imajouの独り言 このページをアンテナに追加 RSSフィード


  伊豫漫遊(サイトの先頭)
  伊豫漫遊書庫(Blog)
  imajouのアンテナ
  伊予中世史への招待

竹島プロジェクトに賛同し、参加します。
  Web 竹島問題研究所 かえれ島と海
  桜日和「竹島プロジェクト2013」
  竹島問題


2016-12-09

[]戦後始めてハワイに降りた首相は吉田茂氏

戦後初めてハワイに降りた日本の首相は吉田茂氏であることは、間違いの無い事である。吉田茂氏は講和条約締結のため、サンフランシスコに行っている。当時飛行機はまだプロベラ機で、航続距離も短く、日本からアメリカまで飛ぶには先ずミッドウエイで給油してハワイに向かい、そこでまた給油してアメリカ西海岸まで飛ぶ。だから吉田茂氏がハワイに降りたのは間違い無い。但し、ハワイ飛行機から降りたか真珠湾に行ったか、それは知らない。昭和39年のアメリカ出張の時は、もうジェット機になっていたが、まだ太平洋無着陸横断は出来ず、ハワイで給油してサンフランシスコに飛んだ。給油の間は飛行機を降り、空港入国手続きをした後、1時間程待たされたと記憶する。だから吉田首相も給油の間空港で待っていた可能性が高いと思う。吉田首相がハワイで何かをしたと言う話は聞いた覚えが無いので、ただ給油のために降りただけではないかと推測する。

[]朴大統領の弾劾可決

朴槿惠大統領の弾劾案が可決された。この後、どういう展開になるのか、さっぱり分からない。

日中韓三国首脳会談はおじゃんになったことだけは間違いあるまいが、北朝鮮が攻めて来るなどの非常事態が起きた場合、誰が指揮を執るのか。海運は破綻、造船も駄目、サムスンも怪しげな気配で経済はがたがた。国家機能停止か?

2016-12-08

[]今日は大東亜戦争開戦の日

あの日、学校では朝礼で米英との戦争が始まったと校長が訓辞で述べたことを覚えている。安倍首相がハワイ訪問し、オバマ大統領と共に慰霊式に参加する。今年はオバマ米大統領が広島を訪れ、今度は安倍首相がハワイ訪問し、戦後に残った大きな棘が消えて行く。ここで特筆すべきは、どちらも謝罪要求しなかったことだ。双方共言いたいことは山ほど有る。だが何にも増して大きな意義は、双方の首脳があの戦争の象徴的な地を互いに訪問したことだろう。今まで行きたくても行けなかった地に、互いに足を踏み入れる。それが意味することは、凄く大きい。ここから新たな局面が始まるのだと思う。これからの進展に期待したい。

今日のこの日に当たって一つ記して置きたい。昭和39年に米国出張の帰り、ハワイに立ち寄った時にタクシー運転手から聞いた話である日本軍の攻撃は完全に軍事施設に集中し、民間には弾は一発も落ちなかったとのこと。さもありなんと思う。当時、世界最高の練度を誇る誇り高き戦士達にとって、それは当り前の行為であった筈。この事実は是非多くの人に知って貰いたい。

2016-12-07

[]南雲師の作が平成29年全国年賀切手の図案に採用された

平成16年の「三番叟」に続き、平成29年 全国年賀切手の図案として、二代目南雲師の「伊予一刀彫 十二支 酉」が採用された。写真上は道後商店街に在る南雲師の一刀彫を販売する店「花心」、写真中は年賀切手の図案として採用されたことを伝える案内で、左下に年賀切手が見える。写真下は「伊予一刀彫 十二支 酉」。

f:id:imajou:20161208145639j:image:w360

f:id:imajou:20161208134140j:image:w360

f:id:imajou:20161208134920j:image:w360

2016-12-05

[]米大統領選はグローバリズムナショナリズムとの闘いだった

アメリカの大統領選でマスコミは、トランプ候補については暴言ばかりを報じていたが、トランプ発言を見ていると非常にまともだと感じることが多かった。その印象と報道とが整合せず、どう考えれば良いのか困惑していた。そんな折、たまたま馬渕睦夫氏の解説動画に行き当たり、それを何本か見て漸く腑に落ちた。馬渕睦夫は、ヒラリーに代表されるグローバリズムと、トランプの主張の根幹をなすナショナリズムとの争いだったと説く。これを観て今まで感じていたもやもやが晴れ、事態がはっきり見えるようになった。

だがトランプと言えどもグローバリズムを完全に押しつぶすことは不可能で、どこかで妥協せざるを得ないが、今後の動きは或る程度推測出来そうだ。

先ずTPPはお終い。中国は困っているのではないか。プーチンとは上手く行きそう、日ロ関係にも良い影響が出るのではないか。欧州の政界もトランプ勝利の後、状況が変わりそうな動きが見え、世界的にグローバリズムが弱まりそうに感じる。もしこれが当たるなら、中韓孤立することになるだろう。問題中東で、その行方はさっぱり分からない。その前に韓国がどうなるか、もう死に体で下手したら北朝鮮統合される危険すらあるのではなかろうか。そうなると対馬最前線になってしまう。韓国さん、しっかりして呉れよ。

2016-12-04

[]トランプ本質は?正体は?

トランプ本質は何か、まだ見えて来ない。TPP反対で大統領に就任したら直ぐ離脱すると言う。TPPは不満だらか潰し、二国間交渉でより厳しい条件を突き付けようと考えているのか、それともグローバリズムに反対と言うのか。どっちか判らない。

臺灣の総統電話会談を行った。これは全く想定外の行動で驚うたが、大いに歓迎したい。これは中国との武力衝突が起きても仕方ないと覚悟の上の行為なのか、その狙いは何か。

トランプ当選以後、欧州の様子も大きく変わったようだ。もしトランプが大統領就任後、臺灣を承認したり、国交を樹立したりしたら、多くの国が後に続くのではなかろうか。そうなったら中国がどう出るか。武力に訴えるのは無理。となると中国崩壊の道を辿るのか。

これらがはっきりするのはトランプ正式就任してからの話だが、その鍵はトランプが我々には分からない巨大な力とどう手を打つのかに掛っているらしい。