Creative Akita RSSフィード

2013-10-15 平野政吉美術館の大展示室と藤田嗣治「秋田の行事」 〜 永遠に

平野政吉美術館の大展示室と藤田嗣治「秋田の行事」 〜 永遠に

蓮の花咲く千秋公園の堀を前景にし、緑に囲まれ佇む平野政吉美術館。

1937年(昭和12年)に藤田嗣治によって描かれた、大壁画秋田の行事」と調和した大展示室。

画家・藤田嗣治と作品の寄贈者・平野政吉の思いが込められた作品と美術館を後世に伝えたい。



 f:id:creativeakita:20120116184332j:image:w635




f:id:creativeakita:20131014000303j:image:w650
               ( http: //www.hokkaido-np.co.jp/cont/leonardfoujita_tabi/33710.html


 
         f:id:creativeakita:20131014003055j:image:w550


 
        f:id:creativeakita:20131014003003j:image:w550





  f:id:creativeakita:20120110005114j:image:w550


        
        f:id:creativeakita:20131014010435j:image:w430
                          ( http: //weekly-akita.net/?day=20100311 )

    f:id:creativeakita:20131014010420j:image:w570
                                   ( http: //takaikogyo.exblog.jp/10624777 )


     
   f:id:creativeakita:20131014010334j:image:w515
                  ( http: //plaza.rakuten.co.jp/EYASUKO/diary/200709040000/ )




f:id:creativeakita:20131014234232j:image:w250:left 秋田県立美術館・平野政吉美術館開館挨拶、平野政吉

 「16才から58年間、一途に集めてきた作品だけに愛着があり、藤田画伯も秋田に『新しい奈良』を築きなさいと私に語っていた。私としてはどうしても秋田の地に飾りたかった。こどもの日を期して皆さんにお見せ出来るのにはうれしい意義がある。これからの若い人達にこれを見てもらって学んでいただき、優れた美を表現してほしいと念願しているからだ。私の願いを受けてくれた県民にお礼を申したい。」



平野政吉美術館創設寄附者ごあいさつ

昭和42年5月  平野政吉 

 私は幼時から絵が好きで、少年時代に画家にならんと志望したこともあります。かたわら、我が国の航空界の黎明期に飛行機の研究に没頭し自ら操縦桿を握り又墜落したこともありましたが、美術への愛着がたち難く戦争中も蒐集を怠らず今日にいたりました。過去57年間蒐集したものは刀剣、陶器仏画、石器、鉄器、銅器、蒔絵浮世絵、初期洋画、泰西洋画、日本画など美術全般にわたりますが、特に世界画壇の一人者藤田嗣治氏とは永年にわたる交友で、その名作を世界に最も多く所有しました。今回これらの蒐集品の中から320点を厳選し財団に寄附しました。純粋芸術品を通じて青少年が豊かな人間に成長することを願ってやみません。

(追記) 昭和43年文化の日を期し藤田嗣治の遺品及びピカソなど200点を寄附。昭和天皇皇后陛下行幸を記念し、新たに74点を寄附しました。その後の寄付を加え、現在総計601点となりました。


「藤田は『美術館の屋根は、ランス礼拝堂のような採光の形式にしてくれ』と注文をつけた。私は、それを忠実に守った。平野美術館の特徴ある丸窓は、このためだ。藤田は、スケッチをくれた。これが、最後の対面となった。」
 (平野政吉「聞き書き わがレオナルド藤田」《1983年1月12日、朝日新聞》)




f:id:creativeakita:20131014234401j:image:w250:left 「吾が国の伝統の美しさ、郷土の質朴さ、清く澄み透すこの人々の心は、戸外の一丈にも余る雪の肌の様に純であり貴いのである」秋田への思い)

 「嬉しい吾が郷土にのみ誇り得る、純情さがこの厚い雪のお蔭で埋れて、当分は保有されて行くであろう」
秋田への思い)

 「日本の真の伝統の系統を保守して、古来の文化を味わい得るのは、全く裏日本の冬の国々にのみよって味われる」日本の伝統文化について)

 「吾等の持つ伝来の文化は、決して欧米の機械文明に負けたり、劣ったりしてはおらぬものがある」日本の伝統文化について)

藤田嗣治の言葉、「地を泳ぐ」より)





web拍手 by FC2

2012-01-16 先人、平野政吉が後世に残してくれた「秋田の文化」

先人、平野政吉が後世に残してくれた「秋田の文化」

平野政吉美術館に行くと入口付近に、1966年昭和41年)、平野政吉が美術館建設の報告のためパリ郊外の藤田嗣治レオナール・フジタ)を訪れた際に撮影された、二人が固い握手を交わしている写真が掲げられている。
 平野政吉の表情に、念願を達成した自信が窺え、藤田の表情は喜びに満ちているように見える。二人に固い友情、深い絆があったことを示す証拠の写真でもある。また、美術館の創設者で収蔵品の寄附者である平野政吉の挨拶のことばが掲げられている。


 昭和42年5月  平野政吉 

 私は幼時から絵が好きで、少年時代に画家にならんと志望したこともあります。かたわら、我が国の航空界の黎明期に飛行機の研究に没頭し自ら操縦桿を握り又墜落したこともありましたが、美術への愛着がたち難く戦争中も蒐集を怠らず今日にいたりました。
 過去57年間蒐集したものは刀剣、陶器仏画、石器、鉄器、銅器、蒔絵浮世絵、初期洋画、泰西洋画、日本画など美術全般にわたりますが、特に世界画壇の一人者藤田嗣治氏とは永年にわたる交友で、その名作を世界に最も多く所有しました。
 今回これらの蒐集品の中から320点(注)を厳選し財団に寄附しました。純粋芸術品を通じて青少年が豊かな人間に成長することを願ってやみません。


  (注) その後さらに寄附を加え、現在総計601点となっている。

命を懸け収集した美術品を、ふるさと秋田のために残してくれた、秋田の偉大なる先人、平野政吉からのメッセージと言えるでしょう。
 このメッセージに込められた平野政吉の理念は、平野政吉が命を懸け建てた平野政吉美術館とともに後世に末永く伝えるべきである。




<関連記事>
パリでの「乳白色」から、色彩と三次元表現の「秋田の行事」へ … 藤田嗣治の変貌
秋田の文化遺産…平野政吉美術館
平野政吉美術館(秋田県立美術館)の採光について
平野政吉の業績…平野コレクションと美術館
平野政吉のエピソード
平野政吉美術館と一体である藤田嗣治作品
千秋公園の景観に溶け込む平野政吉美術館
平野政吉美術館の移転理由は何か 1
平野政吉美術館の移転理由は何か 2
平野政吉美術館の移転理由は何か [新規構成]

<お薦め記事>
平野政吉と藤田嗣治の交友の歴史 1 … 出会い
美術館建設宣言と「眠れる女」 … 平野政吉と藤田嗣治の交友の歴史 2
大壁画「秋田の行事」誕生、美術館の壁画に … 平野政吉と藤田嗣治の交友の歴史 3
18年ぶりの再会、念願の美術館建設の実現 … 平野政吉と藤田嗣治の交友の歴史 4
最後の作品「平和の聖母礼拝堂」、永遠の別れ、永遠の友情 … 平野政吉と藤田嗣治の交友の歴史 5
美術館と自然光 … 1
美術館と自然光 2 … 軽井沢千住博美術館の場合
失われた「秋田の文化」 … 藤田嗣治「優美神」
藤田嗣治が助言した平野政吉美術館の採光
平野政吉が語った藤田嗣治作品の魅力
発見された藤田嗣治の日記と「秋田への思い」、「秋田の行事」、「美術館建設」






web拍手 by FC2

2012-01-15 千秋公園の堀と平野政吉美術館

千秋公園の堀と平野政吉美術館


       f:id:creativeakita:20120116195451j:image:w450



       f:id:creativeakita:20120116192657j:image:w450



      f:id:creativeakita:20120116192835j:image:w450



 千秋公園は、初代秋田藩主佐竹義宣が自然の丘陵を利用して築城した久保田城の城址を、1896年明治29年)、造園家、長岡安平が日本庭園として、設計し、整備した公園である。1988年(平成元年)には、日本の都市公園100選にも選ばれている、秋田市民の憩いの場所である。
 平野政吉美術館は、秋田資産家、平野政吉の収集した美術品を収蔵し、公開するために、1967年(昭和42年)に開館した。特に1937年(昭和12年)に藤田嗣治秋田市内の平野政吉の土蔵で描いた、縦3.65メートル、横20.5メートルの大壁画秋田の行事」を展示、鑑賞することを主目的に建てられている。また、「秋田の行事」の展示を床から6尺(約1.8メートル)の位置に上げること、両端を少しずづ迫り出して据えることなどを藤田嗣治が直接アドバイスしている。
 40数年の歳月を重ね、千秋公園の堀と堀を前景にした美術館は季節の移ろいとともに風情ある光景を醸し出している。美術館が建てられたこの場所は、将来を見据え、恒久的な場所として、当時の秋田県知事、秋田市長によって決められたものだ。秋田の先人達が残してくれた素晴らしい風景、街並みを今度は私たちが次の世代に残していきたいものである。



<関連記事>
パリでの「乳白色」から、色彩と三次元表現の「秋田の行事」へ … 藤田嗣治の変貌
秋田の文化遺産…平野政吉美術館
平野政吉美術館(秋田県立美術館)の採光について
平野政吉の業績…平野コレクションと美術館
平野政吉のエピソード
平野政吉美術館と一体である藤田嗣治作品
千秋公園の景観に溶け込む平野政吉美術館

<お薦め記事>
平野政吉と藤田嗣治の交友の歴史 1 … 出会い
美術館建設宣言と「眠れる女」 … 平野政吉と藤田嗣治の交友の歴史 2
大壁画「秋田の行事」誕生、美術館の壁画に … 平野政吉と藤田嗣治の交友の歴史 3
18年ぶりの再会、念願の美術館建設の実現 … 平野政吉と藤田嗣治の交友の歴史 4
最後の作品「平和の聖母礼拝堂」、永遠の別れ、永遠の友情 … 平野政吉と藤田嗣治の交友の歴史 5
美術館と自然光 2 … 軽井沢千住博美術館の場合
失われた「秋田の文化」 … 藤田嗣治「優美神」
藤田嗣治が助言した平野政吉美術館の採光
平野政吉が語った藤田嗣治作品の魅力
発見された藤田嗣治の日記と「秋田への思い」、「秋田の行事」、「美術館建設」
藤田嗣治の大壁画「秋田の行事」誕生 … 平野政吉と藤田嗣治の美術館建設構想






web拍手 by FC2

2012-01-12 藤田嗣治画伯の「秋田の行事」はあの建物と一体になってこそ秋田の宝

藤田嗣治画伯の「秋田の行事」はあの建物と一体になってこそ秋田の宝

f:id:creativeakita:20120116184332j:image:w600

 蓮の花咲く千秋公園のお堀を前景にして眺める平野政吉美術館(秋田県立美術館)は、秋田市で私が一番好きな風景です。その風景が消えてしまう日がくるとは ― 。

 平野政吉美術館の移転計画は多くの秋田市民、秋田県民を悲しませた。昨年2月1日には、知事が「私の価値基準は、築100年以上の建物が文化的価値があり、それより短いものは好みの問題」と言い放つなど、現美術館を取り壊す姿勢を見せたが、その後、保存を求める市民、県民の声の高まりにより、方向を変えたのか「現美術館の文化施設など美術館以外の再活用も可能だ」と発言するなど他の施設に変えようとする意図が窺える。

 藤田嗣治画伯の「秋田の行事」は、あの場所で、あの建物と一体になってこそ、秋田の宝なのです。美術館は、稀有な秋田の先人、平野政吉が命を懸けるほどの情熱を注ぎ込み建てたものです。

 平野政吉美術館(秋田県立美術館)は、平野政吉が収集した藤田嗣治の作品、大壁画秋田の行事」を収蔵し、恒久的に展示、公開するために建てられた美術館だ。藤田嗣治の助言が忠実に守られ、優美な曲線の屋根に付けられた丸窓からは、自然光が採り入れられている。「秋田の行事」や平野政吉が収集した藤田作品に最も相応しい場所であり、最も相応しい美術館である。貴重な秋田文化遺産として後世に伝えていくべきである。



<関連記事>
パリでの「乳白色」から、色彩と三次元表現の「秋田の行事」へ … 藤田嗣治の変貌
藤田嗣治の大壁画「秋田の行事」誕生 … 平野政吉と藤田嗣治の美術館建設構想
秋田の文化遺産…平野政吉美術館
平野政吉美術館(秋田県立美術館)の採光について
平野政吉の業績…平野コレクションと美術館
平野政吉のエピソード
平野政吉美術館と一体である藤田嗣治作品
千秋公園の景観に溶け込む平野政吉美術館
平野政吉美術館の移転理由は何か 1
平野政吉美術館の移転理由は何か 2
平野政吉美術館の移転理由は何か [新規構成]

<お薦め記事>
平野政吉と藤田嗣治の交友の歴史 1 … 出会い
美術館建設宣言と「眠れる女」 … 平野政吉と藤田嗣治の交友の歴史 2
大壁画「秋田の行事」誕生、美術館の壁画に … 平野政吉と藤田嗣治の交友の歴史 3
18年ぶりの再会、念願の美術館建設の実現 … 平野政吉と藤田嗣治の交友の歴史 4
最後の作品「平和の聖母礼拝堂」、永遠の別れ、永遠の友情 … 平野政吉と藤田嗣治の交友の歴史 5
美術館と自然光 2 … 軽井沢千住博美術館の場合
失われた「秋田の文化」 … 藤田嗣治「優美神」
藤田嗣治が助言した平野政吉美術館の採光
平野政吉が語った藤田嗣治作品の魅力
発見された藤田嗣治の日記と「秋田への思い」、「秋田の行事」、「美術館建設」






web拍手 by FC2

2012-01-11 レオナール・フジタ最後の作品「平和の聖母礼拝堂」と平野政吉美術館

レオナール・フジタ最後の作品「平和の聖母礼拝堂」と平野政吉美術館

 レオナール・フジタ藤田嗣治)は自らの画業の集大成として、フランスランスの「平和の聖母礼拝堂」を制作した。フジタはこの「平和の聖母礼拝堂」の設計、壁画ステンドグラス、彫刻などの制作を自ら手掛けた。

 この「平和の聖母礼拝堂」と秋田の「平野政吉美術館」はフジタの助言によって結び付けられている。

 「美術館の屋根は、ランス礼拝堂のような採光の形式にしてくれ」(1983年《昭和58年》1月12日、朝日新聞聞き書き わがレオナルド藤田」) 

 1966年(昭和41年)5月、平野政吉が念願の美術館建設の報告を兼ね、パリ郊外のフジタを訪ねた際、フジタは平野政吉にそう語っている。

 美術館の採光形式を、自らの人生最後に制作した「平和の聖母礼拝堂」と同じ、採光の形式にするよう平野政吉に託したのである。f:id:creativeakita:20120110005406j:image:w360:right

 平野政吉は「私は、それを忠実に守った。平野美術館の特徴ある丸窓は、このためだ」(1983年《昭和58年》1月12日、朝日新聞聞き書き わがレオナルド藤田」)と証言している。

 1968年(昭和43年)1月、フジタは、二人にとって念願であった美術館を観ることなく生涯を閉じ、今は生前の希望により、自ら制作した「平和の聖母礼拝堂」に永眠している。

 平野政吉美術館と美術館の採光形式には、レオナール・フジタの尊い思いが込められており、その思いはレオナール・フジタの最後の作品「平和の聖母礼拝堂」に通じている。

 フジタの思い、それを守った平野政吉の思いが込められている平野政吉美術館(現秋田県立美術館)は世界に誇れる秋田の貴重な文化遺産であり、末永く後世に伝えていくべきである。





<関連記事>
パリでの「乳白色」から、色彩と三次元表現の「秋田の行事」へ … 藤田嗣治の変貌
秋田の文化遺産…平野政吉美術館
平野政吉美術館(秋田県立美術館)の採光について
平野政吉の業績…平野コレクションと美術館
平野政吉のエピソード
平野政吉美術館と一体である藤田嗣治作品
千秋公園の景観に溶け込む平野政吉美術館
平野政吉美術館の移転理由は何か 1
平野政吉美術館の移転理由は何か 2
平野政吉美術館の移転理由は何か [新規構成]

<お薦め記事>
平野政吉と藤田嗣治の交友の歴史 1 … 出会い
美術館建設宣言と「眠れる女」 … 平野政吉と藤田嗣治の交友の歴史 2
大壁画「秋田の行事」誕生、美術館の壁画に … 平野政吉と藤田嗣治の交友の歴史 3
18年ぶりの再会、念願の美術館建設の実現 … 平野政吉と藤田嗣治の交友の歴史 4
最後の作品「平和の聖母礼拝堂」、永遠の別れ、永遠の友情 … 平野政吉と藤田嗣治の交友の歴史 5
美術館と自然光 … 1
美術館と自然光 2 … 軽井沢千住博美術館の場合
失われた「秋田の文化」 … 藤田嗣治「優美神」
藤田嗣治が助言した平野政吉美術館の採光
平野政吉が語った藤田嗣治作品の魅力
発見された藤田嗣治の日記と「秋田への思い」、「秋田の行事」、「美術館建設」







web拍手 by FC2