忘却防止。 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-11-10 (金)

はてなが敬遠される3つの特徴〜つながりやすさの行き着く先

はてなは“はてな村”なのか、という話題について。

はてなの外の人から、はてなのイメージについて直接話を聞く機会があったので書き留めておきたい。

はてなって、どうよ?

ブログを書いていると公言しているリアルな知人に、おすすめのブログサービスについて意見を聞く機会があった。

自分がブログを書いていることはひとまず伏せつつ、どのようなサービスが馴染みやすいのかを尋ねてみた。

知人
ブログって、自分の意見とかがきっかけで友達が増えたりするのが面白いよ。hatayasanもブログやったら楽しいよ。」
hatayasan
「でも、初心者がブログ始めようと思ったら、どんなサービスがいいのかなあ。」
知人
「ゼロから始めるのだったら、大手のサービスが無難だと思うよ。」
hatayasan
「そうだね。いろいろなところがブログをやってるみたいだしね。ところで、“はてな”ってベンチャー企業が、最近新聞や雑誌でよく取り上げられているのを見るけど、あそこでもブログ開けるんだね。あそこはどうなんだろう」
知人
「ああ、はてなか。あそこは癖があるから、やめた方がいいよ」

はてなに漂う3つの特徴とは

なるほど、「はてな」は癖があるのか。でも、ブログコミュニティで癖のないところなんてあるのだろうか。

「実は僕、はてなで日記書いているんですよ」

告白したい気持ちを抑えつつ詳しく話を聞いてみると、はてなには3つの「近寄りがたい特徴」があるとのことだった。

1. 濃い
  • はてな中の人だけで盛り上がっているような感じ。検索から記事に飛んでも、その記事だけでは理解できない内容のものが多い。
  • いわば「一見さんお断り」のような空気を感じる。
2. 融通が利かない
  • 記事を書いた後に文字に勝手に張られるリンク、あれが鬱陶しい。
  • 他の大手ブログサービスは写真をばんばん貼れるのに、はてなは画像の容量制限が厳しくて使えない。
3. 理屈っぽい
  • はてなで人気の日記を読んでいても、いつも小難しい議論をしているような感じで、はてなユーザじゃない人にはなぜ人気なのかよくわからない。
  • 他のブログサービスでは気軽にできていたコメントが、軽軽しくできないような、殺伐とした雰囲気を感じる。

知人は「はてな」への違和感を、

の二つの側面に見出しているようだった。

視点を変えればまるで見え方も違ってくるんだなあ。心の中で苦笑いしながら、黙って話を聞いていた。

はてなユーザからみた「3つの特徴」

もし、そのとき自分がはてなユーザであることをカミングアウトしたならば、彼にどのように説明していただろうか、ちょっとだけ考えてみた。

1. 濃い

2. 融通が利かない
  • 確かに、他の大手ブログサービスに比べると、はてなでは画像を使う敷居はまだ高いかもしれない。
  • だが、画像を扱うサービスである「はてなフォトライフ」は3MB→30MBに無料ユーザの容量の上限が引き上げられたので、すぐに悩むことはないだろう。
  • 逆に、はてなダイアリーを書くときに用いる「はてな記法」は、手軽で使いやすい。これは、他のブログサービスにはない特色だろう。

3. 理屈っぽい

「つながりやすさ」の行き着くところは

つながりやすさがコミュニティに濃さを生み出すと、そのコミュニティには強固なアイデンティティが築かれる一方で、濃さは淀みとなってメンバーの流動性は次第に失われていく。

別の言い方をすると、遅れて参入したユーザほど、コミュニティコミットする敷居が高くなる。

ウェブの利用者に広く開かれていたはずの「つながりやすい仕組み」が逆に作用して閉鎖的とみなされる皮肉。

自分たちの常識では理解しがたいコミュニティを、「閉鎖的で排他的」な状態を示す隠語である「ムラ」のラベルを貼ってしまえば、すとんと落ちる。知人が僕に伝えたかったのは、きっとそういうことだったのだろう。

また、はてなの中でもユーザ自身がはてなを「はてな村」と自嘲気味に語ることがあるのも、非常に興味深い。

Yahoolivedoorなどに対して、なぜはてなの中ではコミュニティ論が盛んになるのだろうか。

はてブ衆愚化」が語る人によって180度立ち位置が異なってくる*1のと同様、「はてなは“はてな村”である」という認識も、語る人によってはまるで着眼点が異なってくるのだろう。

はてなに用意された「つながりやすい仕組み」と、「利用するユーザのリテラシー」に着目すれば、もう少し見えてくるものがあるのだろうか。

参考にしたい記事

はてなが外からどのように見られているかを考えるための記事を拾ってみた。

おそらく一番重要なのは、濃い人向けワールドから一般人向けワールドへの転換点を「いつ」仕掛けるか、「どういうサービスを切っ掛けに」仕掛けるかであろう。そして仕掛けるポイントを一度逃してしまうと、どんどん濃い濃いワールドに向かっていってしまい、二度と一般向けサービスには転用できなくなってしまう危険性がある。

そういう観点から「はてなキャズム超えに失敗したのではないか?」と思うわけである。

キャズムを超えろ! - CGMサービスがキャズムを越えることの難しさ 〜はてなはキャズム越えに失敗した!?〜

はてなの創業者の意図とは別に、はてなは濃い人向けのコミュニティから脱皮できていないという話。

はてなに限らず、一見するとオープンなサービスだけどその利用者間でのサービスが充実しているがために外界から見ると閉鎖的に見えちゃったりする弊害がどこでもあるんじゃないかなって思ったりしたわけです。飛び込む勇気が今一歩足りない初心者が入り込みにくい空気をかもし出しているなぁと。

カクかくしかじか - はてなに感じていた村社会的雰囲気

はてなの利用者は、はてなで固まっているのではないかと指摘。

別に他のブログサービスと繋がりにくくしているわけではなくて、そのあたりのオープンさは他サービスとほとんど一緒。ただ、はてな内部での情報の繋がりやすさが他に比べてとても高いので、閉鎖的に見られてしまうのでは。

鍵大工学部 - 閉鎖的に見えるはてな

情報が密につながることが、外から見れば逆に閉鎖的に見えるのではないかと指摘。

はてなはちょっと異常(汗)。これだけ民族意識が強いのは。(中略)

はてな住人は必ず「はてな」というキーワードに興味持つけどウチのfc2住人は「fc2」という言葉はあまり捜さないもの。

ブロ☆はじ。| おらが村。

なぜ、はてなユーザはてなのサービスを語るのが好きなんだろうか。

*1:ある人は価値観が多様化することを「衆愚化」と呼ぶ一方で、特定のサイトの記事が集中してブックマークされることを「衆愚化」と呼ぶ人もいる。このあたりの心理のまとめは「rikuoグループ - rikuoの日記 - あなたの衆愚化は何を指しているのか?」に詳しい解説がある

TetoranTetoran 2006/11/10 12:05 はてな記法って本当に使いやすいですか?
タグやWiki文法になれた人でないと(すなわちウェブやITの周辺の話題に強い関心のある人)そうは思わないのではないでしょうか。

hazel_plutohazel_pluto 2006/11/10 21:29 はてなの3つの特徴が良いのか悪いのかを判断すべきなのは運営側だと思うから、「はてなスタッフ」の感想が聞ききたいですね。

はてな記法は慣れれば使いやすいと思いますが、そこまでのハードルが高いかもしれませんね。

marco11marco11 2006/11/10 22:42 なんか濃いっていうより、内燃的な印象を受けてますはてなから。ブックマークとか引用や議論がなんかロンダリングしてるみたいな感じするw。どこ目指してんだろう?っていう印象。
あと何が悪いって、ネーミングセンスが最低だと思う。はてな、とか、いわし、とか
ローマ字で書くと Hate に見えるし。

kameda007kameda007 2006/11/11 02:04 はてなの営業活動としてはとてもうまくいっていますよね。消費者が考え込んでしまうというのは、ありがたい事なんだと思います。なぜなら、ただ気分で他の場所に移動するのではなくて、頼まれてもいないのに悩んでいるんですから。はてなを使い続ける可能性が半分はあるとはてな側は見てますよね。付加価値とかをつければ、動かない確率がますます高くなるかもしれないと。次の展開を消費者が作ってくれているから、案外楽かもしれません。どうやればはてなにのめり込んでいくかという細工はしてあると思いますね。消費者の動きを予想しやすくするために、他のところとは違ったやり方で。例えばブログ以外の場所の稼働率を数字化していて、どれがどう利益に結びつくかはもう分かってると思います。運営側は何も言わないでしょう。儲かって人が出入りして、なおこの中だけでやっててくれればこれ以上の事はないです。コミュニケーションが濃くて印象が悪くなろうとも、話題になればいい。とりあえずどっちに転んでもあまり関係ないですよね。よく書こうとも悪く書こうとも素人がただで宣伝してくれてるようなものですから。

ikeotoikeoto 2006/11/11 06:02 始めたばっかりですが なるほどという感じもします。でもそれはどんなところでも現実社会もそうですしね。

nomukennomuken 2006/11/11 07:12 ネットコミュニティのユーザーが、そのネットコミュニティの運営やら、経営状態を積極的に論議するのは、そのコミュニティに対する帰属意識が高いから。
言い換えれば「ここのサービスは俺のモノ」意識が高いってことなんで。
それは「外」から見てると「常連様が我がモノ顔で入りづらい店」にしか見えないのでは?

「営業活動がうまくいってる」「素人がただで宣伝してくれる」というよりは「常連がデカい顔して居座って一見さんを入りづらくしてる」のほうが、今のはてなの空気には適切だと思います。

setofuumisetofuumi 2006/11/11 07:34 こういった文章を読むたびに気になっている点を少し。「はてなは内向きのベクトルが強い」のは同意できるのですが、「はてな以外は外向き」という印象が自分にはあまりありません(元はてな外ユーザーです)。また、内向きなのが良くない事だとすると、”そのサービスはどれだけ外側に向いているか”が評価されると思うのですが、その点でどこがどう、という印象はありません。むしろはてなは内にも外にも繋がっている印象があります(あくまで印象ですが)。直前のコメントの方のような「はてなは内向き」であること一点のみで話を終わらせてしまうと少し寂しい気がするので、「はてな以外のサービスはこれだけ外向き」というような話も知りたいなぁ、と思いました。

hatayasanhatayasan 2006/11/11 08:02 >Tetoranさん、はじめまして。
エントリーページのコメントなどを読んでいても、はてな記法の評価が人によって大きく異なっていることに驚いています。
自分の場合は、HTMLやWikiを書いたことがほとんどない状態で「はてな記法」を知りました。
ほとんどものを知らなかったゆえに「便利さ」を刷り込まれてしまった、というのはあるかもしれません。

>hazel_plutoさん、はじめまして。
一部のユーザにとっての「居心地の良さ」が、多くのユーザにとっての「近寄りがたさ」につながるという意味では、はてなの普及に努めなければならない立場としてはなんとも悩ましい状態なのかなあ、と勝手に想像しています。
はてな記法、自分が初めてブログを開いたのがはてなダイアリーだったので、始めてしばらくの間は「よくわからないなあ」と思いながらはてなダイアリーのヘルプを繰り返し読んでいたように思います。

>macro11さん、はじめまして。
はてなダイアリーを巡回していると、何かを生み出すための議論というよりも、思考する過程そのものを楽しんでいるような、周りを取り巻くギャラリーの反応を観察しているような。そしてその流れに対して確信犯でいるような、そういう雰囲気を感じることはありますね。
Hatenaのネーミング、北米では成功するのか?と心配されたことがあったように記憶しています。
なにしろ、「Hate NA (Northern America)」ですから…。

hatayasanhatayasan 2006/11/11 08:58 >kameda007さん、はじめまして。
はてなのコミュニティの質などユーザが勝手に気をもんでいるだけで、中の人は案外ドライなのかもしれませんね。
「どうやればはてなにのめり込んでいくかという細工」が張り巡らされているとすれば、自分など見事に引っかかっている「お得意様」なのだろうな、と思いました。

>ikeotoさん、はじめまして。
はてなは、密なつながりが外の人からほぼすべて見えてしまうから、逆にとっつきにくい印象を与えてしまうのかもしれません。
当初から閉鎖性を保っているmixiが「ムラ」として揶揄されるような記事は、逆にほとんど見かけないですしね。

>nomukenさん、はじめまして。
「常連がデカい顔して居座って一見さんを入りづらくしてる」というのはなんとも辛辣な表現ですね。
エントリーページのコメントを読んでなるほどと思ったのですが、他のコミュニティにはないはてなの特徴として、「開発者とユーザが対話できる敷居が低い」というのがあるのではないかと思いました。
はてなのサービスの使い勝手に思うところがあれば「はてなアイデア」に投稿すれば、建設的で支持される提案は実装に向けた検討がなされます。ユーザとスタッフで協働で生み出したサービスに、自然とユーザの帰属意識も高まっていくでしょう。
はてなとユーザ自身を一体化する空気を戒めるように、時折「はてなにアイデンティティを託すのはやめよう」という記事がアップされるのも、興味深いと思って見ています。
はてブをしていて見かけたのは、下記のような記事です。
http://d.hatena.ne.jp/kanose/20060329/hatenaidentity
 ARTIFACT@ハテナ系 - はてなのサービスに自分のアイデンティティを託すのはやめようよ
http://mohican.g.hatena.ne.jp/ELLEGARDEN/20060817
 モヒカン族 - Hatena::Mohican::ELLEGARDEN - ぉмаレヽらレ£τTょIDレニ了ィ〒〃冫〒ィ〒ィ→をм○`⊂め£(≠〃

>setofuumiさん、はじめまして。
僕自身、はてなの他のサービスを具体的に語れるほどの経験がないのですが、
エントリーページで「Yahooブログやmixiのほうがよほど内向き」と記されたコメントを読んで、多かれ少なかれ閉鎖的な性格はどこのコミュニティも帯びていることなのだなあ、と気づかされる思いがしました。
ではなぜはてなが槍玉に挙げられることが多いのか、というと、以下のような要素があるのではないかと思いました。一部元記事と被りますが…

・つながりやすい仕組みが用意されている(ダイアリーだけでなく、アンテナ、はてブ、RSSなど)
・同じような嗜好のユーザが集っている(IT・ウェブ周辺の話題に強いユーザ、はてな創業者の思想に共鳴するユーザ、などでしょうか)
・つながっている母数が多い(似た嗜好のユーザがつながりやすい仕組みでつながった結果。数が多いからこそ、「グループ」というよりかは「ムラ」という単位で括られる)
・一連のコミュニケーションが広く外に開かれている(「濃い」ユーザ同士のやりとりを初めて来た人が見ると「理解できない」「理屈っぽい」という印象を抱くのはごく自然のこと)

ここまで書いていて思ったのは、他のサービスが「見えないムラ」だとすれば、はてなは「見えるムラ」ではないかなあ、と。
見えないムラにはコミットするチャンスすらないけれど、見えるムラなら「作法」のようなものを身に着ければ迎え入れてくれる土壌はある。
その意味では、はてなは「開かれている」とも思えたのです。
他のサービスがどの程度「外向き」なのかは、僕も興味があります。参考になる情報があれば、是非教えてください。

LettusonlyLettusonly 2006/11/11 09:13 はじめまして
はてな村の議論と言うか、はてな界隈で頻繁に出るターム(非モテ)とかは確かに特殊なのかなー、と思います(そこから一般的に広まってく用語だの概念だのはあると思いますが)
何というか、学校の教室で盛り上がってる様な雰囲気なのかなと
外から来た人はなかなか入り込めませんね。
乱文失礼しました。

hatayasanhatayasan 2006/11/11 18:18 >Lettusonlyさん、はじめまして。
通りいっぺんのコミュニケーションに飽き足らなくなったユーザがはてなに触れて、自分が求めていた何かに目覚めるというのはあるかもしれませんね。
「ユーザーに自意識が強い人間が多いはてなは、自意識が強いユーザーを呼んでいる。」
トラックバックいただいたこの記事で適確に指摘されていましたので、参考までにご覧いただければと思います。
http://d.hatena.ne.jp/Marumameko/20061111/p1
 パソコンはおもちゃ箱 - 「ネットでのコミュニケーションに何を求めるか」の違い

setofuumisetofuumi 2006/11/12 11:44 お返事ありがとうございます。「見える」という点は非常に重要だと思います。自分の推測だと、はてなで「見える」部分はb.hatenaのTopページなのに対して、他サービスでは「有名人」か「アクセスランキング」なのが印象に影響しているのかな、と思っていたりします。それからあまり参考にならなさそうですが「はてな以外」について過去に書いたのがあったので置いときます。http://d.hatena.ne.jp/setofuumi/20061015#p1

ikeotoikeoto 2006/11/27 15:31 だいぶ はてなにも慣れてきたので。指摘は当たっているかもとは思いますが、だからといってやめようとは今のところ思いません。

hatayasanhatayasan 2006/11/27 18:51 > ikeotoさん、はじめまして。
僕自身この記事を書いたあとぼんやり考えていたのですが、リアルとネットの距離を測りながら、のめり込まず、つかず離れずの姿勢でのんびりやっていくのがサイトやコミュニティを長く続けるコツなのかなあ、という気がしています。
自分の日記をあとで読んでみて、「ああ、こんなこともしていたなあ」と笑って振り返ることのできるような記録でありたいなあ、とも思いました。

brimley3brimley3 2007/12/12 15:20 はぢめまして。つかリンクされたので初めてもないか(汗)。
濃い人ワールドから一般人ワールドへ移行できないというのは納得かも。はてな人はムラで固まりすぎているからなんだと思うのですよ。リンクは貼ってもトラバしないでしょ。「言及リンクするほどでもない」と考えてるから?それとも無意識のうちに何らかの負い目を感じて外に出ないようにしてるのかしらん?

hatayasanhatayasan 2007/12/12 23:31 brimley3さん、はじめまして。コメントいただきありがとうございます。
>はてな人はムラで固まりすぎている
たしかにはてなは他のサービスに比べると繋がりやすい仕組みが複数用意されている分、外から見ると「ムラ」のように見えてしまう部分があるのかもしれないですね。

>リンクは貼ってもトラバしないでしょ。
私は自分で記事を書く際に、関連する記事をいくつか引用するくことがありますが、必ずしもすべての引用元にトラックバックを送るわけではありません。
たとえば記事を書くきっかけとなった引用元のように、考え方の骨子の一部をなす記事に関してはトラックバックを送りますが、論旨の補強であったり、単に紹介するだけの場合などは、リンクは張ってもトラックバックを送らずに済ませることがあります。

>無意識のうちに何らかの負い目を感じて外に出ないようにしてるのかしらん?
トラックバックやリンクの考え方は、必ずしも一様に定められるべきではないと私は考えますが、
そのようにbrimley3さんが解釈されるのであれば、どうぞご自由に。

brimley3brimley3 2007/12/13 11:16 トラックバックやリンクの考え方は人それぞれなんでしょうけどね。
はてなの中でリンクだけだと外に向かないのでは?という意味なんで。言及リンクのトラバは相互ということが成り立つわけですからはてなの人は言及リンク文化圏の人が多いと思ったのですが。でもグーグルなりテクノラティの検索でもすれば閉鎖されてるようなムラでも発見されるのですがね(爆)。

はてなユーザーのみコメントできます。はてなへログインもしくは新規登録をおこなってください。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/hatayasan/20061110/p1
Connection: close