ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

自治体法務の備忘録 このページをアンテナに追加 RSSフィード

このblogは、自治体改革の凄まじい流れ中で、自治体がその役割を手探りで拡大している状況を、独自条例の制定の動向等の紹介やそれに対する指摘、そしてそこから展開される政策法務論という点からつたない内容を書き留ようという試みです。(平日の更新は深夜のみに行っています。)

過去記事の一覧はこちら。記事ジャンル・掲載日で検索できます。

【自治体法務】のお役立ち本リストをamazon.で掲載しています。

メールはこちら

17/03/25(土)

[][]「自治体法務研修」対決一番勝負「自治体法務研修」対決一番勝負!を含むブックマーク 「自治体法務研修」対決一番勝負!のブックマークコメント

 第一法規主催の「『自治体法務研修』対決一番勝負!」、無事に終了いたしました。関係者の皆様に感謝申し上げます

 標題こそ「対決」ですが、芸風が違うので、聞かれた方の印象はどうだったでしょうか。

 またやりたいね、と「対決相手」の森幸二さんにおっしゃっていただきました。機会あれば、リターンマッチをさせていただけたらと思います(^^

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kei-zu/20170325

17/03/24(金)

[]【学陽書房商品出荷 一部再開について 【学陽書房】商品出荷 一部再開についてを含むブックマーク 【学陽書房】商品出荷 一部再開についてのブックマークコメント

 学陽書房サイト掲載のお知らせから

弊社商品委託している(株)大村紙業 幸手流通センターA棟で発生した火災により延期しておりました商品の出荷を3月14日より一部再開いたしました。

引き続き全面復旧に向け尽力して参りますので何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます

http://www.gakuyo.co.jp/news/n18479.html

 品切れになっておりました拙著

スッキリわかる!  地方自治法のきほん

スッキリわかる! 地方自治法のきほん

につきましても、出荷が開始されるようです。

 amazonでは、品切れで3,000円を超える価格が付いていて、誰よりも著者が驚いております。ご入り用の方は、学陽書房にお問い合わせください。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kei-zu/20170324

17/03/17(金)

[]ゆうパック消印有効じゃありません ゆうパックは消印有効じゃありませんを含むブックマーク ゆうパックは消印有効じゃありませんのブックマークコメント

 確定申告をされた方におかれては、お疲れ様でした。

 twitterを眺めていると、昨日付けの消印を受けるために郵便局は混雑したようで。

 信書は発信主義により、意思表示消印の日付で判断されるのですが、同じ郵便局でも、ゆうパックではそうではありません。ゆうパックは、「宅配便による荷物」の扱いであるからです。

 申告書を、郵便又は信書便を利用し税務署に送付された場合、その郵便物又は信書便物の通信日付により表示された日を提出日とみなすことになりますが、それ以外の場合には、税務署に到達した日が提出日になります。

http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/teishutsujiki/shuchi.pdf

 上記の国税局の通知は、郵政民営化に際してのものです。同記事を拙blogで当時ご紹介した記事はこちら↓

後輩「でも、郵便事業総務省の所管であるのに対して、宅配便事業国交省管轄なんですよね」

私「うわあ」

http://d.hatena.ne.jp/kei-zu/20071030/p1

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kei-zu/20170317

17/03/16(木)

[]地方自治講義 地方自治講義を含むブックマーク 地方自治講義のブックマークコメント

地方自治講義 (ちくま新書 1238)

地方自治講義 (ちくま新書 1238)

 今井先生福島大学)のご執筆による新刊です。

 自治体基本的性格歴史的沿革説明だけでなく、踏み込んだ自治論も興味深い内容です。中でも、日本国憲法規定する地方自治について、当時のGHQと日本の省庁とのやり取りはスリリングです。

 新書という多くの人が手に取りやすい形式での出版は、地方自治に携わる立場として嬉しく思います。

 私が今井先生のお名前を知った頃は、まだ東京都大田区にお勤めでいらした頃で、ご執筆された内容に「自治体職員に、こんな本を出される方がいるんだ!」と驚くとともに、自らの仕事を励まさる思いがしました。

 数年前、お手伝いさせていただいた研究会ゲスト今井先生をお呼びした際、感謝気持ちを直接お伝えする機会を得て嬉しかったことを思いだします。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kei-zu/20170316

17/03/06(月)

[]政府契約の支払遅延に対する遅延利息の率を定める件の一部を改正する件 政府契約の支払遅延に対する遅延利息の率を定める件の一部を改正する件を含むブックマーク 政府契約の支払遅延に対する遅延利息の率を定める件の一部を改正する件のブックマークコメント

 今年は、半鐘さんより早くご紹介することができました。

財務省告示五十三

 政府契約の支払遅延防止等に関する法律昭和二十四年法律第二百五十六号)第八条第一項の規定に基づき、政府契約の支払遅延に対する遅延利息の率を定める件(昭和二十四年十二月大蔵省告示第九百九十一号)の一部を次のように改正し、平成二十九年四月一日から適用する。

 平成二十九年三月三日

          財務大臣 麻生太郎

 「年二・八パーセント」を「年二・七パーセント」に改める。

【参考】

平成21年 3.7%→3.6%(http://d.hatena.ne.jp/kei-zu/20100226/p1

平成22年 3.6%→3.3%(http://d.hatena.ne.jp/kei-zu/20090313/p1

平成23年 3.3%→3.1%(http://d.hatena.ne.jp/kei-zu/20110225/p3

平成25年 3.1%→3.0%(http://d.hatena.ne.jp/kei-zu/20130307/p2

平成26年 3.0%→2.9%(http://d.hatena.ne.jp/kei-zu/20140228/p2

平成28年 2.9%→2.8%(http://d.hatena.ne.jp/kei-zu/20160310/p2

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kei-zu/20170306

17/03/03(金)

[][][]『自治体法務研修』対決一番勝負『自治体法務研修』対決一番勝負! を含むブックマーク 『自治体法務研修』対決一番勝負! のブックマークコメント

法務”は小難しくて、どうもとっつきにくい・・・そんなあなたにぴったりのセミナーを開催します。自ら学び、研鑽を積んだ東西二人の自治体職員が、豊富な実務経験を基に自治体法務の学び方を研修いたします。題して『自治体法務研修』対決一番勝負!です!!

このセミナーは、主に初学者対象とするとともに、自治体法務研修をしなければならないが、どのように進めればよいかお悩みのあなたに最適です。

自治体職員”による“自治体職員”のための“自治体法務研修です。ぜひご参加ください。

https://www.daiichihoki.co.jp/seminar/jichi/99_23.html

 3月25日に開催されるセミナー講師を務めさせていただきます第一法規の開催です。

 「『自治体法務研修』対決一番勝負!」と題しまして、九州地盤として職員による研究会を開催されている森幸二さん(北九州市)と二人で自治体法務に関するお話をさせていただきます

 「対決」の語におののくばかりですが、参加された皆さまに少しでもお役に立てるよう頑張りたいと思います

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kei-zu/20170303

17/03/02(木)

[]地方自治のしくみがわかる本 地方自治のしくみがわかる本を含むブックマーク 地方自治のしくみがわかる本のブックマークコメント

 本書の刊行は、2016年2月。少々時間がたってしまいましたが、昨年7月の合同法務研究会でのプログラムにあったビブリオバトルで紹介いただいてから、ずっと気になっていました。岩波ジュニア新書は良書が多く、大人にとっても参考になるものが少なくありません。

 著者は三重県庁にお勤めの経歴があり、複雑な自治制度についても説明豊富知識とご経験からわかりやすく解説されています。

地域的なことがらについて地域民主的に決めることができないのに、全国的には民主主義が実現しているというのは、とてもありえないことなのです。それぞれの地域民主的課題解決がされていれば、それを積み上げて、全国的課題についても民主的解決できるのではないでしょうか。

(26ページ)

 地域自治がどうあるべきか、私たち住民はどう関わっていくべきか、18歳から選挙権がある現在のお若い方たちが本書を手に考えていただけたらと思います。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kei-zu/20170302