スマートフォン用の表示で見る

アタカマ砂漠

地理

アタカマ砂漠

あたかまさばく

Atacama


南米大陸、チリの北部の砂漠。しばしば「世界一降水量の少ない砂漠」などと言われる。

太平洋アンデス山脈の間を南北に細長く走る。山脈が東にあるので、普通なら川が発生しているはずだが、ペルー海流(フンボルト海流)が沖合を流れているので乾燥している。

白く塩に覆われたアタカマ塩地などが広がっている。地下資源的には恵まれており、チリ硝石や銅が採掘されている。