Hatena::ブログ(Diary)

カトリック二本松教会の信徒のブログ

2017-02-02

仮設での「写経(筆ペン習字)」

10:14

 仮設での月に1回の「写経(筆ペン習字)」も今回で26回目となりました。現代は機械文明の最先端を走っている時代とも言えると思いますが、パソコンやスマホがいくら便利だとしても、やはり筆を持って自分で一字一字を書いていくことに、何にも代えがたい大切なものがあることを教えてくれます。書道が「書く道」である所以です。

f:id:cyaginuma:20170202124742j:image

二本松市内の天台宗「鏡石寺」の川名ご住職様がご指導下さっています。

f:id:cyaginuma:20170202124621j:image

一日一言の「日めくりカレンダー」を書いています。

f:id:cyaginuma:20170202124546j:image

練習用の紙質と清書用の紙質が違うこともあって、清書用の紙に書くときは緊張してしまいます。

f:id:cyaginuma:20170202124533j:image

自分でダルマを挿絵に描いていますが、「顔がにやけてしまったぁ!」と書いてる本人も笑いながら楽しく描いています。絵手紙用の20色の筆ペンで描いています。素晴らしいできなので、ご住職様はどこかで発表したら、と提案してくださっていますが...

2017-01-22

東京カテドラル関口教会での野菜販売

17:40

 関口教会には第2、第4、第5の日曜日に野菜販売に伺っています。ここは近くに八百屋さんがないためでしょう、近隣にお住まいの方が早朝から散歩やラジオ体操などをしておられますが、そうした方々が、まだ夜も明けぬうちに買いに来られます。ですから、私たちもその方々に合わせて朝5時には到着するようにしています。

 その方々からは「1週間分の野菜はここ買うのよ」とか「ここでしか買ったことがないから」とか、「うちの子は福島の野菜は味が濃くておいしいって言うんです」など、嬉しいお言葉を頂いています。

 そして10時には野菜はほぼ売り切れてしまいます。10時のミサに来られる方が立ち寄ってくださるのですが、申し訳ないのですが、その頃には野菜はほとんどないんです。


f:id:cyaginuma:20170122085622j:image

野菜を並べ終わった頃夜が明け始めます。気持ちいい朝です。早起きは三文の徳!

f:id:cyaginuma:20170122100512j:image

西川主任神父様もほとんど毎回買いに来て下さっています。嬉しいです。ありがとうございます。

f:id:cyaginuma:20170122085754j:image

福島を出るときは雪で、車も凍っていましたが、今日の東京は暖かいこと!13度ですって!お天気がいいとお客様も多く来て下さるので、販売日よりです。

いつも皆様、ありがとうございます!

2017-01-15

幸田司教様のミサ

17:10

 東京教区の幸田補佐司教様が、原町教会に来られ、復活祭まで常駐されることになりました。大震災以降に名古屋からおいでくださっていた狩浦神父様がご病気になられ名古屋にお戻りになったために、幸田司教様が来て下さったという経緯です。そのようなことで福島県におられるので、この度、二本松教会にも来て下さいました。
 ところがその日は雪!心配しておりましたが、無事二本松にお着きになりました。しかし、逆に二本松教会の信者さん方がご高齢の方が多いため教会に来ることができず、10人の参加となりました。とてもいいお説教でしたので、残念でした。

 お説教の内容は、幸田司教様ご自身のブログにアップされています。こちらをご覧ください。→http://nativitas.blog130.fc2.com/blog-entry-420.html


f:id:cyaginuma:20170115153638j:image

f:id:cyaginuma:20170115152223j:image

f:id:cyaginuma:20170115150716j:image

2017-01-14

仮仮置き場から仮置き場へお引っ越し

17:42

 2011年に幼稚園の園庭と教会の庭の除染を行いましたが、その汚染度は仮仮置き場として敷地内の駐車場の所に埋められました。仮置き場といいながら、どうせそのまま永久置き場になってしまうのだろうとその時は思っておりました。

 ところが、この度それらを掘り起こして、仮置き場に移送する作業をしてくれました。幼稚園がお休みの土曜日に3回(1/14,1/21,1/28)に亘っての工事となります。

f:id:cyaginuma:20170114094401j:image

埋設した時は、大きな穴を掘って、その底にブルーシートを敷き、その上に汚染土をいれるという方法が取られました。それを掘り起こしています。

f:id:cyaginuma:20170114094645j:image

掘り起こした汚染土はフレコンバッグに詰められますが、雪が降って気温の低いこの日は、そのバッグも凍りついて、二人がかりでやっと開いていました。

f:id:cyaginuma:20170114094542j:image

作業の方々はやっぱり寒い中の作業になりますから、大変です。