いなあもノート Z このページをアンテナに追加 RSSフィード

月額基本料金がかからないモベルだけの海外携帯は、もうご存知ですか?

2015-09-23

[]NASを導入しました

WindowsタブレットやスティックPCが低価格で売られるようになり、内蔵ストレージが32GBとか64GBが当たり前になりつつあります。

まぁWeb見たりSNSにアクセスするだけならそれでも十分なのかもしれませんが、ちょっとデータを蓄えておきたいなんて用途には物足りません。

そんな訳でNASを導入しました。

f:id:inarmo:20150901220731j:image f:id:inarmo:20150901220652j:image

購入したのはNETGEARのReadyNAS 102

ハードディスクを2台搭載可能なNASボックスです。

NASボックスなので別途ハードディスクが必要になるのですが、1TBのハードディスクを友人から譲っていただいたので、とりあえず筐体のみ購入で済みました。1台のみなのでRAIDは組んでません。

購入後、初期設定をしようと思ったのですが、添付されていた簡単な説明書にはその辺の事は一切書かれておらず、NETGEARのポータルサイトにブラウザでアクセスしろとだけ説明がありました。

指示に従ってNASを自宅ネットに接続後に、ポータルサイトで登録ボタンを押したら、本当に設定が完了。いや、デバイスをネットワークに接続するのはそれなりの設定が必要と思っていたのにびっくりですわ。

て言うか、いきなりReadyCloudというNETGEARのVPNクラウドサービスに組み込まれて自宅外からでもアクセス可能になってました。

最近のNASは自宅外から専用のVPNアクセスが可能なものが流行りらしいというのは聞いてましたが、いとも簡単にここまでできてしまうのはちょっと怖いですね。

とりあえず昔からHDDに保存してたドラマとかアニメの動画ファイルをNASに引っ越しました。

DLNAサーバ機能があるので、DLNA対応アプリを使えばスマホやタブレット、さらにChromeCast経由でテレビに映像出力しながらNAS上の動画を見れるようになりました。

まずは満足。

購入してそろそろ一月ですが、手順書などのドキュメント類のサポートが弱くて未だに全体像を理解していないのですが、いろいろ試すうちになんとなく使い方がわかってきたところ。

NETGEARのポータルサイトでVPNサーバやMySQLサーバ機能など、たくさんのアドオン用アプリが公開されているのも魅力なので、そちらもそのうち試してみたいと思ってます。

2015-06-29

[]デジカメを購入しました

今まで安いコンデジを使っていましたが、スマホのカメラ性能が良くなったため出番が激減していました。

そんな訳で、スマホのカメラで出来ない高望遠ズームレンズを持ったデジカメを購入しました。

購入したのはこれ。

f:id:inarmo:20150628233855j:image

続きを読む

2015-05-17

[]上海でプリペイドSIMを使ってみた

仕事で1週間ほど上海に行きましたので、プリペイドSIMを使ってみました。

ただし、前回の台湾の時と違い、中国は空港など現地入りしてからSIMカードを購入するのは少し難易度が高いので、予め日本で購入していくことにしました。

続きを読む

2015-04-20

[]まだまだ使い続けるようです

ご無沙汰してます。ええ生きてます。

今日は久しぶりにPalmについて書きます。

続きを読む

2014-12-11

[]プチコン3号

NINTENDO 3DSでプログラムが組めるアプリ、スマイルブームのプチコンがプチコン3号にバージョンアップ。

3D表示やモーションセンサーなど3DS特有のハードにも対応。

BASICのくせに、3DSの機能をを隅々まで意のままに触れる高スペック。

文法も今まではクラシカルなBASIC言語だったのが、関数定義が出来るようになったり、IF〜ELSE〜ENDIFで複数行の条件分岐が記述できるようになったり、今どきの言語っぽい書き方ができてお値段も1,000円とお手頃価格。

早速購入して遊んでみましたが…やっぱりBASICはBASICですね。

変数を定義なしで扱える言語は変数名の記述ミスに気づかないため、デバッグが大変。

関数内で使用しているローカル変数とグローバル変数の扱いも微妙で、関数内で呼び出し元の変数を参照できたりしますし…でも面白い(^^;)

[]プチコン3号

NINTENDO 3DSでプログラムが組めるアプリ、スマイルブームのプチコンがプチコン3号にバージョンアップ。

3D表示やモーションセンサーなど3DS特有のハードにも対応。

BASICのくせに、3DSの機能をを隅々まで意のままに触れる高スペック。

文法も今まではクラシカルなBASIC言語だったのが、関数定義が出来るようになったり、IF〜ELSE〜ENDIFで複数行の条件分岐が記述できるようになったり、今どきの言語っぽい書き方ができてお値段も1,000円とお手頃価格。

早速購入して遊んでみましたが…やっぱりBASICはBASICですね。

変数を定義なしで扱える言語は変数名の記述ミスに気づかないため、デバッグが大変。

関数内で使用しているローカル変数とグローバル変数の扱いも微妙で、関数内で呼び出し元の変数を参照できたりしますし…でも面白い(^^;)

[]プチコン3号

NINTENDO 3DSでプログラムが組めるアプリ、スマイルブームのプチコンがプチコン3号にバージョンアップ。

3D表示やモーションセンサーなど3DS特有のハードにも対応。

BASICのくせに、3DSの機能をを隅々まで意のままに触れる高スペック。

文法も今まではクラシカルなBASIC言語だったのが、関数定義が出来るようになったり、IF〜ELSE〜ENDIFで複数行の条件分岐が記述できるようになったり、今どきの言語っぽい書き方ができてお値段も1,000円とお手頃価格。

早速購入して遊んでみましたが…やっぱりBASICはBASICですね。

変数を定義なしで扱える言語は変数名の記述ミスに気づかないため、デバッグが大変。

関数内で使用しているローカル変数とグローバル変数の扱いも微妙で、関数内で呼び出し元の変数を参照できたりしますし…でも面白い(^^;)

2014-10-29

[]SIMフリースマホの真打ち登場!!

ASUSのZenFone5がついに国内で発売されるようです。

今までタブレットを中心に日本国内で展開していたASUSですが、海外で既に注目のZenFoneシリーズが遂に国内展開するということで、モバイル系ニュースサイトも一斉に取り上げています。

注目するのは対応周波数の抜け目なさ。

iPhoneには譲りますが、国内で入手可能なAndroid機の中では以下のとおり屈指の対応幅です。

LTE
2100MHz(バンド1)docomo
SoftBank
1800MHz(バンド3)docomo
Y!mobile
欧州
アジア
2600MHz(バンド7)欧州
アジア
900MHz(バンド8)SoftBank
800MHz(バンド19)docomo

W-CDMA
2100MHz(バンド1)docomo
SoftBank
欧州
アジア
1900MHz(バンド2)北米
850MHz(バンド5)北米
800MHz(バンド6)-
900MHz(バンド8)欧州
800MHz(バンド19)docomo(FOMAプラスエリア)

GSM
850MHz北米
900MHz欧州
アジア
1800MHz欧州
アジア
1900MHz北米

…海外はキャリアごとに色々と対応バンドがありますので詳細は控えますが、傾向は大きく外れてないかと…(^^;)

残念なのは北米で広く普及しているLTE1700/2100MHz(バンド4=AWSバンド)に対応していない事。

同じASUSのMeMO Pad 7が対応していたので個人的には期待していました。

ただW-CDMAならAT&TT-mobileがサポートしてるバンド2とバンド5が使えるので、北米でもそこそこ高速な3Gでの通信が出来るので大きな問題にはならないでしょう。

国内で入手可能なSIMフリー端末はドコモの周波数帯のみ対応をアピールするので、その他にどの周波数帯が使えるのか情報を公開してないものが多いので、海外に持ち出す場合に不安があるのですが、その点ZenFone5は不安はありません。

北米でのW-CDMA対応の他に、欧州や東南アジアでよく使われているLTEバンド3,7やW-CDMAバンド1,8に対応して、GSMクアッドバンド対応しているため、ほぼ世界中で何らかの電波を捕まえることが出来そうです。

日本でもドコモ、ソフトバンクの主要バンドを抑えていますから、もし1台だけ選ぶならZenFoneは有力な候補となるでしょう。

価格も16GBモデル2万6800円、32GBモデル2万9800円と、国内で先行するSIMフリーAndroid機よりも低価格設定。

まさに真打ち登場と言ったところでしょう。

まぁ、僕は先日L-01F(LG G2)を購入したばかりなので手を出すことはないと思いますが、こういった端末の登場が市場を活性化させてくれることを期待して止みません。

参考

List of UMTS networks

http://en.wikipedia.org/wiki/List_of_UMTS_networks

List of LTE networks

http://en.wikipedia.org/wiki/List_of_LTE_networks

2014-10-15

[]台湾でプリペイドSIMを購入してみた

仕事で1週間ほど台湾に行ったので、現地のプリペイドSIMを購入してみました。

今回は羽田空港から台湾に向かいましたので、降り立ったのは台北松山空港。

こちらの空港内には台湾最大手の中華電信(Chunghwa Telecom)のカウンターが有り、旅行者が手軽にプリペイドSIMを購入できます。

ちなみに成田空港など他の日本の空港から台湾に向かうと台湾の表玄関である桃園国際空港に着くのですが、こちらでは中華電信以外にも台湾大哥大(Taiwan Mobile)、遠傳電信(Far Eastone)といった台湾の3大キャリアのカウンタがあり、好みのキャリアを選ぶことも出来ます。

SIMの購入はどのキャリアでも殆ど同じで、身分証明書の提示と欲しいSIMのプランを選ぶだけで手軽に購入可能。

…とここまでは事前に調べて現地に乗り込みました。

続きを読む