カンザスシティ・ロイヤルズ

カンザスシティ・ロイヤルズ

(スポーツ)
かんざしてぃろいやるず

Kansas City ROYALS
MLBア・リーグ中地区所属。
1969年のエクスパンジョンにより創立。
本拠地はミズーリ州カンザスシティ
球場はカウフマン・スタジアム*1
地区優勝6回、リーグ優勝2回、ワールドシリーズ優勝1回。
1年目にはルー・ピネラが活躍し、新人王を獲得。

1970年代、フレディ・パテックポール・スプリットーフらが活躍。 

1970年代から1980年代にかけて、ジョージ・ブレットが一時代を築く。

1980年、ア・リーグ優勝を果たす。

1981年、ディック・ハウザーが監督に就任。
ウィリー・ウィルソンデニス・レオナルドダン・クイズンベリーフランク・ホワイトらの台頭により、強豪となる。

1985年、ワールドシリーズ制覇。

1990年代は、ジェフ・モンゴメリーマーク・グピザジョニー・デーモンらが活躍した。

200年代になり、カルロス・ベルトランアーロン・ガイエルダレル・メイらが活躍。現在は低迷している。

2008年、トレイ・ヒルマンが監督に就任。


現在はマイク・スウィーニーエンジェル・ベローアらが在籍。

日本人選手ではマック鈴木が在籍した。

*1:1993年まではロイヤルスタジアム。

新着ブログ: カンザスシティ・ロイヤルズ