paint/note Twitter

「組立」についてはこちら。

メールアドレスはnagase@zc5.so-net.ne.jp

2016-11-28 ART TRACE PRESS04が刊行になります

f:id:eyck:20161128104652j:image:w400


11月28日発売のART TRACE PRESS04ですが、一部書店では12月中旬に店頭に並ぶそうです。ART TRACEのサイトからの通販もお勧めします


http://arttrace.org/books/details/atpress/atpress04.html


今回、僕はレビューを二本、寄稿しています。

  • 「不可視の宛先、南天子画廊の岡ざき乾二郎」
  • 「あつめる、つくる、ばくはつする ゲーム《マインクラフト》の呼び声」

また、引き続き編集協力もしています。03号と02号の発行間隔が2年半あいた事を考えると、1年半で04を出すことができたのは良かったなと思います。


おそらく、先日亡くなった中西夏之氏のインタビューに注目があつまると思います。実際、僕が知る範囲でも中西氏の言葉としてはかなり率直な内容になっている印象です。収録してから2年経ってしまいましたが、むしろ今発表されることに意義が生まれたかもしれません。


早見堯氏の批評の採録は、とても貴重なものです。どれも一読して驚く若い方もいるのではないでしょうか。このような水準の美術批評がきちんと書かれていたことの裏返しに、世で喧伝され消費される「美術批評」で物事判断すると、本当に様々なことを見誤るということも逆照射されているように思います。お勧めは「ケネスノーランドの絵画 全体性物質性(1978年)」「壁から離れる絵画 理知と感覚との再統合(1980年)」です。


鈴木了二さんが登壇された「座談会 もうひとつの建築──立原道造再考」の収録と記事化は、僕にとっては個人的にとてもうれしいものでした。2007年に、鈴木氏のお仕事である金刀比羅宮を見たいがために四国まで一人旅をしたことが思い出されます。

http://www.konpira.or.jp/about/architecture/ryoku-tai-den/page.html

また、アセテートから出版された、鈴木氏の手帖をまるっと書籍化したすごい本「JULY 2001〜MAY 2004―RYOJI SUZUKI ARCHITECT EXPERIENCE IN MATERIAL NO. 47 PROJECT KONPIRA」も購入して何度も見返しました。建築家という思考そのものが本になってしまったようなめちゃくちゃな(それでいてかっこいい)本です。こんな本、後にも先にも見たことないです。

http://www.acetate-ed.net/bookdata/007/007.html


横たわる建築、という鈴木氏のキーワードは、はっきりと「建築史の更新」を目指している、極めて野心的な提案です。今回の対談を読めばわかるように、それは近代日本の見え方も更新する可能性がある。建築にかぎらず、美術、芸術一般に関心がある人にとってヒントになると思っています。


拙レビューについては、是非ご感想などお聞かせください。引き続き05号の準備も行われています。お楽しみに。

2016-10-20 市田良彦氏《ルイ・アルチュセール「偶然性唯物論」講義》を開催

2017年6月東京都美術館で開催の「エピクロス空き地」展に関連する連続講義の第1回として、神戸大学教授の市田良彦氏を迎え《ルイ・アルチュセール「偶然性唯物論」講義》を開催いたします

概要

場所:ART TRACE GALLERY

日程:2016年11月6日(日曜日)

時間:午後2時〜

料金:700円

定員:35名程度

主催「エピクロスの空き地」実行委員会

要予約、申し込みはepicurusnoakichi@gmail.comまで。

Twitter

https://twitter.com/epicurus_akichi

---------------------------------------------------------------------------

このたび、神戸大学教授の市田良彦氏をお迎えして、アルチュセールの「偶然性唯物論」について講義を開催いたします。

2018年はアルチュセールの生誕100周年ということもあり、世界各国でアルチュセールについての関心は高まっています。美術の分脈においてはニコラ・ブリオーが著した「関係性の美学」以後、ジャックランシエールとの論争(ランシエールは「美術と社会・政治」の分割を前提にした立論に厳しい批判を加えた)の中で、ブリオーによってアルチュセールの「出会いの唯物論の地価水脈」が援用され、現在の美術に可能性があるとすればそこに「新たなるフォーム」の契機を見ることだ、とされています(星野太「ブリオー×ランシエール論争を読む」参照)。

ただし、現状既にブリオーの立論自体はステップとしての意義を終え、アルチュセール自体を検討することが重要になっていると考えます。美術に限らず、多くのことが固定化されつつある状況を斜めに変更する契機として、このたびの機会を広く共有できればと考えています。

--------------------------------------------------------------------------------------

「エピクロスの空き地」

参加作家

相澤秀人・秋本将人・秋廣誠・三輪洸旗・小塚康成・永瀬恭一(テーマ原案)・新関淳(代表

2016-07-15 取り壊し予定の建物での展示:那須温泉アートアパートメントに参加中

f:id:eyck:20160715091325j:image:w400


那須にある温泉旅館「一望閣」の、今年取り壊し予定の建物で展示をしております。「那須温泉アートアパートメント」というプロジェクトの一部となります。情報は以下のサイトでご確認ください。



一望閣は、新旧三つの建物からなりますが、もっとも古い旧館は老朽化が進んでいます。この冬には取り壊しと建て替えがなされます。僕は「絵画を想う場所ポンペイ−那須」として、ミックスジャムに出した絵画6点を階段下に設置してきました。ここ数年続けている、近代絵画の画集を見ながら描いた作品です。今年11月の閉鎖時期まで展示されています。


僕の展示歴の中でも過酷な環境となりました。もともと厳しい状態を楽しむくらいの気持ちでいましたが、今月になって階段最上部の天井が大きく崩落し、一時は展示自体が無理かと思われました。現状でも真夏の温度・湿度の中で、キャンパス絵画がどこまで耐えられるか、緊張の中での展示となっています。問題が発生したら、そこで展示が終了する可能性もあります。


しかし、搬入を終えた今、もし作品にトラブルがおきたとしても、そのことまで含めてこの展示の一部として包摂できると考えています(当然、可能な限りの対策はしていますが)。また展示の外でも、実現に至らないものも含めいくつかのコミュニケーションがありました。こういった出来事も、「絵画を想う場所」のプロセスに繰り込まれていると思います。


「那須温泉アートアパートメント」自体は十数名が参加予定しているプロジェクトですが、今展示をしているのは僕と米倉万美さん(マーヤを探せ!)くらいでしょうか。八月には、ポーランドから帰国された坂光敏さんが、一ヶ月滞在してライブ・ドローイングをされる予定です。他にもキオ・グリフィスさん、建築家の秋山東一さん、内海聖史さん、小林達也さん、佐藤陽香さん、光山明さんなどが年内から来年にかけて順次作品を設置されるはず(ほとんどの作家さんは取り壊し予定のない建物で展示されます)。作家リストとマップはこちら。


http://karakara.pepper.jp/nasuonsenartartists


この企画、面白いのは作家の作品が展示されている部屋に宿泊可能なこと。ベネッセの直島や一部の都市型ホテルでこういう試みはありますが、那須の温泉旅館で、というのはユニークだと思います(僕の展示場所は宿泊室ではないのでそこで寝泊りはできませんが)。宿泊予約・お問い合わせは一望閣さんへどうぞ。なお、一般見学も可能です(一部お部屋の展示は宿泊状況によりご覧になれない場合があります)。



僕は今年の11月まで今の展示を続けたあと、冬季の改築を待って、来年5月くらいに一望閣内の別の場所で改めて展示を始める予定です。こちらはまた別途告知いたします。よろしく御願いします。

2016-02-28

坂光敏 ポーランド『International Festival of Contemporary Drawing』参加報告会


f:id:eyck:20160228103319j:image:w400


2015年12月から今年2月にポーランドのヴロツワフで開催された芸術祭『International Festival of Contemporary Drawing』に参加した坂光敏氏の報告会を開催します。

クラウドファインディングを成功させ、さらに滞在期間中、現地でのライブドローイングの様子をYouTube配信しつづけた坂光敏氏とその活動をサポートした中川研氏に、昨今の難民流入に揺れるポーランド・ヨーロッパの「におい」を豊富な写真と映像でレポートしていただきます


報告者

2016-01-30 「ミックスジャムは見た27」に参加します。

毎年、茨城県古河市で行われている古河三高美術部OB展「ミックスジャムは見た27」に参加します


f:id:eyck:20160130083816j:image:w400


f:id:eyck:20160130083817j:image:w400


■「ミックスジャムは見た27」


なお14日は13:30分より出品作家によるギャラリートークがあります。

僕は新作の油彩4点を出す予定です(増えるかも)。8日、11日、13日、14日午後はたぶん会場にいます(詳細はtwitterかメールでお問い合わせください)。よろしくお願いします。