デトロイト・タイガース

(スポーツ)
でとろいとたいがーす

Detroit Tigers
野球チーム。MLBア・リーグ中地区所属。
1901年創立。本拠地はデトロイト。
リーグ優勝9回、ワールドシリーズ優勝4回。

元祖安打製造機タイ・カッブが在籍。さらにミッキー・カクレーンチャーリー・ゲリンジャーハンク・グリーンバーグなど、名選手を輩出した。

60年代には主砲アル・ケーラインが活躍。
70年代にはウィリー・ホートンがチームを支えた。

1984年には、スパーキー・アンダーソン監督の下、アラン・トラメルルー・ウィテカーの二遊間をはじめ、ランス・パリッシュジャック・モリスカーク・ギブソンなどの活躍でワールドシリーズ制覇。

90年代はセシル・フィルダーが在籍。
2000年からコメリカパークを本拠地とする。
近年は成績が低迷し、2003年はア・リーグワーストの119敗を喫したが、2006年にはジム・リーランド監督が就任し、開幕から快進撃を見せ、19年ぶりにワールドシリーズ進出。

かつては野茂英雄や木田優夫が在籍。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ