imajouの独り言 このページをアンテナに追加 RSSフィード


  伊豫漫遊(サイトの先頭)
  伊豫漫遊書庫(Blog)
  imajouのアンテナ
  伊予中世史への招待

竹島プロジェクトに賛同し、参加します。
  Web 竹島問題研究所 かえれ島と海
  桜日和「竹島プロジェクト2013」
  竹島問題


2017-03-28

[]道後の桜開花はまだまだ先

今日咲くかと思っていたが、ここ2日程気温が低く、蕾の状態は一昨日と殆ど変わっていない。この分では気温が上がれば一斉に咲くのではなかろうか。東京の開花は馬鹿に早かったが当地は遅れ気味。気温が大きく上がったり下がったりするのも異常気象のせいか。

2017-03-27

[]日本語の乱れ

今日新聞投稿欄に「野球解説 磨かれた話術期待」と題する投稿があった。その中に『昨今の解説者は正しい日本語が喋れない。「敵に得点をあげたくない」とか「ピッチャー的、バッター的」とか平気で言う。』と可笑しな言葉遣いの例を挙げている。全く同感である得点相手にあげるなど有る筈が無い。「得点を取られたくない」と言うべきだろう。「ピッチャー的、バッター的」とは何のことか全く判らない。

ごく最近マラソンに関するニュースで、アナウンサーが「スタートの混雑を緩和させるため、・・」と言っていた。「させる」と言うからには誰にやらせるのかを言わねば表現として不完全である。これは「混雑を緩和するため」が正しい。「・・させる」は使役動詞であるのに、使役でない場合にも「させる」が氾濫している。言葉感覚が鈍ってしまったのだろうか。

そのほか、「いただく」や「させていただく」の氾濫、「ので」の前に来る言葉、「になります」や「・・していいですか」の乱用など、挙げて行ったら切りがない。これらについてもいつか採り上げてみたい。

2017-03-26

[]稀勢の里逆転優勝、凄い!!

稀勢の里が怪我を押して出場し、まさかの逆転優勝。あの怪我では照の富士に勝つことは出来ないと誰しを土俵際も思っていた筈。その世間の予想を覆して勝ったばかりか、優勝決定戦で右小手投げで土俵際で逆転勝利。勝って貴乃花が膝を負傷しながら優勝した一番を思い出した。今日相撲はそれに匹敵する一番で、永く語り継がれることだろう。稀勢の里はこれで本物の横綱であることを証明した。怪我に強いそうだが、精神力も立派。今場所の様子から見て、もう弱い稀勢の里が顔を出すことはあるまい。精進を重ね、大横綱になって欲しい。

[]道後の桜

昨日宇和島の桜が開花したので、道後公園の桜の様子を見に行く。予想通り開花は明後日と見たが、木の一番した、地面すれすれの所で一輪咲いていた。こんな所に咲く花は今まで見たことがない。記念に一枚撮影。

f:id:imajou:20170326214445j:image:medium

2017-03-18

[]福島原発事故「防げた」と前橋地裁が国と東電を“断罪

前橋地裁の判決は正しい。過去に大きな津波に襲われた事実を素直に認めて対策するべきだったのに、そんな大きな津波は来ないとして対策せず、また電力が失われても内部圧力の上昇を防ぐためのvent装置取り付けを提案されながら、事故など起きないから不要と取り合わなかった罪は重い。対策をしなかったために招いた事故であるから、あの原発事故は人災であることを否定できない。それにも拘わらず津波は予見できなかったなどと言うのは、責任逃れの無責任な言い分である。国も東電も過ちを素直に認め、反省することを要求する。

2017-03-17

[]日本最初ジェットコースターを造った会社は

今日の歴史秘話遊園地の歴史をやっていた。その最後に近い部分で日本最初ジェットコースターを設置したのは後楽園遊園地で、それの製作を依頼した相手紫電改を造った会社と紹介していた。紫電改を造ったのは川西航空機で今の新明和工業であり、元川西機械から分かれた会社である。その川西機械から戦後独立したのが神戸工業で、日本最初半導体デバイスの量産を行なった。そのトランジスタを用いてトランジスタラジオが幾つも発売された。ということで、神戸工業新明和工業兄弟会社である

神戸工業は後に富士通に吸収合併されたが、ラジオ部門独立して今の富士通テンとなった。ここは神戸工業時代に、半導体部門製造した日本初のゲルマニューム・パワー・トランジスタを使って、日本で初めてソリッド化自動車ラジオを造り上げた。その車種はトヨタクラウンであった。

このように川西系の会社は幾つも日本初を成し遂げている。その日本初で強く印象に残っているのが、昭和39年の東京オリンピックで初めて使われたスローモーション・ビデオである。これは神戸工業が発表したばかりの日本初のシリコン・パワー・トランジスタを使って、NHKが電源を小型軽量化して、スローモーション・ビデオ装置を初めて可搬型にすることに成功し、それを競技現場に持ち込んで競技終了後すぐに競技をスローモーションで再放送した。これも日本初であり、当時評判を呼んだのであった。今夜の歴史秘話を見て思い出したことを書き出して見た次第。