doubtwayoflifeの日記

2014-08-26 副島輝人・追悼DOMMUNE


昨日はDOMMUNEにて大友良英のJAMJAM TV副島さんの追悼番組ゲストとしてうっすらと出演させていただきました。他に不破大輔、地底・吉田社長ドラびでお(一楽儀光)、水木康文(青土社)。2010年DOMMUNEで始まったJAMJAM TV日本フリージャズを深く掘り下げるプログラムでしたが、震災があり2回の放映をもって一時中断、そろそろ再開してもいいのでは、という時期に副島さんが亡くなってしまいました。

非常に意義深い7時間だったと思っています。いまタワレコにおいてあるフリーペーパーIntoxicate」にも追悼文を書かせていただきましたが、副島さんは重要メディアだったと信じてやみません。そしてこのDOMMUNEは副島さんの意志を継ぐ重要メディアになっています。私も副島さんの意志を何らかの形で継ぎたいと思っておりますが、宇川くんの動きを見ていると本当に勇気づけられます(レベルが全然違いますけどね)。放映された二回分の再放送も貴重なものですし、なにより副島さんによる現場証言は(その人の内で若干の記憶更新がなされているとしてすら)、あたかも現場を観てきたように語られる凡百の評論とは比較にならないリアリティを持って輝いています

ゲストでのトークコーナー約一時間では、私も含めまだまだ皆さん喋り足りないご様子でした。一人につき一時間枠があっても足りない感じだったですね。副島さんネタは尽きないのです(笑)

DOMMUNE終わって、一楽さん、水木さん、イッシーさんと、久しぶりに朝まで呑んでしまいました。久々に本当に充実した一日でした。誘ってくれた大友良英感謝です。ありがとう! そして少なくとも私にとっては最重要メディアの首謀者・宇川直宏にも!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/doubtwayoflife/20140826

2014-07-13 副島さん。

昨日(7/12)、ツイッターを見ていたらチャーリー・ヘイデン訃報を目にした。ベーシストとしての素晴らしさもさることながら、作曲家としても非常に美しい曲を書く人で、本当に好きだった。合掌。

と、その数時間後同じくツイッタートミーラモーンの訃報ラモーンズオリジナルメンバーは全員鬼籍入り。


さらにその直後、地底・吉田社長リツイートで副島輝人さんが亡くなったことを知る。先日名古屋でディスロケーションタイバンして呑みに行った際に副島さんの話題になり、岡崎さんか柳川さんから京都引っ越して」云々との話を聞かされていたので、さっそく吉田社長に問い合わせたところ、Facebookのあれは、お墓の話なんでしょう、との回答。Facebookは見れないので、吉田社長ブログでその文章引用してくださっていて、それ読んで改めて衝撃を受けると同時に、最期までなんと粋でカッコいいんだよ、副島さん! と思った。 http://chitei-records.jp/blog/article/post-3801.html ある種の動物本能的に、死の直前に自分が息絶える場所に行くと聞いたことがあるけど、副島さんの感性ってスゴいな、と改めて思った。こういう人が居たということは実に貴重なことなである。物書きと自己プロデュース最期を迎える。こんなカッコいい最期には出会ったことないよ、副島さん!


副島さんと最初にお会いしたのはたしか92年か93年にサインホ・ナムチュラクを招聘された時だった。六本木の今は亡きロマニッシェス・カフェにて。客はオレを含め4、5人だった記憶が。その後、何とはなしに意気投合しちゃって、当時はディスクユニオンに勤めていたこともあって、色々と情報交換したり、いろんなことで揉めたり、お花見に誘っていただいて副島さんの家で呑んだり、ユニオン辞めた後も再発のお手伝いをしていただいたり、円盤の「日本フリージャズを語る」のシリーズイベントにご一緒させていただいたり、メールス・ジャズフェスROVOの皆とか小野島さんとか佐藤くんとかと一緒に行ったり、まあとにかく本当にお世話になった。いや、お世話になりっぱなしである


doubtmusicの、副島さんが関わってるCD

高柳昌行AXIS vol.1』(dmrp-110)『AXIS vol.2』(DMRP-111/現在品切れ中)

・沖至『幻想ノート』(dmrp-128)

・翠川敬基『完全版・緑色革命』(dmhrp-129/130 二枚組)副島さんがプロデュースした「インスピレイション&パワー vol.2」


ライブに行くと時々お会いして、色々と話をしたりしたけど、最後にお会いしたのは数ヶ月前、新宿PIT INN近くの地下道だったかな。たまたま。誰かのライブファーストセットが終わって副島さんが帰宅されるときで、オレは大遅刻してセカンドセットから観に行こうと思った時だった。「ちょっと具合が悪いからファーストセットで帰るんだ。」と仰られていてその時はさして気にも留めずにいたのだけれど…。


副島さん、あなたの残した、形にならないようなものまでわれわれが引き継ぎましょう。そして「自分意志を貫く」という大切なことを肝に命じ日々精進してまいりましょう。ありがとうございました。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/doubtwayoflife/20140713

2014-06-19 演奏。

よろしくお願いします。


6/29(日)@六本木スーパーデラックス

"incredulous cuts"

18:00開場/18:30開演 予約\2,500/当日\3,000(ドリンク別)

dj sniff、DJ CarHouse a.k.a.大友良英広瀬淳二、坂田明坂口光央、山本達久、mn(T.美川沼田順)

https://www.super-deluxe.com/room/3664/


7/3(木)@新宿URGA

"beautiful summer 2014"

19:00開場/19:30開演 予約\1,800/当日\2,300(ドリンク別)

DDM.R18(ドラびでお若林美保+沼田順)、Noisin' ☆Husky(ヴォイスハスキーヤスノイズハスキー石川寧+ベースハスキー松崎ミツヲ+ドラムハスキー熊田央)、Bionic Pearl(砂智子+くぅた+Junji+しゃあみんJoe+狩俣道夫)

http://www.urga.net/pc/schedule/sche3.cgi


7/5(土)@難波ロケッツ

"incredulous cuts in OSAKA"

16:00開場/16:30開演 予約\2,500/当日\2,800(ドリンク別)

dj sniff、mn、半野田拓、bonanzas、和田晋侍、DJ:アオツキ書房

http://www.offshore-mcc.net


7/6(日)@京都UrBANGUILD

"incredulous cuts in KYOTO"

17:30開場/18:00開演 予約\2,000/当日\2,500(ドリンク別)

dj sniff、contact gonzo沼田順、GTSVL


7/7(月)@名古屋K.D.Japon

18:30開場/19:00開演 \1,800(ドリンク別)

沼田順x小野浩輝×小埜涼子、ディスロケーション(ガイ+柳川芳命+森公保+岡崎豊廣)×古田一晴(映像)、数秒にも満たない、CazU-23

http://kdjapon.jimdo.com/7月のスケジュール/


7/27に何かやるかも。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/doubtwayoflife/20140619

2014-03-07 mn『無理難題』

8ヶ月ぶりのブログ自分宣伝になるとは予想だにしていませんでしたが。

mn / 無理難題(doubtmusic / dmf-153)2014年4月16日発売!

世界に名だたるノイジシャン・T.美川(インキャパシタンツ、非常階段、他)とダウトミュージック主宰者・沼田順が制作した自信作。問題作。大傑作。ガチ騒音地獄あなた脳みそのシワを確実に減らす!!! ←帯の文章

 美川さんと演奏するのは本当に楽しくて、美川さんのエレクトロニクスから繰り出される実に多彩な音は否が応でも何らかの新鮮なインスピレイションを喚起させてくれる。しか美川さんと私は「音の佇まい」みたいな好みがどうも似通っているみたいで、例えば録音時も「今の演奏イマイチだったからもう一回録り直そうか」みたいなことはあり得ないのだった(唯一最初に録った「練習曲」と称したサウンドチェック的な演奏CDにする際オミットしたが、これも十分視聴に堪えられる音源である)。本作は「mn」の第一回目の複製作品としては素晴らしい出来映えである確信している。自分の作った音であるわけだから当然自分の好みの音が全面的に出るのは当たり前のことであって、世間的に何と言われようが全く気にしない(いや、ちょっとは気にしたりするが)。でもこのサウンドを「好きだ」と言ってくれる人が多くいてくれれば、それほど嬉しいことはない。よろしくお願いします。(沼田順(mnのnの方)←今日作ったディストリビュータに向けた文章

mn / 無理難題 プロモーションムーヴィー → http://www.youtube.com/watch?v=s0UWnv_13Oc

mn = T.美川エレクトロニクス/右チャンネル)、沼田順(ギターエレクトロニクス/左チャンネル)

※ 6曲目のみセンターに寄せたミックス。濃縮状態。

1. force (10:20)

2. poser (10:02)

3. intercept (7:07)

4. pangs (8:55)

5. difficulty (12:51)

6. problem (7:27)

録音:2014年3月2日/於:studio ZOT

録音/ミックス エンジニア:久恒亮

マスタリング沼田

デザイン:鈴木

即興ライブに立ち会う時、ほとんどがつまらない出来映えで、それは「即興というものはそういうものなんだよ」と言われてしまえばそれまでなんですが、ものすごくストレスがたまります。そのストレスがどこに起因するのかと考えてみた時「オレならこう演奏するのに…」というのがあるんです。その心境がピークに達して、去年から自分演奏するようになりました。本当は自分一人で演奏する(いわゆるソロ)のが最もストレスがなく自分の好きな音を出せる最善の環境なのですが、逆に自分一人で出す音というのにはある限界があって、自分コントロール下にある楽器の出す音はある程度結果が見えてしまったり、全く別の方向から予期しない音が聴こえてくるアクシデント部分がなくなってしまったりというジレンマもあるわけです。

そんな時に、たまたま美川さんに誘っていただいて出演したのが、早朝5:00開演という気の狂ったような四谷アウトブレイクでの演奏でした(本来はインキャパでの出演依頼で小堺くんの都合が付かなかったので私が誘われた形となった)。予測としては「ある程度面白くはなるだろうな」というのがあったんですが、実際二人で演奏してみて、予測以上の、もの凄い充実感を感じました。その前に何度か美川さんとサシで呑んだりしている時に「どのような演奏にするか」みたいな相談というか打ち合わせはあり、二人とも酔っぱらっているので詳細は忘れていますが、根幹は二人とも覚えていました(それはヒミツですが)。

ライブする前からユニット名も決まりロゴ作ってTシャツも作ろう、ステッカーも作ろう、CDも作ろうなどと盛り上がっていたんですが、今回ついにCD制作に漕ぎ着けました。doubtmusic史上最短の録音/ミックス/マスタリングジャケット制作となりました。だからといって手抜きは一切ありません。美川さんとのユニットであるが故にそれが可能になったと思います美川さんに本当に感謝です。

音楽評論、もしくはショップジャンル分けなどで「ノイズ」「即興」「アヴァンギャルド」などというのがありますが、単純に言ってしまえば、私は「ノイズ」はその音の質感を表し、「即興」はその音の方法を表し、「アヴァンギャルド」はその音の歴史を表していると思っています。一緒くたに語られがちですが、mnはそれらを全う/包括する故、結果としてなんとも言いがたいサウンドになりました。私にとってはすごく心地の良い音です。何と言われようがかまいません。私も美川さんも、このサウンドと佇まいが凄く好きなんです。

ということで、みなさん買って聴いてね!

エスエス 2014/03/11 22:46 最近知った! ここ行ったか~!ち感じ
でもNらしいかな!? カッケ~わ!! 脱帽

エスエス 2014/03/12 20:04 チッ! やめれってか~!?
浮浪者わ暇なんや~!!

エスエス 2014/03/14 01:35 Nよ Nよ Nされよ~~ かかってきなさい

エスエス 2014/03/15 01:54 AとY連絡とれる?? 携帯停められてたけろ 復活したからSMして!080 3228 4791!!

エスエス 2014/03/25 16:13 ノーリアクションか~!
ちょすなってか~!

エスエス 2014/04/04 01:53 ジャケの字体 33年前のビラと変わらん(笑)

エスエス 2014/05/05 01:26 チーッ!

エスエス 2014/05/17 21:52 ♪ピュア ピュアリン♪ かっ!?
もうaわ!

エスエス 2014/06/05 12:47 ♪ほ~ら さきさきコベニ~♪
ときわ公園行ったか??

doubtwayoflifedoubtwayoflife 2014/06/19 17:17 しつこいコメントありがとうございます。キミか…

エスエス 2014/07/13 04:01 あらら.ww

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/doubtwayoflife/20140307

2013-06-13 二年半ぶりの更新です。

二年半ぶりのブログ更新です。最新のが二年半前のblacksheepのレコ発予告です。思い返せば吉田隆一スガダイロー後藤篤のblacksheep / 2 の発売日が2011年3月13日で、流通が止まって焦ってた日でした。また、その二日前、2011年3月11日灰野敬二ナスノミツル・一楽儀光の静寂の東京初のワンマンライブの日でした。もちろん中止。詳細を書くと長文になるので大割愛ます

あの当時から2年半もの日が経過しました。私の53年の人生を通して2年半前のこの時期ほど混乱していた時期はありません。これはハッキリ断言できる。大震災原発事故〜人々の混乱/分断。そしてその当時ほど毎日涙を流していた日々も人生初でした。自分自身が何より混乱していた。世の混乱に流されていたのかも知れませんが流れた涙や乾いた笑いはまるで吉本新喜劇

あれから二年半。私の感情もずいぶん落ち着いて来たみたいです。事故被災現場はまだまだ落ち着いてないけれど、当初から比べると私の感情に限ってのみ落ち着いた。というか当初か私の感情が通常の自分感情ではなかった気がします。考えてみるとずいぶん色々なことがありすぎて短かった二年半です。それは私が歳を取ったせいもあるかも知れませんが、色々なことがありすぎました。

そんな中で、いやそんな中だからこそ、色々な人々と出会いました。この色々な人々との出会いこそが、自分自分鼓舞することが出来たと言えますさらに今までなあなあで付き合っていた人々との更なる濃密な時間を過ごせたことは、今考えると驚きに近いような気もします。これは「全て震災原発事故のおかげです。」と書くとまた外野から批判的な声が聞こえてくるだろうし、多くの人が苦々しい表情を浮かべるのは十分に分かっています。でもそれがオレの今の素直な感情なんです。

多分オレは震災に遭った人たちとか原発事故放射能で苦しんでいる現場の人々とは感情を共有することは永遠に出来ないと思っています最近ようやくそのことに気づきました。すいません。鈍くて。それはつまるところどんな人間でも全面的に共感すること、分かりあえることなど出来ないのだ、という根本的な真理を認識することでもあります。それでも私は(人間は)共感を求めるのです。ほんの一筋の光が通じ合うことで分かりあえるよう(な気)にもなります。私はほんのこの一筋の光に希望を求めるものであります。そしてそれは理論的なことじゃなくて、勘というか感情というか、なにかそういった自分自身の今まで生きてきた肉体的な感覚がそう思わせるんです。

二年半、ブログを書かなかったのは、混乱していたため、コトバを選ぶのにも非常に慎重になっていたのかも知れません。ただしツイッターはコトバを選ぶという作業にあまり時間をかけないメリット(and/orデメリット)もあるため私の当時のtwilogを見ると自分の混乱ぶりが伺えてなかなか面白い

大分感情的に落ち着いて来たので、時々更新しようと思います。また、私はこの間、大友良英遠藤ミチロウ和合亮一の三人によって立ち上がったプロジェクトFUKUSHIMA ! というのにも参画し、これがまた色々と楽しいのでこれに関しても色々と書こうと思ってます。まだまだ書きたいことが山ほどあるんですが、今回はこの辺で。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/doubtwayoflife/20130613

2011-02-13 blacksheep 「2」レコ発ライブ。

blacksheep(吉田隆一スガダイロー後藤篤)のセカンド・アルバム「2」は3月13日発売です!

いまジャケットを鋭意制作中です。ジャケットマンガ西島大介デザイン佐々木暁という最強コンビ! doubtmusic初の萌えジャケ。ついでにTシャツも作ろうと思います。秋葉歩きに最強! AKB48に勝るとも劣らないblacksheepのセカンド・アルバム。以下CD発売記念ライブ情報です!


3月8日(火)

新宿 Pit Inn

http://www.pit-inn.com/

新宿区新宿 2-12-4 アコード新宿 B1

03-3354-2024

open 19:30 / start 20:00

料金:3,000円(1ドリンク付)

guest DJDJ まほうつかいa.k.a. 西島大介

CD及び blacksheep萌えTシャツ先行販売


4月26日(火)

関内 エアジ

http://www.airegin.jp/

横浜市中区住吉町 5-60

045-641-9191

open 19:00 / start 19:45

料金:2,500円(1ドリンク付)


5月28日(土)

荻窪 ベルベットサン

http://www.velvetsun.jp/main.html

杉並区荻窪 3-47-21 サンライズ ビル 1F

open 19:30 / start 20:00

料金:予約2,000円 +1ドリンク(500円)/当日2,500円 +1ドリンク(500円)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/doubtwayoflife/20110213

2011-02-10 差額室料(差額ベッド代)について。

高校2年の時の骨折以来なので、今回33年振りの入院ということになったのだけれど、昨日退院する時に、八日間の入院はいえドカンと病院から請求書とその明細を渡された。詳しく見てみると「差額室料(外税)」という項目で33,000円(税込み34,650円)が請求されている。

差額室料というのは、入院する際に患者側のリクエストにより少しでもいい環境(個室であったり、窓側であったり)を提供し、患者側がその決められた差額分を負担するというシステムだ。私などは別に大部屋でもいいし、多少の環境が悪くてもベッドさえ確保してくれればいい。第一カネもないのでそんな贅沢なことは言ってられない。でもご老人や長期入院の方が少しでもいい環境入院生活をしたいという心境とそれに対応したそのシステムはわからなくはない。

さて、その差額室料に関しては、厚労省からの指導で、患者からリクエストがない限り病院側が患者側にそれを請求できないことになっている。ところが、それを知らない人々は「しょうがないから」という無知によりみすみすその金額を支払ってしまっているというのが現状だ。もちろん私も入院時には知らなかった。入院が決まった時、医師に「空いているベッドがないから差額室料が出ますけど二人部屋でいいですか?」と問われ、空いてるベッドがないならしょうがないのでそこでOKして、サインをした。ところがそれを知ったヨメが差額室料に関して調べ上げて、「それは支払う必要ない」と主張したのだ。

「空いているベッドがないから」など、病院側の都合によって差額室料を請求することも厚労省からの指導で出来ないことになっている。あくまで患者側のリクエストがあった限りにおいて、病院側は差額室料を請求できる。


支払いの際、ゴネた。一応、支払いに行く前に厚労省電話して「それは支払う必要ありません。もし病院側とどうしても決着がつかないようであれば第三者に仲介してもらう方がいいので、出先機関の『関東信越厚生局・東京事務局』、電話番号XXXX-XXXXにご連絡してください」との心強いオコトバをいただき、支払いの担当者と話し合いをした。相手側の唯一の依りどころは、私の合意サイン。しばらくモメて埒があかず「とりあえず医療費はキチンと支払うから医療費だけの請求書で切り直して。」と言い、それを出してもらい医療費キッチリ支払いを済ませた。「上司とも相談の上、明日こちらから電話差し上げますから。」という相手の言葉最後に私は病院を出た。

そして今日病院から電話があり「入院時の状況から鑑みて、今回の差額室料はお支払いいただかなくても良いということになりましたので。」とのことだった。勝利した。


問題点は2点。病院側が厚労省の指導を受けつつ、その事を知らないであろう患者サインをさせ、差額室料を請求したということ。サインをさせる際に室料差額に関する詳細な説明が医師からなかったこと。

もし退院するまでにそれを知らなければ何の疑問もなく室料差額34,650円を支払っているところであった。というか、疑問を持たずに支払っている人は沢山いるだろうと思う。そんな不公平なことは許されないのである。コトバは悪いが、グレーゾーンをいいように利用して無知な人々から金をとるのは止めてください。つーか、もっとしっかり指導せんかい厚労省も!

imustakimustak 2011/02/10 17:09 おぉー、勉強になりました。詐欺みたいなことすんな!

taigataiga 2011/02/10 18:30 嫁スゲー!しっかり者の女房で良かったですなー!

maida01maida01 2011/02/11 12:09 素晴らしい。勉強になりました。この話はもっと広めたほうが良いですね。

doubtwayoflifedoubtwayoflife 2011/02/13 14:13 imustakさま、タイガくん、maida01さま コメントありがとうございます。こういうこと、実際に経験してみなきゃわからないことかも知れませんね。

きぼうきぼう 2011/03/13 21:06 地震の被害、大丈夫ですか?

doubtwayoflifedoubtwayoflife 2011/03/13 21:33 CD棚が崩れたくらいで、こちらは概ね大丈夫です。東北の親類や友人もほぼ大丈夫です。あと二名ほど連絡が取れない知人が居るのですが。それがちょっと心配です。ご心配、ありがとうございます。

トムトム 2011/09/02 11:46 先日、父が緊急入院しました。差額ベット代に疑問を持ち、病院の医事課に相談したら、同意書が、あるので、支払ってもらいますで、埒があきません。厚生局神奈川事務所にも、問い合わせましたが、同意書がある為、難しいとのことでした。治療の必要性も医師が、 判断することで、緊急車で運ばれても、該当するかは判断出来ないとのことでした。また、不正があっても、保険外診療の返還命令はだせず、あくまでも指導だということです。同意書は、出来るだけ書かないとのことです。更に納得がいかない場合は、民事訴訟になるとのことです。行政は、頼りになりません。今一度、病院と一部減免で交渉ます。今の世の中、弱い患者が泣くしかないのかもしれません。良い交渉方法があれば、教えてくださいませ。

doubtwayoflifedoubtwayoflife 2011/09/05 19:06 トムさま 返信が遅れてすみません。もう交渉が終わっているかもしれませんが、同意書にサインをする時に先方からどのような説明があったかによるのではないかと思います。私の場合は「空いているベッドがない」という理由でしかも差額ベッド代に関しては説明が皆無でしたので、結果としてサインを強要される形となりました。再度、トップの厚労省に電話して抗議してはいかがでしょうか。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/doubtwayoflife/20110210

2011-02-09 急性肝炎顛末。

1月21日(金)夜  風邪か?と思う。悪寒微熱。夜中、寝汗。

1月22日(土)  ああ、こりゃ風邪だなと思う。今日は一日じっとしとこうと思う。夜中、寝汗。

1月23日(日)  倦怠感・厭世感。全てがどうでも良くなる。夜中、寝汗。

1月24日(月)〜25日(火)  ちょっと回復したかな、と思うが、外を出歩くと若干フラフラ感。

1月26日(水)  ちょっと食欲がなくなる。blacksheepマスタリング。頼まれてもいないのに吉田隆一相手に歌をうたう。

1月27日(木)  尿が茶色になる。さすがに焦るがビールを呑めば茶色は消えるであろうとビールを呑むと一時的には透明になるが出切ってしまうとまた茶色

1月28日(金)  完全に食欲がなくなる。ちんこすら立つ元気なし。この事態はさすがに異常と感じる。世の中を呪う。自分の不摂生を呪うべきであった。

1月29日(土)  病院に行く。採尿と採血。結果は来週火曜日と言われるが、医者に「肝臓かも」と言われる。眼の白目部分が黄色。いわゆる黄疸

1月30日(日)  三上寛山本精一、久土'N'茶谷のライブに行くのを諦める。

1月31日(月)  広瀬淳二のライブに行くのを諦める。

2月1日(火)  検査結果が出る。異常な数値が出る。入院すべく紹介状を書いてもらう。うんこが白くなっているのを発見

2月2日(水)  紹介先の大病院三井記念病院)に行く。再検査するもほぼ同じ結果でそのまま緊急入院。点滴。一日中ベッドで大人しくしている。

2月3日(木)  血液検査今日も一日中ベッド。とにかく安静が一番らしい。夜点滴外す。

2月4日(金)  食欲ちょっと回復。おしっこの色は相変わらず茶色

2月5日(土)  血液検査。食欲回復。三日ぶりにシャワー。体全体が黄色い。

2月6日(日)  Ftarriの鈴木美幸さんが見舞いにきてくれる。ついでに納品と支払い。その直後にU井とイガブーが見舞いにきてくれる。

2月7日(月)  血液検査。だいぶ元気になったので一時帰宅を許可される。Y本隆とH坂さんが見舞いにきてくれる。呑み仲間の見舞いは非常に危険だ。

2月8日(火)  だいぶ回復してくると退屈であることにうんざりする。

2月9火(水)  血液検査検査結果が午前9時頃に出て、まぁこの程度なら退院してもいいでしょうと言われ、すぐに退院


参考資料ー血液検査結果(1/29→2/2→2/3→2/5→2/7→2/9の順)

T-BIL(黄疸の指標/基準値:0.2 - 1.3)

   2.9 → 4.4 → 4.5 → 4.0 → 3.3 → 1.0

GOT(肝細胞破壊の指標/基準値:13 - 38)

   1598 → 1136 → 696 → 234 → 120 → 68

GPT(肝細胞破壊の指標/基準値:6 - 37)

   1674 → 2376 → 1699 → 960 → 605 → 383

ALP(胆道、黄疸の指標/基準値:103 - 300)

   1990 → 1729 → 1477 → 1172 → 1043 → 931

LDH(肝細胞破壊の指標/基準値:100 - 210)

   949 → 429 → 310 → 228 → 227 → 178

γ-GPT肝臓、胆管の細胞破壊の指標/基準値:0 - 74)

   809 → 557 → 462 → 348 → 284 → 239


以上の結果からもわかるように、日を追うごとに正常値に戻りつつありますが、まだまだ基準値外ですので安静にしてなきゃいけません。初期値はケタが違います! 二桁も! これはさすがに厭世観を抱くわけです。誰であろうと。ちんこも反応しなくなるわけです。さすがに。

数値と体の具合を照らし合わせてみるとなるほど正確なもんです。また、この機に肝臓について色々調べましたが、肝臓とは縁の下の力持ち的な臓器、消化現場で人知れず働く臓器、肝臓ってなかなかいいヤツだなあと、50年間生きてきて初めて感謝すると同時に、そんないいヤツな肝臓になるべく負担をかけないようにしなきゃならんと自らを戒める思いです。


ツイッター上で多くの方々からご心配や励ましのお言葉をいただきました。改めてこの場を借りて感謝する次第であります。どうもご心配かけてすいませんでした&ありがとうございました。


ちなみに7泊8日の入院で、

読んだ本…横溝正史集(日下三蔵編・アンソロジーちくま文庫)、海野十三集(日下三蔵編・アンソロジーちくま文庫)、差別語とはなにか(塩見鮮一郎河出文庫)、暴力団追放を疑え(宮崎学ちくま文庫)、フランク・ザッパキャプテン・ビーフハートディスクガイド和久井光司/レココレ増刊)、ディエン・ビエン・フー(1巻〜8巻/西島大介)。

音楽は一切聴かなかった(というか、聴けなかった)。ザッパビーフハート本を読んで、すげ〜聴きたくなった。退院して一発目にフルボリウムでかけたのが『イン・ニューヨーク』。

『レザー』、買ってなかったのだが、すげ〜欲しくなったぞ。

FMN石橋FMN石橋 2011/02/09 17:58 無事退院おめでとうございます。とにかく養生して飲み過ぎないように。ところで倦怠感・厭世感はいつも、ちんこは今やもうなかなか反応しないんですがやっぱり肝臓ですかね?
レザー、正規盤もいいですがその前に出た(あれはブートなんだろうか?)ザッパが認証してない非正規盤には正規盤にない非常に素晴らしいテイクが沢山あったと思います。どっちがいいかといわれれば迷うくらい。

doubtwayoflifedoubtwayoflife 2011/02/09 22:27 おかげさまで退院できました。節制して生活するよう心がけます。石橋さんもそれ、肝臓ですよ。血液検査してください。
レザーは発売当時、未発表が少なかったので買わなかったんです。やっぱり後悔しましたね、今になって。出来れば限定LP5枚組をゲットしたいところですが…。やっぱりザッパをナメてちゃいけないと猛省…。(その猛省も幾度も。)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/doubtwayoflife/20110209

2011-02-01 静寂@高円寺HIGH

明けましておめでとうございます。とても遅いですが。


告知です。


静寂(灰野敬二ナスノミツル、 一楽儀光) 単独公演

2011年3月11日(金) 開場 19:00/開演 19:30

高円寺HIGH

予約・当日 いずれも\3,000(ドリンク別)


ライブ当日200名様に限り、静寂の未発表音源CD-Rプレゼント。(※)


ご予約チケット取り扱い…高円寺HIGH店頭まで。2月1日(火)より予約店頭販売開始!

ご予約メールは postmaster(at)doubtmusic.com まで! (at)を@に変えてください。


(※)ご予約が200名様を超えた場合優先順位は 前売りチケット → ご予約メール → 当日券 の順です。確実にCDRをゲットしたい方は高円寺HIGHで販売されている前売りチケットをお買い求め下さい。


大阪公演にて、あの一楽儀光が演奏後魂を抜かれるほどの壮絶な演奏を見せつけた「静寂」、東京での初のフル・ステージです。このライブを逃すとしばらく静寂名義のライブはないかも知れません。この目撃機会をお見逃しなく!

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/doubtwayoflife/20110201

2010-12-21 大友良英の病状報告と仮復帰ライブ!

17日に浅草アサヒアートスクエア田中悠美子さんの『たゆたうた』公演があり、その時に出演した大友良英から、公演前に右耳の低音が突然聴こえなくなったと聞き、突発性難聴かと色々心配していたのですが、たったいま本人に確認をとり突発性難聴とは若干違う病状であったことが判明し、ちょっと安心しました。これのようですね。→ http://bit.ly/hKMQCo

安心したと言っても、突発性難聴じゃなかったから安心しただけで、相変わらず本人の体調は心配をしておるわけですが、ウェブサイトを見てもお分かりのように、症状は劇的に回復している模様です。しかしまだまだ油断は禁物です。そこで本人に「24日のONJT+のレコ発ライブキャンセルしても誰も怒らんぜ。」と提案してみたのですが、本人は「いや、少なくともそこだけは演奏する。」とのことでした。本当に無理は禁物だから、耳のことを優先して構わんのだよ、と言っても「まぁ移動距離がそれほどでもないからこの回復状態であれば大丈夫だろ」とのことです。

いまは家で非常に安静にしているとのことで、この時 → http://bit.ly/h0UihO 以来の休息ではないですか。人間には休息はとても大事なのです。ホントに無理せんといてください。


しかし告知です。


ONJT+ レコ発ライブ! (大友良英・仮復帰ライブ第一弾)

大友良英(g)、水谷浩章(b)、芳垣安洋ds)+Sachiko M(sinewaves)、Jim O'rourke(EMS synthesizer).

ONJT+のファーストアルバム「Bells」「Lonely Woman」の2枚同時発売を記念した、クリスマススペシャルライブ。次の10年を予言するスペシャルな日になるでしょう。

クリスマススペシャル

※この公演にご来場の全てのお客様に、ピットインからクリスマスプレゼント付きです。

12月24日(金)/新宿Pit Inn/19:30開場/20:00開演/¥3,500

ダウトミュージックは物販コーナーを仕切ります。購入いただいた方にはもれなくダウトミュージックステッカーが無理矢理付いてきます。いらないと言われても差し上げます


17日(金)はまさに呪われた日でありまして、大友良英は急性低音障害型感音難聴になるわ、一楽儀光はライブ中に急性腹膜炎で運ばれるわ、ヨメは軽い交通事故に遭うわで、エラい日でした。ヨメは気圧のせいであろうと分析していますが、まぁそういう日もあるのですね。でも三人ともしっかりと回復に向かっており、神様が居るとするならば神様感謝したいところです。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/doubtwayoflife/20101221