ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

自治体法務の備忘録 このページをアンテナに追加 RSSフィード

このblogは、自治体改革の凄まじい流れ中で、自治体がその役割を手探りで拡大している状況を、独自条例の制定の動向等の紹介やそれに対する指摘、そしてそこから展開される政策法務論という点からつたない内容を書き留ようという試みです。(平日の更新は深夜のみに行っています。)

過去記事の一覧はこちら。記事ジャンル・掲載日で検索できます。

【自治体法務】のお役立ち本リストをamazon.で掲載しています。

メールはこちら

18/04/01(日)

[]年度初め 年度初めを含むブックマーク 年度初めのブックマークコメント

 法規担当から旅立たれた皆さま、お疲れさまでした。お仕事で触れられた知見は、どの部署におかれても活きるものと思います。どこかで私を支えてください。

 法規担当に来られた皆さま。一見とっつきにくい仕事かもしれませんが、担当課の方々とのやり取りは勉強になるばかりでなく、役所の中で互いの信頼を深める好機です。張り切って参りましょう。

 え、私? 通算ン年目(10年は、とうに超えた)の法規担当です。

[]シェイプ・オブ・ウォーター シェイプ・オブ・ウォーターを含むブックマーク シェイプ・オブ・ウォーターのブックマークコメント

 年度初めの仕事の帰りに観に行ってきました。この俺が、アカデミー作品賞受賞作を観るとはねえ。

 ギレルモ・デル・トロ監督作品は、「パンズ・ラビリンス」のラストの強烈な印象があったので最後まで気を抜けなかったのですが、本作のラストにはホッとしました。

 本作が評価されたことは、97年の「ミミックから監督作品を観ている身としてはうれしく思いますが、かくも素敵な作品政治的な脚光を浴びる時代にあることに複雑な思いを持つことも事実です。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kei-zu/20180401

18/03/31(土)

[]年度末 年度末を含むブックマーク 年度末のブックマークコメント

 法規担当の皆さま、お疲れさまでした。地方税法改正確認するため、官報掲載インターネットとにらめっこでいらした方は少なくないのでは(http://hanshoblog.blog50.fc2.com/blog-entry-1199.html)。

 営業日は30日(金)まででしたが、「年度末の文書担当部門。紙と怒号が飛び交う」とお昼休みにtitterでつぶやたら、いいねがつきましたよ(嘆息

[][]「どんな場面も切り抜ける! 公務員議会答弁術」書評 「どんな場面も切り抜ける! 公務員の議会答弁術」書評を含むブックマーク 「どんな場面も切り抜ける! 公務員の議会答弁術」書評のブックマークコメント

自治実務セミナー4月号に、書評を書かせていただきました。同誌への寄稿は、昨年7月号の自治法施行70周年記念特集以来です。書評を書かせていただくのは2度目。

 取り上げさせてはいただいたのは、森下寿「どんな場面でも切り抜ける! 公務員議会答弁術」(学陽書房)です。気になる書名でしょ。

 自分で言うのはなんですが、本書の魅力をご紹介できたのではないかな(・∀・)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kei-zu/20180331

18/03/26(月)

[][]リーガルマインドが身につく 自治体行政法入門 リーガルマインドが身につく 自治体行政法入門を含むブックマーク リーガルマインドが身につく 自治体行政法入門のブックマークコメント

 北村喜宣先生上智大学)の新刊です。

 本書のオビには、「小学3年生に「行政は何をすることろなの」と聞かれたら、答えられますか?」とあります。うむ、なかなかハードルが高い。

 本書は、自治大学校でのご講義をもとにされているとのことで、自治体職員が興味を引きやすい内容を取り上げ、わかりやすく説明がされています。

 その内容は、自治体職員法律関係からまり法律基本的構成から法律条例関係行政手続法行政不服審査法行政事件訴訟法と、日頃の業務からちょっとイメージしにくいが忘れちゃいけない大事なことまで。

 締めくくりは、国家賠償法住民訴訟についてで、読者である自治体職員気持ちを引き締めます。

 合間に掲載される北村先生のお顔のイラストもご講義臨場感を伝えます。多くの職員の手にとっていただけたらと思います。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kei-zu/20180326

18/03/21(水)

[][]条例づくりのきほん ケースで学ぶ立法事実 条例づくりのきほん ケースで学ぶ立法事実を含むブックマーク 条例づくりのきほん ケースで学ぶ立法事実のブックマークコメント

 刊行されたばかりの田中孝男先生九州大学法学研究院)のご著書です。

 政策法務の語が条例策定過程において出ることが珍しくなくなりましたが、その前提となる立法事実についてわかりやすく解説する参考書はなかったように思います。大学教授自治体職員対話形式構成され、内容の充実に比して読む負担がありません。

 全体は3部構成で、章ごとに「立法事実とはなんなのか」「ケースごとの立法事実検討」「立法事実の整え方」の視点から構成されています。取りあげられる事例は、違憲とされた法律の事例や、自治体のおける条例策定検討例などバラエティがあります。

大まかに言えば、立法事実は、立法者が、何らかの価値観規範的な観点から評価したものであると、理解してよいと思います。

(41頁)

 本書を読むと、政策法務が単なる先行事例のキャッチアップであってはならないことを再確認できるだけでなく、既存法律条例見方も変わります。理念条例のあり方についても考えさせられますね。

 ご興味ある方は、是非お手に取ってください。

 なお、田中先生のご本は、

条例づくりのための政策法務

条例づくりのための政策法務

も読みやすく、政策実現のための条例づくりについて参考になります。

田中孝男田中孝男 2018/03/22 13:58 田中孝男です。このたびは、拙著を紹介していただき、どうもありがとうございました。本書では、主人公の教授の名前の由来などいろいろと凝っていますので、細かいところまでお楽しみいただけると嬉しいです。たとえば、150頁で教授はダイエットをしているとありますので、198頁の教授と職員との歓談のイラストでは、職員の方にはケーキが用意されていますが、教授のところにケーキはありません(立法事実には何も関係ありませんが…)。

kei-zukei-zu 2018/03/26 17:25 会話型の構成も読みやすく、扱わられている内容に比して非常に読みやすかったです。
一方で、自治体の条例づくりに携わる身としては、身にしみる点も少なくなく(^^;
引き続きよろしくご指導ください

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kei-zu/20180321

18/03/18(日)

[][]書評「原課職員のための自治体財務」(半鐘さん) 書評「原課職員のための自治体財務」(半鐘さん)を含むブックマーク 書評「原課職員のための自治体財務」(半鐘さん)のブックマークコメント

  雑誌連載時からコメントをいただいておりました半鐘さんに、連載をまとめた単行本についてもご紹介いただきました。ありがとうございます<(_ _)>

連載時と比べてみると(みるのかよ)、図表の追加、アップデート、そのほか文面もちょいちょい手が入っていて、流れがよくなっています

(略)

法的視点といえば、同じ第一法規の『自治体職員のための文書起案ハンドブック』が思い出されます。同書も、法的視点が特徴の良書です。本のサイズも一緒ですし(ワザと?)、文書財務、セットでそろえてはいかがでしょうか。

http://hanshoblog.blog50.fc2.com/blog-entry-1191.html

 澤さんの名著と並べていただき光栄です(^^

[]Re:CREATORS Re:CREATORSを含むブックマーク Re:CREATORSのブックマークコメント

 そんな半鐘さんへの私信です。

 アニメはあまり見ないのですが、ツボにはまりました。広江礼威さんのオリジナル脚本(「Re:CREATORS NAKED 」)まで購入する始末。

 お話は、アニメラノベ登場人物がなぜか現世に現れて、というもの企画の発端には、懐かしやアーノルド・シュワルツェネッガー主演の「ラスト・アクション・ヒーロー」(1993年)があったそうで。同作は大コケで有名ですが、私もこの映画、嫌いじゃないです。

 細かく気になる点はあるけど丁寧な構成で、メタフィクション創作論の展開が楽しい

半鐘半鐘 2018/03/21 20:54 話数が多いので腰が引けるところですが、せっかくのオススメですし、チャレンジしてみますかね。問題は、どうやって見るかだな。

kei-zukei-zu 2018/03/22 07:51 アマプラだと、全話が無料コンテンツです(・ω・)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kei-zu/20180318

18/03/17(土)

[][]書評「原課職員のための自治体財務」(hoti-akさん) 書評「原課職員のための自治体財務」(hoti-akさん) を含むブックマーク 書評「原課職員のための自治体財務」(hoti-akさん) のブックマークコメント

 いつも参考にさせていただいている「自治体法制執務雑感」の管理人でいらっしゃるhoti-akさんに拙著をご紹介いただきました。ありがとうございます<(_ _)>

私が特に興味を惹かれたのは、会計管理者を金庫番に例える件(P137)であり、出納機関役割を表す言葉として言い得て妙だと感じたところです。また、公の施設使用許可使用料賦課が別の処分だという点(P157)は、あまり意識したことがなかったので、なるほどと思ったところです。

http://d.hatena.ne.jp/hoti-ak/20180310

 ありがとうございます<(_ _)>

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kei-zu/20180317

18/03/14(水)

[]地方公共団体への評価手法等の情報提供等の支援に関する調査研究 地方公共団体への評価手法等の情報提供等の支援に関する調査研究を含むブックマーク 地方公共団体への評価手法等の情報提供等の支援に関する調査研究のブックマークコメント

 総務省サイト行政評価に関する調査研究として掲載がありました

調査研究では、地方公共団体における政策行政評価(以下「政策評価等」という。)の実態及び課題を把握するとともに、課題解決の参考となる地方公共団体における取組の実例収集し取りまとめることを目的とする。

報告書より)

 サイトトップはこちら→http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/hyouka/seisaku_n/chousakenkyu.html

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kei-zu/20180314