ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

自治体法務の備忘録 このページをアンテナに追加 RSSフィード

このblogは、自治体改革の凄まじい流れ中で、自治体がその役割を手探りで拡大している状況を、独自条例の制定の動向等の紹介やそれに対する指摘、そしてそこから展開される政策法務論という点からつたない内容を書き留ようという試みです。(平日の更新は深夜のみに行っています。)

過去記事の一覧はこちら。記事ジャンル・掲載日で検索できます。

【自治体法務】のお役立ち本リストをamazon.で掲載しています。

メールはこちら

17/02/12(日)

[]議員視察に代わるテレビ会議を導入 大津市議会 議員視察に代わるテレビ会議を導入 大津市議会を含むブックマーク 議員視察に代わるテレビ会議を導入 大津市議会のブックマークコメント

 大津市議会では、特別委員会に視察の予算がないが、先進地域事情調査したいと企画した。早稲田大マニフェスト研究所によると、視察の代替としてテレビ会議をするのは地方議会では初めてという。

http://www.chunichi.co.jp/article/shiga/20170125/CK2017012502000007.html

 IT化の試みは、様々な文屋でこれからが楽しみですね。

[]坊ちゃん時代 坊ちゃんの時代を含むブックマーク 坊ちゃんの時代のブックマークコメント

漫画家谷口ジローさんが死去 「孤独のグルメ」がドラマ化 69歳】

 テレビドラマ化された人気漫画孤独のグルメ」や「『坊っちゃん』の時代」などの作画で知られ、欧州を中心に海外でも高く評価された漫画家谷口ジロー(たにぐち・じろー、本名治郎=じろう)さんが11日、病気のため東京都内で死去した。

http://dd.hokkaido-np.co.jp/entertainment/culture/culture/1-0367810-s.html

 まだお若いのに残念です。

 氏の作品お気に入りが本書。理想的にも語られる明治の頃を、時代の閉塞感を感じて生きる人々の描写で浮かび上がらせます。全5巻。

 社会の大きなうねりの中で葛藤する人間を描く本作は、行政マンは必読だと思います

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kei-zu/20170212

17/02/09(木)

[]ふるさと納税自治体悲鳴 返礼品競争是正を」72% ふるさと納税に自治体悲鳴 返礼品競争「是正を」72%を含むブックマーク ふるさと納税に自治体悲鳴 返礼品競争「是正を」72%のブックマークコメント

 上位二十自治体の受け入れ額を合計すると、寄付総額の四分の一を上回り、人気の特産品を贈る自治体などに寄付が集中する傾向が鮮明だ。「競争過熱し、新たな格差を生んでいるのではないか」(長崎県新上五島町)との指摘もあった。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201702/CK2017020602000214.html

 被災地への寄附が注目を集める一方で、いろいろな局面が出てきています。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kei-zu/20170209

17/02/08(水)

[]「ヤード条例施行から2年 “抜け道”突く不法行為増 千葉 「ヤード条例」施行から2年 “抜け道”突く不法行為増 千葉を含むブックマーク 「ヤード条例」施行から2年 “抜け道”突く不法行為増 千葉のブックマークコメント

 県の担当者は「今までは立ち入ることすらできなかった。立ち入りを重ねることが違法行為の抑止にも繋がる」と、条例威力を強調する。その上で「ヤード重機オートバイ被害が増えるなら(条例について)議論となるかもしれない」と指摘。

http://www.sankei.com/region/news/170207/rgn1702070060-n1.html

 記事によれば、条例対象が「自動車部品であるため、重機オートバイへの適用が行われない現状があるとのこと。

 同条例は、他に先駆けて制定された経緯があります。行政課題解決に終わりはありません。

[]沈黙-サイレンス- 沈黙-サイレンス-を含むブックマーク 沈黙-サイレンス-のブックマークコメント

 何とか時間を作って、レイトショーで鑑賞しました。

 映画冒頭、真っ黒の画面に蝉時雨。それが急に止んでタイトル文字。その瞬間、あ、この映画、傑作だわ。

 2時間半の長尺を感じさせず、物語に引き込まれました。なんて残酷で、なんて救いのある物語なんだろう。私の高校は、私立仏教校だったのですが、課題図書の1冊として、遠藤周作による本作の原作が挙げられていました。

 本作品が鑑賞された方は、同じスコセッシ監督十字架に架かるイエスを描く「最後の誘惑」も是非ご覧になってください。

最後の誘惑 (字幕版)

最後の誘惑 (字幕版)

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kei-zu/20170208

17/02/07(火)

[]ツタヤ図書館訴訟 住民側の訴え却下 ツタヤ図書館訴訟 住民側の訴え却下を含むブックマーク ツタヤ図書館訴訟 住民側の訴え却下のブックマークコメント

原告側は、CCCは図書館指定管理者として不適格で、指定を取り消すよう請求。これに対し、判決は「住民訴訟の各類型のいずれにも該当せず、訴えは不適法」として退けた。

https://news.nifty.com/article/domestic/society/12152-228176/

 取り消しの訴えが「住民訴訟」?と記事の内容に戸惑いましたが、指定管理者導入に先立って行われた工事への支出論点であったようです。なお、本記事は、CCCによる管理運営について、意見を述べるものではありません(為念

[]重版未定 重版未定を含むブックマーク 重版未定のブックマークコメント

重版未定

重版未定

 半鐘さんがご掲載記事から

商品としての本を作られ方ってこうなのか、というのを知れて、おもしろかった。

日頃あれこれの本を見ていても、編集さんの存在なんて見えもしないわけですが、

こうして、世に出る本には編集さんが絡んでいるんだなァ、などと思うと、

御苦労さまです、と言いたくなったりはする。感謝々々。

http://hanshoblog.blog50.fc2.com/blog-entry-1064.html

 ささやかながら本を出していただいている身としては身につまされます

企画会議の席上で「この本に読者はいるのか?」と上司に問われ、「私が読みたいんです」と言い切る編集さんに、グッときますよね。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kei-zu/20170207

17/02/06(月)

[][]きまぐれ法制執務 きまぐれ法制執務を含むブックマーク きまぐれ法制執務のブックマークコメント

 星新一公式サイトのあいさつ文から

 さて、そんな「セキストラ」の発表から来年で60年です。 生誕90周年の今年、そしてデュー60周年の来年を祝って、徳間書店より『きまぐれ星から伝言』(牧眞司・編)が発売になりました。

http://www.hoshishinichi.com/greeting/

 執筆は、星新一氏のご息女です。

あ、そうか。だから「セキストラ」の舞台ペルーなんだ!

の「だから」はリンク先をご確認いただくとして、現在でも新たな読者を集める息が長さが感じられますね。

 私が星新一の本を始めて読んだのは小学校の頃でした。薄い本から手を伸ばしたのが「きまぐれ博物誌」というエッセイ集で、ユーモアにあふれながら冷静な視線は、子ども心にオトナの知性を感じたものです。

 角川文庫新潮文庫講談社文庫徳間文庫……と既刊の文庫本を読み終え、初めて単行本を手に取ったのが、当時刊行されたばかりの「ご依頼の件」。ターミナル駅の大きな書店まで出かけ、オトナの本を買う背伸びした気分を思い出します。

 ギリギリまで洗練された文章、冷静な視点は、法制執務に通じるものがあると思っています。「人民は弱し 官吏は強し」を書かれたご本人にしてみれば、心外ではありましょうが

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kei-zu/20170206

17/02/05(日)

[]県や16市町村など共同設置 来年から /鳥取 県や16市町村など共同設置 来年度から /鳥取を含むブックマーク 県や16市町村など共同設置 来年度から /鳥取のブックマークコメント

 県と県内の16市町村広域連合など11団体は2016年度から自治体などの処分や決定に関する不服審査をチェックする第三者機関「県行政不服審査会(仮称)」を共同で設ける。

http://mainichi.jp/articles/20160127/ddl/k31/010/564000c

 多くの自治体では、来年度の行政組織の行われている頃だと思います。

 行政不服審査については、新法の要請が小規模自治体によっては負担が大きいといわれていました。共同設置の事例もこれから多くなることでしょう。

 ただ、その場合実質的に、県や規模の大きい自治体負担となってしまうことも制度運営について懸念するところではあります。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kei-zu/20170205

17/01/31(火)

[]「自治体財務歳時記」22回 「自治体財務の歳時記」22回を含むブックマーク 「自治体財務の歳時記」22回のブックマークコメント

 「自治実務セミナー」(第一法規)に連載中の「自治体財務歳時記」、最新の2月号では「監査制度損害賠償」と題して予算執行監視制度について執筆しています

ご用とお急ぎでない方は、お目通しいただけたら幸いです(^^

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kei-zu/20170131