ブログトップ 記事一覧 ログイン 無料ブログ開設

自治体法務の備忘録 このページをアンテナに追加 RSSフィード

このblogは、自治体改革の凄まじい流れ中で、自治体がその役割を手探りで拡大している状況を、独自条例の制定の動向等の紹介やそれに対する指摘、そしてそこから展開される政策法務論という点からつたない内容を書き留ようという試みです。(平日の更新は深夜のみに行っています。)

過去記事の一覧はこちら。記事ジャンル・掲載日で検索できます。

【自治体法務】のお役立ち本リストをamazon.で掲載しています。

メールはこちら

17/05/09(火)

kei-zu2017-05-09

[][][]「『自治体法務研修』対決一番勝負!」 「『自治体法務研修』対決一番勝負!」 を含むブックマーク 「『自治体法務研修』対決一番勝負!」 のブックマークコメント

 第一法規政策法務ファシリテータ」誌の最新号(vol.54)に、3月25日講師を務めさせていただいた「『自治体法務研修』対決一番勝負!」(http://d.hatena.ne.jp/kei-zu/20170303/p1)の様子がセミナーレポートとして掲載されました。

 当日は、土曜日にもかかわらず多くの皆さんに参加いただきました。お目通し頂ける方は、その熱気を感じていただけたらと思います(^^

[][]法律って意外とおもしろい 法律トリビア大集合 法律って意外とおもしろい 法律トリビア大集合を含むブックマーク 法律って意外とおもしろい 法律トリビア大集合のブックマークコメント

 子どもの頃、児童向け雑誌のページ両端に印刷された「まめちしき」の類が大好きでした。蚊の目玉のスープの作り方なんて、今でも覚えています。役に立つか経たないかではないのだ。

 第一法規さん、そんな私のための本をありがとうございます個人的に「どストライク」の新刊

 なお、本書について、上記の「政策法務ファシリテータ」誌の最新号(vol.54)で書評を書かれているのが、

の共著者でいらした遠藤雅之氏です。

法律社会相互関係しあうものである以上、社会の広さの分だけ法律も幅広い。(中略)そうして見てみれば、本書のタイトルのとおり、「法律って意外とおもしろい」ものである

 紹介もお上手だなあ。誌面で名前を並べることができて、嬉しく思います

 書評でも触れられていますが、お堅い出版社には珍しいキャッチーな表紙。そこに書かれた

「すいか」は「メロン」?

惹句も気になるでしょ(ヒントは、関税定率法)。

 へーえ、と唸れば、ほら、ちょっとだけ「向こう側が自分に近づいた」気がするのではないでしょうか(^^

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kei-zu/20170509

17/05/07(日)

[][]マスコミの「議会廃止へ」報道に頭抱える 事務局ニュアンスが違う」 マスコミの「議会廃止へ」報道に頭抱える 事務局「ニュアンスが違う」を含むブックマーク マスコミの「議会廃止へ」報道に頭抱える 事務局「ニュアンスが違う」のブックマークコメント

  人口が約400人と過疎化が進む高知県大川村が、村議の定数確保が難しくなり、地方自治法に基づき「村議会」を廃止し、有権者予算などの議案を直接審議する「町村総会」の設置について検討を始めた、とNHK大手新聞が報じたことで、大川村は「ニュアンスが全く違っている」と頭を抱えることになった。

https://www.j-cast.com/2017/05/02297125.html?p=all

 先日ご紹介した記事http://d.hatena.ne.jp/kei-zu/20170501/p2)ついて、続報がありました。

 当初の報道を読み直せば、直ちに議会廃止されるわけでないのですが、このあたりのニュアンスは、報道では伝わりにくいのですね。

[]自治体発「タメ口インスタ」に込めた願い 自治体発「タメ口インスタ」に込めた願いを含むブックマーク 自治体発「タメ口インスタ」に込めた願いのブックマークコメント

 自治体情報発信をする場合、とても堅い文章、いわゆる“お役所言葉”でそのまま投稿されることが多いと思います。ところが、神奈川県葉山町インスタグラムへの投稿が「タメ口」だとネットで話題となっているんです。

http://www.news24.jp/articles/2017/04/13/07358931.html

 インスタグラムが「私的」な側面を持つところによるものか。「町」という発信主体の規模も、住民に寄り添う存在として感じられるところがあるのかもしれません。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kei-zu/20170507

17/05/03(水)

[][]「福祉行政の基礎」書評 「福祉行政の基礎」書評を含むブックマーク 「福祉行政の基礎」書評のブックマークコメント

福祉行政の基礎 (地方自治・実務入門シリーズ)

福祉行政の基礎 (地方自治・実務入門シリーズ)

 自治体学会の会誌「自治体学」vol.30-2に、書評を書かせていただきました。

 同書は、福祉行政の種類・変遷についてわかりやすく説明されており、お薦めです。拙blogでの過去のご紹介はこちら→http://d.hatena.ne.jp/kei-zu/20161028

 「自治体学」誌への掲載は、前号で

スッキリわかる!  地方自治法のきほん

スッキリわかる! 地方自治法のきほん

を並べてご紹介した「クロス書評」に続けてとなります(^^

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kei-zu/20170503

17/05/02(火)

[] 「敷地に戸建て」マンション 違法状態是正されず 東京地裁撤去訴え退ける  「敷地に戸建て」マンション 違法状態、是正されず 東京地裁、撤去訴え退けるを含むブックマーク  「敷地に戸建て」マンション 違法状態、是正されず 東京地裁、撤去訴え退けるのブックマークコメント

 このマンションは46年前に建てられた。3年前に土地を所有する不動産業者が駐車場部分を転売し、住宅6棟が新築された。

https://mainichi.jp/articles/20170429/ddm/041/040/094000c

 記事掲載写真では完成した住宅確認できますが、当該敷地のみで建築確認が行われたということか。

 マンションに併設の公園が分譲され、問題となったという記事は見たことがありますが、本件は既存マンションへの影響が大きく、経過が気になります。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kei-zu/20170502

17/05/01(月)

[]更新滞ってすいません 更新滞ってすいませんを含むブックマーク 更新滞ってすいませんのブックマークコメント

 ツイッターという時間泥棒が…

 一番の問題は、この私が本を読む時間を奪われている事実です。

娘「ツイッターはね、中毒になる人がいるから、私やんない」

 大学に入ったばかりの娘の方が、ネットリテラシーに長けてるな。

[][]人口400人 議会維持難しく、迫られた「直接民主主義人口400人 議会維持難しく、迫られた「直接民主主義」を含むブックマーク 人口400人 議会維持難しく、迫られた「直接民主主義」のブックマークコメント

 離島を除けば全国で最も人口が少ない高知県大川村(約400人)が、地方自治法に基づき村議会廃止し、約350人の有権者が直接、予算などの議案を審議する「町村総会」を設置する検討を始めた。

https://mainichi.jp/articles/20170501/k00/00m/010/109000c

 ネット記事では掲載がありませんが、新聞紙上の記事では、八丈島宇津木村で過去にあった事例における条例等の例規現存していないことと、田中孝男先生による運営へのご提言について掲載があります。

17/04/14(金)

[][]書評自治体経営の新展開」 書評「自治体経営の新展開」を含むブックマーク 書評「自治体経営の新展開」のブックマークコメント

自治体経営の新展開

自治体経営の新展開

 4月11日付けの都政新報書評を書かせていただきました。取り上げさせていただいているのは、岩崎先生高崎経済大学)の「自治体経営の新展開」です。

 本書は図表も豊富でわかりやすく、近年の法改正自治体施策概観可能で、多くの方の手にとっていただけたらと思います。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kei-zu/20170414

17/04/12(水)

[][][]「『自治体法務研修』対決一番勝負!」 「『自治体法務研修』対決一番勝負!」を含むブックマーク 「『自治体法務研修』対決一番勝負!」のブックマークコメント

 3月25日に第一法規主催講師を務めさせていただいたセミナー「『自治体法務研修』対決一番勝負!」につきまして(http://d.hatena.ne.jp/kei-zu/20170303/p1)、参加いただいた皆様から感想とともに寄せられたご質問に対し、ご回答をご用意いたしました。もう一人の講師でいらした森幸二さんのご回答と併せて、主催者からご送付させていただけるとのことです(^^

 お寄せいただいたご感想では嬉しいお言葉が多く、今後の励みにさせていただきます<(_ _)>

 なお、セミナーの様子は「政策法務ファシリテーター」(第一法規)にご紹介いただけるそうです。

[]NHK受信料訴訟法相が「合憲意見書 最高裁NHK受信料訴訟、法相が「合憲」意見書 最高裁に を含むブックマーク NHK受信料訴訟、法相が「合憲」意見書 最高裁に のブックマークコメント

国の利害に関係ある訴訟について、法相裁判所許可を得て意見を述べられると定めた法務大臣権限法に基づく措置。国が当事者ではない訴訟意見を述べたのは戦後2例目だ。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS12H3Q_S7A410C1PP8000/

 記事によれば、過去に共有林の分割を制限した森林法規定が争われた裁判において当時の法相が述べた「合憲」の意見1987年)に対し、最高裁違憲判決したとのこと。

[][]提出法案の条文に間違い 総務省発見、訂正 提出法案の条文に間違い 総務省が発見、訂正を含むブックマーク 提出法案の条文に間違い 総務省が発見、訂正のブックマークコメント

 総務省は5日、政府が3月7日に国会提出した地方公務員法などの改正案で条文に間違いが見つかったため、訂正すると発表した。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS05H3C_V00C17A4PP8000/

 正誤での対処になるのかな。普段法制執務に苦しんでいる身からすると、国のミス人間味を見る思いがします。

CalcCalc 2017/04/13 10:03 >>[法制執務][法令]提出法案の条文に間違い 総務省が発見、訂正
4月11日の参議院総務委員会における法案の提案理由説明の冒頭、総務大臣から正誤で処理して頂きましたとの発言でした(コメント記載時、会議録未掲載です。)。
正誤の短冊が配付(配布ではなく)される職を離れ、会議録速報版DBを見られなくなったので、現物を見て確認できないのは残念です。

kei-zukei-zu 2017/04/26 22:02 情報提供ありがとうございます(^^

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/kei-zu/20170412