スマートフォン用の表示で見る

アビゲイル・ブレスリン

映画

アビゲイル・ブレスリン

あびげいるぶれすりん

Abigail Breslin

俳優、女優

略歴

2002年に『サイン』で映画デビュー。2006年公開の映画『リトル・ミス・サンシャイン』で、10歳11ヶ月にして第79回アカデミー賞助演女優部門にノミネート((受賞は『ドリームガールズ』のジェニファー・ハドソン。同部門に『バベル』の菊地凛子がいた。))。授賞式では短編アニメーション部門と短編映画部門のプレゼンターを、同じく子役俳優のジェイデン・スミスと務めた。兄のスペンサー・ブレスリン?も俳優。

主な作品