橋本健二の居酒屋考現学

2017-08-08

classingkenji2017-08-08

[]消えた「樽平」

今日銀座へ。銀座ライオン銀座七丁目店で飲んだあと、久しぶりに寄ってみようと金春通りから路地に入る。唖然としてしまった。「樽平」が閉店している。東京の宝ともいうべき名店。一九三一年創業で、この場所に移ったのは一九五二年のこと。戦火を生きのびた木造一軒家で営業していた。貴重な文化遺産が、また一つ失われた。

初めて入ったのは、もう三〇年ほど前になる。それから頻繁にではないものの、年に一度くらいは訪れてきた。いろいろな思い出がある。この店に通った人なら、必ず何か思い出があるはずだ。これほど多くの人々の記憶にとどめられる店は、そうないだろう。長い間、ありがとう。(2017.8.7)

2017-07-22

classingkenji2017-07-22

[]下板橋「春夏冬家」

東武東上線下板橋駅に近いこの店、「春夏冬家」と書いて「あきないや」と読ませる。魚料理日本酒が充実した居酒屋だ。

定番日本酒は、「八海山」「鳳凰美田」「黒龍」「〆張鶴」「新政」「出羽桜」と堅実だが、季節の「夏の酒」というメニューがあり、「奥 夏吟醸」「紀土 夏の疾風」「徳治郎 夏純米」など。値段はグラスで六〇〇円から七〇〇円のものが多い。紀土を頼んでみたが、香りよくさらりと切れる素晴らしい酒だった。

日替わりメニューには、刺身日本酒に合いそうな魚がずらりと並んでいる。値段も安く、刺身はよかったが、鱧の天ぷらは、いまひとつ衣が固かったか。近所にあれば、足繁く通いそうな店。比較的近いから、時々足を運ぶことにしよう。(2017.6.24)

板橋区板橋1-36-10
17:00〜翌3:00 水休

2017-07-10

classingkenji2017-07-10

[]能登ワイン

この週末は、法事能登へ。向かう途中で立ち寄ったのが、このワイナリー。かつては外部への委託生産で、甘い土産物ワインばかり造っていたワイナリーだが、いまでは周囲にある三〇ヘクタール近くの畑でベリーA、ヤマソーヴィニョン、シャルドネメルローサンジョベーゼ等を栽培し、自家醸造で一〇種類ほどのワインを造っている。

見学のあと、一通り試飲させてもらった。勝沼の名ワイナリーには一歩届かないが、まあよくやっているといっていい。品質は劣らないが、同ランクワイン比較で、勝沼の一・五倍くらいの値がついている感じだろうか。これから、どんどん伸びていくだろう。応援していきたいワイナリーである。(2017.6.9)

石川県鳳珠郡穴水町旭ケ丘リ5

2017-06-21

classingkenji2017-06-21

[]上野「食道楽

この日は、上野でプチ飲み会。入ったのは、上野駅からアメ横に入ってすぐのこの店。二四時間営業の店だが、酒も料理も充実している。まず日本酒は、日本地図が書かれたメニューに二六種類。北から順番に主だったところを挙げると、男山愛宕の松、満寿泉、甲子、喜久酔、百十郎、澤屋まつもと、東洋美人酔鯨、庭の鶯、など。いずれも一杯六九九円だから、ものによっては格安である。料理は何でもあるといっていい。とくに刺身が充実していて、貝は種類が多い。黒板の能書きによると、魚・貝・牛・豚・鶏、それぞれを専門店から産地直送でそろえたとのこと。

二四時間営業の店に、うまい酒や料理はないだろうという思い込みを覆される。これは、いい店だ。朝まで続く二次会にはもってこいである。(2017.5.15)

24時間営業 年中無休

2017-06-03

classingkenji2017-06-03

[]板橋「やきとんやんぐ」

「やきとんひなた」系の店が、JR板橋駅近くにできたというので、行ってみた。メニューは、鮮魚の種類がやや少なく、また瓶ビール定番赤星のほかにスパドラをおいているが、もつ焼き・もつ煮込みのほかにイタリアンステーキがあるなど、基本的に「ひなた」を踏襲している。手書きの日替わりメニューなど、レイアウトまで同じ。この日の日本酒は、タクシードライバー町田酒造、墨廼江、臥龍梅、苗加屋、来福と、充実している。埼京線都営三田線沿線の人はぜひ行ってみよう。(2017.3.29)

板橋区板橋1-20-1
17:00〜24:00 木休