スマートフォン用の表示で見る

アンケートはてな

はてな

アンケートはてな

あんけーとはてな

アンケートはてなとは

【ヘルプ「アンケートはてなについて」:http://www.hatena.ne.jp/help/help0305】【はてなからのお知らせ:http://www.hatena.ne.jp/info/press04022002】【はてなダイアリー日記http://d.hatena.ne.jp/hatenadiary/20040220#1077244133

2004年2月20日運用開始。人力検索サイトはてなのサービスの一つ。

アンケートはてなとは?
数多くのユーザーを対象にリーズナブルな価格でアンケート調査がおこなえるサービスです。
ヘルプ「アンケートはてなについて」より

はてなで手軽にアンケート調査ができる!

□ 「アンケートはてな」ができました

本日、人力検索サイトはてなで数多くのユーザーを対象にリーズナブルな価格でアンケート調査がおこなえる「アンケートはてな」を開始しました。

アンケートは、択一式かチェック式を選択可能。お支払いポイントは、回答者1名につき1ポイントから5ポイントまでを設定でき、はてなには基本利用料20ポイントと回答者への支払い総額の5%を手数料としてお支払いいただきます。

一般的に多額の費用が必要なアンケート調査ですが、アンケートはてななら多数のユーザーを対象に質問から終了まで簡単操作でおこなえ、費用も手軽です(例:1000人からの回答で1000+5%+20円=1070円)。「これについて、みんなどう思っているの?」といった素朴な疑問もアンケートにできます。はてなユーザーなら誰でも使えるアンケートはてなどうぞご利用ください。

はてなからのお知らせ2004年2月20日

本日、人力検索サイトはてなにてアンケートはてなの運用を開始しました。

はてなからの簡単な操作で、択一式・チェック式のアンケートを、多数のはてなユーザーを対象に行うことができます。

先日から、事実上凍結をしておりましたはてなダイアリー評議会も、以後当システムを利用し、投票を行って頂くことを想定しております。

システムの安定稼動を確認でき次第、ペンディング中の議題等に取り組んで行きたいと思います。

アンケートシステムをどうぞご利用ください。

はてなダイアリー日記2/20「アンケートはてな」より

アンケートはてなのコツ

アンケート結果の精度を高めたり、失敗しないコツを集めてみます。

  • 前提・傾向
    • 早い者順で無記名、報酬がもらえるアンケート形式
    • 人力検索はてな」「アンケートはてな」を見ている人が答えている。
    • 男性ユーザーが多い(6割以上)。
    • 30代以下のユーザーが多い。
    • とにかくなんでも答えちゃうユーザーは一定数いる。信条には個人差があるが、以下のようなことは匿名のアンケートでは回答者の善意と注意によって守られるものであり強制力がない。
      • 「質問文をきちんと読む」
      • 「誤読・回答ミスをしない」
      • 「自分の考えに近い選択肢がなければ答えない」
      • 「質問を読んだからには無理矢理にでも必ず答えるということをしない」
      • 「質問文による回答者絞り込み("○○な方だけお答えください")を守る」
      • 「上の条件のいくつかを守らないときでも、無効票選択肢が用意されていれば、そこを選ぶ」
      • 複数アカウントを取得(利用規約違反)し、ひとつのアンケートに複数回回答したりしない」
    • 回答者ひとりひとりが受け取るのは1ポイント(=1円)程度の報酬であって、アンケート結果への興味・ある選択肢の応援・善意・ひまつぶしなども回答動機になっていると思われる。
  • 対策案
    • マーケティングでの調査についてしっかり学ぶ(http://www.hatena.ne.jp/1105868270#8
    • アンケート作成時に「対象となる回答者」を適切に設定する。
    • 時間帯や曜日、年齢や男女別などで解答層を変えて何度か質問した結果をうまいこと用いる。
    • 100人ぐらいでは締め切らない(http://www.hatena.ne.jp/1099531169#a3
    • 「経過を表示しない(終了後公開)」に設定する。
    • 誤読がないようなわかりやすい質問文にする。
    • 参照先を読んでから答えなければならない質問を出さない。
      • 出す場合は、参照先未読による回答があるものとして結果を扱う。
    • チェック式であることが重要な場合、そのことを質問文にも明記しておく。
    • 「わからない」など、棄権や無回答用の選択肢の必要性を考慮する。
      • 特にとても頭を使う質問のとき
    • 無効回答用の選択肢(ポイント狙いユーザー用に"とにかくポイント欲しい"など)を考慮する。
    • 質問文に締め切り人数を書き、回答者をあわてさせない。または締め切り時刻を提示して、手動で締め切る。(g:jinriki:id:Yuny:20050117#1105936110
    • アンケートシステム以上の回答者絞り込み("○○な方だけお答えください""○○の方にお聞きします")をしない。
      • 絞り込む場合は、無効回答用選択肢("条件に合わない人はここを選択""とにかくポイント欲しい"など)を用意する。
    • 最初に答えた一定数を切り捨てる。(http://www.hatena.ne.jp/1087127876#a6
    • 回答者の反発を買わない("まじめに答えてください"などは好影響なし)
    • 信頼性を期待しない(http://www.hatena.ne.jp/1087127876#a5