Hatena::ブログ(Diary)

elm200 の日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2010-03-06

日本の中枢部から老害を排除できたら日本は圧倒的に一人勝ちする


問題点の分析はよい。しかし対策は至って陳腐。

はてなブックマークで話題になった、経済産業省による日本経済の悲惨な現状を分析した文書。

■現状分析→
資料6 日本の産業を巡る現状と課題(PDF形式:2,680KB)

■政策提言→
参考資料1 成長戦略骨子(PDF形式:495KB)

参考:
産業構造審議会-産業競争力部会に関するブクマ(と雑感) - agehaメモ

親愛なる分析家 id:ageha0 によると、これからわずか3ヶ月・5回の会合で政策提言を固める予定のため、すでに上の「成長戦略骨子」の線を大きくはずすことはないように、根回しは済んでいるのではないか、という。

現状分析はいいのだが、上の「成長戦略骨子」は環境・医療アジア活力の取り込み・観光・科学技術の強化を総花的にうたったもの。時折、「日本は土建国家でも市場原理主義でもない、第3の道を行くべき」などという民主党風味もまぶしてある。誰も反対しないだろうけど、実現しそうにもない退屈な内容である。この PDF をしこしこ作った若いお役人もおそらく「こんなんじゃうまくいかんだろうなあ」とか思いながら、深夜まで残業したんだろうな。なんとも物悲しい風景である。

なぜかそう思うかというと、「儲かりそうな感じがしない」ということだ。役人は「かくあるべし」という姿から逆算して政策提案するんだろうが、民間の立場からすれば、儲かるかどうかが一番重要だ。本当に環境で儲かるのか?医療や介護で儲かるのか?シンガポールの役人ならこんな書き方はしない。シンガポール人がどうやったら儲けることができるのか、まずそれを考える。それで商売が活発になって税収が上がれば、他の政策はカネを使うだけのことなのだから、後でゆっくり考えればいいからだ。

上の文書は、経済産業省の「産業構造審議会-産業競争力部会」というところの資料らしい。このメンバーがなかなかすごい。(id:ageha0 のエントリより引用)

青山理恵子(社団法人日本消費生活アドバイザーコンサルタント協会副会長)
秋山咲恵(株式会社サキコーポレーション代表取締役社長)
伊藤元重東京大学大学院経済学研究科教授)
逢見直人(日本労働組合総連合会副事務局長)
大坪文雄(パナソニック株式会社代表取締役社長)
勝俣恒久(東京電力株式会社取締役会長)
小島順彦(三菱商事社長)
小林喜光(三菱化学社長)
佐藤康博(みずほコーポレート銀行取締役頭取
重久吉弘(日揮グループ代表)
白石隆(総合科学技術会議議員
妹尾堅一郎(東京大学特任教授NPO法人産学連携推進機構理事長)
千金楽健司(株式会社アパレルウェブCEO
土屋了介(国立がんセンター中央病院病院長)
鶴田暁(環境テクノス(株)代表取締役)
寺島実郎財団法人日本総合研究所会長、三井物産戦略研究所会長)
西田厚聰(株式会社東芝取締役会長)
長谷川閑史(武田薬品工業社長)
宮島香澄(日本テレビ解説委員)
森正勝(国際大学学長)
渡辺捷昭(トヨタ自動車株式会社取締役副会長)


id:ageha0 も言うとおり「えらいひと」ばかりである。肩書きから推定して、おそらくメンバーの平均年齢は60歳前後であろう。個々人としては、優秀なのかもしれないけれども、みな、しがらみに巻き込まれきっていて、自由な発想ができる立場ではないのではないか。

上の伊藤元重教授は、私のゼミ指導教官だった。20年前の当時、新進気鋭の絶賛売出中の若手経済学者であった。彼は、財界人に受けがよく、よく対談企画にでていたのを思い出す。彼自身は進歩的な考え方の持ち主なのだが、財界の人たちと仲がよいところを見ると、彼らのビジネスモデルを根底から否定するようなことは言わず、日本経済の成功の理由を経済学的に説明して、彼らの自尊心をくすぐる、という役回りを演じる結果になってしまったのかもしれない。

恩師を「老害」呼ばわりするのは気が引けるが、儒教的なしがらみを絶って空気を読まずに言おう。やはりお年寄りたちにはそろそろ隠居してもらうべきではないか。彼らが日本の第一線から引いたとしても、日本経済が良くなることはあっても悪くなるとはとても思えない。彼らは十分稼いだ。もういいではないか。旅行なり趣味なり自分の人生を生きてほしい。

たとえば上の審議会のメンバーがつぎのようだったらどうだろうか?

小飼弾
ホリエもん
池田信夫
ちきりん
城繁幸
白田秀彰
pha
等々


ここに楽天三木谷さん・ソフトバンクの孫さん・元ソフトブレーンの宋 文洲さんなどを加えてもいい。ずっと刺激的な産業政策が出てくるはずだ。

経済産業省のお役人にこのリストを見せても、できない理由を100個くらいつけて、即座に却下されるんだろうな・・・。これが日本の閉塞感につながっているわけだが、上の審議会の長老たちはそんなことに気づくことはずもなく。

でもこれくらいやらないと、日本は再生しないだろう。

kaiba1/2kaiba1/2 2010/03/06 12:52 さんざ、他人を蹴落として、出世した方々が贖罪で社会貢献しようとする会議で
「銭儲け」の話を出来るワケナイわなw

gengen 2010/03/06 13:56 上記に挙げた人々を優秀だと思ってる時点で駄目なのでは?
癖があるから何か特化したことなら秀でている部分はあるけれど、
それ以外では全くバランス感覚の無い人達じゃん。全員。
dankogaiとかホリエモンは人の話聞かないし、俺俺だし。
池田信夫とか城繁幸はただのアホだし。

elm200elm200 2010/03/06 14:06 gen さん

では誰がいいですか?私ならこいつがいい!ということを言ったほうが面白いですよ。
いまは変革期なので、変に「バランス感覚」がないほうがいいと思います。
まあ・・・あんまり人のことは言えないので、これくらいにしておきますけど(笑)

大地大地 2010/03/06 15:58 政治家は70才定年制を導入すべきで、上場企業の役員も70才定年制を導入すべきです。老人は若者をフォローすることに徹しべし。このくらいやらないと、日本の改革は出来ないでしょう。

StarboardStarboard 2010/03/06 16:21 日本の閉塞感の源泉は老人でしょう。全てとは言わないが決断が遅い、責任取らない、若い人の将来を搾取する。大地さんの言うように定年制を取るか、仕事は良いが発言権は停止する必要がある。
若い人にやらせて、失敗したら訂正する位のほうが活気が出て良いですね。
genさんのように否定だけする人は、社民党と同じ。対案を出さないとね。議論は良いけど批判だけではだめですね。
原丈人さんが全て正しいとは言わないが、自力で行動・証明していることは素晴らしいと思いますよ。

abcabc 2010/03/06 17:03 民間企業を大きく育てた人ならば、年寄りでも良いと思います。大企業の出世競争をただ生き残っただけの人は適切ではありません。しかし、中興の祖として企業体質を改善させてきた人なら、組織運営やリーダーシップなど良い人材だと思います(上の人々がそうなのかは知らないですが)。
また、自分で起業し、大きく育てたホリエモン氏も国家の舵取りには向くのではないでしょうか(後半はマネーゲームのようになっていたかもしれませんが。。)。
逆に官僚や、頭の悪い評論家、個人事業主は、あんまり国家戦略立案に向かないと思います。

kk 2010/03/06 17:04 ホリエ氏くらい一回墜落してる人は面白いですけど、他は単なるネットの有名人
ちょっと権威主義っぽい感じがしますね〜

mnomno 2010/03/06 19:46 「若いのにやらせてみよう」は既にトライ済みなのではないですか?

koushikoushi 2010/03/06 23:35 旧来からの慣例にとらわれず道徳や倫理観もほどほどで、慎重・繊細さを持ちながらもリスクに対して大胆・果敢に挑戦できる気概と行動力を持った人、各界問わずいろんな分野でこういうタイプの人達が増えるとこのご時世の行き詰まり、閉塞感を打破するにはちょうど良いと思います。

企業に飼いならされていた謙虚で控え目な人達も自身の生活が苦しくなるほど、今まで溜め込んでいた不満や鬱憤が噴出してくるはずなので、そのパワーを単なるガス抜きだけに留めず建設的な協議で発展的な方向へ使うことができ、方法ありきではなく目的ありきで柔軟性と迅速さを持って進めれば、日本はまだ持ち直せるかもしれませんね。

サイクスサイクス 2010/03/07 08:17 老害というより「団塊の世代」が企業の上層部に大量に滞留しているのが問題。
大手だとそれが顕著なのだろう。
メーカーはいいが銀行は特に酷い。
しかしこれは年金受給を65歳に引き上げたのが問題なので一概に企業の責任とは言えないと思う。
また若ければいいという話でもない。今の日本の20代はインドや中国の同世代に比べると脆弱なのが気になる。
今の日本の諸問題はGDPが臨界点に達してしまい伸びしろが無い、
しかし地価が下がりデフレが進行することに尽きると思う。
地価が下がればあらゆる物が値下がりする。しかもそれは誰にも解決は出来ない。
国債の発行を抑制しようが政府紙幣を発行しようが、
消費税・法人税を上げようが下げようが、もはやどうにもならない状態であろう。

elm200elm200 2010/03/07 10:26 伊藤元重先生にはいろいろお世話になりました。すばらしい先生だと思います。でも、結果として日本はこのように衰退してしまった。今度、機会があったら彼に日本はいったい何がどう間違ったのか、尋ねてみたいです。(機会があるかどうかわからないけど)

hamihami 2010/03/08 02:27 国家が儲けるというのは国際間で富の偏在を生み出すということですよね。どこかを食い物にしなければ、自国に富は集まらない。
民主党からはどこかを食い物にしてでも富を集めたいという気概が感じられないから、将来の繁栄も期待できないと感じるのではないでしょうか。
もっとも民主党は心優しくなってしまった大多数の国民の鏡とも思えます。国民がもっと貪欲で利己的になれば、それが反映された政権になるでしょう。弱者(例えば若者)を食い物にするななんて甘いことを言っているうちはダメかもしれません。

monomono 2010/03/08 02:52 若手メンバーの方が明らかにエキサイティングだし、俺だって見てみたい。
でも、お偉方にあって小飼弾やホリエモンに無いもの、それは「権力」。

小飼弾〜phaの皆さんは「発言力」はあれど「権力」が無い。
若手の権力の総量は、(例えば)しょーもない代議士一人分にも満たない。

代議士はパスポートを即日発行できるけど、民間人は1週間待たないとできません。それは本人の発言力ではなく、役職に付帯されている「権力」だから。
大企業の社長も同様で、権力ヒエラルキーの頂点同士が寄り合っているんだから、権力の総量はブロガーが束になっても敵わないことは容易に想像できる。

つまり、老害を排除するためには若手に権力を与えるエンジェルを得るか、自ら勝ち取ることが必要不可欠。その点ホリエモンが代議士に立候補したのは100%正しい戦略だった。

オバマが大統領になったのは若くてフレッシュだからでも、スピーチが超人だからでも、黒人だからでも無い。民主党で然るべき権力をまとったから、大統領選に立候補できたんだ。

ご高齢の経営者の方、ホリエモンと池田信夫に権力を与えて下さい。

syncbuckupsyncbuckup 2010/03/08 04:22 老害を排除出来ないから困ってるんですよねぇ・・・
政党政治って言うか、こんだけインフラや便利なサービスが発展していってるって言うのに、
今さら民主党か自民党どっちか選べなんて、選挙のシステムとかも問題ですよね。
自民党も民主党も大してやってること変わらないですから。
政権交代から数ヶ月経ちますが未だに何も変わってないし、
黒い小沢さんもなぜか未だに政権に近いところにおりますし、
そういえば、この間経済評論家の勝間和代さんがカツケンで言ってましたが
総理大臣の歳、経営者の平均年齢、国の平均年齢をそのいずれ見ても
欧米や発展途上国に比べ異常なまでの高齢層による支配社会が浮き彫りになってました。w
で、面白いのがなんで高齢者は人の話を聞かないのか?ってところで

勝間「要は体力が無いからなんです。
人は他人の意見を一旦聞き入れて、反論するまで、ものすごく体力が要りますよね?」

って言ってました。w
あぁ、なるほどな、と思います。w
彼らを排除する唯一の方法はただ粛々と死を待つのみ、ですか。
でも、その頃日本はとんでもないことになっていそうだ・・・。

elm200elm200 2010/03/08 09:20 最近の富士通の社長交代を巡る騒動も、どうやら旧主派の長老が改革派の社長を追い出した、ということらしいですね。

http://diamond.jp/series/closeup_e/10_03_13_001/
http://www.sentaku.co.jp/category/economies/post-701.php

日本でお年寄りが権力を離したがらない一つの理由は、彼らが仕事中毒で、会社を離れたら何をしたらいいのかわからない、というのもひとつありそうです。欧米人なら喜んでリタイヤして趣味なり旅行なり悠々自適の生活をするところなんですがね。これも「会社(仕事)に人生を捧げる」という価値観の負の側面でしょうね。

転載してみます転載してみます 2010/03/08 10:18 なんで老害と呼ばれがちなひとたちのほうが賢くて、生きのいい若いのが馬鹿ばっかりなのか問題。たぶん、きっとこれはいつの時代も同じはずなんだよねと思う。
http://twitter.com/kawango/status/10143615642

若害若害 2010/03/08 13:04 これは老人の立場で考えれば分かりますが、自分たちと直接話す気概もなく、影で老害と呼び、そのくせ権力の移行は老人たちが率先してやれ、というような中傷するくせに結局は人任せの若者の言う事は、ただのノイズと捉えるでしょうね。
みんなとは言いませんが、老人たちと直接話してみれば、日本の将来のこと、すなわち若者のことをその愚かさも含めて気にとめていますよ。自分の手に入れたものが墓まで持っていけないのをよく知っているのは彼ら自身ですので。

umadannyumadanny 2010/03/08 14:49 ぜひ、あたなのような方にもこのメンバーとなってがんばっていただきたい。

heki1224heki1224 2010/03/09 04:48 単に「老害は確かにいかんと思う」と言っても始まらない。
老人が多くても効率よく経済や社会を回していけるように変化させていかないと。

でも、変化というのは老人がもっとも嫌うことで、そういう意味では変化の足を引っ張るのだろうなー。

通りすがり通りすがり 2010/03/09 18:16 メーカー勤務のサラリーマンですが、社内見渡すと結構いますよ、年金受給資格高齢者。48万/月の枠いっぱいで。しかも老人を理由にロクな仕事もできず、年上を理由に偉そうにして、簡単な作業をして自分の手柄とアピールし、しがみつく事にだけひたすら一生懸命だから、問題起きれば若者の責任に仕立て上げる方々ですね、全員。
周辺を押さえ込んでこの国を発展させた人種だから、自分と近親者だけ良ければそれでいいと考えるのも仕方の無い事かもしれません。
ただ、漁師が全員、取れるだけ取るような底引き網をしたら、もうその漁場は次からは何も得られなくなりますよ。
そんな高齢者がはびこるこの会社、去るべきだろうか。
そんな高齢者がはびこるこの日本、去るべきだろうか。

ふさおふさお 2010/03/14 00:25 やはりここは海外ニートさんにも是非出てもらいたい!

わさおわさお 2010/08/17 12:57 選挙権40歳以上・未満で衆議院・参議院を分けたらどうでしょうか?老人年金の上限を20万円でカット、老人医療費3割負担(減免措置付き)とかできたら、財政再建もできなくはない。

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。