スマートフォン用の表示で見る

現象学

一般

現象学

げんしょうがく

フッサールが確立した学問の方法論。

世界がすでに「ある」とする態度を棚上げ(エポケー)して、そのような信念がどのようにして成立するか、そしてそのような「ある」ものとしての世界は、経験からどのように構成されるのかを探求する。

20世紀の学問に大きな影響を与えた。