スマートフォン用の表示で見る

自由民権運動

社会

自由民権運動

じゆうみんけんうんどう

明治前期、日本において行われた政治運動・社会運動

藩閥政治に反対して議会の開設、地租の軽減、不平等条約改正言論と集会の自由の保障などの国民の自由と権利を要求した政治運動。

明治7(1874)年の板垣退助後藤象二郎江藤新平副島種臣らと民撰議院設立建白書の提出。国会の開設を要求する運動として全国的に広がった。のち、自由党立憲改進党が結成され、組織的な運動を展開したが、1884年加波山事件をきっかけに自由党は解党し、福島事件・秩父事件などが鎮圧されるなかで衰退していった。