橋本健二の居酒屋考現学

2019-01-16

classingkenji2019-01-16

[]恵比寿GEM by MOTO

日本酒界のカリスマ千葉麻里絵さんが満を持して開いた日本酒バー電車だと広尾恵比寿のほぼ中間で、どちらからも歩いて10分ほどかかる。コの字に少し足りないくらいのカウンターに10席ほどと、混雑時に4-5人飲めるかという立ち飲みコーナー。予約せずに行ったが、予約客が来るまでの一時間ほどならと入れてもらった。早めの時間なら、こういう入り方ができそうだ。

厳選された日本酒と肴。どうしても飲みたい酒があれば1-2種類ほど飲み、あとはマリエさんに銘柄も温度も任せてしまうのがいい。しかしマリエさんの技を楽しむためには、燗を頼んだ方がいい。客は、ともかく日本酒好きばかりのようで、酒類業界の人や、遠方から来た人もちらほら。日本酒ブームの「台風の目」的な店である。ときどき行きたいのだが、ちょっと自宅からは不便。誰かを誘って予約して行くのがよさそうだ。

そういえば、マリエさんが主人公マンガが出た。日本酒ブームを牽引する人々の、心温まる交流が描かれていて、日本酒好きは必読だ。(2018.9.11)

渋谷区恵比寿1-30-9
7:00〜24:00 土・日・祝13:00〜21:00 月休
日本酒に恋して

日本酒に恋して

2019-01-02

classingkenji2019-01-02

[]謹賀新年

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。昨年はすっかり、更新が滞ってしまいました。今年は高望みせず、せめて月1-2回程度の更新を細々と続けて行きたいと思います。

元旦は寝過ごして初日の出を見逃しました。これは今日日の出です。東京池袋より。換算2000mmの超望遠です。

2018-12-30

classingkenji2018-12-30

[]大塚北斎

この夏にオープンした「大塚のれん街」の一軒。この一角カテゴリー的にはいわゆる「ネオ横丁」に入るのだろうけれど、建物内部やガード下に展開するのではなく、各店が道路に面していて、独立性が高い。もともとあった店が改装したところもあり、ユニークな例といっていいだろう。この日初めて入ったのが、この店。

馬のかぶり物を着けた店員が呼び込みをしていて、女子高生たちが笑いながら通り過ぎていく。売り物は馬料理で、生肉刺し三種盛り(赤身霜降り・タテガミ)が六五〇円、桜モツ煮込みが六三〇円のほか、カツ、ステーキ柳川風など。刺身は各二切れずつだけだが、この値段なら納得だ。煮込みもすっきりした味で良い。日本酒六種類あり、珍しい東京の「嘉泉」、福島の「寫楽」、熊本の「花の香」など、チョイスは悪くない。メインのビールアサヒなのは残念だが、隅田川ブルーイングのエールもあるから、こちらにすれば問題ない。大塚駅北口を出て正面に向かった都電踏切を越えればすぐ。(2018.9.4)

豊島区北大塚2-28-2
16:00〜23:30 無休

2018-12-02

classingkenji2018-12-02

[]さらば「お志ど里」

江古田シンボル存在だった大衆酒場「お志ど里」。閉店したという話は聞いていた。この日、毎月一度の散髪に行き、ついでに「酒の秋山」で紀土の新酒を買って、江古田駅に向かうと、目に飛び込んできたのがこの光景。ほんとになくなってしまったんだ。

最初に行ったのは、まだ大学院修士二年の時だから、三五年前。武蔵大学学会があった帰りに、先輩たちに連れてこられたのが最初だった。武蔵大学に勤めるようになってからは、何度も足を運んだ。何人の学生たちと、テーブルを囲んだだろう。

L字型の土地に建ち、入り口が二箇所あった。この土地をそのまま活用して建物が建ち、その一階に入る、などということは考えにくい。永久にお別れなのだろう。合掌。

2018-09-17

classingkenji2018-09-17

[]金沢「酒屋 彌三郎」

ザルツブルク音楽祭から帰ったのもつかの間、能登杜氏組合の夏期研修会で講演を頼まれていたので、石川県へ。途中立ち寄った金沢で、入った店がここ。古民家を利用した和食の店である。

コースを頼んでいたので、料理メニューは見ていないのだが、日本酒は「快」「華」「和」「醇辛」の四タイプに分けられていて、全部で十二種類がメニューに載っていた。たとえば「快」には「竹葉」、「華」には「雪の茅舎」、「和」には「遊穂」、「醇辛」には「五本槍」など。冷蔵庫には、他にも何種類か。ワインも何種類か置いている。

料理は基本は和風だが、クリームチーズを使うなどの工夫もある。前菜、炊き合わせ、造り、揚げ物、焼き物と進んで、最後白海老炊き込みご飯一品の量が控えめなので、ちょうどい具合で食べ終わる。中心部から少し外れた場所で、鈴木大拙館の近く。客は地元の人ばかりのようだ。落ち着いた雰囲気で、料理と酒が楽しめる。金沢に何日か滞在することがあったなら、行ってみるといい。(2018.8.29)

金沢市本多町3-10-27
17:30〜24:00 日休