オッペケペー

音楽

オッペケペー

おっぺけぺー

 明治23年に演歌*1師川上音二郎が流行させた自由民権運動の歌。当時の明治官僚を風刺したもの。オッペケペー節とも言う。

 転じて、庶民の気持ちのわからない特権階級や末端の人民の気持ちのわからない指導者のこと。またはそれらの人を罵倒する時に使われる。

*1:文字通り演説歌であって、現在の演歌とは異なる