ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

yasudaya.com -ヤスケン日記-

2017-08-18

かま家

河口湖の帰りは箱根経由で帰宅。
途中、昼飯と温泉に、、と思い仙石原のかま家へ行った。
ここはディープ過ぎる店なのだ。何と温泉と釜飯屋を同時経営している一風変わった釜飯屋さん。外装も内装も全てが昭和レトロなので好き嫌いは分かれると思う。
メインは釜飯の方で温泉はついででやってるって感じ。

仕組みは、、、まずお店に入る。するとお食事ですかお風呂ですかと聞かれる。この時点で謎の問いかけである。
、、、残業を終え帰宅したサラリーマンの奥さんの第一声みたいだ、、。
実はお風呂屋さんでもあるので、お風呂だけ入って帰ることもできるからこう聞く訳。

両方をやっつけたい人は、食事してお風呂も入りますと言えばいい。
席に着くとまずは注文、、私はカニ釜飯を頼んだ。息子たちは鳥釜飯、うちの奥さんは鮭親子釜飯。
ていうか、、メニューは数パターンの釜飯しかない。写真にメニューがちょこっと写ってます。
釜飯は生米から作るので釜飯セットが目の前に登場する。下の最初の写真参照。火をつけて出来上がりまで40分。
ここで準備オッケー、、、席はそのままにしてお風呂に行くという寸法。

お風呂は内湯のみで男女に分かれていて湯船は4畳半くらい。お世辞にも綺麗な温泉ではない。仙石原の温泉なので白く白濁した硫黄成分の掛け流し温泉。
知らない人も多いと思うが、箱根の温泉は無色透明のお湯で、全く別物なのだ。私は仙石原の温泉の方が断然好き。効き目が全然違う。
湯温はちょっと熱めなのでそんなに長くは入れない。20分くらい浸かってゆでダコ状態で出てきて席に戻った。
目の前の釜飯はグツグツいい音を出していて出来上がりが待ち遠しい。テレビでちょうど高校野球をやっていて、壁に貼ってある芸能人のサイン色紙とかを見ながらマッタリした時間を楽しむ。(ちなみにTV取材は今まで50回以上だとか、、、食べ系、旅系芸能人、レポーターはみんな来てる)

タイマーが鳴ると出来上がり。お味噌汁を持って来てくれて蓋を開けて自分でよそって食べる。期待通り最後のお焦げがウマウマだった。

食後、マッタリして再度お風呂へ、、、2回戦目は10分くらい短めに浸かって退散。
それから体中ホッコリして自宅まで帰る、、、まっ、これがかま屋の正しい楽しみ方。
寒い冬にまた来よう、、。

f:id:district57:20170818202521j:image

f:id:district57:20170818202517j:image

◼️かま屋
https://onsen.nifty.com/hakone-onsen/onsen001545/kuchikomi/

2016-06-23

焼鳥屋で注文にたじろぐ、、、。

久々に藤沢で飲む、、。
家からチャリンコで次男をダンススタジオに送ったついでに焼鳥屋についつい吸い込まれてしまった、、。

肉の佐藤 藤沢店
http://tabelog.com/kanagawa/A1404/A140404/14048421/

まずは生ビール、、適当にやきとり、やきとん、串揚げなんかを頼み、調子付いてお次はホッピー、、、
ありゃりゃ、、メニューの意味がよく分からん、、、。

一見客なんで仕方ないが、ここでメニューの説明をバイトの店員に聞くなんざカッコ悪い、、。
ツゥーの世界にはめっぽう弱いので必死で解読しようとしたがよく分からんままシャリ金黒ホッピーを頼んだ。
ツゥーっぽく「シャリ黒」と頼んだらシャリ黒一丁、、と通じていたので妙にうれしかった、、。

出てきたモノは、、、要するにシャリシャリに凍らせた焼酎に黒ホッピーを注いで飲む、、というスタイルだった。
なるほど、、それでシャリの意味は分かった、、、「金宮」は速攻ググって焼酎の銘柄なのも分かったので、単なる金宮は凍らせていない焼酎、、焼酎継ぎ足しは「ナカ」でホッピー継ぎ足しが「ソト」であろうとノリで分かった、、、場所は藤沢だが、メニューはかなりディープな東京下町の世界、、また来よう、、、。

夏が来たねぇ、、、。

http://ac-tan.com/archives/154

しかし、ちょっと待てよ、、元々ホッピーなる飲み物はビールが高くて飲めないからその代替品として下町で生まれた飲み方。メニューを見ると生ビールより高いじゃないの、、、。

f:id:district57:20160623195331j:image

2016-04-03

香川のうまいもん3点セット、、、。

息子どもと家内が香川に帰省ちう、、、。

香川に帰ったら絶対に外せないうどん、フミヤのお好み焼き、一鶴の写真を送ってきた、、、。
いやはや!、、こうやって讃岐人のDNAは受け継がれることとなる、、、ですわ。

香川では県民食のうどん、、これは肉うどんの小とちくわの天ぷら。ネギだくにレモンが通なんです。
オススメの店をよく聞かれるが、、地元の人が来ていればもはやどの店でもいい(判断基準:香川ナンバーの軽四が止まっていたらOK、、観光バスが止まっていたらNG)
f:id:district57:20160403222341j:image

高松のお好み焼きふみや 過去ログ参照(右の検索でふみやを検索)
f:id:district57:20160403222359j:image

一鶴(イッカク)の骨付鳥(横浜にもある) 次男よオメェ原始人かよ
元々、一鶴のオーナーが日本が戦後貧しかった頃、テレビの西部劇で骨付の肉をワイルドに食うシーンに憧れて始めたのがこの骨付鳥、お上品にナイフとフォークなんかで食っちゃイケない、、ていうかナイフもフォークもない、、豪快にかぶりつき汁だの油だのにまみれてギャートルズ的に写真の次男のように食うのが正しい。皇室系セレブなお嬢には絶対無理な店。
f:id:district57:20160403222357j:image

2016-03-21

食べラー

ちょっと前に一世風靡した食べラーだが、スーパーに行くといつの間にかいろんな種類の食べラーがならんでいた、、、俺とか乙女とかなんだかややこしい、、。

f:id:district57:20160321175429j:image

私はどっちかというとラー油よりはこっちの生七味がオススメ、、、コレ何にでも使える。山椒がいい感じ。


f:id:district57:20160321175520j:image

2015-10-25

コレはマジでうまそー

アボガドの粕漬けか、、。
この発想もなかったが、なんかうまそー、、、。

http://macaro-ni.jp/20771