スマートフォン用の表示で見る

イプシロンロケット

サイエンス

イプシロンロケット

いぷしろんろけっと

M-Vロケットの後継機として宇宙航空研究開発機構が開発した固体ロケット。旧呼称は「次期固体ロケット」。H-IIAロケットの固体燃料ロケットブースター「SRB-A」を1段目に流用することでコストダウンを計る。またアビオニクスを一新し、射場作業期間を大幅に短縮することで運用性の向上を狙う。

号機打ち上げ日ペイロード
試験機2013年9月14日14時00分惑星分光観測衛星ひさき」(SPRINT-A
2号機2016年12月20日20時00分ジオスペース探査衛星「あらせ」(ERG)
3号機2017年地球観測衛星ASNARO-2
4号機2017年度以降LOTUSAT1
5号機2019年度後半月面着陸機SLIM
6号機2020年度以降LOTUSAT2

経緯

  • 2013年8月27日、惑星分光観測衛星SPRINT-A)を搭載した試験機の打上げが中止*1
  • 2013年9月12日、惑星分光観測衛星SPRINT-A)を搭載した試験機の打ち上げが同月14日の午後1時45分に決定*2
  • 2013年9月14日、搭載していた惑星分光観測衛星SPRINT-A)を予定の軌道に投入し、打ち上げは成功した