代表してあいさつしました。

f:id:chikamatsu_satoko:20160606232519j:image:w360

市議団も参加しましたよ。

f:id:chikamatsu_satoko:20160606232518j:image:w360

とうかさんでにぎわう繁華街を「選挙に行こう」「市民がかえよう」と元気にコールしました。

2016-05-21

広島市放課後児童クラブの待機児童は?

22:56

放課後対策課から状況説明を受けました。


f:id:chikamatsu_satoko:20160318112944j:image:w360

今年、5月1日現在の放課後児童クラブの児童は、昨年より1001人増え、8669人となりました。


待機児童は、残念ながらゼロにはなりませんでした。

市立希望108人、民間希望4人の合計112人が利用できず保留となっています。

そのうち、29人は、1〜3年生を対象に定員を超えて受け入れる特例措置をとっているため、

実質的に利用できない児童数は、83人です。


昨年度42クラス(うち14民間クラブ)の増設を行い、保留者は148人減りました。

今後、基準通りの定員40人と面積1,65屬鮃圓Δ燭瓩砲蓮現在238クラスを300近くに増やさないといけないとしています。

まだまだ増設していかなくてはなりません。


問題は、増設はしたけれど、相変わらず、指導員の確保が大変です。

募集しても応募が減り、今年25人欠員のため、臨時職員で対応していると報告されました。

勤務時間が、土日あり、夕方6時半までと女性にとって働きにくい勤務形態です。

それでも、給与が良ければ違うのでしょうが、身分は嘱託です。

夏休みは、朝から受け入れるため、大量の臨時職員が必要です。

欠員補充で先食いしていると確保が大変になると指導員さんに聞きました。


保育の待機児童問題と同じように指導員の処遇改善が待ったなしです。

「オバマ大統領の広島訪問について」党の見解示し、広島市と懇談

| 23:33

f:id:chikamatsu_satoko:20160521232301j:image:w360

20日、市議団は、県委員長と高見常任委員と一緒に、副市長に見解を手渡し懇談しました。

核兵器禁止条約交渉開始をの願いは、被爆地の願いです。

ノーモア・ヒバクシャの願いから生まれた憲法9条と核抑止力論は、相いれません。



副市長は、岸田外相に続き、安倍首相大統領と被爆者との面会を求め、再度市長が上京することを明かしました。


http://www.jcp.or.jp/web_policy/2016/05/post-720.html

2016-05-15 志位さん、被爆地ヒロシマで安倍改憲反対を訴えました

f:id:chikamatsu_satoko:20160515175721j:image:w360

昨日、本通り電停前で志位和夫委員長の街頭演説が行われました。

数台のマスコミのカメラも構えられ、多くの聴衆が集まりました。

参院選挙の野党共闘のキーマンとして注目の高さがうかがえます。

32の参院選1人区のうち、26選挙区野党統一候補が誕生しています。

現在進行形で、毎日更新されていますね。

広島など複数区は、与党やその応援団を追い落とすために、それぞれの野党ががんばります)

f:id:chikamatsu_satoko:20160515175745j:image:w360

「ノーモアヒロシマナガサキ、ノーモアヒバクシャが、憲法9条の原点。

安倍改憲を被爆地は許してはいけない」

熱い訴えにひときわ大きな拍手がおきました。


オバマ大統領広島訪問についても期待と注文を述べました。

核兵器のない世界に向けて、大きな一歩。

しかし、核廃絶につなげるには、これまでの核軍縮の態度を改めないといけない」

ステップバイステップだとして、核廃絶を正面にすえない政策の転換をもとめました。

f:id:chikamatsu_satoko:20160515174501j:image:w360

今日の中国新聞は、国連作業部会で日本政府が、被爆地や非核保有国がもとめている核兵器禁止条約の交渉開始に反対していることを伝えています。

演説の中でも、

「毎年の平和宣言で、被爆地がもとめてきた禁止条約に反対していて日本政府は、核保有国の代弁者の役割を果たしている」

国際政治の舞台で、核兵器禁止条約をもとめる決議にこの20年間棄権してきた日本政府を批判し、被爆国として役割はたせともとめました。


「(核兵器廃絶に)日本共産党はがんばります!」

綱領に核廃絶を掲げる党の代表としての志位さんの決意です。

私もがんばるぞ!!