Hatena::ブログ(Diary)

老兵は黙って去りゆくのみ

2016-06-28

じじぃの「イスラム化するヨーロッパ・イギリスのEU離脱の深層!滅亡へのカウントダウン」

06:07

Future: Muslim in Europe 2013 - 2050 動画 YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=5WWtFZw__zI

slam fastest growing religion in UK as churches decline 動画 YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=QmqrFK4-OfQ

イスラム化するヨーロッパ

ワイド!スクランブル 2016年6月27日 テレビ朝日

【司会】橋本大二郎大下容子 【アナウンサー小木逸平 【コメンテーター手嶋龍一

EU“離脱ドミノ危機! 世界に広がる動揺

EUには、こんな細かすぎる規制がある。、

・8歳未満の子どもだけで風船をふくらませてはダメ!

・ハイパワーすぎる扇風機はダメ!

バナナは曲がりすぎてはダメ!

手嶋龍一、「自分たちが選んだ人でなく、EUの人間が勝手に決めたルールに不満が大きく、EUに拠出している金を自分たちの生活や減税に使ったほうがいいと考えてもおかしくない」

今後のイギリス経済に対して、

手嶋龍一、「経済的にはポンド暴落により、中国イギリスの産業などに手を出しやすくなり、一段と中国の影響が強まることになる」

http://www.tv-asahi.co.jp/scramble/

『滅亡へのカウントダウン(上)ー人口大爆発とわれわれの未来』 アラン ワイズマン/著、鬼澤忍/訳  早川書房 2013年発行

島の世界――イギリス (一部抜粋しています)

ダービー(40代の男性)は体を起こす。「感じのいい女性ですね。自分の仕事をきちんとこなしている。しかし、イギリス人自身が仕事を必要としているのに、彼女ははるかに低い賃金で働くつもりだとすれば、わが国民はどう感じるでしょうか? 私はポーランド人が大好きです。しかし、彼らにこうたずねたことがあります。ポーランド政府が『わが国は数百万のヴェトナム人を移住させるつもりです。彼らは国民の賃金を切り下げ、ただ同然で働くでしょう』と言ったら、あなたたちポーランド人はどう感じるだろうかと」

ダービーは空のグラスを回し、角氷をカチカチ鳴らす。「彼らは我慢しないはずです、そうでしょう? ポーランド暴動が起こるはずです」

とはいえ、欧州連合EU)によって求められている労働移動性――そのおかげで数千人という勤勉なポーランド人がイギリスで職を求めることができる――は、サイモン・ダービーイギリス国民党にとっていらいらさせられるものにすぎない。それに対し、イギリス国民党もほかの西欧諸国の似たような政党も、あるものをはるかに重大な脅威と見なしている。

「いまや、西欧文明に対する戦争が起きています――白人社会に対する文化的戦争が、この国のイスラム教は平均して6人の子供を持っています。一方、われわれ生粋のイギリス人はみずからの人口を維持すらしていません。イスラム教徒は、子供をたくさん持つほど自分たちの力が増すと考えています。イギリスの人口は7000万人へ向かって増えています。それはとても持続可能とは言えません」

現在、イギリス人は6300万人近くいる。「そのとおり」と言って、ダービーは立ち上がる。

「われわれは人口過剰にともなうあらゆる問題を抱えています。輸送と交通、強度のストレス、人々がたがいに重なりあって生活することで起こる暴力。単一文化社会では、それは非常に悪い状態です。多文化社会では、社会を不安定にします」

     ・

ヨークシャーブラッドフォードは、いまやイスラム教徒の町です。彼らが町を動かしています。バーミンガムの大半で、イギリス人はもはや目立たない存在です。ロンドンでは現在、子供のうちで私のような生粋のイギリス人はたった17パーセントにすぎません」

6月である。太陽に追いやられて、朝の雲は緑の地平線の向こうに姿を消していた。シャツ姿のサイモン・ダービーは、イングリッシュ・ブリッジ[訳注;ノルマン時代からセヴァーン川に架かっている石橋]に向かう。そこには川まで降りられる階段が設けられている。ヒジャーブ[訳注;イスラム教徒の女性が顔を隠すためにかぶるスカーフ]にブルージーンズというすがたの少女が2人。薬草店から出てきて、こちらに目をやることもなく通り過ぎる。携帯電話に夢中なのだ。

ダービーは首を振る。「彼らはわれわれを追い出してしまうでしょう」

西欧の多くの地域でこうした懸念がじわじわと広がっている。デンマークオランダといった、かつてはイスラム教徒を迎え入れたリベラルな土地で、ファシズム的な政治運動が起こっている。こうした懸念はユーラピア(イスラム化するヨーロッパというあからさまな新造語に要約されることが多い。

----------------

どうでもいい、じじぃの日記。

6月23日に英国で実施されたEU離脱の是非を問う国民投票は、「離脱」という結果となった。

テレビなどではEUへの不満が離脱の主な原因だと報じているが、キリスト教の価値観をもつ彼らには根底に、移民難民としてやってくるイスラム教徒への恐怖感があるのではないだろうか。

イタリアフランスオランダでもEU離脱支持者が増えているのだそうだ。

じじぃの「人の生きざま_658_長谷川・五郎(ゲーム考案家・オセロ)」

06:05

オセロ講座】オセロの打ち方、知ってますか?(初中級編) 動画 YouTube

http://www.youtube.com/watch?v=y9f87WXEVqw

長谷川五郎 (sankei.com HPより)

オセロ」考案の長谷川五郎氏が死去 2016.6.23 産経フォト

世界中で人気の卓上ゲームオセロ」を考案、日本オセロ連盟会長を務めた長谷川五郎はせがわ・ごろう)氏が20日午後11時7分、千葉県柏市の自宅で死去した。83歳。水戸市出身。

戦後間もないころ、オセロの原型として囲碁を使った遊びを考案。玩具メーカーに持ち込んだ試作品を基に1973年商品化され、世界中に広まった。

http://www.sankei.com/photo/daily/news/160623/dly1606230015-n1.html

オセロ (遊戯) ウィキペディアWikipedia) より

オセロ (Othello) とは、2人用のボードゲーム。交互に盤面へ石を打ち、相手の石を挟むと自分の石の色に変わる。最終的に石の多い側が勝者となる。単純なルールながらゲーム性は奥深いとされており、“A minute to learn, a life time to master”(覚えるのに1分、極めるのに一生)をキャッチフレーズとする。1945年秋頃に日本の茨城県水戸市で命名された。ただし、それ以前に同一のゲームが存在している

オセロの歴史】

1973年に日本の長谷川五郎が現在のオセロのパッケージを発表した後は、オセロリバーシはまったく同一のゲームであると認識されている。最初に製作されたオセロの石のサイズ(34.5mm)は、当時の牛乳瓶の紙蓋とほぼ同じ大きさである。これは長谷川が商品化に向けてオセロを試作した際、牛乳瓶の紙蓋を用いて石を製作したためである。現在も公式ルールでオセロとはこの34.5mmサイズの石を用いたものだけをいう。名称の由来はシェイクスピア戯曲オセロ」で、ストーリーが黒人の将軍「オセロ」(=黒石)と白人の妻「デスデモーナ」(=白石)の関係がめまぐるしく変わる展開であることから取ったという。このネーミングは長谷川の父親で英文学者の長谷川四郎によるものである。長谷川四郎イギリスに造詣がとても深く、イギリスの演劇や遊技文化研究でも第一人者であるとされる。長谷川五郎リバーシを教えたのも、またオセロというネーミングも長谷川五郎によるものではなく、父の長谷川四郎によるものである。

【大会】

全日本オセロ選手権大会(1973年〜)や世界オセロ選手権大会(1977年〜)など、幅広く大会が行われている。ちなみに2006年に行われた第30回世界オセロ選手権大会は、三十(みと)と、オセロ発祥地である水戸をかけて、同市で行われた。

-----------------

『国産はじめて物語〈Part2〉―戦後の日本を魅了したヒット商品の誕生秘話1950〜70年代編』 レトロ商品研究所/編集 2004年発行

オセロ 単純なルール、一発逆転また逆転……白と黒の駒に老若男女が夢中 (一部抜粋しています)

長引く不況の影響か、家族や友人と手軽に楽しめるアナログゲームが再び脚光を浴びている。その代表選手が、オセロゲームだ。8x8の路盤上で、相手の駒を「はさんでひっくり返す」という、いたって単純なゲーム。がしかし、油断するとあっという間に大逆転され、頭をかきむしるハメに……。そんなスリル満点のゲームは、昭和48(1973)年に誕生し、「世界オセロ大会」まで開催されるほどの人気を博した。その名から欧米ものというイメージもあるが、実は日本生まれ。紙に網目状の線を引き、牛乳瓶の蓋を駒に見立てて遊んでいたものが、オセロの原型だ。

終戦直後、昭和20年代の日本。娯楽らしい娯楽のなかった時代、一人の中学生が友人とともに「授業の合間の10分休憩に勝負がつく遊びはないかな?」と考える。当時の盤ゲームといえば、囲碁将棋麻雀。中学生にとってはそのどれもが難しく、10分で決着がつくシロモノではない。そこで相手の石を囲んだら取れるという囲碁のルールをより簡単にして、「はさんだら取れることのしよう」と提案。当時はその都度黒・白を全部取り替えていたのである。高校生になった彼らは、手間を省くため表裏を黒と白にしたボール紙を使うようになった。仲間内で盛り上がったゲームも、高校卒業と同時に自然消滅。ところが発案者の少年だけは周囲に普及させる情熱を失っておらず、製薬会社営業マンになり、家庭を持ってからも、積極的に同僚や家族にオセロのおもしろさを教えていった。少年の名前は長谷川五郎。現・日本オセロ連盟会長、その人である。

      ・

発売の昭和48(1973)年に設立された日本オセロ連盟では毎年「日本オセロ大会」を開催、世界70ヵ国で発売されていることから、昭和52(1977)年からは世界大会も開催。欧米ではチェスに次いで人気のあるボードゲームとして定着している。

かって医師が長谷川に言った「患者さんのリハビリにも最適」という言葉は、現実のものになった。「頭の体操に最適」として全国の路応仁福祉施設やリハビリ施設、病院で刃積極的にオセロゲームを取り入れており、リハビリ、あるいは入所者の娯楽として楽しまれている。

盲人用のオセロはすでに1万台以上を販売白石はすべすべ、黒石はざらざら模様となっており、指でさわったとき簡単に白黒の判断がつくよう工夫されたものだ。

現在国内のオセロ人口は約6000万人。囲碁将棋を抑えて堂々のトップである、あるオセロファンの外国人がこういった。

「A minute to learn, a lifetime to master」 (覚えるのは1分、マスターするのは一生)

これほどまでにオセロの性質を的確に表現した言葉はないかもしれない。

2016-06-27

じじぃの「吸血コウモリ(バンパイヤ)の謎・チスイコウモリの利他行動!神は本当に存在するのか」

06:12

World's Weirdest - Vampire Bats 動画 YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=iLp-ls8AoaU

チスイコウモリ

吸血コウモリはなぜ仲間に血を分け与えるのか 2015.11.24 ナショナルジオグラフィック日本版サイト

新たな研究により、チスイコウモリのメスは将来において自分の生存に有利になるように仲間に血を分け与えていることが明らかになった。チスイコウモリは我々が考える以上に洗練された社会生活を送っているようだ。この結果は11月18日付の科学誌「英国王立協会紀要B」で発表された。

http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/112000331/

『世界の謎と不思議』 平川陽一/著 扶桑社 1998年発行

吸血コウモリ(バンパイヤ)の秘密 より

空を飛ぶ動物の中でも、あまり好かれないのがコウモリだろう。

コウモリは、口や鼻から超音波を出し、その反射音を耳でキャッチして飛行したり、獲物をつかまえたりする。

そんなコウモリのなかでも、恐ろしいのがチスイコウモリ。つまり吸血コウモリだ。この種類は南アメリカ中央アメリカに棲むが、翼を広げると30センチを超える大きさである。

チスイコウモリの行動は、まるで忍者も顔負けの静かさと速さだ。人間でもウシでもウマでも、とにかくたっぷりと血をいただけるものがいれば、夜を待って忍びよる。そして、気づかないようにキバの先で皮膚に傷をつけ、血の流れ出るのを待つのである。

血が流れはじめたら、時間をかけてゆっくりとなめる。チスイコウモリの唾液には、血をすぐに固めないものが含まれているので、ゆっくり時間をかけて舌の先でなめつづけることができるという。

-------------

佐藤優さん、神は本当に存在するのですか?』 (竹内久美子佐藤優/著 文藝春秋 2016年発行

献身――チスイコウモリの場合 より

竹内 動物だと、互恵的利他行動の一番いい例がチスイコウモリですね。中南米の牧場の近くに住んでいて、その名の通り、夜になると家畜の血を吸って帰ってくる。

佐藤 たしか、狂犬病をもってくるコウモリですよね。

竹内 はい。彼らは木のうろ(樹洞)に集団で住んでいて、オスは成熟すると集団を出ていくので母系社会です。このチスイコウモリは、二晩つづけて血が吸えないと死んでしまうんだけど、吸血に成功した仲間が、まったく血がつながってない個体にも口移しで分けてやることがある。口移しで5ミリリットル与えたとしまうよね。与えたほうは死に6時間近づくだけなのに対して、与えられたほうは、瀕死の状態を脱し、死から18時間も遠ざかる勘定になります。ここがポイントです。ちょっとした金持にとってはほとんど痛手とならない1万円が、その日暮らしの人間には何日分かの生活費になって大助かり、みたいなものです。

 チスイコウモリはだいたい10年ぐらい同じメンバーで住んでいるので、長年の付き合いがあるわけです。とはいえ、隣人を愛してばかりだと自分の命を縮めることにもなる。

佐藤 なんでそこまでするんでしょうか?

竹内 それこそ長い付き合いがあるからです。いつか必ず自分も逆の立場に立つから。このチスイコウモリの互恵的利他行動は動物行動学にとって、すごく大きなテーマなんです。

佐藤 いつも血を分けてもらってるだけの奴もいるんですか。

竹内 それはダメ。彼らは個体識別をしていて相手をよく覚えているので、「あんた、もらってばかりだよね」となっちゃう。

佐藤 テイクするだけでギブをしない奴は、いつか死に絶える運命なわけですね。

竹内 そういう行動をとる奴は排除され、淘汰されてしまいます。

佐藤 年取ると、たぶん血吸いのテクニックも衰えますよね。若いときにギブした分を年取って回収できるのかどうか。チスイコウモリの社会に老人ホームはないだろうし。

--------------

どうでもいい、じじぃの日記。

竹内久美子佐藤優著 『佐藤優さん、神は本当に存在するのですか?』という本に「チスイコウモリ」のことが書かれていた。

利他行為とは、自分に対して見返りがあろうがなかろうが、相手に対して献身的な態度をとることである。

チスイコウモリは仲間と血液のやりとりをする。血を十分に吸った個体は飢えた仲間に血を分け与える。

チスイコウモリは互恵的利他行動をとることで、動物行動学では大きなテーマになっているんだそうだ。

仲間はずれにされるのを怖れての行動という見方もあるようです。

じじぃの「人の生きざま_657_シーナ・アイエンガー(社会心理学者・選択の科学)」

06:08

シーナ・アイエンガー選択をしやすくするには 動画 TED

https://www.ted.com/talks/sheena_iyengar_choosing_what_to_choose?language=ja

7月10日 参院選投票日 動画 YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=sfEt-nVrEoQ

選択の科学 の著者:シーナ・アイエンガーTED Talks) 02/25/2013 Nobuyuki Kokai Blog

シーナ・アイエンガー(Sheena Iyengar)さんは、1969年カナダトロント生まれ。米スタンフォード大学社会心理学の博士号を取得して、いまはコロンビア大学ビジネススクールの教授です。

両親がインドからの移民で、米国に移住した3才の時に眼の病気を患い、高校に上がる頃には視力を失っています。

シーク教徒の厳格な教義(両親が着るものから結婚相手まで宗教や慣習で決める)に従って育てられてきたのですが、米国の教育を受ける中で、「自分で選ぶこと」こそ米国の力であると「選択」を研究テーマにすることを思い立ったそうです。

http://kokai.jp/2013/02/25/%E9%81%B8%E6%8A%9E%E3%81%AE%E7%A7%91%E5%AD%A6-%E3%81%AE%E8%91%97%E8%80%85%EF%BC%9A%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%BC%EF%BC%88ted-talks%EF%BC%89/

プライムニュース 「英国ショックと乱高下 日本経済体幹”強化 規制改革の作用反作用」 2016年6月27日 BSフジ

キャスター秋元優里、反町理 【ゲスト】八田達夫アジア成長研究所所長)、橘木俊詔京都大学名誉教授 京都女子大学客員教授)、石川和男(社会保障経済研究所代表)

イギリス国民投票の結果の衝撃は、東京市場の乱高下に始まって世界中のマーケットを震撼させた。

グローバル化とその反作用は、同じ島国・日本にとっても他人事でない問題だ。

政治家や国民の感情のたかぶりの中で、あるべき規制改革、そして成長戦略のあり方とは。

参議院選・各党の雇用に関する課題

・同一労働 同一賃金の実現

長時間労働の是正

高齢者。女性の就労支援

ほぼ、全党が言っているのは同じ。

橘木俊詔 「全党がほとんど同じことを言っている。逆に言えば争点がないのと同じだ。言葉で言うのは簡単だが、どこまで本気なのか疑問だ」

●日本の“成長シナリオ”「成長の可能性」はあるか

石川和男、「日本の高度成長は二度と起きない。国全体のGDPを上げるのは無理。しかし、部分的な成長は可能だろう。スローガンはいいが、選挙後でいいから言い直したほうがいい」

提言 「日本の成長への道筋」

八田達夫 「成長戦略=機会均等化」

 成長戦略は機会均等化だと思う。既得権を持った人が独占して成長を止めている。特権を取り除くことが成長。所得再分配も必要。

橘木俊詔 「成長はほどほどに」

 国民は心の豊かさを求めている。もう経済成長は必要ない。もう1つ理由があり長時間労働安倍総理大臣は1億総活躍社会というが、国民がどれほど感銘を受けるかは疑問だ。

石川和男 「金回りをよくしろ」

 高齢者が欲しがる需要を掘り起こす。86歳で亡くなった父は85歳の時に貯金するのは老後が心配と言った。そういう需要を喚起する。社会保障は必ずするが、必ず使ってねというサービスを若者が知恵を絞って考える。

前編:http://www.bsfuji.tv/primenews/movie/index.html?d160627_0

後編:http://www.bsfuji.tv/primenews/movie/index.html?d160627_1

サンデーモーニング 2016年6月26日 TBS

【司会】関口宏 【サブキャスター】橋谷能理子 【パネリスト寺島実郎浅井慎平、西崎文子、安田菜津紀、岸井成格

風をよむ より

2週間後の参議院選、みなさんはどんな未来を選ぶのでしょうか。

来月10日の投票日に向けて、参議院選挙がスタートしました。

おととし行われた衆議院選挙では、「投票に行きますか?」と聞かれたとき「必ず行く、たぶん行く」と答えた人は91%にいたといいます。しかし、実際の投票率では52.66%と戦後最低を記録したのです。

多く聞かれたのは「どこに投票したらいいのか分からない」との声です。

その理由を聞くと、「いろんな論点がはっきりしていない」。

選択肢が多すぎたり、状況が複雑だったりすると、ついつい人間は単純な方、選択が楽な方を選ぶという心理学の「ジャムの実験」があります。

コロンビア大学シーナ・アイエンガー教授(社会心理学)が、店に24種類のジャムと6種類のジャムを置いた場合、どちらのほうが売り上げが多いか調査しました。

彼女自身も、品ぞろえが多い方が売り上げも多いと予想していましたが、予想に反して、品ぞろえが少ない方が、圧倒的に売り上げが多かったのです。

http://www.tbs.co.jp/sunday/

2016-06-26

じじぃの「農業は人類の原罪である・ネアンデルタール人絶滅の真相!神は本当に存在するのか」

06:07

最強の大型人種『ネアンデルタール人武田鉄矢【今朝の三枚おろし】 動画 YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=l_z0IWNkxTQ

What if the Neanderthals never went extinct? 動画 YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=4pqYB7xPw4s

NHKスペシャル 「生命大躍進第3集 ついに“知性”が生まれた」 2015年7月5日

【番組ナビゲーター】新垣結衣

最終回の第3回は、私たちの“知性”の誕生の謎に迫る。悠久の生命史の中にあって、文明を持ちうるほど高い“知性”を持った生き物は、私たち人間・ホモサピエンスだけだ。どのような進化の物語の末に、私たちはこの“知性”を獲得できたのだろうか?

石器の道具を比較すると、技術格差が交代劇の原因であったことがわかる。この技術格差をもたらしたさらなる原因は、種として持っている学習能力の違いであったと考えられる。

言語能力に関しては、言語能力に必要なFOXP2という遺伝子配列がヒトとネアンデルタールでまったく同一であることから、ネアンデルタールは言語能力を持っていたと考えられている。したがって、生存か絶滅かを決定づけたのは学習能力の違いであった。

マウスにヒト型FOXP2遺伝子を導入したら、大脳基底核シナプス可塑性と樹状突起のコネクションが増えたという驚くべき論文が発表された。

http://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20150705

農業は人類の原罪である (進化論の現在) コリン・タッジ, 竹内 久美子 2002年 Amazon.co.jp

農業の起源にせまる本。4万年前に始まったホビー農業が人類の雑食性とあいまって環境へ過負荷をかけ大量絶滅を起こし、そして獲物を失ったネアンデルタールの絶滅につながる。さらに1万年前にペルシア湾が干上がり、それ以外の選択肢を奪われてフルタイム農業を強いられたという流れは説得力がある。

地質学考古学、進化生物学、歴史にまたがり、農業を考察するような本は実はあまりなくその意味でも大変貴重な書物である。著者は学者ではなくサイエンスライターでありデータ面で少し弱いところが残念だがテーマからいってやむをえないのかもしれない。

(訳者の竹内久美子が解説で「証拠がないなら言ってはいけないというのが学者の世界のおかしな約束事」と書いてあるのがいかにも証拠にまったく無頓着な彼女らしく失笑を誘った。)

https://www.amazon.co.jp/%E8%BE%B2%E6%A5%AD%E3%81%AF%E4%BA%BA%E9%A1%9E%E3%81%AE%E5%8E%9F%E7%BD%AA%E3%81%A7%E3%81%82%E3%82%8B-%E9%80%B2%E5%8C%96%E8%AB%96%E3%81%AE%E7%8F%BE%E5%9C%A8-%E3%82%B3%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%BF%E3%83%83%E3%82%B8/dp/4105423037

佐藤優さん、神は本当に存在するのですか?』 (竹内久美子佐藤優/著 文藝春秋 2016年発行

なんで原罪があるの? より

竹内 そこでまた素朴な疑問なんですけど、原罪ってほんとにあるんでしょうか? 私なんか、なんで生まれつき罪を背負わなくちゃいけないのかって思っちゃうわけですよ。おかしくないですか? ドーキンスも原罪については反発を感じていますね。

佐藤 キリスト教性悪説に立つからです。人間は物事をいろいろ勝手に考えますよね。そもそも「考えること=罪」なんですよ。だから原罪からは永遠に逃れられない。罪があるから殺し合いも起きるんです。

竹内 うーん。唯一、納得できそうな説明としては、私が翻訳した『農業は人類の原罪である――.シリーズ「進化論の現在」』(コリン・タッジ著、新潮社)という本があるんですが、この本からは、農業を始めたことが人間の罪なんだと読み取れます。

 農業は、教科書では、1万年前にメソポタミアで始まったとされています。それくらいの時期にできたと思われる潅漑施設の遺跡が見つかっているからですが、いきなり大規模農業が始まるわけはないので、それを遡る数万年前からチョボチョボと、今でいう家庭菜園みたいなものをやっていたに違いない、とはいっても、もちろん狩猟採集生活が基本なんですが。

 ネアンデルタール人は単純に狩猟採集だけでした。しかしわれわれの祖先は狩猟採集のかたわら、細々と農業もはじめたわけです。それまで、獲物を摂り過ぎたら自分たちにしっぺ返しが来るので、取り過ぎないようにして、生態系のバランスも取れていたのです。ところが、農業を片手間に始めちゃったものだから、かなり取り尽くしたっていいやということになって、実際、取り尽くした形跡があるのです。

 農業技術を持った人たちは、中東メソポタミアから出て、アジアオーストラリア、新大陸へと移っていきました。その過程で、その土地土地の大型の動物を絶滅に追いやった。農業を始めたがゆえに、われわれの祖先は大型の動物を穫り尽くしたわけです。ネアンデルタール人を絶滅に追いやったのも、たぶんその流れでしょう。――こういう説が、いま、かなり有力になってきているらしいんです。

佐藤 そうすると、われわれの原罪とは、農業を始めて、他の動物を滅ぼしてきたところに罪深さがあると主張するわけですね。

竹内 はい、エデンの園からアダムとイブが追放されるとき、神が「男に労働の苦しみ、女に出産の苦しみを与える」といったのは、『農業は人類の原罪である』という本からするとよく分かる。農業を始めてしまったら、もうあとに退けなくなるんです。農業によって人口が増加するとその増加した人口を食べさせるために耕地面積を広げる→人口が増える。この繰り返しです。男は労働で苦しむし、女は出産で苦しむことになるのです。

--------------

どうでもいい、じじぃの日記。

先日、竹内久美子佐藤優著 『佐藤優さん、神は本当に存在するのですか?』という本を読んだ。

去年7月に放送された、NHKスペシャル 「生命大躍進第3集 ついに“知性”が生まれた」では、こんなことを言っていた。

ホモサピエンスは投擲具を使い槍を飛ばして小動物を捉えられるようになった。一方、ネアンデルタール人は棍棒のようなもので獲物を追っていた。この違いがネアンデルタール人が絶滅した主な原因というものだった。

ネアンデルタール人は単純に狩猟採集だけでした。しかしわれわれの祖先は狩猟採集のかたわら、細々と農業もはじめたわけです」

農業 → 定住 → 人口の増加

我々の祖先であるホモサピエンスネアンデルタール人を追い払うような形で定住をしていった。

動物行動学学者 竹内久美子さんの言う説もなるほど、と思わせる。

じじぃの「人の生きざま_656_重信・房子(日本赤軍の元最高幹部)」

06:04

【実録!!日本警察の秘密組織…極秘捜査官ZERO】国際指名手配犯を逮捕せよ!! 動画 YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=hXRpJBw9CUs

テロリストの母は「他のやり方を考えれば…」と反省を口にしていた…娘が見た日本赤軍の女王「重信房子」の“素顔” 2014.7.31  産経WEST

テロリストの女王”と呼ばれた日本赤軍の元最高幹部、重信房子(68)とドイツ赤軍の指導者、ウルリケ・マインホフという2人の女性闘士の母としての姿を描いたドキュメンタリー映画「革命の子どもたち」が公開されている。

映画は、2人にはそれぞれ娘がいるのだが、テロリストの娘と呼ばれ、ときには窮屈な思いも強いられてきた彼女たちの心情に迫った作品だ。現在、医療刑務所にいる重信は、娘の目にどう映っていたのか。重信の娘、重信メイ(41)が語った。

http://www.sankei.com/west/news/140731/wst1407310076-n1.html

重信房子 ウィキペディアWikipedia)より

重信 房子(しげのぶ ふさこ、1945年9月28日 - )は、日本の新左翼活動家、テロリスト。元赤軍派中央委員、日本赤軍の元最高幹部である。ハーグ事件の共謀共同正犯として有罪となり、懲役20年の判決を受けた。戸籍名は奥平房子。

---------------

アンビリバボー 「公安 ゼロ 極秘捜査官が重信房子タバコで逮捕の奇跡」 2016年6月23日 フジテレビ

ストーリーテラービートたけし 【スタジオメンバー】剛力彩芽 設楽統(バナナマン) 日村勇紀(バナナマン) 【スタジオゲスト】磯野貴理子 ホラン千秋

日本警察組織図にも掲載されていないと云われている公安の秘密諜報活動機関コードネームZERO(ゼロ)と呼ばれた6人の極秘捜査官たち。

国際指名手配犯・日本赤軍幹部、重信房子を苦闘10年の末逮捕に追い込んだ捜査方法の奇跡。

日本での革命を信じて世界に飛び出した彼女は独特なタバコの吸い方が大きなきっかけとなり逮捕にいたった。

http://www.fujitv.co.jp/unb/contents/160623_1.html

6月23日 フジテレビ アンビリバボー 「公安 ゼロ 極秘捜査官が重信房子タバコで逮捕の奇跡」 より

皆さんは『公安』という言葉をご存知だろうか? 『公安』とは、公共の安全を維持するために設けられた警察内の一部門の呼び名である。

都道府県の警察に存在し、事件が起きてから捜査するのではなく、テロなど日本の安全を脅かす大事件を未然に防ぐために危険な団体の動きを日々追跡している。 公安の捜査内容は機密性が重要視されることから、全てが解決しても明らかにされることはないという。

日本赤軍リーダー、重信房子明治大学に在籍中、学生運動に参加。 赤軍派と呼ばれる過激派に加わったが、内部での争いに嫌気がさし、1971年、仲間と共に日本を脱出。 中東の地で『日本赤軍』を結成した。

彼女がリーダーとなって統率すると、それまで殺人などには手を染めていなかった男子学生や若者たちは、とたんに殺人集団と化した。 計り知れない影響力を持つ、最強の女テロリスト

逃亡から30年、かつての重信の写真と、監視カメラに映った女性を比較したが、あまりの変わりように同一人物とは認識し難かった。 撮影された写真は、警察庁の『ZERO』本部にも送られ、すぐに顔認証分析が行われた。 結果…本人の可能性が限りなく高いと判明。

尾行を始めて10日。 本人であると断定する証拠をつかめなかった。 すると…中年女性が、タバコを取り出し吸いだした。 その吸い方は…パイプを吸うが如く、手のひらを上に向けた。 この瞬間、全員が確信を持った。 彼女は重信房子本人だと!

彼女が実行犯であると判明していたのは、オランダハーグフランス大使館を武装占拠したハーグ事件のみ。 検察はこの事件に関して、殺人未遂罪などで重信を起訴した。 その後の裁判では、自らの主義や主張を絶対視、多数の生命、身体への危険を意に介さない身勝手な犯行と、懲役20年が言い渡された。 長年の苦労が実り、日本赤軍のリーダーを逮捕に追い込んだ裏の捜査官たち。

そして、逮捕の翌年、重信房子は獄中で日本赤軍の解散を宣言した。 重信房子を逮捕できた最大の理由は…赤軍の幹部は必ず日本に再上陸していると確信し、日本のために彼らを逮捕するという強い意志を現場が10年間も持ち続けたことに他ならない。

2016-06-25

じじぃの「梅雨の風物詩・里山に復活したホタルの乱舞!ニュースシブ5時」

06:08

ななかいの里、ホタルの夕べ(常磐百景) 動画 YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=SRT3Fvy3tFE

ホタルの交尾 (kitano-s.sakura.ne.jp HPより)

所さんの目がテン! 「かがくの里に希少動物」 2016年6月26日 日本テレビ

【MC】所ジョージ、後藤晴菜

2014年11月、茨城県常陸太田市にある里山に囲まれた不毛な荒れ地に1人の科学者がやって来た。作物栽培は困難かと思われたこの土地に様々な科学者たちが集結し、科学の知識を駆使して開墾していった。

今年5月下旬、温室で栽培されてきたサトイモの苗がかがくの里に運ばれた。

池で放った1000匹のどじょうを調査。ヤゴやサカマキガイなどを発見、今年はホタルが見られる可能性があるとのこと。また現在準絶滅危惧種に指定されているコオイムシも発見。この池は1年で多様な水生昆虫がすめる環境に変化したようだ。

タガメなども池で見られたという。今現在いい環境になってきているとのこと。

かがくの里で高級魚ホンモロコ養殖を始めるとのことだ。天ぷらにして料理するとおいしいとのこと。

http://www.ntv.co.jp/megaten/

谷津田ホタル見よう! あす夜“光のショー” 多古で観賞会 環境保全団体 2013年7月5日 千葉日報オンライン

6日夜、多古町出沼(いでぬま)地区の谷津田の一角で、市民グループ「出沼自然を守る会」がホタルの観察イベントを行う。同会事務局長の石井佳孝さん(68)は「初めてホタルを見る子どもたちもいると思う。きっと喜んでくれるだろうし、自然の大切さを知ってもらえる機会になれば」と参加を呼び掛けている。

http://www.chibanippo.co.jp/news/local/145233

ニュース シブ5時 2016年6月23日 NHK

キャスター松尾剛寺門亜衣子 【気象キャスター】平野有海

●平野有海の旬予報・梅雨ホタル

近年、里山の環境を見直すことでホタルが日本各地で復活している。

茨城県城里町ホタルの観賞会が行われた。集まった人は200人以上。

ホタルはきれいな水のある環境でしか生きられない。

http://www4.nhk.or.jp/shibu5/

『もっと「話が面白い人」になれる雑学の本』 竹内均/編 知的生きかた文庫 2012年発行

ホタルは死んでも光るのか? より

ホタルの種類は、およそ2000種。そのうち約40種が日本に棲息しています。代表的なのはゲンジボタルヘイケボタル、ヒメボタルといったところ。なかには、ベニボタルのように発光器のないものや、クサボタルのように幼虫のときしか光らないもの、カラフトボタルのようにメスしか光らないものもあります。

たいていのホタルの場合、腹部の後ろの端に発光器がついていて、発光物質が空気に触れて酸化することによって点滅します。

点滅はかなり素早く、ゲンジボタルで1分間に80回。ヘイケボタルは120回、0.5秒に1回光っているのですから、人間の目にはほとんど光りっ放しのようにも見えます。発光は求愛の信号で、まずオスが飛びながら光り、メスがそれに返事して光るといった具合。相手を間違えないように、種類によって光り方が違います。

発光器のしくみに関しては、まだ解明されていない点もあるのですが、不思議なことに死んでも光は放たれるのだとか、死んだホタルの発光器を乾燥させて保存すれば、その働きは失われないそうです。

------------

どうでもいい、じじぃの日記。

6/23、NHK 『ニュース シブ5時』で「平野有海の旬予報・梅雨ホタル」を観た。

こんなことを言っていた。

訪れたのは、豊かな自然が残る茨城県城里町の七会地区。

この日、観賞会に集まった人は200人以上。県外からもホタルを見るため、多くの人が訪れています。

ホタルが最も光を放つのは、夜8時ごろ。

平野さん、「いっぱい舞ってる!」

空を飛んでいるほとんどのホタルはオス。葉や枝に止まっているのがメス。

ホタルの成虫の寿命は10日ほど。その間、草などについた水滴しか摂取できません。

そのため、水分が十分に確保できる梅雨に、多く発生するといわれています。

ホタルの幼虫の餌になる、カワニナという貝類。カワニナはきれいな水でしか生息できません。

一時は生活排水や農薬の影響で激減したホタルも、水田に戻ってきました。

日本で見られるホタルには2種類います。ゲンジボタルヘイケボタルです。

気温が高いということと、湿度が高くて、そして雨が降っていないということ。

もう1つは風が弱いということす。こういった条件がそろっていると、うまく飛べるということなんです。

と言うことで、

自宅近く(千葉県東金市)でホタルが見れないか、ネットで検索してみた。

山武市内(成東)の谷津田ホタル観賞があるとか。

画像を見ると、沼地のようなところ。ホタルが見られるのは夜8時頃とか。

行って見てみたいが、不安だ。雨も降りそうだし。

もうちょっと、調べてからにしようっと。

じじぃの「人の生きざま_655_古舘・伊知郎(司会者)」

06:06

古舘伊知郎、久々『おしゃれ』出演 上田晋也は戦々恐々「絶対渡さない!」 動画 YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=bnXmWIlMY5s

古館実況 動画 YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=1qDzGYYMXW0

古舘伊知郎 コトバンク より

古舘 伊知郎(ふるたち いちろう、1954年〈昭和29年〉12月7日 - ) 昭和後期-平成時代の司会者。

昭和52年テレビ朝日入社プロレス中継で絶叫調の過激アナウンサーとして人気をえる。59年フリーとなり、NHK「クイズ日本人の質問」ほか、バラエティー・歌謡・お笑い番組などでマルチ司会者として活躍。平成6-8年NHK紅白歌合戦」の司会、16年より「報道ステーション」のメインキャスターをつとめる。東京出身。立大卒。

--------------

週刊ポスト 2016年7月1日

笑刊ポスト テレビが新しく面白かった時代を一緒に駆け抜けた男が帰ってきた 【編集長】高田文夫 より

報道」という名の窮屈とストレスから12年ぶりに解放され、また陽気で人一倍饒舌な古舘伊知郎が、我々が長く住むバラエティという長屋へ帰ってきてくれた。むしょうに嬉しい。当人曰く「あまりはしゃがず、自省しながら」と言うが、これだけの才能『報道ステーション』だけに埋もれさせておくのはもったいない。

テレビでトントンと2本、爆笑のうちにしゃべりの名刺交換を済ませ、肩をあたため、6月13日、自身復帰後初となるラジオの生放送に『高田文夫ラジオビバリー昼ズ』を選んでくれた。たった今、90分をしゃべりたおし興奮もさめやらぬうちにこれを書いている次第。

丸12年冗談ひとつ言えぬ番組暮らし、それはもう大変な日々だったと思う。まさに”会話とはキャッチボール”。若き日、私はボキャブラリーの宝庫といわれた時代にコピーを付けた通り。高田名人との打てば響くやりとり、さぞや心地良かったと思う。

思えば30年以上前、1984年テレビ朝日を退社する時、私にも相談にきてくれた。私は「フリーでも絶対やれるから」と太鼓判を押し、当時飛ぶ鳥を落としていた『オレたちひょうきん族』の中に「ひょうきんプロレス」というのを考えて笑いのリングを用意した。

     ・

フリーなんか怖くないと、古舘氏にはいろんなことをやってもらった。お正月には元旦名物、8時間も続く生放送(私は30年近く構成をひとりでやっていた)『初詣爆笑ヒットパレード』でヘリコプターに乗ってもらい、元旦風景の実況。「おーっと目黒区上空、あそこは華燭の典を終えたばかりの郷ひろみ二谷友里恵の家であります。オエッ」。ヘリコ酔いして、もどしそうになっていた。

今のようにコンプライアンスなど言わなかった時代、テレビが最も新しく面白かった時代を一緒に駆けぬけた古舘氏がまた帰ってきてくれたことが至福。下町のなつかしいにおいがした。

2016-06-24

じじぃの「疑惑の舛添氏・政治資金を使って買った美術品は個人のものになるのか?ワイドスクランブル」

06:11

舛添知事を身内が追及「あまりにせこい」 動画 YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=WZytdjkLNx0

マスゾエ式定年後極楽生活入門 50代からの「生活設計を楽しむ法」を読んでみた 2016/06/11

都議会公明党の高倉良生さんが、舛添の政治資金疑惑を追及する為に取り上げた『マスゾエ式定年後極楽生活入門 50代からの「生活設計を楽しむ法」』を読んでみました。

テレビ番組のスッキリでも、その時の模様が取り上げられていたのでご存じの方は多いかと思います。

絵画財テク投資

舛添は東京都議会での答弁では『私は決して財テク目的で購入した物ではございません』と言っていますが、こちらの本では、絵画を購入しての財テクを推奨しています。

http://matsushima-biz.com/masuzoe-gokuraku-3039

ワイド!スクランブル 2016年6月22日 テレビ朝日

【司会】橋本大二郎久保田直子 【アナウンサー小木逸平

舛添要一都知事の疑惑

舛添氏はネットオークションなどを通じて美術品を多数購入、しかも政治資金から「資料代」として支出していた。

美術品など、政治団体で購入したものは解散後に美術館などに寄付するなどと説明しているが、公明党議員は著書「マスゾエ式 定年後極楽生活入門」を挙げて財テクのためではと指摘した。

舛添氏の著書では政治資金絵画を購入し議員会館に飾り、値上がりを期待しているなどと明かしている。日本大学・岩井泰信教授は、政治資金による購入後の所有権については法的な規定がない。現状では政治家個人の持ち物になると答えた。

http://www.tv-asahi.co.jp/scramble/

文藝春秋 2016年7月号

汚れた「TOKYOの顔」への退場勧告 舛添知事は日本の恥だ 片山善博増田寛也/上脇博之 より

片山 上脇さんの「政治資金オンブズマン」は、「竜宮城スパホテル三日月」の費用を「会議費」としているのは政治資金規正法違反(虚偽記載)にあたるとして東京地検刑事告発していますね。

上脇 はい。舛添さんは「竜宮城スパホテル三日月」の宿泊費を「会議費用」、自宅近くの天ぷら料理屋やイタリアンレストラン等の飲食代約7万円を「食事代」、美術品、絵画、骨董品等の購入費約580万円を「資料代」として政治資金から支出していました。これらはすべて私的なもので政治活動とは言えず、虚偽記載の疑いがあり、告発の対象としました。

 問題はそれだけにとどまりません。舛添さんが都知事になる前から、我々のオンブズマンでは彼の政治資金の使途を分析し、疑惑に警鐘を鳴らしてきました。当時は今ほど注目を集めなかったのですが、例えば、参議院議員だった09年から、彼の政党支部や資金管理団体が、「舛添政治経済研究所」に、事務所費として毎月約44万円を支払い、6年間で合計約3千万が流れています。今回このことも改めて注目され、批判を浴びています。政治団体の事務所として使用実績があったとしても、地元の不動産相場よりも、明らかに高額な値段設定ではないでしょうか。

 また、通常「資料代」とは、国会で質問するなどの政治活動に使う試料の購入費が該当します。美術品の購入費を「資料代」と書いておけば「セーフ」にできると考えたのかもしれませんが、記者に質問されて「国際交流のためだ」と弁明したのは、後知恵でしょう。政治資金規正法では、使徒に関する明確な制限はありません。そこに付け込んだ狡賢いやりかたのように思います。そもそも、美術品を政治活動のための「資料」として購入することなど、ありうるのでしょうか。

増田 舛添さんは「海外の方と交流する際に、書や浮世絵の版画などをツールとして活用している」と弁明していましたね。私も知事を12年、総務大臣を1年務め、様々な政治家の方とお付き合いがありますが、そのようなケースは聞いたことがありません。自尊の趣味のためではないか、と疑われるのも仕方ないと思います。

片山 百歩譲って好意的に考えれば、海外の姉妹都市の交流偉業などに際し、知事としてお土産を準備することはありえます。例えば地元にちょっとした書家がいる場合、その方を顕彰する意味も含めてその書を購入し、先法にお贈りするようなことはあり得る。ただ、毎月のように「世界堂」(画材、額縁の専門店)で買い物をしている事実からは、とてもそうは思えません。購入した美術品などが自分の趣味や資産形成のためのものではないと世間に納得してもらうには、何を買い、どのような場所で誰に手渡し、どう政治に役立てたのかを説明する責任があると思います。

---------------

どうでもいい、じじぃの日記。

6/22、テレビ朝日ワイド!スクランブル』を観た。

舛添要一都知事の疑惑】

政治資金による美術品など、購入後の所有権については法的な規定がないので、舛添氏個人の所有物になるのでは、とのこと。

舛添氏の元妻で参院議員片山さつき氏が、まだ東京都知事だった頃、あるテレビで「セコい、小さい、哀しい」と語っていた。

舛添氏は東京都知事を辞めたが、その人間性には興味があります。

じじぃの「人の生きざま_654_リチャード・ドーキンス(進化生物・動物行動学者)」

06:06

戦闘的無神論 動画 TED

https://www.ted.com/talks/richard_dawkins_on_militant_atheism?language=ja

リチャード・ドーキンス ウィキペディアWikipedia)より

クリントンリチャード・ドーキンス(Clinton Richard Dawkins, 1941年3月26日 - )は、イギリスの進化生物学者・動物行動学者である。The Selfish Gene(『利己的な遺伝子』)をはじめとする一般向けの著作を多く発表している。存命の一般向け科学書の著者としてはかなり知名度の高い一人である。

【概説】

文化の伝播を遺伝子になぞらえた「ミーム」という語を考案した。スティーヴン・ジェイ・グールドとの論争でも知られる。この論争は社会生物学を受容するグループと拒絶するグループの象徴となったが、二人は創造論に対しては共闘関係にあった。熱烈な無神論者、反宗教主義者、懐疑主義者、ダーウィニストとして知られ、世俗的ヒューマニズムブライト運動、科学的合理主義の推進者でもある。2004年にプロスペクト誌が行った「イギリス知識人100人」で首位に選ばれた。2006年の著書『神は妄想である』は2007年11月の時点で英語版の売り上げが150万冊に達し、31ヵ国語に翻訳された。今日、彼の著書の中で最も有名な一冊となった。

リチャード・ドーキンス 『悪魔に仕える牧師 なぜ科学は「神」を必要としないのか』 垂水雄二訳、早川書房、2004年4月23日。ISBN 4-15-208565-7。

リチャード・ドーキンス 『神は妄想である 宗教との決別』 垂水雄二訳、早川書房、2007年5月26日。ISBN 978-4-15-208826-0。

リチャード・ドーキンス 『進化の存在証明』 垂水雄二訳、早川書房、2009年11月21日。ISBN 978-4-15-209090-4。

----------------

『死なないやつら』 長沼毅/著 ブルーバックス 2013年発行

遺伝子からみた生命 より

「生物は遺伝子の乗り物にすぎない」と主張して一世を風靡したドーキンス出世作となった著作は『利己的な遺伝子』というタイトルでした。しかし、このネーミングは誤解を招きやすく、あまり適切ではなかったのではないかと私は考えています。

この言葉には、まるで遺伝子が「意思」というものをもっているかのような印象があります。生物が自分にとって都合のいい「乗り物」になるように、遺伝子自身が「目的意識」をもって突然変異を起こしている――そんなイメージを想起させます。

しかし、ドーキンスは決してそのようなことを述べているわけではないのです。むしろ、生物の設計にはどんな「デザイナー」も存在せず、進化とは「偶然の積み重ね」であることを、ドーキンスはさまざまな著作を通じて力説しています。

しかも、このタイトルには別の意味でも疑問があります。たしかに「乗り物」にされている私たちからみれば、遺伝子が「自分」の都合を最優先して、私たち「乗り物」を二の次にしているのは勝手だと思いたくなります。しかし、うまく生き延びることができる遺伝子は、実は決して「利己的」ではないのです。むしろ「協調性」のある遺伝子のほうが、より生き延びやすいようなのです。

ドーキンスもそのことをわかっていたので、本当は「協調的な遺伝子」といったタイトルにしたかった、という話も聞いたことがあります。

とはいえ「遺伝子に協調性がある」というのは、私たちにはにわかに想像しがたい話です。いったい遺伝子の協調性とは、どのようなものなのでしょうか。

----------------

『好奇心の赴くままに ドーキンス自伝I 私が科学者になるまで』 リチャード ドーキンス/著、垂水雄二/訳 早川書房 2014年発行

来し方を振り返る より

利己的な遺伝子』の出版は、私の人生の前半生の終わりを記すものだから、ここは立ち止まって、振り返ってみるのにふさわしい場所である。私はたびたび、アフリカで過ごした子供時代が生物学者になるように導いたのではないかと尋ねられる。そうですと答えたいところだが、確信がない。初期の歴史におけるなにか特定の偏向によって、人の一生の進路が変わったかどうか、どうしたらわかるというのだ? 私には、普通に目につくと予想されるあらゆる嗄声動物の名前を言うことができる訓練を受けた父と母がいた――そして二人ともつねに、実在の世界についての子供の好奇心を満たそうとしたがった。これは私の人生にとって重要だったか? イエス、まちがいなくそうだった。

私が8歳のときに家族はイギリスに渡った。もしこれがなければどうだったろう? 11歳のとき、私はマールボロ校ではなく、オーンドル校に行かされた。この気まぐれな変化が私の将来を決定したのだろうか? どちらも男子校だった。心理学者なら、もし私が男女共学の学校に行っていれば、社会的にもっと順応した人物になっていただろうと言うかもしれない。私はオックスフォード大学になんとかもぐりこんだ。たぶんぎりぎりで通ったのだろうが、もし落ちていたらどうなっていただろう。もしニコ・ティンバーゲンの個別指導を受けなかったとしたら、したがって、動物行動学ではなく、当初の計画通り生化学で博士研究をしていたらどうだったろう? まちがいなく、私の人生は異なったものになっていたことだろう。おそらく、私は本など書いたりしなかっただろう。

しかしひょっとしたら、人生には、何か磁石のように人や物事を引き戻すものがあって、一時的な逸脱があったとしても、一つの道筋に収斂していくという傾向があるかもしれない。生化学者として、そのときにはもう少し分子的な方向への傾斜が強くなっているとしても、最終的には私は『利己的な遺伝子』に至る道に戻っていったかもしれない。ひょっとしたら、その道の引力は、私の十数冊の著作すべてについて、(今度も生化学へ傾斜した)変形版を書くように導いたかもしれない。正直、それはどうかなという気持ちだが、「その道に戻っていく」という考え方全体は、興味がないわけではない。それについては、……まあ……いずれ戻るつもりである。

      ・

ミスター・ダーウイン(けっしてサー・ダーウインではない、わが英国叙勲制度へのなんというすばらしい告発だろう、これは)、この最後の一文は、世界一の控え目な発言として賞を勝ち取るべきだ。ミスター・ダーウイン、あなたはあらゆる時代を通じて、もっとも偉大な推論家の一人であり、もっとも偉大な説得者の一人なのに。

私はすぐれた観察家でない。そのことを自慢しているわけではないし、一生懸命努力はしているのだが、私は父や母が望んでいたナチュラリストではない。私には忍耐心が欠けているし、特定の動物や――私の育てられ型の特権の一つにもかかわらず――植物のグループについて、くわしい知識をもっているわけではない。私は英国でふつうにみられる小鳥のさえずりは5、6種しか知らないし、夜空に浮かぶ星座の数も、野生植物の科の数も、やはり半ダースほどしか知らない。動物界の門、網、目(もく)についてはもう少しよく知っている――オックスフォード大学で動物学を学んだのだから、当然知っているべきなのだ。というのも、ほかの大学はどこでも、この学問に対してこのような古典的アプローチに力を入れていないからだ。

証拠の示すところによれば、私はほどほどに有能な説得家であるらしい。言うまでもないことだが、私が説得する題目は、ダーウインのそれに比べれば、取るに足らないものである――おどろくべきことに、ダーウインその人の見出した真理を人々に説く仕事をいまだに終えられずにいるという意味ではどうかなと言わざるをえないが――、私は現在のダーウインのブドウ畑で働く労働者の一人にすぎない。