スマートフォン用の表示で見る

弾道ミサイル

一般

弾道ミサイル

だんどうみさいる

上昇後、重力に従って自由落下する放物線、弾道を描いて飛翔するミサイル。弾道弾。

加速終了時の速度が大きいほど遠距離へ飛ばすことができ、通常ミサイルでは到達すら困難な数百キロから数千キロ先の標的を狙うことができる。

世界最初の弾道ミサイルを開発したのは、V2号で、第二次世界大戦中のナチス・ドイツが開発した。