橋本健二の居酒屋考現学

2017-02-27

classingkenji2017-02-27

[]大阪木曽路

この日は講演を頼まれて大阪へ。終わったあとは、当然のように新梅田食道街で居酒屋を物色する。大阪居酒屋を選ぶときに難しいのは、ビールアサヒでない店を見つけること。二軒目ならともかく、その日の最初ビールアサヒにするわけにはいかない。迷った末に、入ったのはこの店。二回目の来店だ。

ビールキリンサントリーで、普通居酒屋料理はたいていあり、刺身も数種類。日本酒もいろいろ揃っているという、新梅田食道街では珍しい店で、重宝する。このあたりにしてはディープ感はそれほどでもなく、入りやすい。ときおりやってくる列車の轟音も、むしろ落ち着いた気分にさせてくれる。(2017.2.9)

大阪市北区角田町9-26 新梅田食道街 2F
15:30〜23:00 日祝

2017-02-14

classingkenji2017-02-14

[]「やきとんひなた 池袋東口店」

「やきとんひなた」に、池袋店ができたので、開店2月11日に行ってみた。場所東口で、ビックカメラ本店の裏通りを、文芸座の前を通り過ぎて突き当たったところ。大きな店だ。厨房を取り囲むカウンター席が12席ほどと、一人客から大人数のグループまで対応できる大小のテーブル。詰めれば百人近くは入れそうだ。満を持して開店した、「やきとんひなた」の旗艦店といっていいだろう。

メニューは「焼きとんひなた」の路線踏襲しているが、場所柄からか、一人用の小さな刺身盛り合わせなど、一部の廉価メニューは省略されているようだ。日本酒も充実。この日のラインナップは、「豊香」「村祐」「乾坤一」「賀茂金秀」「仙禽」「陸奥八仙」「花陽浴」「鳳凰美田」と、気合い十分。

開店日というのに、ほぼ満員。オペレーションには、まだスムーズでないところがあり、わざと席を詰めずに客を座らせていたようだが、それでもてんてこ舞い。しかし経験豊富な「ひなた」のスタッフのこと、すぐに落ち着くだろう。

私のとっての唯一の欠点は、同じ池袋といっても、自宅とは繁華街をはさんでほぼ正反対位置で、徒歩二〇分近くかかること。それでも、足繁く通うことになりそうだ。(2017.2.11)

豊島区東池袋1-36-5
17:00〜24:00(土日祝16:00) 無休

2017-02-04

classingkenji2017-02-04

[]中野「打越酒場

中野早稲田大学エクステンションセンターでやっている社会人向け講座2週目。今日はこの店で飲む。店名は、中野駅北口のこのあたりを昔、打越町と呼んでいたからだろう。

利き酒セットが充実している。刈穂、山本喜久盛天明奈良萬神亀、大那、想天坊、佐久の花、英君玉川などなど、私好みの酒を三種選んで、何と五〇〇円。小さなグラスながら、十分楽しめる。刺身焼き物酢の物など、和風居酒屋定番メニューがずらりと揃い、値段は良心的、味もいいという、素晴らしい店である。近所にあったら、足繁く通うだろう。(2016.11.18)

中野区中野5-56-2 
17:00〜翌05:00 無休

2017-01-08

classingkenji2017-01-08

[]「やきとんだいだら」

池袋初の、秋元屋系もつ焼きの店。秋元屋系では、ひなたグループの「雨ニモマケズ」が池袋にあるが、こちらは高級路線割烹料理。ひなたから独立した「やきとんだいだら」は東武練馬にあり、沼袋支店を出しているが、三軒目は何と池袋立教大学のそば。

メニュー本店と同じで、「ひなた」から魚の刺身イタリアンを引いたものと考えればよい。日本酒はいいものを数種類置き、この日は武勇、麓井、楯乃川、庭のうぐいすなどが一杯五八〇円。やきとんは一本九〇円と安い。下町ハイボールは三〇〇円、記録するのを忘れたが、ホッピーはたぶん四〇〇円。

家賃の高いこの場所ではたして採算が合うのか。開店直後だけに、まだ客は少ない。ずいぶん広い店だけに心配になってくる。自宅から歩ける場所秋元屋系もつ焼きの食べられる店があるのはうれしい。何とか定着してほしいものである。(2016.11.16)

[追記]その後、やきとんの値段は一本一〇〇円に改められた。

豊島区西池袋3-33-17
16:00〜24:00 (土日祝15:00〜) 

2017-01-06

classingkenji2017-01-06

[]謹賀新年

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。

最近、すっかり更新が滞っていますが、なんとか週一回更新目標に続けていきたいと思っていますので、今年も「橋本健二居酒屋考現学」をよろしくお願いいたします。

写真は、自宅での新年会オードブル自家製スモーク三種、紅白なますイタリア風味、鴨ロース蒲鉾のイクラとアンチョビ載せ・オリーブオイル、です。