想像力はベッドルームと路上から RSSフィード Twitter

2015-05-27

2010年から現在までのFIFA汚職報道まとめ 2010年から現在までのFIFA汚職報道まとめを含むブックマーク

f:id:inumash:20150528083117p:image

エラー

FIFA幹部6名が20年以上に渡る汚職の疑いで逮捕…14名が起訴へ | サッカーキング

FIFAに激震、副会長らを汚職で米当局が起訴?会長選直前 - Bloomberg

米FBIが、贈収賄容疑などでFIFA役員らを何人も逮捕。会長選挙まであと48時間というタイミングで - NAVER まとめ

この件に関連して、ここ5年ほどの間に報じられたFIFA汚職疑惑について時系列順にざっくりとまとめておきます。抜け漏れに関してはご容赦を。

疑惑が報じられたFIFAの関係者は黒い太字、さらに今回逮捕された人物は赤い太字にしてありますので人物相関図をつくる際にでもお役立てください。なお、役職については当時のもので現在は変わっている人も多いです。

ちなみに現在報じられている疑惑は主に以下の3つです。

【2010年:英国メディアによる報道

  • 12月:2018年と22年の開催地を決める投票が行われ、18年大会はロシア、22年大会はカタールで開催されることが決定。当初“18年大会の最有力”と見られていたイングランドは全投票数22票のうち獲得できたのが2票のみ(うち1票は自国のもの)という完敗を喫する。以降『サンデー・タイムズ』をはじめとするイギリスのメディアは今回の投票を巡る不正疑惑を厳しく追求していくこととなる。

2011年:疑惑の追求と会長選挙の混乱】

  • 委員会はさらに『サンデー・タイムズ』にも不正疑惑に関する調査文章を提出するように求めており、その中で同紙はイッサ・ハヤトウ氏ジャック・アヌマ氏(コートジボアールサッカー協会会長)の2名がカタールからそれぞれ150万ドルを受け取っていたとする証言や、ジェローム・バルク事務局長による“カタールは金でW杯を買った”という旨の私的メールがあることなどを明らかにした。

【2012年:スイス検察による捜査文書の公開】

【2013年:カタールゲート】

  • 9月:イギリスの高級紙『ガーディアン』がカタールにおける建設作業員の過酷な労働状況について報じる。同紙は主にネパールからの移民が作業にあたっているとし、酷い時には50度近くに達する酷暑のなかで水や食べ物もほとんど与えられないまま僅かな賃金奴隷のように働かせられていると報告。これを受けて各国の人権団体が是正を求める声明を発表したほか、カタール側も実態を詳しく調べて必要であれば改善すると応じた。

2014年:さらなる疑惑とガルシア・レポート】

  • 3月:イギリスの高級紙『デイリー・テレグラフ』が、ジャック・ワーナーとその家族がモハマド・ビン・ハマム氏の経営する会社から約200万ドルを受け取っていたと報じる。
  • 6月:サンデー・タイムズ』が、モハマド・ビン・ハマム氏がアフリカ諸国のFIFA理事や各国のサッカー協会幹部に対して総額500万ドル以上の賄賂を支払っていたと報じる。賄賂はハマム氏が設立した企業の基金を通じて30人以上のサッカー関係者に支払われたとされる。さらに同紙は、ハマム氏がウォラウィ・マクディ氏を通じてカタールとタイの間で閣僚級会談をセッティングし票の見返りに天然ガスを非常に安い価格で購入できるよう便宜を図った疑惑や、鄭夢準副会長(大韓サッカー協会名誉会長)が役職の保証と引き換えにハマム氏に協力していた疑惑なども報じた。これらの報道を受けてソニーアディダスなど主要スポンサー各社がFIFAに対して適切な調査を要求するという異例の事態となった。
  • 9月:FIFA倫理委員会調査局長のマイケル・J・ガルシア氏が、不正疑惑に関する調査の終了と350ページの報告書(通称“ガルシア・レポート”)をまとめて裁定部門に提出したことを発表。報告書はおよそ1年間にわたる75人以上の関係者への聞き取りとインタビューの録音記録などおよそ20万ページ分の資料を基に作成された。
  • 11月:FIFAは“ガルシア・レポート”を抜粋した42ページの資料を発表。それによりロシアとカタールW杯招致に関する不正疑惑は晴れたと結論付け、開催地決定の再投票は行わないとした。
  • 12月:FIFAの発表に対して、ガルシア氏が「レポートの内容が歪曲して伝えられている」として異議申立てを行うもFIFA上訴委員会はこれを却下。これを受けてガルシア氏は調査局長を辞任した。

2015年:冬季開催決定、そして捜査へ】

  • 3月:FIFA2022年カタール大会の開催時期を変更し11月〜12月の冬季に行うと発表。大会期間も短縮され、決勝は12月18日に行うとされた。
  • 5月:27日、米司法省はFIFAの副会長ら14人を贈収賄などの容疑で起訴したと発表。これを受けてスイスの司法当局はFIFA本部のあるチューリッヒに滞在していた関係者を逮捕した。さらにスイス当局は18年のロシア大会と22年のカタール大会の開催地決定についても不正行為が行われた疑いがあるとして独自捜査を開始していたことを発表。3月10日に正式な捜査を開始したとし、FIFA本部を家宅捜索して関係書類やデータを押収した。

ざっとこんな感じです。まとめてて自分でも嫌になりました。FIFA真っ黒すぎぃ!しかもここでまとめたのは“FIFAの活動に関連した不正”だけで、ほかにも協会レベルでの不正や(FIFAの活動に関係のない)個人単位での不正は山ほどあります。サッカー界どんだけ腐ってるんや……ってか来月の女子W杯とか大丈夫なんでしょうか。。。

ちなみに一部報道によると、2011年に行われたFIFA会長選で不正を告発した北中米カリブ海サッカー連盟チャールズ・ブレイザー氏が今回の捜査にも協力していたとのことです。ただこのブレイザー氏、捜査に協力することになったのは10年に渡る所得税未納がバレてFBIから強要されたからだったうえ、彼自身も横領の疑いで2013年にFIFAから活動停止処分を受けてるんですよね……本当にクズばっかりや……

あと過去の報道を見る限り、カタールが行った不正の捜査に関してはモハマド・ビン・ハマム元アジアサッカー連盟会長がキーマンになりそうですね。こんな人物がAFCのトップやってたんだからそりゃACL絡みでも色々ときな臭い話が出てくるはずです。

なお汚職を含めたFIFAの様々な問題については、イギリス人コメディアンのジョン・オリバーが自身の番組で皮肉たっぷりにまとめてます。気になる人はこちらの動画も御覧ください。

D

矢田部矢田部 2015/05/28 19:58 この手の汚職はFIFAに限らず利権あるところにはどこにでもありそう。
とくにオリンピック。むかしサマランチが話題になってたけど、マスコミその他が熱を上げてる東京オリンピックはどうなんでしょうね。まさか「おもてなし」で開催が決まったわけではあるまい。重要なのはお金。
汚職調査はFIFAだけにとどまらず他の方面でも徹底的に実行して欲しいですね。

inumashinumash 2015/05/29 00:59 >>矢田部さん

IOCは以前から様々な汚職疑惑が報じられてましたからね。ただ決定プロセスを見ると東京が支持された、というよりほかの候補地が(政治的混乱等により)勝手にコケた、という見方のほうが正しい気がするのでどうかな、と。

FIFAの不正も長年問い沙汰されていたものがようやくという感じでしたし、対象が大きければ大きいほど具体的な捜査に及ぶのは難しくなるんだと思います。