happy-ok3の日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード Twitter

2017-09-24 リンゴを植えたジョニー・アップルシード このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

9月24日(日)

東日本大震災から6年半。熊本地震から1年5ヶ月。
鳥取や福島沖地震など災害を忘れずに祈ります。
九州の豪雨、台風18号による被害心が痛みます。
支えられますように。


『人々を助けるリンゴを植える。』


ことわざに
「一日一個のリンゴは医者いらず」とある。

昨日は、アサガオの種が命をつないでいく内容。↓

http://d.hatena.ne.jp/happy-ok3/20170922


今日は、リンゴをアメリカの多くの地に裸足で歩いて
植えて行った、アメリカ合衆国初期の開拓者の一人、

実在した「ジョン・チャップマン」(1774年〜1845年)


ジョンが3歳の時、お母さんは弟のナサニエル

産んだ後、亡くなってしまう。

お父さんは、直ぐに再婚。



       しかし



新しいお母さんからの愛情は受けられなかった。


寂しい時間を森の中で、リスやアライグマなどの

小さな動物たちと過ごす事が多かった。



その中で、自然界の全てのモノには、霊魂や精霊が

宿っているのでは?と、体感したと言う。



10代の後半から、リンゴ園で働き、家計を助ける。



そして、1797年、ジョンが23歳の時。

2隻のカヌーに、なんと!リンゴの種をいっぱいに

積んで、ペンシルベニア州からオハイオ州

インディアナ州北部へと旅に出た。



旅の目的は「リンゴの木を植える事」



ジョンは、裸足で町を歩いて回り、


穴を開けたコーヒー豆用の麻袋をコートとして

着ていたり、帽子代わりに、壊れた鉄製のかゆ鍋を

かぶっていたという。



f:id:happy-ok3:20170923222235j:image:w360

1871年発行の『ハーパーズ・ニュー・マンスリー・マガジン』誌
掲載のジョニー・アップルシード 写真:Wikipedia



また、ジョンは、自分が持っていた土地で

リンゴの木を育てる苗床を作っていた。


それは、人里から離れた未開拓の土地に

住んでいる人達にリンゴの木を贈るため。



       なぜなら



リンゴは開拓時代のアメリカには尊い食べ物だった。


リンゴは育ちやすく、収穫もしやすい。



また、ジャムやシロップ漬けや料理の工夫によっては

一年中食べられる貴重な食べ物。


身体にも良く、ビタミンA・C、カリウム
ペクチンセルロースポリフェノール
クエン酸等が含まれている。



       ところが



開拓者たちは、西部へと旅をしていくのだが、

家財道具を運ぶだけで精一杯で、リンゴの

苗木まで運ぶ余裕がない。


 
      そこで



ジョンは、多くの人にリンゴの種や苗木を
提供した。


ジョンが一番最初にアメリカにリンゴ園を
作ったわけではないのだが、


辺鄙(へんぴ)な地域までにも、リンゴを
実らせる、重要な役割を担った事はすごい!


人類と地球全体に、深い愛情を持っていたので

自然を愛する、インディアン達からも尊敬された。



質素で親しみやすい人柄と善い行いから、

多くの人に慕われ、いつしか

「ジョニー・アップルシード

と呼ばれるように。



生活に余裕のない人達には、無償でリンゴの木を
贈ったという。



ジョンは子ども達が大好きで、旅先で訪問した家の

子ども達に多くの話をしてあげている。



ジョンは60代後半になり、リンゴ園を守るために

無理をしたことが原因で病気になってしまう。



1845年3月11日、ジョンが70歳の時、

インディアナ州・フォートウェーンで召される。



f:id:happy-ok3:20170923222309j:image:w360

インディアナ州フォートウェインのジョニー・アップルシード公園に
あるアップルシードの墓石:写真:Wikipedia


アメリカでは、ジョニー・アップルシード

召された3月11日と誕生日の9月26日は

「ジョニー・アップルシードの日」として記念日に。



フォートウェーンの町では、3月11日には

「ジョニー・アップルシード祭」が行われている。



「自分が得られなかった事を

 与えていく

 その大きな愛情は

 見えない助けを受け

 人々を生かし支える

(by happy-ok3)」



f:id:happy-ok3:20170923231706j:image:w360


ジョンは幼い頃から、新しいお母さんには

冷たくされたが、


【ひねくれず、いじけなかった】



また、その時に森で動物や自然と対話したことが

ジョンの内側を形成していったようだ。



今から200年ほど昔の実話だが、ジョンが植えた

リンゴの木は、今も生きて、人々や動物たちを

支えている。



リンゴはジョンが植えたが、ジョンが創った

木ではなく謙虚な心で「自然の恵み」だと言う。



子どもが好きだった事も、幼い頃に寂しい辛い

想いをしたから、自分が受けられなかった愛情を

他の多くの子ども達に注いでいったのだと思う。


【自分が受けられなかった事を与える。】


それは、受けられなかった悲しさ、寂しさを

体験しているからこそ出来る事…。



リンゴをここまで植えられたのも、自然界や

リンゴの木に宿っている霊魂や精霊たちが、

きっと、ジョンを助けたいと願ったのでは?


私たちも、自然や多くの人たちに、毎日

支えられ助けられて生かされている。


今日という日は、

あなたに新しいラッキーな1日だから!




今日のラッキーを探そう
http://d.hatena.ne.jp/happy-ok3/20170714



あなたというかけがえのない存在が

あなただけの素晴らしい光を今日も

輝かせて欲しいと祈ります!





ひきこもりピアサポートゼミナール」カレンダー
http://hikikomori-peersupport.hatenablog.com/entry/20170718/1500304976

ホームETM(人を育む英語の歌あそび)
https://etmjapan.jimdo.com/


【いじめ相談窓口】

●ふくしま24時間子どもSOS
0120-916-024

●全国共通・24時間子どもSOSダイヤル
 
0120-0-78310 (全てのイジメに)

●189=年中無休、24時間

●チャイルドライン
 0120-99-7777=月〜土曜日の午後4〜9時(18歳まで)

●子どもの人権110番
 0120-007-110=平日午前8時半〜午後5時15分

●通信制の高校ナビ
http://www.tsuushinsei-navi.com/tsuushinsei/tsuushin.php
(全国の通信制高校もここから探せる)


一人で悩まず相談を。
http://www8.cao.go.jp/youth/soudan/


●見逃すな!オトコは我慢もほどほどに〜痛みは怖い病気のサインかも

(レディ・ジョーンズ様のブログ)
http://www.nurse-diaries.com/entry/pain-is-sign-of-desease
看護師の立場から丁寧に書かれている、知識を持つ事も大切。



大切なあなたが今日も

幸せで笑顔でいてほしい。

あなたは素晴らしい人なのだから!

あなたは大切な尊い人!だから。



いつも、励ましを心から感謝します。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

今日9月24日がお誕生日の方、おめでとうございます。

f:id:happy-ok3:20170924001024j:image:w360

お誕生日がいつの日であれ、今生かされていることが、
誕生の時間からの、私たちへの素晴らしい
贈りものだと思います。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


風評の現場【集荷業者】値引き 苦渋の決断
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170923-00000556-fminpo-l07

農地保全へコケ栽培 福島・浪江の住民組織が挑戦
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170921-00000022-khks-soci

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

(以前は「鳥たちは愛する家族」のブログに
鳥を書いていましたが、合体(#^.^#)しました。)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



f:id:happy-ok3:20170826211224j:image:w360
えがお〜。

f:id:happy-ok3:20170810230351j:image:w360
なかよし〜。

f:id:happy-ok3:20170808223725j:image:w360
えがお〜。

f:id:happy-ok3:20170722234834j:image:w360
えがお〜。


みんな、今日も素敵な笑顔をありがとう!


※お友達が飼っているハリネズミのハーリーちゃんが、
 病気と闘い7月31日に永眠しましたが、お写真で偲んで
 しばらく、お悲しみが癒される事を祈りたいです。

ハーリーちゃんの写真は許可を得て掲載。転載はご遠慮お願いします。

f:id:happy-ok3:20170623150823j:image:w360
9月17日に四十九日を。




命の歌(歌詞つき)素晴らしい歌!↓
D


今日も皆様がhappyな優しい気持ちで、

一日を過ごせますように!

GO!


Copyright2017実祝プランニング

※記事を紹介される折はリンクを貼って頂けると嬉しいです。
 

ぽちっ!と押して頂けたら嬉しいです。(#^.^#)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 鳥ブログへ
にほんブログ村

sufuretansufuretan 2017/09/24 08:17 おはようございます、happyさん。スフレです。「自分が受けられなかったことを与える」このことばが胸にしみます。きっと与えることで自分も癒されてゆくのですね。ジョンさんには、まわりにいる小さな生きものたちが大事な友達だったとおもいます。自然界の全てのものには精霊や霊魂が宿っているとかんじたジョンさんにふかく共感します。リンゴの木もうれしそうです。きょうもhappyさんほんとうにありがとうございます。鳥さんたちきょうも笑顔をほんとうにありがとう! 天のハーリーちゃんおはよう! おからだに気をつけて下さいね。いい日曜日をおすごしください。

happy-ok3happy-ok3 2017/09/24 10:18 sufuretan様、おはようございます。いつも感謝します。
受けられなかったものを与える。これは、私が、ジョンさんの事を多くの資料から調べて行く中で、感じた事です。史実と伝説が混ぜ合わさっている事も、あるようですが、実在の人物です。自然界のものには、霊魂、精霊が宿っていると思います。大切にさせて頂きたいですね。こちらこそ、今日も本当に有難うございます。
sufuretan様も、良い1日をお過ごしくださいませ。

kihaseason2015kihaseason2015 2017/09/24 17:07 An apple a day keeps the doctor away.
リンゴ一個で医者いらずと英語圏では言いますね。

「自分が受けられなかった事を与える」。

私はミカンを育てますかね。みかんちゃ〜ん。

happy-ok3happy-ok3 2017/09/24 17:41 kihaseason2015様、こんばんは。いつも感謝します。
19世紀の初めに、このような偉業をされた、ジョンは素晴らしいですね。
ミカン、沢山植えてくださいね。(#^.^#)
楽しみにしています。
いつも本当に有難うございます。

maronmamemaronmame 2017/09/24 18:02 お母さんに冷たくされても
めげなかったんですね
ジョンさんの偉業すごいな〜
もっと知られてもいい人ですね!
鳥さん達仲睦まじいですね(*^^*)
今日もかわいいです♪

happy-ok3happy-ok3 2017/09/24 18:14 maronmame様、こんばんは。いつも感謝します。
3歳の時に新しいお母さんが来たようですが、寂しい時間だったようですね。
色んな伝説はあるのですが、実在した方です。
アメリカでは、知られていますが、200年も経っています。コツコツコツコツ、努力されたこと、偉業だと思います。(#^.^#)
いつも本当に有難うございます。

ぴーちゃんぴーちゃん 2017/09/24 19:32 こんな事があったのですね。よくお調べになりましたね。
内容は全然違うと思いますが、日本でもりんご園について書かれた本があったような・・・実際にりんご園を持ってみえる方のお話ですが。

今日のデザインもかわいいですね♪

happy-ok3happy-ok3 2017/09/24 20:30 ぴーちゃん様、こんばんは。いつも感謝します。
日本は、木村さんのリンゴ園でしょうか?(#^.^#)
ジョニー・アップルシードの事は、実在の人物でしたが、わからない部分もあり、伝説と混ざって伝わっている事も多いらしいです。かゆ鍋が帽子代わり、コーヒーの麻袋がコート代わり、裸足と言う姿は、一致しているようです。(#^.^#)
いつも本当に有難うございます。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/happy-ok3/20170924