Hatena::ブログ(Diary)

老兵は黙って去りゆくのみ

2019-01-28

じじぃの「科学夜話・インフルエンザ予防法・うがいは効果がない?月刊WILL」

06:45

のどにはウイルスがべったりと付着している

感染症予防のためのうがい 長崎大学

●「のど」は病原細菌の最初のターゲット

健康成人の「のど」には、病原細菌がつっついて増えるのを防ぐ働きがあります。

しかし、風邪をひいて「のど」がダメージを受けてしまうと、その働きは弱まり、病原細菌がくっつきやすくなります。

特に、子どもやお年寄り、あるいは糖尿病、心臓や肺に慢性の病気を持っている人では、細菌が下気道で増えて気管支炎や肺炎を引き起こしやすいので注意が必要です。

http://www.kagoshima.med.or.jp/people/topic/2002/135.htm

『月刊 WiLL』 2019年3月号

インフルエンザ予防法 岡田明三(鍼灸師・明鍼会会長) より

冬といえばインフルエンザ。今年も大流行しているようです。そこで今回は、東洋医学観点から、インフルエンザ予防について考えてみたいと思います。

実は、インフルエンザ中国生まれのウイルスです。中国では豚と鶏を放し飼いにしている地域があり、そこで豚と鶏のウイルスが混じり、人間にも移るウイルスができてしまいました。

ちなみに、15年ほど前に大流行したSARS重症急性呼吸器症候群)も中国生まれです。

     ・

インフルエンザは、今でこそ「ウイルス」が原因であることが分かっていますが、昔は脳卒中や顔面麻痺などと同様に「中風(ちゅうふう)」と呼ばれ、恐れられていました。

さて、風病を防ぐには、次の4つを心掛けることが重要です。

1つ目は免疫力を高めること。免疫力は、睡眠と食事によって高めることができます。睡眠不足と食生活の乱れには気を付けましょう。

2つ目は、手荒い、うがい、水補給を徹底すること。意外と知られていませんが、ウイルスが喉の粘膜に付着していても、3時間程度であれば体内に取り込まれることはありません。うがいや水分補給を行って、喉に付着しているウイルスを流してしまえば、ほとんどの感染を防ぐことができるのです。また、扉の取っ手や手すり、電車のつり革などには、ウイルスが付着しています。そして、人間は普段から無意識に顔、特に口元や顎を触っている。だからこそ、手を洗うことが大切なのです。しっかりと免疫力を付けていれば、手荒いとうがいを徹底するだけで、相当な効果がありますよ。

3つ目は、人ごみに行くときは必ずマスクを着用すること。飛沫感染を防ぐことができます。

4つ目は、部屋を乾燥させないこと。朝、太陽の光に照らされると、埃などが舞っていることが分かりますよね。このように、ウイルスも空気中に舞っているのです。

-------------

どうでもいい、じじぃの日記。

歳も70を超えると一番気になるのは肺炎だろうか。

唾が若いときと比べて出にくくなり、喉に異物が詰まっているのを意識するようになった。

だいたい、年寄りの死因では肺炎が圧倒的に高い。

テレビで、インフルエンザ予防に「うがい」は効果がないとか言っていた。

ウソだろう。

私の喉にはウイルスがべったりと付着している。

「2つ目は、手荒い、うがい、水補給を徹底すること。意外と知られていませんが、ウイルスが喉の粘膜に付着していても、3時間程度であれば体内に取り込まれることはありません。うがいや水分補給を行って、喉に付着しているウイルスを流してしまえば、ほとんどの感染を防ぐことができるのです」

だそうだ。

じじぃの「科学・芸術_739_スペイン・アンダルシアのジプシー」

06:40

Spanish gypsies' Thar connection 動画 YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=kA-aXAiv4LU

lassify russian gypsies acting as spanish gypsies

アンダルシアを知るための53章』 立石博高、塩見千加子/編著 赤石書店 2012年発行

アンダルシアのロマ ヒターノたちの歴史と現状 より

ロマとは誰か。この問いに答えるのは難しい。ロマとは、「ジプシー」と呼ばれる人々であるが、「ジプシー」という呼称が差別的であるとされ、現在では「ロマ」への呼び変えが一般化している。しかしスペインでは、「ジプシー」を意味する「ヒターノ」という呼称が、ヒターノと非ヒターノ両者から使用され続ける傾向にあり、その背景には、複雑な歴史・地域的かつ政治的な事情が存在する。

かつてアンダルシアは、フランスイギリス諸国におけるロマン主義や東洋趣味の格好のテーマとなり、ここに多く暮らすヒターノたちもその対象となった。セビーリャを舞台として展示されたプロスペル・メリメカルメンの物語をご存知の方も多いはずである。

ロマたちの故郷についてはさまざまな議論があるが、インド方面にあるとされる故郷を離れ、彼らがスペインへ到来したのは15世紀初頭である。スペイン東部を経由し、アンダルシアへ到来したのは1462年11月22日であるとされている。その日、ハエンの町に、小エジプト(現在のギリシャ、ヘロボネソス半島あたりとされている)から2人の伯爵トマスとマルティンが100人の同郷人を引き連れてやってきて、歓待を受けたという記述が残っている。今では、この日11月22日は《アンダルシアのヒターノの日》とされ、アンダルシア・ヒターノ社会文化センター主催により、《ヒターノ文化賞》の授与が行われ、ヒターノにまつわるさまざまなイベントやフラメンコの上演などが実施されている。

ヒターノたちにとってアンダルシアとはいかなる地なのか。そこはかつてより彼らが好んで暮らした場所であり、アンダルシアのヒターノを語ることとその他の地域のヒターノを語ることは同じではない。《ヒターノ財団》の2007年のデータによれば、今日でもスペイン全体の3分の1以上のヒターノがアンダルシアに暮らしている。先に触れた《ヒターノ文化賞》の徐よなど、ヒターノ文化の保護に向けた動きは、他の州に比べてアンダルシアではかなり手厚く、ヒターノの保護や支援を行う協会や結社などの数もアンダルシアがもっとも多い。

なぜロマたちはアンダルシアに定着したのか。1492年のカトリック両王によるレコンキスタ完了の後、ヒターノは、周囲の人々がさげすんだり、駆逐される前にムスリムイスラーム教徒)が従事していた商売や工芸を生業とし、さまざまなすき間を埋める形となった。ヒターノたちが従事した職業は、鍛冶、籠編み、銅製品製作、家畜の取引、剪毛、農業、そして芸術などであるとされている。また、ヒターノたちはムスリムたちがかつて暮らしていた洞窟などに暮らし、さまざまな形でムスリムたちの穴を埋めていった。

彼らのアンダルシアでの暮らしを知る手掛かりとなる、いくつかのエピソードが残っている。アンダルシアにおけるヒターノの洗礼や結婚、聖体の祝祭への参加の記録は16世紀初頭にさかのぼる。また1576年には、アンテケーラという町に住むヒターノ家族がスペイン王国内を自由に移動する許可を求めた際、司祭や町議会議員たちが、これらの家族が善良なキリスト教徒であり、土地をもち、子どもを学校にやり、他の一般スペイン同様の暮らしをしていることを証明したという記録が残っている。実際、彼らは地元住民の間に溶け込み、土地を耕し、そして納税をして暮らしていた。

2019-01-27

じじぃの「科学夜話・人はどれだけの重力に耐えられるか?とんでもない死に方」

06:05

Can You Survive An Elevator Fall By Jumping? Debunked 動画 Youtube

https://www.youtube.com/watch?v=O16BNjOnOLE

How to Survive an Elevator

Naomi Osaka will be the new World No. 1

『とんでもない死に方の科学: もし●●したら、あなたはこう死ぬ』 コーディー・キャシディー、ポール・ドハティー/著、梶山あゆみ/訳 河出書房新社 2018年発行

乗っているエレベーターのケーブルが切れたら より

エレベーターによって建物は高層化し、1街区に詰めこめる人の数も増えた。エレベーターがなければ、人は市の中心部から最遠もなく広がって住むしかなかっただろう。

そんなロサンゼルスみたいな都市ばかりにならずに済んだのも、オーティス氏のおかげといえる。とはいえ、あり得ないことが実際に起きて、オーティスの発明がうまく機能しなかったと考えてみよう。エレベーターは摩天楼の最上段から添乗員オリヴァー夫人のように落下したとしても、あなたがお陀仏になるとは限らない。多少の幸運に恵まれればいくつかの物理現象がウソみたいに都合よく重なって、助かるかもしれないのだ。オリヴァー夫人がそうだったように。

昨今では、エレベーターでどれだけ長い距離を落ちたくても、500メートルあまりがせいぜいである。それ以上の高さにエレベーターを設置すると、ケーブルが重くなりずぎてしまう。1973年ワールド・トレード・センターでエレベーター乗換えフロアがフロアで考案されるまで、高層ビルはこの限界を上回る高さになれなかった。

500メートルの高さからエレベーターが自由落下したら、地面に激突するときの速度は時速300キロ強。中の人間が生きていられないのはほぼ間違いない。ところがあなたに運があれば、シャフトにぴったりフィットしたエレベーターに乗れる。そうしたら、箱の下にある空気がそうそう速くに上に逃げていけない。結果的に軟らかいエアバックのような圧力の枕が生みだされて、それが落下速度を下げてきれる可能性がある。

だが、生きて帰るためにはそれだけじゃ足りない。

体に加わるG力を軽減するには、落下速度を徐々に落としてゆっくり停止するのが肝心だ。G力とは加速や減速によって体にかかる力のことで、地球の重力を基準にした単位である。たとえば、今現在あなたが受けているG力は1Gだ。やたらと動きの激しいジェットコースターで最大5G前後である(つまり体重が実際の5倍になること)。訓練を受けた戦闘パイロットなら、9Gに耐えて飛びつづけることができる。

じゃあ、人間の限度はどれくらいなのか。どうやら、およそ50Gをほんの数秒間だけというのが生還できる限界のようだ。なぜわかるかといえば、1994年に試した男がいたからである。

-------------

どうでもいい、じじぃの日記。

500メートルの高さからエレベーターが自由落下し地面に激突したときの速度はどれくらいになるのだろうか?

だいたい、エレベーターが地面に激突したときの速度は時速300キロだそうです。

大坂なおみ選手のサーブは時速200キロ。

「やたらと動きの激しいジェットコースターで最大5G前後である」

世界最速ジェットコースターは時速240キロだそうです。

大坂なおみ選手のサーブの速度は世界最速ジェットコースターの速度並ということでしょうか。

エレベーターが地面に激突したとき打ちどころが悪いと死ぬが、大坂なおみ選手のサーブのボールが顔面に当たれば大怪我というところでしょうか。

大坂なおみ選手が全豪オープン優勝!!  (^○^)

じじぃの「科学・芸術_738_スペイン・ガリシア移民」

06:04

Coming home to Galicia 動画 YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=tiSYGC2f1kg

 中南米に移住したスペイン人

スペインガリシアを知るための50章』 坂東省次、桑原真夫、浅香武和/編著 赤石書店 2011年発行

世界のなかのガリシア人 強烈な郷土意識 より

ガリシア人の移民19世紀末にはじまり、多数のガリシア人がビーゴ港やア・コルーニヤ港からアメリカ大陸に向けて出発した。キューバフィデル・カストロ国家評議会議長アルゼンチンラウルアルフォンシン元大統領コロンビアノーベル文学賞作家ガルシア・マルケスもまたガリシア移民の子孫である。20世紀後半には西ヨーロッパの戦後経済復興にともなって、数多くのガリシア人がヨーロッパ各地、なかでもスイスドイツ出稼ぎに行っている。現在、スペイン国籍を持つ30万人以上のガリシア人が、アルゼンチンウルグアイベネズエラなど世界の50ヵ国に住んでいる。彼らはかつての移民もしくはその子孫である。

ガリシア移民の特徴を挙げるとすれば、特に2つの点が挙げられる。1つは、ガリシア人が他に類を見ないほど故郷に強い郷愁を抱いていることである。

祖国を後にして新しい土地に向かう移民を待ち受けているのは、実に過酷な人生であろう。移民は誰でも新しい土地にたどり着くと同郷の仲間を探して、集団の絆を強くしようとする。ガリシア移民コロニー建設の第一歩は、「ガリシアの家」の建設であった。やがてそこではガリシアの言語、文学、歴史の授業、連続講演会、劇の公演がはじまった。「ガリシアの家」はガリシア移民経済発展とともに大きくなっていった。最初は郊外の質素な建物であったが、時を経て都心の豪華な建物になった。最初は労働者や従業員の集まる場所であったが、やがて影響力のある起業家のロビーとなり、そこで開かれる豪華なパーティーにはその国の大統領首相をはじめ上流階級の人々が招かれるようになった。

      ・

フランコ将軍が政権を握るずっと以前、アメリカ大陸に渡り、そこでまったく自由に文化活動を行う優れたガリシア人もいた。19世紀末、キューバガリシア人の亡命であった。1885年に最初のガリシア語の出版が行なわれたのも、また1886年ガリシア以外でガリシア語の戯曲がはじめて公演されたのも、ハバナ市であった。また、ハバナ市では、1907年12月20日にはじめてガリシア国歌披露された。ガリシアの旗も最初にキューバで製作され、のちにガリシアに運ばれたのである。マヌエル・クーロス・エンリケス、アントン・ビラル・ポンテ、ラモン・カバニージャスといったガリシア文化の著名人キューバで暮らした。

以上のように、アメリカ大陸はガリシアにとってかけがえのない存在だったのである。

海外のコロニーの現状は今から50年前のそれとは明らかに異なっている。ガリシア移民の定年組は故郷ガリシアに帰還している。故郷ガリシアもまた大きく変わった。田舎の時代遅れのガリシアから進歩的でダイナミックなガリシアにシフトし、移民送り出しから移民受け入れのガリシアになった。ガリシア経済発展によって、若い労働者移民として海外に出かけていく必要もなくなったのである。

2019-01-26

じじぃの「テニス全豪オープン・大坂なおみ・グランドスラムを制した女王たち!雑学王」

06:22

Final game: Naomi Osaka powers through to final (SF) | Australian Open 2019 動画 Youtube

https://www.youtube.com/watch?v=nVtUydu0cmE

Naomi Osaka

ワイドスクランブル 2019年1月25日 テレビ朝日

【司会】小松靖大下容子 【コメンテーター柳澤秀夫ジャーナリスト)、中野信子(脳科学者)、デーブスペクター(TVプロデューサー) 【解説】吉田友佳(元プロテニス選手)

●テニス全豪オープン 大坂なおみ世界一に王手 決勝相手は左利きのクビトバ

全豪オープン女子シングルス準決勝で大坂なおみがプリスコバに勝利した。

グランドスラム(4大大会)

全豪オープンオーストラリアメルボルンハードコート

全仏オープンフランス・パリ、クレーコート

全英オープン英国ロンドングラスコート

全米オープン米国ニューヨークハードコート

全て達成することがグランドスラム制覇となる。

生涯で4大大会全てを制覇した女子は10人しかいない。

モーリーン・コノリー、ドリス・ハート、シャーリー・フライ、マーガレット・スミス・コート、ビリー・ジーン・キング、クリス・エバートマルチナ・ナブラチロワシュテフィ・グラフセリーナ・ウィリアムズマリア・シャラポワ

決勝の相手はペトラ・クビトバ

クビトバはチェコ出身の28歳で、182センチの長身で左利き、今全豪大会では1セットも落とさず決勝まで勝ち上がってきた。対戦は初めて。

2016年に自宅に押し入った強盗と格闘し利き手を負傷、選手生命を脅かされたが奇跡的に復活。

大坂、クビトバともに28日に発表される世界ランクで2位以内が確定。勝者がグランドスラムのタイトルと世界ランク1位を手にする頂上決戦となる。

柳澤秀夫、「クビトバは左利きなのでコートの左からボールを打つと、右利きの人が打ったときとはボールが逆方向に回転するのではないか」

https://www.tv-asahi.co.jp/scramble/

テニスのグランドスラムとは?意味を解説

8日に行われた、2018年全米オープン・テニスの女子シングルス決勝戦で、女王セリーナ・ウイリアムズ選手(36)を下して優勝、Grand-Slamの大会を制した。

https://takenori.info/blog/grand-slam/

『プレミアム雑学王 博学こだわり倶楽部/編 KAWADE夢文庫 2017年発行

テンスボールはなぜケバケバなのか? より

テニスボールの芯の材料は、ゴム、合成物質、ほかに約10種類の化学薬品の混合物だ。これで楕円形の球をつくり、半分に切ってふたつの殻にする。それをプレス機に掛けて接着剤ではり合わせると同時に、空気をボールの中に閉じ込めて球にする。

その上に、あのケバ立った布をはっていくわけだが、その材料はフェルト(ウール、ナイロン、ダクロンの混紡)である。

しかし、なぜフェルトをわざわざはるのだろうか? それは、ボールのスピードと反発力を落とすためだ。もし、ツルツルのボールを使っていたら、ボールはいまよりもっとたくさん弾むだろう。スピードももっとでて、ラリーなどまったくつづかなくなるかもしれない。

あの広いコートで、ひとり(あるいはふたり)で戦ったときに、ボールが速すぎたらゲームにならない。跳ねすぎたら、どんなにジャンプしても取れなくなってしまう。

ほかにも、ラケットの制球力を増したり、当たったときの痛みをやわらげたりする役目もある。あのケバ立ちがあるからこそ、ラケットのガットがボールを瞬間的にしっかりとらえてくれるのだ。ツルツルだとラケットからははじき飛ばされてしまう可能性がある。

わかかってみればなるほどのテニスボールのケバケバ。あのフェルトの役目は意外に大きかったのだ。

-------------

どうでもいい、じじぃの日記。

テニス全豪オープンの女子シングルスで第4シードの大坂なおみ(21)は、26日午後5時半(日本時間)開始の決勝で第8シードのペトラ・クビトバ(28)と対戦する。

クビトバはウィンブルドン選手権で2度優勝。リオ五輪の銅メダリストである。

何か、左利きというのが気になりますが。

追加 大坂なおみ選手が全豪オープン優勝!!  (^○^)

じじぃの「科学・芸術_737_スペイン・サンティアゴ巡礼」

06:20

The Way Of Saint James - The Camino Of Santiago Video Guide - Travel & Discovery 動画 YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=R0-latscwuM

Pilgrimage to Santiago de Compostela Part 1 動画 YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=bPVVWlGjloo

Pilgrimage to Santiago

スペインガリシアを知るための50章』 坂東省次、桑原真夫、浅香武和/編著 赤石書店 2011年発行

サンティアゴ・デ・コンポステーラ市 21世紀に生きるヨーロッパ千年紀の聖都 より

旧市街のキンターナ広場にあるカフェの窓から、雨に濡れそぼった大聖堂石畳が見える。中世時代より、何百万人、何千万人ちう巡礼者たちに踏まれてきたであろうこの石畳をながめていると、1000年以上にわたって栄えてきたこの小さな聖都の持つ歴史の重さを感じる。朝の早い時間はまだ観光客もまばらなので、この四角い広場も閑散としているが、正午近くもなると、「聖なる門」から大聖堂に入ろうとする人たちの長い列ができ、世界中からの観光客や、ヨーロッパの隅々から歩いてきた巡礼者たちでにぎわうことになる。

この原稿を書いている2010年は、「聖ヤコブの年」である。「サンティアゴ」というのは、スペイン語で「聖ヤコブ」のことを表しており、サンティアゴ大聖堂は、この聖人を祀っている。2010年は、この聖人の日である7月25日が日曜日に重なる年で、これは、6年、5年、6年、11年という周期で起こり、カトリック教会において、これらの年は「聖ヤコブの年」として定められている。この「聖ヤコブの年」には、普段は閉ざされているキンターナ広場側の「聖なる門」が開かれ、巡礼者はもとより観光客なども、この門から大聖堂に入るのが習わしになっている。この「聖年」にサンティアゴ・デ・コンポステーラ巡礼し、この門から大聖堂に入ってお参りした信者は、すべての罪が許される、というのがカトリックキリスト教の習慣で、今日まで続いている。

エルサレムローマに続き、サンティアゴ・デ・コンポステーラは、キリスト教の3大聖地の1つである。聖地としての起源は9世紀にさかのぼるが、さらにそのもとをたどると、紀元1世紀のキリスト教の発祥にまで行き着く。最近では、日本でも、「サンティアゴ巡礼」に関する本が何冊も出版されており、また、テレビでも、いろいろな角度から見た「サンティアゴ巡礼」に関する番組を放送しているので、「サンティアゴ」、または、「サンティアゴ・デ・コンポステーラ」という名前を目にすることも多くなった。ガリシア州という名前はまだまだ日本では知られていないが、その州都であるサンティアゴ・デ・コンポステーラの名前は、インターネットの日本語検索などでも、数多くの項目が出てくるようになった。

キリストの12人緒使徒のうち、この大ヤコブは、兄弟のヨハネとともに漁師をしていたところ、キリストに啓蒙され、布教活動を行なうようになった。大ヤコブイベリア半島で布教していたといわれるが、困難に満ちた布教活動を終え、エルサレムに帰ったところ、キリスト教の人気を妬んでいたユダヤ人の権力者ヘロデに捕らえられた。そして、斬首刑に処され、殉教したのだった。その遺体を、聖ヤコブの弟子2人が、石の船に乗せ海を果てしなくさまよった結果、イベリア半島の北西部にたどり着き、現在のサンティアゴ・デ・コンポステーラの近くへ埋葬したというのが、紀元1世紀半ばのことである。

その後、この墓の存在は800年近くの間、忘れ去られることになるのだが、それが、再発見されたのが9世紀の初期ということである。この「奇跡的発見」に対して、敬虔なキリスト教信者であったアルフォンソ2世は、墓が発見された場所に礼拝堂を建てさせた。その後、何世紀もかけて増改築や修復が繰り返された結果、現在見られる形の大聖堂になった。なお、12世紀に活躍したロマネスク様式の巨匠マテオの作品である「栄光の門」は、2010年の現在修復中であり、そのすべての彫刻を見ることはできない。観光客が後を絶たないため、修復作業は遅れており、いつ終わるかはまだ定かではない。

ガリシア州政府は、世界各地で、「サンティアゴ巡礼」のプロモーションを行なっており、さらなる観光客誘致に務めている。また、日本においても、15年ほど前から「サンティアゴ巡礼」を含んだガリシア州全体の宣伝活動を行っているが、1998年には和歌山県との間に、熊野古道サンティアゴ巡礼の道の『姉妹道提携協定』」を結び、中世の時代から存在する東と西の巡礼道の価値を、様々な面から世界に発信していくことになった。ユネスコ世界遺産に指定されているこれら2つの巡礼道を、共同でプロモーションすることにより、単なる観光資源としてではなく、その価値を再認識することによって、宗教の枠を超えた人類遺産として、維持保存していくことの重要性を訴えている。

2019-01-25

じじぃの「快適な寝返りを打つためには・寝るときの姿勢は屍のポーズ?理科系雑学」

06:39

Yoga Dying pose

睡眠の悩みを寝具で解決スムーズな寝返りを打つための寝具とは? クッション性が重要 2018年10月01日 シンカシング

スムーズに寝返りが行えない場合、睡眠中に脳が覚醒してしまう恐れがあります。

スムーズな寝返りとは身体をずらすことなくコロンと体位を変更することなのですが、以下のような要因から、どうしても身体をずらして寝返りを打たざるを得ないのが実情です。

http://www.syncashing.com/shop/pages/sleeplabo_002.aspx

『頭にやさしい理科系雑学』 竹内均/編 同文新書 1993年発行

寝るときの姿勢についての問題 より

【問】最も体調がいいときにはどんな姿勢をとっているだろう?

   次の中で、正しいものはどれか?

大の字

胎児のように丸くなる

仰向けで腕は体に沿って伸ばす

  仰向けで腕は体に沿って伸ばす

仰向けで顔も傾けず、両足は肩幅ぐらいに開き、両手は体に軽く沿わせる。

ヨガでいう「屍(しかばね)のポーズ」のようなこの姿勢では、本来人間が最もリラックスできるはずである。しかしこの姿勢をとると、逆にだるさを感じたり、すぐ姿勢を変えたくなることがある。このまま寝ついたとしても、たいていは起きてみたら違うかっこうだ。体長が万全でない証拠である。このように、いつの間にか無意識にとっている姿勢から大まかな体調チェックができるのだ。

大の字になる人は、筋肉疲労がたまっている可能性が大きい。体が勝手に、ストレッチをしようとこの姿勢をとるのだ。横向きで丸くなる人は、胃腸が弱っている場合がほとんど。舌になったほうにある臓器にも、何か問題があるかもしれない。またうつ伏せは腰を楽にしようとして無意識にとることが多い姿勢だが、かえって腰に負担をかけてしまうのだ。

-------------

どうでもいい、じじぃの日記。

寝ていてどんな姿勢でいるのが一番体調がいいのだろうか。

「屍のポーズ」がいいんだそうです。

同じ姿勢で寝ているよりも、ときどき寝返りを打った方がよいらしいです。

意外と、寝返りには掛け布団や毛布が影響していることがあるのだとか。

あなたは、麻 目覚めたとき屍のポーズになっていますか。

じじぃの「科学・芸術_736_中国の企業・ファーウェイ(華為技術)」

06:36

Huawei Debuts The Industry’s Highest-Performance CPU & Server 動画 YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=6HRkUxHi_Jo

ファーウェイHuawei)が世界最高性能半導体を開発

Huaweiが業界最高性能となる7nmプロセスのARMベースCPU「Kunpeng 920」を発表 2019年01月07日 GIGAZINE

Huawei取締役兼最高戦略マーケティング責任者であるWilliam Xu氏は中国・深圳での記者会見で、2.6GHz・64コアARMv8プロセッサ「Kunpeng 920」を発表しました。

Kunpeng 920はサーバースーパーコンピューター(スパコン)向けに開発されたプロセッサで、Huaweiは「業界最高性能を誇るCPUだ」と大きな自信を見せています。

https://gigazine.net/news/20190107-huawei-kunpeng-920/

『米中貿易戦争で始まった中国の破滅 世界各国の取材で見えた実相 宮崎正弘/著 徳間書店 2018年発行

知財争奪は100年戦争になる より

中国を制裁する理由のひとつに、アメリカから最新のハイテク情報を中国が盗み出したという事実があり、トランプ自身「中国からの留学生は全員がスパイだ」と発言している。

ハッカー(なにしろ世界一のハッカー部隊中国は持っている)により全米の政府機関、大企業、研究所からデータを盗取してビッグデータを貯め込んだ。そればかりか大学やシンクタンク、とりわけシリコンバレーのR&D(研究開発)センターなどに潜り込んだ中国人が最新情報や技術を取得し、中国へ持ち帰った。

年間30万人から40万人の中国留学生と、アメリカ企業ではたらく中国人がいる。証拠がみつかって処分された中国企業華為技術やZTEなど数社でしかなく、手配され、逮捕された中国人は数名である。だから次のような懐疑論も出てくる。

対中強硬路線の震源地ホワイトハウス通商製造政策局長、ピーター・ナバロだが、彼の助言のうちの幾つかは決定的な根拠を書いているとして「ナバロランドはワンダーランド」と左翼メディアやグローバリストらは言うのである。

トランプ大統領は『アメリカ経済中国の2倍だ』と豪語したが、PPP購買力平価)で換算した場合、この計算は間違っている。アメリカは年間1兆ドルの債務を増やしている。あたかも1870年ナポレオン3世が敵のパワー算定を誤ってプロシアに攻め込んだような過ちを犯している」(アジアタイムズ、6月21日。ディビッド・ゴールドマン記者)という。

このこじつけが目立つ反論にしたがうと、「アメリカから技術を盗んでいると言っても、30万人の留学生のうち、いったい何人が、そして具体的にどの技術を盗んでいったかの明細がない」。

中国アメリカから取得した知財の多くは公開された情報からデータベースに貯め込んだものであり、それらは合法である。

日本でも特許は18ヵ月後にすべてが『特許公報』で公開される(アメリカ特許公開には防衛に関しての秘密条項があるが日本にはない)。公開情報を公然と持ち帰っても非合法ではない。

トランプ政権がまっさきに制裁対象とした華為技術ファーウェイ)だが、その年間のR&D(研究杯活費)予算は14億ドルで、すでにマイクロソフトの10億ドルを上回っている。

しかも華為は2018年に20億ドルをR&Dに回す計画で、次世代通信技術の5G技術において基礎特許の10分の1は華為技術の発明である。また中国企業アメリカに支払っている知財使用料は世界一である。

     ・

ところがネットを監視している全体主義国家の中国においては「社会の安定」と「経済発展」が優先され、いかなるストライキも禁止されている。ただちに当局が介入し、弾圧し、指導者を逮捕する。ストライキ参加者も罰金刑か、あるいは解雇という悲運が待ち受けている。中国共産党というビッグ・ブラザーが禁止していることに手を出し、刃向かったからだ。

こうした弾圧の先兵として大活躍し、委細漏らさずに、その監視を行なう装置がファーウェイ通信機器と施設なのである。

だから「スマートシティ」だ。「共産党独裁にとって安全な装置」を張り巡らせた功績がある。監視カメラなどでストライキ参加のトラックを特定し、顔面認識システムは、運転手の顔を割り出す。

弾圧から逃れる手だては望み薄だろう。

トラックのウーバー・ビジネスは当初、ふたつの私企業が運営していた。2017年4月に突如、ファンドが買収し、これら2社を合併させて「ムンバン」という会社に統合した。つまりこの合併共産党系列ファンドが表向き実行したことになっているが、自転車のウーバーを買収した手口と同じであり、すべてのネットビジネス国歌の監視下におく措置である。国民に勝手な行動を取らせ、ストライキなど起これば、そのエネルギーは突然、反政府暴動に発展することになり、中国共産党は不安で仕方がないのである。独裁システムとは、つねに過剰な監視を行うものであり、かつての密告制度と寸毫の変化はない。新兵器を用い、ネットシステムさえも、独裁政治の武器化しておこうという思惑からなされているのである。

かくしてネットシステムは、中国においては中国共産党の安全のために酷使されるが、国民の安全のためではない。

中国ばかりか、ファーウェイ通信機器は「スマートシティ・ソル―ション・システム」と銘打たれて、ロシアアンゴララオスベネズエラに輸出されている。

西側は公務員の無駄を削除し、効率を上げるための「E政府」を謳っており、ドイツなどでは一部試験的にファーウェイのシステムを導入しているが、米国オーストラリアは、厳格にファーウェイ通信設備、機器、システムの導入を禁止している。

2019-01-24

じじぃの「砂漠の国ナミビア・ヒンバ族の若い女性たち!ヒャッキン」

06:04

himba 2017 | most beautiful women of Africa 動画 Youtube

https://www.youtube.com/watch?v=hPQ6CJrd67g

himba beautiful women

ナミビア ウィキペディアWikipedia) より

ナミビア共和国Republic of Namibia)、通称ナミビアは、アフリカ南西部に位置する共和制国家である。北にアンゴラ、北東にザンビア、東にボツワナ、南に南アフリカ共和国と国境を接し、西は大西洋に面する。なお、地図を一見すると接しているように見えるジンバブエとはザンビアボツワナを挟んで150メートルほど離れている。首都ウィントフックで、イギリス連邦加盟国のひとつである。

ナミビアは全土が乾燥帯に属し、海岸部および南部が砂漠気候、北東部はステップ気候に属する。

ナミビアの地形は東西に大きく三分される。最も西側の大西洋岸には海岸低地が広がっているが、幅は約100卍度でそれほど広くはない。この海岸低地は付近を流れる寒流のベンゲラ海流の影響によって大気が安定しており降雨がほとんどないため、極度の乾燥地帯となっており、世界で最も古いといわれるナミブ砂漠が広がっている。水源がほとんどないため人口は非常に少ないが、中部には天然の良港であるウォルビスベイがある。

ナミビアは年間300日が晴天で、6月〜8月の冬期は乾燥し9月〜11月が小雨季、2月〜4月が大雨季である。降水量は場所により様々で旱魃も多い。海岸の気候は北上するベンゲラ海流の影響が大きく、乾燥と低温をもたらし濃霧を発生する。

-------------

ヒャッキン! 〜世界で100円グッズ使ってみると?〜 2019年1月22日 テレビ東京

砂漠の国ナミビア! 人類最古&美しい民族が100円グッズ初体験。

ヒンバ族の生活に密着。

ヒンバ族の若い女性。赤銅色は化粧および虫除けとして塗られたもの。

赤土と牛の油を混ぜて体に塗ることで日光・乾燥・虫から肌を守ってくれる。そのためヒンバ族の女性は一生お風呂に入らないのが伝統なのだという。

ワチュカナワさんは顔に塗りムラができていたので彼女に「ハンドミラー三面鏡」をプレゼント。彼女は自分の顔をはじめてマジマジと眺めたのだという。

スタッフと彼女が向かったのは近くのオプウォという町。スーパーマーケットの店内には到るところに裸族がおり普通に買い物をしていた。

彼女はコーラポテトチップスなど食料品を5袋分も購入。100円の「お買い物らくらくグリップ」を使ってレジ袋を持ちやすくした。その後、町のレストランでスタッフと一緒に食事をした。

https://www.tv-tokyo.co.jp/100kin/

『若い読者のための第3のチンパンジー ジャレド・ダイアモンド/著、秋山勝/訳 草思社文庫 2017年発行

農業がもたらした光と影 より

進歩派の見解では、農業によって健康と長寿、安全と余暇、そして偉大な芸術が私たちにもたらされたと言われる。もっともらしい説だが、しかし、これを証明するのは容易ではないだろう。1万年前に狩猟をやめ、農業を始めた人びとの生活がよくなったと、いったいどうやって明らかにすることができるのだろうか。

ひとつの方法は、農業が伝播していく様子を調べてみることだ。それほど偉大なものなら、農業はたちまち広がっていったと考えられる。だが、考古学の研究が明らかにするのは、農業ヨーロッパに進行していくペースは1年に約1000メートル、まさにカタツムリが地をはうようなペースで進んでいった。農業の起源は紀元前8000年前後の中東で、そこから西北に進んでギリシャに達したのが紀元前6000年ごろ、イギリススカンジナビアにたどり着いたのはそれからさらに2500年後のことだった。これを熱狂の波と呼ぶにはいささか無理がある。

検証のもうひとつは、現在の狩猟採集民は本当に農民よりも不自由な生活を送っているのか、それを調べてみるというアプローチだ。世界中に狩猟採集民はちらばっているが、もっぱら住んでいるのは農業に不向きな地域であり、たとえば南アフリカカラハリ砂漠に住むブュシュマンは、最近まで狩猟採集民として生活を送ってきた。だが、こうした狩猟採集民はおおむね余暇の時間をもち、たっぷり眠り、近くに住む農民よりも仕事に駆り立てられてはいなかったというから驚きだ。

たとえば、ブュシュマンの場合、食べ物を探すために費やす時間は週平均12時間から19時間ほどでしかなかった。近隣の部族のように、なぜ農業に手を出さなかったと尋ねられ、ブュシュマンの一人は「モンゴンゴの実が山のようになっているのに、なんで植えなきゃならないんだ」と答えていた。

ただ、農業に対して、従来からの進歩的な見解とはうらはらな極端な結論に走り、狩猟採集民の暮らしはのんびりしていたと言うのは誤りだろう。食料を見つけただけでは十分ではないのだ。食べるためには調理が必要で、そのためには時間んもかかる。とはいえ、狩猟採集民は農民よりも休みもなく働いたというのもやはり誤解にほかならない。

もうひとつ、栄養という違いもあるだろう。農民はもっぱら米やジャガイモなどの作物を食べていたが、これらは炭水化物にかたよっていた。野生の植物と動物の混合からなる狩猟採集民の食事では、タンパク質が多く、ほかの栄養素とのバランスもいい。健康面では狩猟採集民の食事のほうが優れていて、病気で苦しむことはほとんどない。さまざまな食事を楽しみ、食料不足飢餓を経験することもなかった。

農民の場合、限られた品種の作物に依存していたのでたびたび飢饉に見舞われている。ブュシュマンが食べていたのは85種の植物、餓死というものが想像もつかなかっただろう。アイルランドでは1840年代、疫病によってジャガイモが枯死してしまうと、約100万人の農民とその家族が飢え死にした。ジャガイモアイルランドの主要な作物であり、主食でもあった。

-------------

1月22日、テレビ東京 「ヒャッキン! 〜世界で100円グッズ使ってみると?〜」を観た。

【砂漠の国ナミビア! 人類最古&美しい民族が100円グッズ初体験】

ブュシュマンのような狩猟採集をして暮らしている人々。

ヨーロッパアジアでは約1万年に狩猟採集から農業へと移行したが、この砂漠に生きる人々は今も狩猟採集で生きている。

健康そうな体。若い女性の姿。

どこかのいやらしいじじぃは、オッパイだけ見つめ続けるのであった。

じじぃの「科学・芸術_735_ポーランド・EU加盟」

06:03

Poland is pushing the EU into crisis 動画 YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=P8MQTgdjcLE

Poland in the European Union

ポーランドの歴史』 イェジ・ルコフスキ、フベルト・ザヴァツキ/著、河野肇/訳 創土社 2007年発行

はじめに より

そもそも消えたポーランドという国は少なくとも2つあった。その1つは1795年にヨーロッパの政治地図から消え、以後120年間存在しなかった。もしくは、存在したのせよ、その国の過去と何らかの絆を保ちながら未成熟な政治単位として分裂していた。しかも、その過去との絆は、広く政治の観点からも、個々の「ポーランド人」という観点からも、極めて不安定だった。まず、そのようなポーランドという国に満足のゆく具体的な定義を下すことは不可能に近い。さらに、第一次世界大戦の結果生まれたポーランドは、18世紀後半に消えた国とは著しく様相を異にしていた。しかも、その国もまたポーランド史上最も惨酷に地図から抹消され、第二次世界大戦が終った後、以前とはさらに驚くべき違いのあるポーランドが登場したのである。

2つのポーランド、つまり1795年以前のポーランドと1918年以後のポーランドは、今なお固い絆で結ばれている。ポーランド人は、何度も過去を奪われたために、つねに過去を再建しなければならなかった。このことを最も明らかに示しているのは、首都ワルシャワである。

共産主義衛星国から第3共和政 より

第二次大戦の試練をへて生まれた新生ポーランドは、戦前のポーランド共和国とは著しく異なっていた。それは国境、人口の規模と民族構成、政治・社会制度、隣国関係において、明らかに異なる国であった。東部で領土を失い、その埋め合わせとして北部・西部で領土を拡大したことは、ヨーロッパ地図上のこの国の形と位置を大きく変えた。新しいポーランドは、広さでは20パーセント狭くなったが、質的には充実し、300マイルにわたるバルト海沿岸部を持つことになった。旧ドイツ領は、多くの施設が破壊されていたものの、ソ連譲渡された地域より開発が進んでいた。人口面でも著しい変化が見られた。1939年ポーランドの人口が3500万人だったのに対し、1946年の新生ポーランドの人口は2400万人足らずだったが、その圧倒的多数ポーランド人が占めていた。戦前の政治や社会のエリート層は、死亡、罷免もしくは追放のために一掃された。さらに、ポーランドヨーロッパで最も激しい戦災を受け、物的破壊によって製造能力の5分の1を失い、その上に栄養失調、深刻な住宅不足、結核性病の蔓延に見舞われた。戦争はまた、数千人の傷病兵と孤児を残した。

新生ポーランドソ連軍事力政治力によって厳しく管理された。国の主要なポストのすべてに共産主義者が就任し、公安省が国の隅々まで警戒の目を光らせていた。

      ・

無党派の学者だった新外相クシシュトフ・スクビシュフスキ教授の方針のもとで、新独立国は注意深く国益を確保した。国家の安全保障と西側諸国との関係で最も重要だったのは、1990年11月にオーデル・ナイセ国境の承認を統一ドイツから得たことと、1991年6月にポーランドドイツ友好善隣条約終結したことであった。モスクワ政府との関係はその後も正常だったばかりでなく、大いに改善された。1940年のカティンの虐殺については、1990年ゴルバチョフソ連の責任を正式に認め、その2年後のエリツィンワルシャワで個人的に謝罪の意を表した。しかし、ソ連邦が崩壊したとき、ポーランド直ちにウクライナリトアニアベラルーシの独立を承認した。こうして、旧ソ連邦内の少数民族としてのポーランド人の福祉・安全に対しては、当然のこととして関心を示したにもかかわらず、独立国家ポーランド1945年以降の東部国境を容認したのである。このため、ポーランド国内に大規模な少数民族がいなくなった(今日では約100万人と推定され、その中ではドイツ人が30万人で最も多い)ことから、1939年以前のポーランド「第2共和政」をさんざん悩ませ、その後もいくつかの旧共産主義国の悩みの種となっている民族紛争や独立闘争――その最も悲劇的な例がユーゴスラビアの場合である――は、今日までポーランドには発生していない。1991年6月と7月には、コメコン経済相互援助会議)とワルシャワ条約機構解散され、1993年秋には最後のロシア軍がポーランドから撤退した。

      ・

1991年ワルシャワ条約機構解散して以来のポーランド外交政策には、明白な一貫性が見られた。当初は中立政策も検討されたは、結局、すべてのポーランド政権は西側組織への参加を目標にし続けた。そのために、軍隊政治家ら分離され、シビリアン・コントロールの下に置かれた。1999年3月には、ポーランドハンガリーチェコスロヴァキアとともに正式にNATOに加入した。数世紀にわたって侵略され続けた自国の脆弱さを知っているポーランド人にとって、NATO加入は政治的かつ精神的に大きな意味を持つものであった。そして現在、3900万人の人口を有するポーランドは、EU加盟への準備を進めている。(訳注・2004年5月、EU加盟を果たした)。