FOR EARS

2014/12/29(月) FOR EARS 2014 BEST

あみのめ「記憶線」

00:53

f:id:for_ears:20140923042109j:image

あみのめの7年ぶりのアルバム「記憶線」

2014年のベストを選ぶとしたら、このアルバムをおいて他にはない。

2014年はそれまで音楽を聴くことにあてていた時間をほかのことにとられて、保守的、というか相当に自らを回顧する(10年以上前によく聴いていた)音楽に偏った聴き方になってしまった。
(何を聴いても新鮮に受け取ることができなくて、結果、アーカイブに寄っていってしまうことが数年に一度ある)

2014年は、偶然にも長くファンをやっているアーティストの新譜がたくさん出た。倉地久美夫(7年ぶり)、山本精一(オリジナル歌ものは3年ぶり)、渚にて(6年ぶり)、FLOWER FLOWERYUIの前作から3年ぶり)、そして、あみのめも7年ぶりにアルバムを発表した。

「とわのむこう」が正式に初めて世に出たのがうれしい。Doodlesがまだ4人編成だった頃から演奏されている、とても思い入れの深い曲で、初めて聴いたのは2002年4月、高円寺20000Vでだった。以降、3人→2人となったDoodles→あみのめとライブレパートリーからはずれることなく演奏され続け、僕の手元には少なくとも8バージョンライブ録音があるのだけど、その「とわのむこう」がようやく発表された。(万華鏡ミックス)という衝撃的なアレンジバージョンで!

ずっと思っていることのひとつに 利光暁子(寺島暁子)の歌詞の良さがある。一人称で描かれる物語の一場面や心象風景を浮かびあがらせ、聴き手ひとりひとりが異なる像を重ねられるのだけど、それが平易な言葉でつづられているところが素晴らしいと思うし、好きだ。

「とわのむこう」の歌詞の下記箇所はずっと好きで、でもやはりその時どきで、思い描く像は異なってきたと思う。2014年の今も、やっぱり、今思いをはせることがある。(これからも)

こんなにもあたたかく こんなにもとめどなく

こんなにもいとおしいことが

目の前でかたちを変えて そこから何か 息づく

それを僕は それを僕はうたうから とわのむこう 声を上げる

2013年10月に初めての子を授かり、2014年は幼い子と触れ合いながらの生活となった。そのためか、自分の記憶をたどる機会の多い1年だったと思う。30代後半になると、自分自身の価値観も過去の比重が大きくなってきた気がする。

最初、その題「記憶線」という言葉の耳慣れなさに首をかしげたが、終曲「未来行き急行」とジャケット写真からようやく解題した。久しく東京でライブ活動にほぼ終始していたあみのめが2014年の夏に、新曲とアルバム発売の発表とともに、11月のライブを最後に産休に入る、との告知がなされた。

そっと覗きこむ レンズの中に 滑り込んできた 未来行き急行

記憶の中からやってきたんだ 軋んだレールは空を渡る

「未来行き急行」は2014年もっとも繰り返し聴いた曲になった。

D
「記憶線」全曲ダイジェスト

info: http://aminome-japan.tumblr.com/post/98825282200

2014/1/20(月) FOR EARS 2013 BEST

(編集中)

DUO JAZZ

20:49

2013年は、奥さんとの食事時(ほとんどは晩酌)に聴くことを想定してCDを買うことが増えた。自分自身がいいなと思うことはもちろんだけど、奥さんの好みをかなり意識するようになった。食卓で聴く音楽には、ドラムはちょっと騒々しくて、結果的にドラム抜きの、デュオ演奏のジャズを好んで聴くようになった。

2013年に気に入ってよく聴いたジャズのデュオ・アルバムが下記4点。

f:id:for_ears:20140103081245j:image
Claes Crona & Niels-Henning Orsted-Pedersen / With A Little Help From My Friends
1988年作の2013年再発。ピアノとベースのデュオ。ウォーミー、軽やか、洒脱。これは傑作。
http://spiceoflife.shop-pro.jp/?pid=53613638
♪ http://www.catfish-records.jp/product/15472

f:id:for_ears:20140103081246p:image
Harvie S & Kenny Barron / Witchcraft
ベースとピアノのデュオ。地味というわけではないけど、強いフックのない、完全にBGMになってくれるアルバム。大人っぽい感じ。この干渉してこなさ(≒快さしかない)はすごい。
♪ http://www.allmusic.com/album/witchcraft-mw0002470249

f:id:for_ears:20140103081251p:image
Martin Taylor & Tommy Emmanuel / The Colonel & The Governor
ギターデュオ。技巧的だけどそれほど強い主張はなくて、明るく溌剌としていて聴き手はリラックスできる。
♪ http://www.allmusic.com/album/the-colonel-the-governor-mw0002491058

f:id:for_ears:20140103081250j:image
Fred Hersch & Julian Lage / Free Flying
ピアノとギターのデュオ。技巧的な演奏と、耽美さ。これは芸術。「21世紀のアンダーカレント」なんていう惹句を持ち出したくなるのもわかる気がする傑作。
♪ http://www.youtube.com/watch?v=c-AO8JiGeXc

2013年その他の愛聴作

00:27

f:id:for_ears:20140103081252p:image
小林泉美 / Coconuts High
1981年作の2012年再発(タワーレコード限定)。ジャケ買いw トロピカルなフュージョンだけど、歌ものや、かちっとした楽曲が多くポップス的。このあとで同じく再発された小林泉美&Flying Mimi Bandも買ってよく聴いたけど、一番気軽に楽しく聴けるのはこの1stソロだった。
♪ http://www.youtube.com/watch?v=HLyXoncX5gs

f:id:for_ears:20140122004052j:image
Andre Solomko / Ou es-tu maintenant?
フィンランド発のアーバン・メロウ・グルーヴ。非の打ちどころがない…。レアグルーヴ/渋谷系の亡霊的な。2013年のベスト1を選べといわれたら、Fred Hersch & Julian Lageと迷いつつ、こちらを選ぶかな。近所のビジネスホテルのカフェ(空いてる)で持ち帰った仕事をしている間こればっかり聴いてる時期があったので、その風景と強くひもづいてしまった。2013年にぼくのiTunesで最も再生回数を稼いだアルバム。
♪ http://www.youtube.com/watch?v=2dPmuMB0cPY
♪ http://www.youtube.com/watch?v=T_TYIpeD43M

f:id:for_ears:20140103081247p:image
Mateo Stoneman / Mateo
♪ http://www.productiondessinee.com/catalogue/pd045_pdlp007_mateo_stoneman.html

f:id:for_ears:20140103081249j:image
Josephine Foster / I'm A Dreamer
♪ http://www.youtube.com/watch?v=4y8KdETWOjc
♪ http://www.youtube.com/watch?v=NfdBZUFWHFs

マテオ・ストーンマン「マテオ」とジョセフィン・フォスター「アイム・ア・ドリーマー」の2作は、ジャンルや時代、地域を超越した「歌」だ。ただ、マテオは奥さん・友人に聴かせてもらって2013年に初めて聴いて、来日公演は少し前に終わったばかりだったのに対して、ジョセフィンは僕自身が長く熱心なリスナーでいて、2013年待望の来日公演を手ぐすね引いて観に行くことができた、という点が僕にとって対照的。

「マテオ」は2004年録音の2010年日本盤発売。キューバン・ジャズボーカル〜ボレロ、というジャンル区分になる。珍しく奥さんが買ってきて、また友人も好きだということでそれなりに高まった期待を裏切らない内容だった。まっすぐで、つっこみどころがないスタンダード感ある歌。2013年は新作(3rd)のリリースもあったけど、一番いいと思ったのはこの1st。2013年の来日公演は観逃がしたけど、2014年3月、再び来日公演があるとのこと。

「アイム・ア・ドリーマー」は、ジョセフィンの2013年来日公演後に届けられた最新作。近作にはあまり新鮮味を感じられなくなっていたのだけど、ナッシュビル録音の本作は、ジョセフィンの“スタンダード”を感じる歌のアルバムで、強さのある音楽だと思った。音色(特にピアノ)があたたかく生々しい。

f:id:for_ears:20140103081244j:image
Rhye / Woman

f:id:for_ears:20140216190023p:image
Quadron / Avalanche

デンマーク出身のプロデューサー、ロビン・ハンニバルによる2作。メディア選出のベストととの接点はこれくらいかな。エレガントさと、コンパクトさだよね。Quadronの方を特に自宅でよく聴いた。

f:id:for_ears:20140103081243p:image
Torn Hawk / 10 For Edge Tek
PPUのビジュアルをてがけるLuke WyattのTorn Hawk名義CD。2013年選出のベストで唯一変態ぽい音楽。歪んだ音とエディット感がとても落ち着く。このエントリ用に検索したら、同時期に本人名義のアルバムも出していたことを知った。

f:id:for_ears:20140103081253j:image
Rokia Traore / Beautiful Africa

f:id:for_ears:20140103081248p:image
Ilaiyaraaja Feat. Malaysia Vasudevan / Ilectro

ワールドミュージックで印象的な2作。マリの女性SSWの2013年作。端正でタイト。「コリウッド」と呼ばれる南インド映画の音楽をてがけるイライヤラージャ楽曲のコンピレーション。聴きながら「えっ」となるすっとこどっこい音楽。

f:id:for_ears:20140103081254j:image
Brown Eyed Girls / Black Box
活動曲はいまいちだったのだけど、アルバムはコンパクトに良曲が並んでいてよかった。関与度は調べていないけど、メンバーがわりと作詞作曲にかかわっているみたい。

2013/12/30(月) 2013年見聴きしたK-POP

2013年に見聴きしたK-POPのまとめ。今年はいい曲が少ないとかなんとか言いながらも定期的にチェックはして、気に入ってよく繰り返し見聴きした曲も多かった。チェックできなかったものやスルーしているものもたくさんあるのでそのあたりは、他の方がまとめた2013ベストや2013まとめで拾っていきたい。

T-ARA N4 「전원일기(田園日記)」

08:44

D
MV Dance Version

D
MV Drama Version

2013年発表のK-POPで一番はまった楽曲はT-ARA N4「田園日記」でひとまず確定。1曲に詰め込まれた仕込み(つっこみどころ)がとにかく多く楽しませてもらった。モチーフとなった「田園日記」は韓国の国民的長寿ドラマとのことで(過去に20年以上放送された/日本でいうと「北の国から」みたいな感じなのかな)、この曲では、ドラマのメインテーマのフレーズを引用している。MVはダンスバージョンとドラマバージョンがあり、特にドラマ版は2012年ワールドヒットとなったPSY「江南スタイル」の監督を起用し、バラエティ感があって面白い。ドラマ「田園日記」のキャストや、タレントやコアコンテンツの同僚が出演、また「青春不敗」で親しんだヒョミンのモンペ姿が再び見れてうれしかった。楽曲中、メインのT-ARA N4より目立つラップパートに事務所後輩のボーイズグループSPEEDからテウンがFeat.参加。終盤は韓国伝統音楽サムルノリのアレンジが高揚感を演出(ドラマのモチーフ引用だけで十分なのに演出過剰、だが、それがいい/以前披露したサムルノリ共演版不協和音すごいポピポピを思い出した)。そしてこのT-ARA N4は、未加入メンバー・ダニとともになぜか渡米しプロモ活動。ダニと親交があるというクリス・ブラウンのパーティーで行ったパフォーマンスは動画で見る限り白けた雰囲気で、屈辱的だという論調のニュース記事にもなった。T-ARA N4がクリス・ブラウンに韓国の陶磁器をプレゼントするこの写真がたまらなくシュール。その後、最年少のアルムはT-ARAを脱退し、T-ARA N4も活動中止となった。アルムの脱退も、昨年のファヨンのときに引き続き後味のわるいものとなった(アルムがSNSで発信した意味深な発言についてニュースとなった。link1 link2)。T-ARA N4以外のT-ARA年長メンバー(キュリ、ボラム、ソヨン)はユニットQBSとして日本で活動、発表した楽曲がまた「風のように」という安っぽいタイトルで。K-POPのダーティサイドも含めた全方位で目が離せない(つっこまずにいられない)T-ARAは2013年も最高だった。

D-Unit「얼굴보고 얘기해 (Face To Face)」「Thank You feat. Beenzino」

09:27

D
Face To Face at Music Bank 130315

D
Thank You at Show Champion 130417

D-Unitの2013年活動曲2曲。3月〜4月によく聴いた。T-ARAのボラムの妹ウラムが中心メンバーで、YGのB級版なプロモイメージからネタ半分で注目していたのだけど、この2曲は曲そのものを気に入った。「Face To Face」はGDのラップが聞こえてきそうな、あるいはブレイブサウンド風合の手が楽しいアップチューン。溌剌とした振り付けが楽しく、スニーカーをはいたスポーティーなファッションが好きな5dollsを彷彿させて好感を持った。「Thank You」は♪ルルルラララのリフレインがクセになる明るい泣きの名曲。2曲ともプロデュースの中心はグループblock bのZICOとのこと。

4Minute「이름이 뭐예요? (What's Your Name?)」「물 좋아? (Is It Poppin'?)」

16:05

D
「이름이 뭐예요? (What's Your Name?)」

D
「물 좋아? (Is It Poppin'?)」

安定して毎年活動しているK-POPガールグループの中堅(というイメージを持っている)ポミニ(4minute)。2013年の活動曲は、前年のヒョナソロ曲「Ice Cream」を手がけた勇敢な兄弟が、引き続きグループの楽曲もプロデュースした。2曲ともバウンシーなビートが印象強い、タイトな、もしかすると地味な楽曲だけど、構成のシンプルさゆえか飽きずに繰り返し聴いた。特に「Is It Poppin'?」はビデオもパフォーマンスも泣きメロも言葉も好きな感じ。

Bestie「두근두근(Pitapat)」「Love Options」

20:29

D
「두근두근(Pitapat)」

D
「Love Options」

2012年にシンサドン・ホレンイ全面プロデュースでデビューしたEXIDを2か月で脱退した3人が、1人メンバーを加えて2013年7月Bestieとして再デビュー。デビュー曲「두근두근(ドゥグンドゥグン)」はイントロの♪ドゥグンドゥグンドゥグン〜からのお尻振り付け展開のインパクトがすごかった。前のグループ速攻やめての再スタート、こんなにはっちゃけていいの?という。活動2曲目「Love Options」は勇敢な兄弟プロデュース。デビュー1年目の頃のSISTARが歌っていそうな勇敢な兄弟の金太郎飴タイプの曲、で、最近だとかなりいい出来だと思った。ブレイブサウンドの合の手コーラスが絶好調でうける。

EXID「매일밤 (Every Night)」, Dasoni「Good Bye」

08:31

D
EXID「매일밤 (Every Night)」

D
Dasoni「Good Bye」

2013年はメンバーユニットのDasoniしか活動がなかったEXID。2012年10月発表の「Every Night」のほかアルバム曲がけっこう良くてよく聴いていた(「Call」「Think About」)。どの曲もいちいちチョッパーベースが主張してるのが良さで特徴。一度予定されたEXID、D-Unitほか出演の神戸公演の企画が中止になったことを当日知ってショックを受けたのは2013年の思い出。

Nine Muses「Dolls」「Wild」「Gun」「Glue」

00:32

D
Dolls

D
「Wild」

D
「Gun」

D
「Glue」

1月に「Dolls」(シングル)、5月に「Wild」(ミニアルバム)、10月に「Gun」(を活動曲にすえたフルアルバム)、そして12月に「Glue」(デジタルシングル)と、Nine Musesは1年間歌謡舞台に絶え間なく立っていた。長身モデルの容姿とセクシーな演出、というK-POPガールズグループの基本イメージを踏襲するNine Musesは2013年K-POPシーンの屋台骨となった。楽曲はいずれもSweetuneの手によるこれもまたストレートな良曲ばかり(奇をてらわず、かつ隙がない)。特に「Wild」を繰り返し聴いた。「Dolls」→「Wild」と活動が続いて、お疲れ様と思っていたら秋に「Gun」で早々にカムバック。アルバム曲も出来がよさそうなのでフィジカルで購入したけど、その聴き込みも浅いうちに「Glue」(赤のレギンス衣装が強力)が投入されてこちらがまったく追いつかなくなってしまった。

Bikini! Bikini! Bikini!

00:36

D
Kim Sori「B.I.K.I.N.I.」MV

D
RANIA「UP」MV

夏に「ビキニ」というタイトルの2曲が発表された。T-araDavichiのユニット曲と、青春不敗のG8メンバー、キム・ソリの同名曲。T-araの「ビキニ」MVに出演しているのは女優イ・ヘインほかとのこと。一方でソリの「ビキニ」MVには本人が出演して惜しげなくビキニ姿でダンスを披露。さかのぼると、昨年の6月にはBIKINYという3人組ガールズがデビューしていた。グループ名のわりにはビキニ姿でのパフォーマンスはしていないみたいで、2013年7月の「Take On Me」MVでは肌の露出をアピールしている。デビュー当初からセクシー路線のRANIAは7月発表の「UP」MVでビキニ姿を披露した。夏にデビューしたHIPHOPガール(ビッチ?)コンセプトのガールズWA$$UPは9月に「Hotter Than A Summer」を発表、MVに水着姿はほとんど登場しないものの、シングルのジャケットイメージはビーチでのビキニ写真だった。これまで足と尻はアピールしても水着になることは(知る限り)なかったKガールズが堰を切ったように怒濤のビキニ攻勢で、2013年のK-POPにおいて印象的なトピックとなった。なにか条例の改正でもあったのかと思うほど。

SM2013

13:10

D
f(x) "Rum Pum Pum Pum" at Music Bank 130830

D
SHINee "Everybody" at Music Bank 131220

D
EXO "Growl" at Music Bank 131220

SMエンタテイメントの2013年は、東方神起Super Juniorの活動がなかった。元旦に少女時代が「I Got A Boy」でカムバック。同曲には特にはまった。詳細は1年近く前に書いたひとつ前のエントリーにて。

f(x)。曲とかパフォーマンス以前にメンバーそのもののタレント的魅力に圧倒されて、他グループのパフォーマンスと続きで観るとはっきりした差異を覚えて驚く。2013年の活動曲「Rum Pum Pum Pum」もf(x)が打ち出されているエキセントリックなイメージに照準をあわせて作られている。ミュートされたギターのループを核に、メリハリをつけたマーチング風のビートと声(ボーカル・ラップ・コーラス)という限られた素材で組み立てられた、ブリコラージュ音楽のように思える。衣装はカジュアルブランド着用のカラフルなパターンと、制服パターンがあり、どちらもいい。アルバム「Pink Tape」では、「Airplane」の方をよく聴いた(サブ活動曲がなぜか昨年の「Jet」につづけて飛行機ネタ)。

SHINeeは2013年は韓国での活動曲3曲に加えて、日本でもリリースとツアーを行って活発な印象。10月発表の「Everybody」は特に振り付けが強力(昨年の「Sherlock」の振り付けも手がけたトニー・テスタが引き続き担当)。イントロ、寝転んだ状態から放り投げられていきなりハイテンションダンスがデフォルトとか、ぶっとんでると思う。おもちゃの兵隊コンセプトの衣装よりも、普段着の練習動画の方が振り付けの異常性が伝わってきていいかもしれない。

そして2013年のSMの顔、ひいてはK-POPの顔となったと言ってもいいEXO。「Wolf」「Growl」のパフォーマンスを大人数で繰り広げて、2013年商業的に最も成功したK-POPグループとなった。特に「Growl」でEXOは2013年のK-POP各アワードを総なめにしている状況。EXOの躍進は同時にK-POPグループの世代交代を示唆しているかもしれない。僕はEXOのメンバーを一人も知らず、ついにK-POPの最新流行を追いかけきれなくなったと実感した。

Crayon Pop 「빠빠빠(Bar Bar Bar)」

20:32

D
「빠빠빠(Bar Bar Bar) 」

D
Bar Bar Bar at SHOW CHAMPION 130731

2013年K-POP代表曲。6月に発表された 「Bar Bar Bar」は、そのパフォーマンスの初見から"直列五気筒ダンス"にノックアウトされた。もともと大阪ロケのMV(「Bing Bing」)で気になる存在ではあったけど、「Bar Bar Bar」のニューウェーブぽい楽曲とともに、容姿と実力重視が基本のK-POPガールズのオルテナティブとして見逃せない存在になってしまった。

6月8日のショーケースで初披露(おそらく)され、YouTubeにアップされたファンカム動画をまずは毎日見た。MVはストーリーバージョンだけが公開されており、音源配信もまだされず、インターネットないまどき、にもかかわらずようやくiTunesでDLできた時は少し感慨深かった。

"直列五気筒ダンス"の強烈なインパクトゆえか、6月後半からの歌謡番組活動開始からしばらく経った7月後半〜8月には各番組での1位候補にまでランキングを昇りつめていた(8月末にMusic BankでEXOを下してついに1位を獲得)。

一発あててしまうと、メディアへの露出が過剰になり、振り付けもヘルメットも陳腐化してしまった感あり。11月末発表の後続曲「Lonely Christmas」も「Bar Bar Bar」を踏襲したつくりで、悪くはないんだけど、年初の「Bing Bing」活動〜「Bar Bar Bar」初見の頃の面白さが正直薄れてしまった。。アワードや歌謡祭での大人数パフォーマンスは違和感がある。

その他

07:54

Brown Eyed Girlsはアルバム「Black Box」を繰り返し聴いた。活動曲「Kill Bill」はいまいちだったけど、アルバムは曲の平均点が高い。11月にはミリョとナルシャのユニットM&Nのリリースもあった。

2年ぶりのカムバックTrouble Maker。前回の活動に輪をかけた過剰さにニヤニヤしてしまう。活動曲「NOW」もいいけど、曲は「Attention」がよかった。

585517
Connection: close