スマートフォン用の表示で見る

箱根神社

一般

箱根神社

はこねじんじゃ

 箱根神社の祭神は、瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)、木花咲耶姫命(コノハナサクヤヒメノミコト)

火火出見尊(ヒコホホデミノミコト)。

箱根神社の歴史は古く、山岳信仰としても有名、鎌倉幕府北条氏、徳川幕府などの保護の

もと発展し、平成19年には、御鎮座1250年祭が行われました。

 箱根神社は、都心から3時間で行ける近さにあり、風水的にも格好のパワースポット

なので、近年は、アジア系の観光客もたいへん多く訪れます。

 また、敷地内には、九頭龍神社の分社が併設されており、縁結びの神様として

人気も高く、信仰を集めています。

 箱根神社元宮は、箱根園の駒ケ岳山頂ロープウエーより少しあるいたところにあり、

駒ケ岳山頂ロープウエーは、風が強いと運休となるので、参拝客は注意が必要です。

冬には、駒ケ岳山頂で雪遊びというのも楽しいかもしれません。

【御利益】

交通安全・心願成就・開運厄除

【お玉串

3万円のお玉串がお勧め、3万円以上のお玉串奉納者には

1年間、毎月、月首祭の特別祈祷の特典が与えられ

お下がりの御神饌(かつおぶし)が奉納者に毎月郵送されます。

【行事】

7月31日から8月6日までの期間

湖水祭・例大祭を中心に芦ノ湖夏祭りウィークが執り行われる。

【交通】

新宿箱根小田急ロマンスカー利用

あるいは

東京小田原:JR利用