スマートフォン用の表示で見る

Palm

キーワードの候補

4件

Palmとは

Palm社のPDA。また、Palm社のPDAOSPalmOS」を搭載したPDA

持ち運べるパソコンを目指すのではなく、あくまで携帯情報端末に徹した設計で、高性能CPUも多量のメモリも必要としないシンプルなつくりを特徴とする。

この考え方は「Zen of Palm」と呼ばれ、コンピュータがとにかく高速化、高機能化を目指す姿勢に一石を投じた。この考え方に共鳴するPalmのファンは多い。

しかし近年はマルチメディアなど多量のリソースを必要とする機能をサポートしつつある。これは高性能Palm路線を推し進めるSONYと、「ポケットに入るパソコン」を標榜するライバルOSMicrosoftPocketPCの存在によるものと言えよう。

Palm社の他、Tapwave、HandEra等がPalm互換機を開発し、SONYCLIEを国内で開発発売していた。

世界では最も普及しているPDA機種であるが、PDA市場全体の不振から開発企業は減少しつつあり、Palm Computing社は日本から撤退。Palm社とライバル関係だったHandspring社はpalmOne社と合併SONYCLIEブランドにおけるPDA市場撤退を発表し、それらによって現在国内で購入できる新たなPalm系列のPDAは輸入品のみとなっている。

むしろ日本製よりも本家の外国製のほうが人気となる傾向があり、TungstenTungstenC)などはクリーンヒットを記録している。

Palm

Palm系統は元々US Robotics社が開発していたものであるが、US Robotics社は3Com社に買収され、部門として分社化した後、子会社としてPalm Computing社が設立

更に完全に独立してPalm社に。後、Palm社の分割によりソフトウェア部門からPalmSource社とハードウェア部門からpalmOne社が誕生したが、palmOne社がPalmSource社から『Palm』のブランド名を完全に取得したため再びPalm社に戻った。

近年は、スマートフォンであるTreoシリーズが主流の商品となり、PalmOSだけではなくMicrosoft社のWindows Mobileを搭載した製品も扱う。

おもなPalm互換機

一般

Palm

ぱーむ
  1. 英語で手のひらの意味。
  2. シュロ又はその枝葉。ヤシ科の常緑高木。果肉や種子から油が取れる。Palm oil パーム油。

マンガ

Palm

ぱーむ

獸木野生(けものぎ・やせい)(以前は「伸たまき」という名前で書いていた)作のマンガ作品。

一般

Palm

ぱるむ