スマートフォン用の表示で見る

カルヴィーノ

読書

カルヴィーノ

かるびーの

イタロ・カルヴィーノ Italo Calvino(1923-1985)

依然として現代イタリアを代表する小説家文学者。死してなお小説世界の最先端を走り続けていると言える。

彼のほとんどすべての小説が実験的であり「一作毎に作風が異なる」とまで称せられる。

そのためにすべての作品が謂わば「代表作」と呼びえるのだがとりわけ有名なのは、通称「我らが祖先三部作」として知られる『まっぷたつの子爵』、『木のぼり男爵』、『不在の騎士』の3作。他に、『レ・コスミコミケ』、『柔らかい月』、『むずかしい愛』、『冬の夜ひとりの旅人が』、『パロマー』など……。だから全部代表作なのだ。どれを読んでも損はしない。