imajouの独り言 このページをアンテナに追加 RSSフィード


  伊豫漫遊(サイトの先頭)
  伊豫漫遊書庫(Blog)
  imajouのアンテナ
  伊予中世史への招待

竹島プロジェクトに賛同し、参加します。
  Web 竹島問題研究所 かえれ島と海
  桜日和「竹島プロジェクト2013」
  竹島問題


2016-09-24

[]豪栄道優勝確定

豪栄道は昨13日目、土壇場まで攻め込まれながら首投げ一発で逆転し、これで吹っ切れたか12日目から乱れかけていた相撲を立て直し、今日14日目は完勝。これで優勝が確定した。おめでとう。場所前に豪栄道が優勝すると予想した者は、恐らく一人も居なかっただろう。蓋を開けて見たら連日素晴らしい相撲振り。一体何が起きたのか。こんなことが起きるから世の中は面白い遠藤も今場所は素晴らしかった。問題はこの状態が来場所以降も続くかどうかだ。続くなら本物、続かなければ偶然ということになる。続くことを願うがさあどうなるか楽しみ。

2016-09-23

[]フライブルク市が慰安婦少女像の設置を撤回

韓国水原市から提案計画を進めていた慰安婦少女像の設置を、日本の抗議を受けて断念すると水原市に通知したと報じられた。日本側は民間有志らが設置計画に気が付いて反対を申し入れていたらしいが、フライブルク市姉妹都市松山市が、設置されれば交流に支障が生じると反対を伝え、21日には野志市長が書面で正式に像設置の取り止めを要請した。その結果フライブルク市は像設置を断念し、その旨水原市に通知したと言う。

今回の野志市長の行動には大きな拍手を贈りたい。そんなものが設置されなくて本当に良かった。市長GJ!!

[]豪栄道の優勝ほぼ決まり

豪栄道は昨日の相撲に少々乱れが有ったので、今日は日馬富士にはそこを衝かれて負けるのでは無いかと予想していた。相撲は危ぶんだ通り日馬富士のペースで進み、負けたと思った瞬間、土俵際での首投げで逆転。日馬富士があんな所で首投げを喰らうとは本当に驚いた。首投げは食う方が悪いと言うが、今日の一番はどうだったか。

これで豪栄道の優勝がほぼ決まったと見て良かろう。対戦相手から見て、後の2番を2つとも負けるとはちょっと考えられない。明日勝てば全勝優勝となる可能性もある。いずれにせよ場所が始まる前には誰も予想出来なかった結果となりそうな形勢だ。だが勝負は何が起きるか分からない。豪栄道がガチガチになったら連敗も有り得るが、ここまで来れば乗り切るだろう。問題は来場所以降である。琴奨菊が優勝した場所は素晴らしい出来で、これで一皮剥けたかと喜んだが、全くの期待はずれで、元の木阿弥。豪栄道はどうか、二場所か三場所を見なければ何とも言えない。稀勢の里は奇跡が起こらぬ限り横綱の可能性は生まれまい。隠岐の海は二横綱三大関を倒しながら、未だに7勝とは何たる不細工な成績か。この様では見込み無し。早く次の大関候補が出て欲しい。今の所高安が一番手だろう。遠藤が膝が直って来たのか、調子が上がっている。どこまで行けるか注目。照の富士は早く脚をしっかり治して欲しい。このまま潰れては勿体ない素材。今場所は休むべきだったのでは無かろうか。好漢自愛を望む。

2016-09-21

[]所謂ら抜き言葉」について

今日『「ら抜き」初の多数派=「見れた」「出れる」−国語世論調査・文化庁』と題する記事が有った(ココ)。この記事では「ら」が入って居ない言葉遣いを「ら抜き言葉」と言い、入って居る場合を正しい言葉と称している。お役所らしい決めつけだ。今日記事では最近その「ら抜き言葉」の方が多くなったと言う。

子供の頃を振り返って見ても、「ら」を入れていた覚えがないし、「ら」を入れない方が意味混同の惧れがなく明確であり、更にもう一つ、これが決定打になると思うが、「ら」を入れない方が言葉活用一義的に整理できる。

「ら」を入れた活用形を用いると、例えば「見られる」「来られる」と言われたら、それが可能か受け身か丁寧表現区別が出来ない。「見れる」「来れる」なら可能を示す言葉と明瞭に判る。言葉活用形と言う観点で考えても、「ら」を入れない方が総て例外なしに統一出来る。

特に活用形を考えた場合、「ら抜き」の方がすっきりするので、こちらが本来の形であり、いつの時代からか知らないが次第に「ら」を入れるようになり、今また「ら」を入れない本来の形に戻りつつあるのではないかと思う。

それにしても文化庁が「ら」を入れたほうを「正しい言葉」と言うのは、いかにもお役所らしい決めつけだ。もし「ら」を入れない方が古来の形であったら、「ら」が入らないほうが正しく、入れたほうは「ら入り言葉」と言わねばならぬ。頭の固い役人独善はお止めなさいと言っておこう。

2016-09-17 このエントリーを含むブックマーク

[政治・社会]民進党は肝心な問題を何故議論もしないのか

民進党は蓮舫を圧倒的多数で党首に選んだ。蓮舫は党首選に立候補してから二重国籍であることが明るみに出たが、民進党はその問題を無視しても良いのか検討しようともしなかった。議員辞職するのが本当ではないのか。有耶無耶にして良い問題ではなかろう。二重国籍を持つ者は他にもいると言った者が居るが、この際違法ではないのか、しっかり議論して貰いたい。特に民進党はこのままでは先になって悔いることになると認識すべきである

[スポーツ]隠岐の海に土が付くも二横綱・三大関を破る

場所は柱になる者が居ない荒れた場所と言うか、締まりの無い場所だ。隠岐の海が二横綱と三大関に土を付けたが、拾った相撲が二番有り、相撲内容が素晴らしかったのではなく、どちらかと言うと運が良かった一面があり、今日遂に豪栄道に敗れた。豪栄道相撲内容がかなり良かったので、今日の結果は予想できたものだった。この調子では誰が優勝するか、全く予想できない。しっかりした相撲をとったものが勝つとしか言えそうもない。

2016-09-12

[]二人の稀勢の里

今日稀勢の里は強かった。左押っ付けで寄り立て、栃煌山は何も出来なかった。文句なし圧勝。だが昨日は別人で、取り口は無残で相撲になっていなかった。強い稀勢の里と弱い稀勢の里。全くの別人。

この違いが出るのは「心技体」のうち、稀勢の里は未だ「心」が出来ていないことを物語る。伊達選手が言った極限集中状態、つまり無の境地に到達していないと言うこと。彼に必要なのは精神修養で、常に無の境地で相撲を取れるようになること。その境地に到達すれば横綱は向こうからやって来る。何でそこが分からないのか、本当にじれったい。