スマートフォン用の表示で見る

こいこい

ゲーム

こいこい

こいこい

花札ゲームの一種。

場札8枚、手札8枚で始め、対戦相手(2名から3名)全ての手札がなくなるか、だれかが役を作ってこいこいしなければゲーム終了。

ゲーム名の「こいこい」は役を作ったプレーヤーがゲーム続行の場合にコールする言葉が由来。

役は以下の通り。

五光:松(1月)20点、桜(3月)20点、すすき(8月)20点、雨(11月)20点、桐(12月)20点でつくる

四光:五光から雨20点のない4枚でつくる

三光:松20点、桜20点、ススキ20点もしくは桐20点の3枚でつくる

猪鹿蝶:萩(7月、猪)10点、紅葉(10月、鹿)10点、牡丹(5月、蝶)10点でつくる

花見酒:桜20点、菊(9月)10点でつくる

月見酒:ススキ20点、菊10点でつくる

赤短:松5点、梅(2月)5点、桜5点でつくる、3枚とも赤い短冊和歌がしたためられているのでこの名がある

青短:牡丹5点、菊5点、紅葉5点でつくる、3枚とも青い短冊であることからこの名がある

短冊短冊札(5点)を10枚でつくる

花:花札(1点)を10枚でつくる

こいこいした場合は点数を2倍もしくは10倍で計算する。

豆知識

アニメサマーウォーズでは重要な小道具としてキャラクターたちがこいこいに興じたり、勝負したりしている。